aoippe1012music さん プロフィール

  •  
aoippe1012musicさん: 音楽総合日記
ハンドル名aoippe1012music さん
ブログタイトル音楽総合日記
ブログURLhttp://aoippe1012music.blog.fc2.com/
サイト紹介文ピアノレッスンを中心に、作曲・編曲、ソルフェージュ、音楽理論などを総合的に綴ってます。
自由文千葉県習志野市の音楽教室で、バスティンメソッドを中心に、レッスンを展開中です。作曲専攻を武器にして、音大・音高受験のソルフェージュ・楽典指導をして、講師のオリジナル問題を作成いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/11/07 22:10

aoippe1012music さんのブログ記事

  • 作曲・編曲で収入は入りやすいか
  •  私はこれまで作曲してきた楽曲は、クラシック音楽をベースにしながらポピュラー音楽を交えたような作品が中心でしたね。発表会をはじめ、コンサートやパーティーといった集まる場で楽曲を披露してきました。 自分の活動にて演奏した楽曲だと、当たり前の事かもしれませんが、大人向けの物が中心です。そして小さなお子様向けの作品も書いてきました。コンテスト入賞作品においては、東音企画が主催したバスティンピアノ編曲コン [続きを読む]
  • 新曲披露いたします
  •  いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。更新が遅くなりました。 今回の発表会にて披露した楽曲動画をアップ致します。大変評判の良かったので、どうぞお聴きくださいませ。 組曲「鳥の心」1.羽ばたく鳥2.愛おしい鳥 対照的な性格の鳥をモチーフにして、作曲しました。「羽ばたく鳥」においては、心に不安な気持ちがあっても、自信持って羽ばたいた事を表現してます。「愛おしい鳥」は、繊細な心を持っ [続きを読む]
  • 発表会終了しました!!
  •  ブログの更新が遅くなりました。長らくお待たせして申し訳ありません。 11日の日曜日に開かれた師匠のお教室の発表会、無事終了しました。場所はJR千葉駅から徒歩数分の京葉銀行文化プラザです。ここは2000年に旧郵政省が270億円を投じて建てられ、同じ建物には音楽ホールとリハーサル室以外に、郵便局、レストラン、会議室に宴会場があります。ここは旧ぱるるホールという名前でしたが、来年3月で閉館予定になって悲しいです・ [続きを読む]
  • いよいよ本番
  •  私の師匠のお教室主催の発表会が、いよいよ本番になりました。 今回は伴奏者としての自分は脇役ですが、緑のドレスを着る事になりました!!私のブログをしょっちゅうご覧になってる方なら、解かるでしょう。 主役はフルート奏者の先輩です。私のフルート曲を楽しみにされてる方が多くいると思うので、これからの動画のアップをご期待くださいませ。 今回の楽曲は組曲「鳥の心」です。 1.羽ばたく鳥 2.愛おしい鳥 よろ [続きを読む]
  • 伴奏の難しさ
  •  ただ今、11日㈰発表会に向けて私の楽曲をフルートと合わせております。ピアノソロで演奏する時は自分の思うがままににテンポや強弱設定が出来ても、伴奏はソリストの呼吸、タイミング、入りやすさなどを考えて合わせなきゃいけないですね。 ピアノの伴奏形も色々な形で出てきますが、ベースラインを際立たせてコードを演奏する際、いかにコードを抑える時のバランスの取り方が問われます。ソリストの表現の仕方によって抑揚を付 [続きを読む]
  • 新発売の作品のお知らせです
  •  一昨年に開かれたプレ・バロック作品収録コンテストの入賞作品の行方について、色々気になってた方々もいるでしょう。そしてついに、あのコンテストの日から2年数か月経ってPTNAのオンデマンド楽譜販売ミュッセより、ようやく発売されました!! 私の入賞した幼児部門の作品「おはなあそび」がついに世間へ公表されました。プレ・バロックという名前なので、小さいお子様が対位法の楽曲の学習を開始するために丁度良いレベルで [続きを読む]
  • 音大作曲科進学について
  •  私はこれまでに、自分の師匠の所では勿論の事、自分のレッスンで音大作曲科へ進学を検討してる子などを見てきました。音大進学するなら、声楽もしくは管弦打楽器専攻でもピアノがある程度弾けなければいけないと思います。作曲科なら、ツェルニー40番くらいは弾けて当たり前なレベルとしてみなされます。 自分はピアノを数年間辞めていた時期があり、和声や本格的な作曲においての学習も遅めだったため、今の自分に繋がる学歴が [続きを読む]
  • 作曲家は演奏が上手いか
  •  作曲家といえば、ピアノが上手いと思われる方もそれなりにいるでしょう。初見、即興演奏などでの楽譜の先読み能力は、長けてると思います。楽曲表現力や人に伝える能力においても、器楽専攻の方よりも上手い事もしょっちゅうです。演奏の上手さは人それぞれですが、自分の楽曲を誰かに弾いてもらうパターンの方と、自分で演奏する人とで二分化されてます。 小さい時から楽器を学んでいるのは当たり前の事ですが、人によっては音 [続きを読む]
  • 著作権問題で揺れる音楽業界
  •  ブログの更新が遅くなり、申し訳ありません。 これからの音楽教室の発表会で演奏出来る楽曲において、レパートリーが減らされる可能性が高くなってきてます。日本音楽著作権協会JASRACが発表会もコンサートライブと同様の扱いとして、演奏する楽曲の著作権料を支払うべきというルールを作る予定です。レッスン料金から2.5%程取る予定ですが、公衆の場で演奏する目的という理由だけで取るのは反対です。音楽教室は先生が楽曲 [続きを読む]
  • 器楽と作曲での視点の違い
  •  ゴールデンウィークが明け、通常の学校と会社の生活に戻りましたね。 6月の発表会に向けて、私が先輩へ作曲したフルート曲を合わせています。たとえ楽曲が出来たとしても、いざ合わせてみると器楽専攻の方にとって演奏しやすい所とそうでない所が色々出てきます。ブレスを取りやすくするために、あまりメロディーを長くし過ぎても良くないとこもあれば、アップテンポの楽曲で細かい音符が連続する箇所では、スラーをあまり長く [続きを読む]
  • 爽やかなゴールデンウィーク
  •  ゴールデンウィークも後半となり、爽やかで快晴ですね。 明日はリハーサルでフルートの先輩と合わせ、そして師匠に見てもらうレッスン日です。先輩は師匠と初対面となりますが、船橋市の不便な場所へ足を運んでくださり、誠にありがとうございます。 6月の発表会に向けての合わせ、そして上質な演奏をする上でのリハーサルにもなるので、気を抜いてはいけないですね。良い曲として褒められて嬉しかったので、頑張ります!!今 [続きを読む]
  • いよいよ5月
  •  ゴールデンウィークに入り、いよいよ5月になりました。 一昨日になりますが、私の母校・東邦音楽大学の学園祭が開かれたのです。毎年4月29日(昭和の日)と30日に開かれていて、変わったタイプの学校です。3年ぶりに埼玉県川越市のキャンパスへ来ました。 私が在学中はここまでお洒落な設備の整ったキャンパスではなかったのですが、今の学生さんたちはとても恵まれた環境にいます。今のキャンパスへ変身したのは、私が卒業し [続きを読む]
  • ブログコメントのマナー
  •  ブログを開始して、もうすぐ6年になります。私に対して、様々な見解があるでしょう。 このブログを読んでいて、嬉しいと思って共感してくださる方もいれば、中にはアンチな考え方の人もいます。私の書く事に対して嬉しいコメントしてくださる方もいれば、時には批判して炎上する方もいました。炎上及び嫌がらせコメントにおいては、私なりに反論もしますが、最終的には削除させていただきます。 人は誰でも、色々な方のブログ [続きを読む]
  • 次なる目標
  •  発表会が終了して1週間が経ちました。今は八重桜が咲き、新緑の季節となってきますね。 6月11日に、私の師匠夫妻のとこで発表会が開かれます。場所は千葉駅近くの京葉銀行文化プラザです。このホールは今年一杯で終了予定で、廃止される運命だそうです。響きが良く、コンサート及びコンクールの会場として長年使用されてきました。やはり、クラシック人口が減ってコンサート収益が悪い事が要因で、採算が合わないのかもしれませ [続きを読む]
  • 発表会無事終了!!
  •  ブログの更新が遅くなりました。そして、桜がついに散りましたね。 16日㈰に、私の大学の先輩に当たる方のお教室発表会にゲスト出演させていただき、誠にありがとうございます。渋谷駅から徒歩13分くらいの場所に、ラトリエAPCという素敵な音楽ホールで演奏しました。使用してるグランドピアノは、カワイの最高級ブランド、シゲルカワイのSK-5でしたが、タッチはやや硬めでしたね・・・。でも、響きは良かったです。 こちらが [続きを読む]
  • PTNA船橋支部総会
  •  昨日11日は、1年ぶりにPTNA船橋支部総会へ参加しました。昨年は会社の人員調整に仕事などの問題で、参加を見送ったのです。 今回もいつもの、船橋駅近くの船橋市民文化創造会館きららホールにて開催されました。いつも恒例のご挨拶、前年度の収支報告、船橋支部の活動状況や会員数報告などのお話が中心でしたね。そして、船橋支部管轄のステーションで立ち上がったとこもあれば、悲しい事に活動休止中のとこもあります。活動報 [続きを読む]
  • 春はコンクール課題曲での勉強シーズン
  •  3月になると、PTNAピアノコンペティションの課題曲が発表され、セミナーが毎年浜離宮朝日ホールにて開かれます。PTNAの新学期とでも言えるでしょう。その他のコンクールでも、新年度になってから徐々に課題曲が発表されます。 PTNA指導者ライセンスの指導実技でも、新年度の春の試験ではコンクール課題曲の中から選ばれるケースがほとんどです。楽曲演奏法、音楽の感じ方、演奏上の注意点など色々と細かい事があります。指導者 [続きを読む]
  • 音楽の時間
  •  いよいよ新年度が始まりました。そして桜の満開が待ち遠しいですね。入学式には丁度いいかもしれません。 昨年度は会社の人員調整、残業や仕事内容の問題などもあり、コンサートへ出かけたりピアノ関係者の友達と一緒になる時間が、なかなか取れなかったのです。自分が何度も口酸っぱく他の先生方よりも先に学習してきた事がいっぱいあるので、暫くはお休みして会社に集中しようという思いが一部ありました。お嬢の感覚が強い女 [続きを読む]
  • コンサートに向けて
  •  本日で3月も終わり、年度末ですね。明日から新年度となり、4月生まれの方は学年で誰よりも早く誕生日が来てしまいます・・・。 4月16日に大学の先輩にあたる方のお教室発表会にて、楽曲演奏をいたします。場所は東京都渋谷区で、いつものピアノソロの楽曲を演奏します。彼女のお教室の生徒さんへ私の楽曲を届けたいという事がきっかけで、一昨年カワイ出版より発売された楽譜「風に吹かれて〜いくつもの思い出〜」の中から演奏 [続きを読む]
  • もうすぐ新年度だけど・・・
  •  今年度もあとわずかで、週末から新年度ですね。自分の性格そして指導方針などにおいては、条件に合わないと思われる方も多くいらっしゃると思います。生徒さんの新規獲得はほぼ諦めてますし、会社の仕事をしながら活動に向けて調整しております。 新年度となると、お教室での生徒さんの新規入会そして新生活に向けての準備で慌ただしい時期でもあります。私の所にも体験レッスンなどのお問い合わせも今年度だけでほんの少しあり [続きを読む]
  • 新曲作成
  •  ブログの更新遅くなりました。そして春らしく暖かくなりましたね。桜の開花が待ち遠しいです。 そろそろ新曲を期待される方も多くいると思います。今回は6月の発表会に向けて新曲を書きあげ、フルートとピアノのためのデュオ曲です。これは一昨年くらいから構想を練っていて、仕事関係などもあってなかなか仕上げられずにいました。そして楽譜を完成させようと思い、ようやく出来ました。かつてブラスバンド部でフルートを演奏 [続きを読む]
  • 友達へ捧げる曲
  •  私の友達が亡くなって、そろそろ2週間が経ちます。彼女の大好きだった楽曲をアップ致します。 ショパン作曲:スケルツォ第1番ロ短調(h moll) リスト作曲:エステ荘の噴水 私からの彼女へ捧げられるオリジナル曲は、動画再生回数が最も多いこの曲です。 江尻あおい作曲:生命(いのち)のリレー 私の動画においては下手な演奏で申し訳ないですが、きっと天国で聴いてくれると思います。 ランキング参加中です。下のスイッ [続きを読む]
  • 早すぎる友達との悲しい別れ
  •  ブログの更新が遅くなりました。 先週2日に、大学同級生の友達から訃報を聞き、驚きました。実は私と同級生だったピアノ専攻の友達が、38歳の若さで他界したのです。兼ねてからの病気で首に腫瘍があり、それが悪化して脳梗塞にまで発展して亡くなったのです。あまりにも悲しい出来事でした。ご冥福をお祈りいたします。 5日にお通夜、6日に告別式があり、私は仕事の都合でお通夜のみの参列でした。会場に到着しても、座席 [続きを読む]
  • 3月になりました
  •  長らくブログを更新してなく、寂しい思いをさせて申し訳ありませんでした。 毎年3月1日になると、PTNAピアノコンペティションの課題曲発表セミナーが浜離宮朝日ホールで開かれます。私はこのセミナーに関してはまだ足を運んだ事がないのですが、内容としてはおおよそわかってしまいます。何故なら、その楽曲演奏法そして解釈においては、作曲専攻の人ならそのクセやパターンをそこらの先生方よりも先に学んでるからです。また [続きを読む]
  • 会員種別変更しました
  •  いつもありがとうございます。ブログの更新が遅くなりました。 私はPTNA(全日本ピアノ指導者協会)の指導者会員として所属してましたが、昨日付けで作曲会員へと変更しました。毎年支払う会費の金額は一緒でも、今度はピアノ作品で作・編曲に貢献する形となったのです。 これまでは指導者会員をはじめ、演奏会員、学生会員、家族会員、支持会員、グランミューズ会員(ピアノ及び音楽愛好家など趣味層向け)などが中心でした。 [続きを読む]