すず さん プロフィール

  •  
すずさん: The supermarket さ・く・ら
ハンドル名すず さん
ブログタイトルThe supermarket さ・く・ら
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goodbook_2007
サイト紹介文日常のこと、ホークスのこと、出版化される本のこと、旅日記、その他諸々〜♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2011/11/02 21:15

すず さんのブログ記事

  • 稀勢の里の怪我…
  • とても心配です。もう優勝争いどころじゃない。あんなに痛そうな顔、今まで一度も見たことがない。絶対に無理はせず、明日以降、休んで怪我を直すことを第一に考えて欲しいものです。初横綱の場所に12勝、ほんとに立派‼ [続きを読む]
  • 惜しかった…
  • 小久保監督、退任の意向表明「これで契約満了ということです」 大リーガーがそろった米国に
    惜しくも一点差か…日本の野球、強くなったな… エラーをホームランで自らエラーした菊池選
    手も凄かったし、菅野投手、千賀投手と大リーガーも絶賛の投げっぷりだったようで、I just want to
    appreciate them all.Macchi....He should be proud of himself!I won't forget Ucchih's tears...Anyway, Samurai JAPAN has b
    een the [続きを読む]
  • 大相撲
  • 史上初!同部屋2関取のみが10連勝!稀勢の里、高安で達成! 盛り上がっていますよね! 舞の海修平さん著;『日本人は何故横綱になれないのか』という本を父が図書館から借りていたので、読んでみました。横綱誕生後になって、このタイトルの本をチョイスするのか…とも思いましたが。出版されてから、それほど月日はたっておらず、昨年の出版です。私も何度も諦めかけました。勿論、稀勢の里のことです。あれほど夢にまで見た [続きを読む]
  • サムライジャパン、米国へ(^^♪
  • 侍が一挙5点!筒香ソロ、熱男松田も菊池も打った今日も途中からの観戦になりましたが…千賀投手、初先発で、この投げっぷり!流石です! 今日は(あ、日付けが変わりましたね…)昨夜はウッチーも先発出場し、4番で活躍。良かった〜勿論、マッチも大活躍?他のサムライメンバーも‼ 最後、9回の牧田投手、かなりひやひやしましたが、最後まで投げ切って良かった〜次は米国! あと2勝…ですね [続きを読む]
  • WBC 無敗の5勝☆
  • 侍小久保監督「小林に代打は勇気がいった」 3試合目だったか、それとも4試合目だったか…? テレビ出演していた元スワローズの古田さんが、ウッチーのことを「代打の切り札」と表現するのを耳にし、(ホークスの4番が代打の切り札と呼ばれるのはJAPANだからだよなぁ…)と、しみじみ思ったのだった。各球団から集まったチームだからこそ! そして5試合目のキューバ戦。キューバとは今大会2度目の対戦。マッチは振り逃げや相手の [続きを読む]
  • 小久保JAPAN延長戦を制す‼
  • 侍J タイブレークでオランダを振り切る 2次R白星発進 無傷の4連勝 いやはや、凄い試合展開でしたね。20時過ぎになって、「あ、そうだ!今日は19時からサムライジャパンの試合があるんだった!」と気付き、そこから見ていましたが、その時点でオランダと わずか5−6と1点差。いつもは味方のバンデンハークが相手投手。これまた いつもなら敵の中田翔選手が打って…と最初は不思議な気分。日本の投手たち、9人もつぎ込ん [続きを読む]
  • 新横綱稀勢の里、白星スタート?
  • 新横綱稀勢の里は白星 白鵬、日馬富士に土 春場所 場所前のけいこ中、顔を11針でしたっけ?縫う怪我をしてしまい、綱の重圧もあって、固くなるかも…?と思って見ていましたが、そんな心配はご無用でしたね! 稀勢の里、全く危なげない相撲で勝ちました。束になった懸賞金を小脇に抱え、勝ち名乗りを受けて土俵下へ下がる稀勢の里、なんという風格‼ 勝ったあと、顔がテレビ画面に大写しになった時、「全盛期の北の湖横綱に表 [続きを読む]
  • 一週間ぶり
  • …のネット及びブログ更新です今更ですが、先月撮影した我が家の梅の花です。白梅と紅梅が同居今日は暖かく穏やかな日ですが、ほんの数日前には雪か霰か霙か…?! 寒〜い日々が続きましたね。4年に一度のWBCでは小久保ジャパンが見事な三連勝☆明日からは新横綱の稀勢の里の活躍が期待される大阪場所初日。そして今日、3月11日は忘れもしない東日本大震災から6年…Hoping flowers will bring every person happiness.. [続きを読む]
  • 河津桜
  •  河津桜が今、見頃を迎えています。昨日の夕方、ブックストアへ立ち寄り本を予約して、市内の図書館へ向かう途中、川辺に咲いた満開の桜が目にとまり、引き寄せられました。いつもは持ち歩かないデジカメを持参していたので、思わず数枚、写真を撮りました。昨日は朝から どんよりとした曇り空で、お天気でもない、かといって雨の予報でもない。何となくすっきりしないお天気でしたが、どうしたことでしょう〜 桜に誘われて空を [続きを読む]
  • 夜のピクニック 著:奥田陸
  •  世の中、知らない作家さんが大勢いるものだなあと、最近つくづく思います。…というのも、『夜のピックニック』を友達に紹介されて読んでみて、成程、ホントだ。面白い。高校生たちが、ひたすら歩くだけ…という学校行事を耳にしただけでは、何だかつまらなそうだと思ってしまうのに。高校三年間を共に過ごした仲間たちとの日々を噛みしめながら、それぞれの想いを秘めてゴールまで歩き切る…。男女二人の主人公、融と貴子。それ [続きを読む]
  • 西の魔女が死んだ 著:梨木香歩
  •  「西の魔女から東の魔女へ」ラストに あっと 驚きます。西の魔女 つまりは西洋出身のおばあちゃんから 東、つまりは東洋のわたしへ… 伝えられたメッセージ。読みながら、様々なことが思い出されました。私自身、西洋出身の魔女と暮らした日々のこと。ここより より自然や生き物たちが近かった日々のこと。西の魔女が作るドライフルーツたっぷりのケーキが好きだったなぁ… 毎晩、魔女と一緒に泡ぶくのお皿を拭いたっけ… [続きを読む]
  • 戦争と平和
  • いうまでもなく、ロシアの文豪、トルストイの長編小説です。レフ・ニコラエウィッチ・トルストイがフルネーム。高校を卒業し、大学に入学した頃、大学の図書館の重々しい雰囲気と所増数、それに英語の本がたくさんある!ということに感動したものです。ちょうど5月の新緑の季節で、窓から差し込む光もツタの葉も時折聴こえてくるチャペルの音も、全てが神々しい感じ… 中学時代は氷室冴子さん、新井素子さんの小説にどっぷり浸か [続きを読む]