たく さん プロフィール

  •  
たくさん: 目指せワールドシリーズ制覇!!ミネソタ・ツインズ
ハンドル名たく さん
ブログタイトル目指せワールドシリーズ制覇!!ミネソタ・ツインズ
ブログURLhttp://minnesotatwins.blog91.fc2.com/
サイト紹介文メジャーリーグのミネソタ・ツインズのワールドシリーズ制覇を願って応援するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/11/07 22:19

たく さんのブログ記事

  • 継投ミスで4連敗
  • 4月20日 vs インディアンス@ターゲット フィールド( ● 2−6 )通算成績 7勝8敗 (L4)中地区最下位タイ (首位とのゲーム差 1.0)スコア → ○順位表 → ○サンタナ先発の試合で負けてしまいました。これで4連敗となり借金1の最下位タイとなりました。4回に2点を先制し、サンタナが6回まで1失点と好投していましたが、2番手のダフィーと3番手のロジャースがピリッとせず、7回に3点を奪われて逆転され [続きを読む]
  • 3連敗で貯金0に
  • 4月18日 vs インディアンス@ターゲット フィールド( ● 4−11 )通算成績 7勝7敗 (L3)中地区3位タイ (首位とのゲーム差 1.5)スコア → ○順位表 → ○ついに3連敗してしまい、勝率も5割になってしまいました。そして、このカードの勝ち越しの可能性もなくなりました。これで3カード連続で勝ち越し無しとなります。まだ14試合が終わったばかりだというのに、化けの皮が剥がれるのが、ちょっと早過ぎで [続きを読む]
  • サンティアゴの好投報われず
  • 4月16日 vs ホワイトソックス@ターゲット フィールド( ● 1−3 )通算成績 7勝5敗 (L1)中地区2位 (首位とのゲーム差 1.0)スコア → ○順位表 → ○先発サンティアゴの好投空しく、1−3で負けてしまいました。これで、前回のタイガース戦に続いて、2カード連続で同一カード負け越しとなりました。先発サンティアゴは7回を被安打6ながら無失点に抑えるという好投を見せたのですが、2番手のべライルが同 [続きを読む]
  • エースの投球
  • 圧巻の投球でした。正にエースと呼ぶにふさわしい投球。先発サンタナが1安打完封の素晴らしい投球で、6−0で勝ちました。全く危なげない投球でしたし、ブルペン陣を休ませることも出来て良かったです。 [続きを読む]
  • 先発メヒア 初勝利ならず
  • 4月14日 vs ホワイトソックス@ターゲット フィールド( ● 1−2 )通算成績 6勝4敗 (L1)中地区2位 (首位とのゲーム差 1.0)スコア → ○順位表 → ○ホワイトソックス3連戦の初戦、1−2で負けました。先発メヒアは5回を被安打4の1失点と良く投げたんですが、残念ながらメジャー初勝利はお預けとなりました。雨の為に試合開始が36分遅れる中、集中力を途切れさせることなくマウンドに向かい、5回を1 [続きを読む]
  • ホームラン3発で快勝
  • 4月13日 vs タイガーズ@コメリカパーク( 5−11 ○ )通算成績 6勝3敗 (W1)中地区首位タイ (3位とのゲーム差 1.5)スコア → ○順位表 → ○試合中盤の3本塁打で快勝しました。初回、2回と1失点づづで苦しい展開になるかと思われましたが、3回にグロスマンのツーランホームラン、5回にキャプラーのスリーランホームラン、6回にサノのスリーランホームランが飛び出し、試合中盤で逆転し、大きくリードす [続きを読む]
  • 連敗
  • 4月12日 vs タイガーズ@コメリカパーク( 5−3 ● )通算成績 5勝3敗 (L2)中地区2位 (首位とのゲーム差 1.0)スコア → ○順位表 → ○連敗しちゃいました。昨日のサンチアゴ、今日のギブソンで連敗です。開幕からの2カードは、ロイヤルズ、ホワイトソックスとの試合でしたが、両チーム共に、ここまでは調子が上向いておらず、地区4位と最下位のチームが相手でした。だからこそ勝ち越せていたという可能性も [続きを読む]
  • 初黒星で連勝ストップ
  • 4月8日 vs ホワイトソックス@ギャランティード・レート・フィールド( 6−2 ● )通算成績 4勝1敗 (L1)中地区首位 (2位とのゲーム差 0.5)スコア → ○順位表 → ○今季初黒星を喫しました。まあ、162試合の全部を勝てるはずがありませんので、いつかは初黒星を喫するわけですが、それが初先発で、No.8プロスペクトのアダルベルト・メヒアの時だったのが、ちょっと残念です。メヒアは1.2回を投げて被安打3の [続きを読む]
  • 守備から流れを呼び込む4連勝
  • 4月7日 vs ホワイトソックス@ギャランティード・レート・フィールド( 1−3 ○ )通算成績 4勝0敗 (W4)中地区首位 (2位とのゲーム差 1.0)スコア → ○順位表 → ○開幕4連勝で、初めて地区単独首位になりました。今日もブルペン陣は無失点で、開幕以来、得点を許していません。もちろん、先発のヒューズも粘り強く、良く投げました。初回に3連打を浴び、1点を失いましたが、その後は、大きなピンチもなく6 [続きを読む]
  • 磐石のブルペン陣で3連勝
  • 4月6日 vs ロイヤルズ@ターゲット フィールド( ○ 5−3 )通算成績 3勝0敗 (W3)中地区首位タイ (2位とのゲーム差 0.5)スコア → ○順位表 → ○開幕3連勝!!全く予想していなかった結果に驚きが隠せません。この3連勝、上手く投打がかみ合っていますね。ブルペン陣は未だに無失点を続けており、非常に安定感があります。招待選手からメジャー契約になったブレスロウ、パク・ビョンホをDFAし、マイナー [続きを読む]
  • 投手陣安定で開幕連勝
  • 4月5日 vs ロイヤルズ@ターゲット フィールド( ○ 9−1 )通算成績 2勝0敗 (W2)中地区2位 (首位とのゲーム差 0.5)スコア → ○順位表 → ○開幕連勝ですね。終わってみると9−1の完勝。2試合続けて1失点しかしておらず、投手陣の安定感が目立ちます。今日の先発サンチアゴに対して、非常に不安だったんですが、5.0回を被安打4の1失点と好投しました。ブルペン陣も無失点リレーでした。投手陣が非常に [続きを読む]
  • 4名の選手がマイナーキャンプに降格
  • 先日、4名の招待選手がマイナーキャンプに降格しました。その4名は、フェリックス・ジョージ、メーソン・メロタキス、フェルナンド・ロメロ、ランディ・ロサリオです。どの選手も降格は予定通りだと思います。なぜなら、4名とも期待の若手投手ですから。ジョージは、ドミニカ出身23歳で、プロスペクトランキング9位、メロタキスは2012年ドラフト2巡目(全体63位)25歳でプロスペクトランキング21位、ロメロは、ドミニ [続きを読む]
  • ヘイリーをどうするかが問題だ
  • 今日先発したヘイリーですが、2回を投げて被安打3に失点3(自責点2)という成績でした。個人的には、ちょっと残念な結果だったように思います。今日の結果を含めて、今スプリングトレーニングでは、6試合に登板して8.2回を投げて被安打10の自責点5、防御率が5.19、WHIPが1.38となりました。期待されつつも結果が伴っていないような感じですね。メジャーリーグ・フェイズでの獲得なので、今季はアクティブロースタ [続きを読む]
  • トレバー・メイ 開幕アウトか
  • 先発投手候補の一角、トレバー・メイが肘の故障により開幕に間に合わない可能性が出てきました。最悪の場合、トミージョン手術となり、今シーズン中の復帰ができない可能性もあります。スプリングトレーニングでは比較的好調でしたし、昨季のブルペンから、今季は先発ということでとても楽しみなシーズンになるはずでしたが、非常に残念な結果になりそうです。そこで、先発投手争いが更に激しくなりそうです。先日も書きましたが、 [続きを読む]
  • パク・ビョンホ 好調維持
  • パク・ビョンホが好調を維持しています。ここまでのスプリングトレーニングで、8試合に出場し、20打数8安打、3本塁打の打率0.400となっています。出塁率は0.468、長打率が0.950となっており、OPSは1.480と抜群の成績を残しています。ただし、アウトの半分が三振ということを考えると、相変わらずの大型扇風機なのかとも思えます。このあたりが改善されないと、なかなか信頼して起用は出来ないでしょう。しかし、このスプリン [続きを読む]
  • 期待のプロスペクト アダルベルト・メヒア
  • 前回に続き、期待のプロスペクトについて書きたいと思います。今回も投手です。名前はアダルベルト・メヒア。ドミニカ出身の23歳の投手で、これまでは先発起用されてきました。ツインズ組織内のプロスペクトランキングでは8位にランクされています。元々はツインズの選手ではなく、サンフランシスコ・ジャイアンツに入団しました。2016年7月28日にエドゥアルド・ヌニェスとの交換トレードでツインズに入団しました。メジャーリ [続きを読む]
  • 期待のプロスペクト  ステファン・ゴンザルベス
  • 前回、先発投手事情が深刻だと書きました。その割には先発投手補強が行われていない現状。しかし、CBOのファルベイにはチーム再建の考えがあるんだと思います。それは、マイナーで活躍する若手投手の成長。今季のスプリングトレーニングにも、招待選手としてメジャーキャンプに参加している選手が居ます。その中で、非常に良いパフォーマンスをしているのが、ステファン・ゴンザルベス。昨季はA+とAAで投げており、A+での [続きを読む]
  • ここまでのスプリングトレーニングゲームの成績(投手編)
  • 今回は前回の続き、投手編を書きたいと思います。投手陣については、昨季と大きく変わっておらず、ブルペンにマット・べライルが加わったくらいで、先発陣に補強はありませんでした。パク・ビョンホをDFAしてまで獲得したべライルですが、昨季までの成績をみても、そこまでして獲得する必要があるかは疑問です。今季のスプリングトレーニングでも、3試合に登板し、3回を投げて自責点3の防御率9.00です。まだ、マイナー契約で [続きを読む]
  • ここまでのスプリングトレーニングゲームの成績(打者編)
  • スプリングトレーニングゲームが始まって9試合が経過しました。ここまでの結果は、4勝4敗1分の勝率5割。まあ、ここでの勝敗は意味がありませんので、参考程度で考えて、各選手の成績を見て行きたいと思います。打撃陣で予想以上に活躍しているのがパク・ビョンホ。ここまで5試合に出場し、12打数5安打の打率0.417、本塁打2本、4打点と活躍しています。ただ、現状では招待選手の投手が登板したり、調整遅れの投手が登板 [続きを読む]
  • パク・ビョンホ ウェーバー通過
  • パク・ビョンホがウェーバーをクリアしました。他球団からの獲得の意思も無く、パクはマイナーAAAに配置となるようです。まあ、ツインズは放出の意思はなかったとの噂もありますが、獲得に手を挙げる球団があれば放出したと思います。同時期にDFAとなったパット・ライトはパイレーツが獲得しました。トレードの形で、交換選手は後日発表となっています。ツインズの補強としては、クレイグ・ブレスロウとマイナー契約を結びま [続きを読む]
  • パク・ビョンホ 40人枠から外れる
  • 気が付けば2月に突入。スプリングトレーニングの季節となりました。ツインズは15日から投手と捕手が集合し、19日からは野手が合流します。そして、24日からはスプリングトレーニングゲームが始まります。昨季は最下位だったツインズの巻き返しに期待したいところですが、どうなることでしょうか。前GMのライアンがチームの崩壊を進めてしまった為に、ペイロールの割には戦力が整っておりません。Chief Baseball Officerの [続きを読む]
  • シーズンオフ いろいろ
  • 二ヶ月近く更新していませんでした。ツインズの成績が思わしくないことが一番の原因ですが、公私共に忙しいという状況もあり、なかなか・・・・。ストーブリーグでのツインズの主な動きについて書いてみます。まず、大きな変革として挙げられるのが、新たに創設された役職の chief baseball officerにインディアンスのアシスタントGMであったデレク・ファルヴェイを就任させたことでしょうか。chief baseball officerは、フロン [続きを読む]
  • チケット転売について考える
  • 今日はツインズのことではなく、日本の野球に関しての出来事について。日本プロ野球のセントラルリーグは、25年間もの間優勝から縁の無かった広島東洋カープが優勝し、今日の午前11時がクライマックスシリーズ(CS)のチケット発売でした。実は、私もチケット確保にチャレンジしましたが、敢え無く撃沈。チケット販売サイトに全く繋がりませんでした。発売10分後にはオークションサイトに高値で出品されていました。今季の [続きを読む]
  • シーズン100敗間違いなし
  • 9月18日 vs メッツ@ シティ フィールド( 3−2 ● )通算成績 55勝95敗 (L3)中地区5位 (首位とのゲーム差 31.5)スコア → ○順位表 → ○試合の勝敗と順位を記載するのが辛い状況になってきました。チームの状態は一向に上向く様子も無く、着実に借金を増やしています。シーズン100敗は間違いない状況です。この成績の責任は、編成の責任者であったテリー・ライアンにあり、監督であるポール・モリターに [続きを読む]