九段で働くママ さん プロフィール

  •  
九段で働くママさん: しあわせ歴史ドライブby九段で働くママ
ハンドル名九段で働くママ さん
ブログタイトルしあわせ歴史ドライブby九段で働くママ
ブログURLhttps://ameblo.jp/0313happy/
サイト紹介文三人の子供たちも独立を始めました 歴史大好きなママが車大好きなパパと出かけた休日ドライブ日記です
自由文平日はまだまだ多忙ですが
三人の子供たちも独立を始めたので 
中年夫婦で休日ドライブを楽しんでいます
ドライバーは車大好きパパ・書いているのは歴史好きな働くママ(*^.^*)/

皆さんの前向きブログに
毎日感動と元気をいただきながら
いつも暖かく見守ってくれる方々に
たくさんの感謝をこめて(*^.^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2011/11/06 16:41

九段で働くママ さんのブログ記事

  • 祇園坊柿 コスモス いちじく
  • ここ数日行事ごとで忙しくしていているのですが偶然に安芸太田町の町議さんたちとお会いし数週間前に行った『井仁の棚田』の話をしましたすると町議さんたちが言われるには猪などから水田を守るのに夜間はぐるりと柵をするのだがその費用は億単位と---目に見えない苦労があるんですねさて井仁の棚田近くで撮った写真が残っていたのでアップします広島特産の祇園坊柿干し柿にする渋柿ですが広島のみなさんは渋柿と知っておられるよ [続きを読む]
  • cafe soseki 漱石山房記念館
  • 新宿区早稲田南町にできた漱石山房記念館の続きですオープン日の今日は整理券が出るほどの来場者です入り口すぐ横のcafe sosekiは『それから』にも登場する漱石の親友で広島の山林長者の加計さんの子孫の方が運営するカフェです加計家には漱石との書簡や様々な記録が残っていて今後はそれらもこの記念館で企画展示されることでしょう今日は裏千家の高名な先生がいらして漱石が好きだったという『空也もなか』をお抹茶でいただけま [続きを読む]
  • 漱石山房記念館プレオープン
  • 東京新宿区の夏目漱石の旧居跡に漱石山房記念館が完成し今日プレオープンに参加してきました書斎跡蔵書スペースロビーのパネル二階の展示室ガラス張り階段裏手の漱石公園の猫塚そしてcafe sosekiさっきまでみなさんと語らいこんな時間になったので詳細はまた後日に新宿区早稲田南町にあります是非お出かけください [続きを読む]
  • 伊予小京都『臥龍山荘』
  • 愛媛県大洲市の続きです伊予の小京都と呼ばれる大洲には『臥龍山荘』という重要文化財があります内子蝋燭の貿易で財を成した河内寅次郎が建てた別荘ですが 昭和54年まで河内家の所有だったため地元の方にもあまり知られずにいました場所は歴代大洲藩主が尊崇する大洲神社の下肱川が大きく蛇行する崖地の上に母屋の『臥龍院』とその庭園と『知止庵』と『不老庵』の二つの茶室がありますまずは『臥龍院』茅葺屋根に農家寄棟の数奇屋 [続きを読む]
  • 鯛飯 おはなはん通り 分油屋
  • 先日の雨の日愛媛県大洲市へ行って来ました松山市からJR予讃線下りの特急で二つ目の駅になります大洲は松山から宇和島へ向かう街道が高知へ分岐する交通の要衝地のため中世から城が築かれ歴代藩主には藤堂高虎も名を連ね幕末には土佐藩を脱藩した坂本龍馬が大洲を流れる肱川を下って瀬戸内海へ抜けましたさて大洲のまちの駅『あさもや』は特産品やお土産ものが売られていたり観光案内所があったりしますが最近『分油屋』というお [続きを読む]
  • 萩焼と宇治抹茶と三越ライオン
  • 「三越広島の7階で萩焼の水津和之さんの個展をやってるからおいで」とのお誘いで行って来ましたまずは地下一階の田頭茶園さんのところで宇治抹茶をいただきながら『萩焼は---文禄・慶長の役の際に毛利氏が井戸茶碗の陶工を吉田(広島県北部で毛利氏の根拠地)へ連れ帰り『深川(ふかわ)』の土を使って焼いていたのが 関ヶ原以降に毛利氏が萩へ移ったので萩焼となった』という説明を受けてびっくりそして高麗茶碗と萩焼の融合がコ [続きを読む]
  • カープ優勝セールで8700歩
  • 昨夜はカープ優勝で深夜は民放全局がカープ特集で---お疲れ様---三連休明けということもあり嬉しい寝不足の広島県人が多いことでしょう広島銀行本店にはこんな大きな優勝のお祝い幕がかかり カメラを向ける人がたくさんいましたそして今日から優勝セールということで午後から福屋とそごうデパートへ行ってみましたがセール品が多く買わず---ただ呉服売り場でちょっといいなと思うものがあり どうしようか迷っていたら『日本シリー [続きを読む]
  • 『井仁の棚田』は刈り入れの季節
  • 今日はMagicは消えませんでしたwwwさて先週のこと---広島県北西部の中国自動車道戸河内(とごうち)ICから九十九折りの山道をぐんぐん上がって行くこと約3kmほど行くと「井仁の峠の細いトンネル」がありますトンネルは離合できない狭さでやや上った後でやや下がり出口は大きく右へカーブゆるゆる進むほどに異郷へワープしてしまいそうな気分になりトンネルの出口近くになると秋の日の光がぱーっと射し込んで一瞬目がくらんでしま [続きを読む]
  • 今日のマツダスタジアムの様子
  • 昨日 阪神が負けなかったのでカープのマジックは1今日はゲームはないのですがマツダスタジアムまで行って見るとショップでは菊池涼介さんがM1掛けてお出迎えお客さんはまばらではありましたが途切れることはなく球場外には既にテントや簡易ベッド持参で今夜の開場を待つファンの列ができてました さてさて台風も来ているのでどうなるでしょうかわくわくどきどきばくばく(´∀`) [続きを読む]
  • ぐるっと比治山 広島市現代美術館
  • 広島市街の南東部には比治山という小高い丘があります京橋川から歩いても500mほどで山頂に着いてしまうほどの小山なのですが山の上にはモダンな広島市現代美術館があります今回は入りませんでしたが今はMona Hatoum展9/29からは藤森照信展などがあります美術館前のムーアの広場からは麓を流れる京橋川と南区や中区のビル群が見渡せましたウォーキングするにはちょうどいい高さですところで比治山にはスカイウォークがあるというの [続きを読む]
  • ちょっと帰京 富士山と東寺とマツダスタジアム
  • 東京へちょっと帰京しすぐに広島へ戻りました数日前は秋雨前線の雲に富士山はすっぽり隠れていましたが今日は都内が快晴だったのでずっとカメラを構えて富士山を待ったら沼津あたりから頂上がくっきり現れて富士市あたりではこんな美しいシルエットが見えましたそして京都駅を過ぎて東寺を撮って---そして広島到着新幹線がすぐ横を通過するマツダスタジアムは煌々と輝いて大声援が聞こえてきそう今日はDeNA戦で勝利し結局Magic4 [続きを読む]
  • 天空の住宅街 己斐 広島学院への坂道
  • 広島は人口120万人の政令指定都市中心部は平野が少ないので周囲の山々の谷間の道筋は山肌を這い上がるようにずーっと住宅街が続きさらに山々の裏側に至ってもずーっと住宅街が広がっていますこんな景観を見る度に広島の経済力ってすごいと思うのですが己斐(こい)という市街の西北の地域は瀬戸内海に浮かぶ島々を見渡せる高台で広島ではちょっと高級な住宅街と言われているのでちょっと行ってみました太田川放水路沿いの道から住 [続きを読む]
  • 太田川 可部線 廃線三段峡ルート
  • 国道433号から国道191号線に入ると太田川沿いの道となりました太田川は広島市街の三角州を形成する川です道路をまたぐ小さな架橋あら---これは確か廃線の---昨年の春頃にこのあたりを三段峡に向かって通っていたら廃線らしき線路が見えました後で調べたらかつてJR可部線(かべせん)はたたら製鉄で財をなした加計家の尽力で三段峡まで繋がっていた時期があったと知りびっくりしかし残念ながら現在は廃線になっているのですそうい [続きを読む]
  • 秋の実りの『客人神社』
  • 広島県廿日市市から北部へ向かう国道433号線は途中離合できないほどの狭い道やカーブの続く七曲峠を越えて佐伯区湯来町へ入って行きますこの日はとっても青い秋空湯来町の奥に入ったあたりはなだらかな山の合間の村々に安芸地方の赤い瓦の民家がぽつりぽつりと見え手入れされた田んぼにはおひさまをぽかぽか浴びた稲穂が広がっているんだけど---人っ子ひとりいない---まるでむかし話にはいりこんでしまったかのようふと道沿いの少 [続きを読む]
  • 速谷神社と国道433号線から見る宮島
  • 広島市内から宮島方向へ向かう西広島バイパス道路を走っていると廿日市市あたりで『速谷神社』の大きな看板を見ることができます安芸国を拓いた飽速玉命を祀る神社です飽速玉命は安芸国国造であったばかりでなく同族が阿尺国・思(太)国・伊久国・染羽国・信夫国(東北) 佐渡国(新潟) 波久岐国(山口)怒麻国(愛媛)など軍事的な要所の国造を勤めていることから大和朝廷の信頼が厚かったのはないかと(HPより)また『延喜式』 [続きを読む]
  • 安神社 おぎおんさんは祇園柿の発祥地
  • 広島には『祇園柿』という名産があります渋柿なのですが甘く美味しい干し柿となりお菓子にもよく使われますその祇園柿の発祥の地というのが---『おぎおんさん』と親しまれかつて祇園社と呼ばれていた『安神社』です神社の名前は明治になって変わりましたがこのあたりの地名は『祇園』のままです元々は銀山(武田山)の麗にありましたが正安元年(1922)兵火により焼失(御神体は現在の境内地である御旅所に御神幸中で無事)その後 [続きを読む]
  • マリホ水族館 広島マリーナホップ 海賊船
  • ブラタモリで『広島は州てきなcity』と紹介されましたが市街の中心部は大きな三角州からなりその先の海にはいくつかマリーナがありますそのひとつがマリーナホップでおしゃれなお店やレストランがあり最近『マリホ水族館』ができました小さな水族館ですので大人900円外には今どき350円で乗れる観覧車やジェットコースターがあり家族連れで賑わってました宮島へ行く船もあるようです大人1200円ほどでここに車を置いて行けるのでい [続きを読む]
  • 矢弓厳島神社 廻船業・広島商船高専
  • 大崎上島の西側へ出て見ました矢弓というあたりで廻船問屋で財を成した望月家の邸が『海と島の歴史博物館・大望月邸』となっていたのですがもう閉館---昭和初期の内務大臣望月圭介の生家とのことですすぐ近くに天保7年(1863年)瀬戸内の尾道の名石工山根屋源四郎伝篤が造ったという常夜灯があり『矢弓厳島神社』がありました大崎上島観光ナビによると延享2年(1745年)の勧請と伝わり、宮島伝説が古くから伝わっています。厳島神 [続きを読む]
  • 厳島神社の伝説を辿って 市杵島姫命の旅
  • 大崎上島(広島県豊田郡)には宮島の厳島神社に関わる伝説があるようですまずは港でいただいたパンフレットに『厳島神社大鳥居伝説の跡』とあったので大西港から少し内陸の中野というあたりに行きましたがみつからず---『中野八幡神社』を参拝してそのまま島の東側へ抜けてみると伊予一宮の大山祇神社がある伊予大三島が正面にくっきり見えました芸予諸島は愛媛県と広島県が入り混じっててしかもすごく近いのでびっくりします造船 [続きを読む]
  • 大崎上島 中国電力大崎クールジェン
  • 広島県の瀬戸内海の主な島々はほとんど橋で結ばれていますが竹原市沖に浮かぶ芸予諸島の大崎上島は県内で三番目に大きな島ですが橋がかかっていません安芸津からフェリーに乗って行ってみましたぐんぐん安芸津港が遠ざかっていきます料金も二人で3300円・時間も30分かかるので簡単に橋がかかる距離ではなさそうです大崎上島には中国電力の石炭ガス化プロジェクトである大崎クールジェンがあり施設の大きな煙突が見えています長島 [続きを読む]
  • 八幡神社と常磐井巌戈
  • 大洲領総鎮守の八幡神社は肱川を見下ろす小高い丘にあり大洲城の北西に位置します天平時代に喜多郡矢野山(現在の出石山)に創建するも 梶原景時が伊予国守護の時にこの地に遷座梶原景時は八幡神社に150貫の土地を寄進し流鏑馬や春秋の祭りをとり行ったとの記録もある古社です戦国時代に廃れたのを大洲城主となった藤堂高虎が『古例を興し』と復興に尽力し伯耆米子から転府した加藤貞泰は八幡神社の運営を藩費でまかなうなど大い [続きを読む]
  • 大洲神社 歴代藩主の尊崇厚く
  • 愛媛県大洲市の続きです大洲は伊予小京都といわれる城下町肱川の水運があり交通の要衝であったことから1331年に伊予国守護の宇都宮豊房公が大洲城を築いたのが初まりです余談ですが苗字の『宇都宮さん』が一番多いのは愛媛県だそうで下野国から来られた宇都宮氏と関係があるのでしょうかさて大洲神社のHPによると『下野國(栃木県)二荒山(ふたらやま)神社より勧請し、太郎宮として斎祭される。 以後戸田家・藤堂家・脇坂家・ [続きを読む]
  • おすくな社中 三方掛け造りの少彦名神社参籠殿
  • 今日から9月まだまだ暑いですが吹く風にふと秋を感じるようになりました大國主命の子である少彦名命(すくなひこのみこと)は各地に様々な伝説を残し農業漁業や殖産や医薬の神として祭られていますが愛媛県大洲市の梁瀬山には少彦名命の御陵と祠があり中腹には『少彦名神社』が鎮座しています市街から少し奥の肱川上流にあり近年は氏子もおらず宮司さんも不在で本殿も拝殿も荒れており昭和9年に麓に建てられた珍しい三方掛け造 [続きを読む]