tate0708 さん プロフィール

  •  
tate0708さん: 自給的家庭菜園ライフ
ハンドル名tate0708 さん
ブログタイトル自給的家庭菜園ライフ
ブログURLhttp://begegarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道の道南で15坪の家庭菜園をやっています。妻は料理担当。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供305回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/11/05 15:40

tate0708 さんのブログ記事

  • 春大根、ようやく収穫終了。暑いと休眠するとかってあるんでしょうか?
  • 春大根、最後の1本がまだ残っていました。妻が、スープに入れるというので、早速取りに行きました。どうなっているんでしょう?不安半分です。こんな感じ。葉っぱが枯れかかったようになっています。今年から、「春の都」という品種に切り替えたんですが、育てた3本全てがトウ立ちするという結果でした。が、最後の1本も、つぼみは確認できたのですが、その後は花は咲いていません。葉っぱが枯れるということは、養分の浪費を防ぐ [続きを読む]
  • 雨の中、ブロッコリーを定植。
  • 最近、正直言って寒いです。完全に秋の気候です。まあ、7月が異常な暑さでしたからね。その埋め合わせでしょうか?おかげで、ナスやキュウリは勢いがおとなしくなっています。もう少し、この時期なりの気候だといいんですけどね。秋の野菜、ニンジンは既に種まきを終えていますが、次はブロッコリー。苗はもう定植できる状態です。右側が第一弾。水切れして葉っぱが枯れたりしています。左側が1週間遅く種まきしたもの。こちらはや [続きを読む]
  • いつの間にかミニカボチャではなくなっていたようです。
  • ミニカボチャ立体栽培の第1果。今年も大きいです。その下に、2本仕立てのもう一方のつるに付いた、第2果もさりげなく写っていますが、こちらもけっこう大きくなってきました。こちら、第3果。なかなか大きくなりません。さらに、第4果も着果したのですが、ほとんど大きくならず、無理と見て摘果しました。ミニカボチャなら1本のつるに2個くらい平気で着果すると思うんですけどね。第1果は、こんなに大きいんです。既に1kgくらいは [続きを読む]
  • キュウリ、ようやく勢いが出てきました。小玉スイカ立体栽培の状況。
  • キュウリ、ようやく勢いが出てきて、1株で29本目の収穫です。二度目のつる下ろしを終えたところです。草勢もちょうどよい、と言っていいのかわかりませんが、果実の肥大する位置が、成長点に対して少し近づいた感じです。少し前だったら、一番下、地面に付くくらいのところでキュウリが大きくなっていましたが、それがもう少し上に来た感じ。ちょうどよいくらいが追肥の時期かなということで、液肥の葉面散布も始めたところです。1 [続きを読む]
  • ブルーベリーの剪定、「殿、ご乱心」ではないですが。
  • ブルーベリーのスタンレイ。もう一株、ブリギッタも育てていますが、どちらも今年は著しく不作なんです。スタンレイのほうは、そこそこ花が咲いていたように思うんですが、実はほとんど付いていません。乾燥にやられたのか、虫にでも食われたのか。わかりませんが、一つは、これまであまり剪定をしていなかったので、小さい枝ばかりになっていたことがあるように思います。剪定をすることによって、勢いのある枝が伸びてきて、実を [続きを読む]
  • 大玉トマト、やっぱり欲張ってました。桃太郎収穫開始、その味は?
  • 麗夏の第4花房。下から見ると、ショック〜、尻ぐされです。これで第4花房はゼロ個となってしまいました。やはり第1花房から第3花房まで3個ずつというのは欲張りだったでしょうか。あるいは、肥料が多くて第2・第3花房の果実が大きくなりすぎたのも原因かもしれません。まあ、第5花房から再スタート、っていう感じです。第1花房は赤くなってきたので、カラスに突かれないように、ストッキングタイプの水切りネットをかぶせました。 [続きを読む]
  • レタス、高温長日耐久レースの勝者は?
  • 春のレタスの畝。もう、トウ立ちして伸びすぎたので先っぽを切って、みたいなのが多いです。トウ立ちしたものは、根元から切ってもいいのですが、まだ収穫できているものにとっては、適度な日陰があったほうがいいのかな?という考えで残しています。もう少し前の写真のほうがわかりやすいかな?この春は、ロメインレタス、サラダナ、サニーレタス、オークリーフ、ハンサムグリーンの5種類を育てたのですが、この中で、一番トウ立 [続きを読む]
  • キュウリ、これが本当のつる下ろし栽培、なんですが
  • 3本仕立てのキュウリですが、早くも蔓が支柱のてっぺんまで行ってしまいました。ちなみに、支柱の長さは2400ミリです。つる下ろし栽培っていうのは、子ヅルや孫ヅルを伸ばして、それぞれの蔓の生長に合わせてつる下ろしを行う方法のようです。我が家では、子ヅル3本仕立てでやってみているんですけどね。下のほうはこんな感じ。つる下ろしをするには、誘引の方法が簡単でないと、はずすのが面倒ですね。まず1本、2節ぶん下ろしまし [続きを読む]
  • 待ってたよ、ミニカボチャ受粉開始。早くも目算が狂って支柱追加。
  • 我が家では、ズッキーニを1株しか育てていないので、雄花と雌花が同時に咲かないと受粉ができないのです。そこでカボチャが育っていれば、カボチャの雄花で受粉することができるのですが、今年はなかなか咲かなくて、遅いな〜と思っていました。まあ、子ヅルを伸ばすために摘芯したので、若干遅れるのは当然でしょうか。7月25日。ミニカボチャの雌花が咲きました。確か、1番目の雌花は、まだ株が小さかったためか、咲かずに落ちた [続きを読む]
  • イチゴのツル返し、じゃなくて、そろそろ苗取りを。
  • イチゴのランナーをいろんな方向に持って行ってるのは、ツル返しではなくて、ランナーから出る一つ目の苗よりも二つ目三つ目の苗を取ったほうが病気のリスクが少ないということなので、ランナーをあえて畝の反対側のほうに引っ張ってくれば、ちょうど2番目の苗が取りやすいかと思ったんです。畝の脇に野良イチゴの場所を準備中。適当に掘って、石をある程度取り除き、苦土石灰は気持ちだけ、堆肥を入れておきます。元肥は堆肥のみ [続きを読む]
  • ダイコン2本目収穫。重量級になってきました。たっぷり食べます。
  • ダイコンは残り2本。たった3本しか植えていないのに消費に苦労する。w実はトウ立ちしてきたので茎の部分を切っておいたんです。レタスなんかはトウ立ちし始めると次々とつぼみが出て手が付けられなくなるんですが、この品種は、トウが伸びてくるのもゆっくりだし、トウ立ちしてもそこそこ食べられるようです。抜いてみると、1本目よりも明らかに重い。はかってみると、4.6キロ。ここまで大きくなっても、す入りしていないようです [続きを読む]