エバー さん プロフィール

  •  
エバーさん: 北海道・極上温泉巡り100選
ハンドル名エバー さん
ブログタイトル北海道・極上温泉巡り100選
ブログURLhttp://violetfactory.blog.fc2.com
サイト紹介文北海道の温泉巡りです。源泉かけ流し 露天風呂付客室の情報満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/11/09 17:35

エバー さんのブログ記事

  • 99-5.厨翠山 お風呂編
  • □ お風呂編です。先ずはお部屋の露天風呂から            雰囲気的には半露天風呂ですが、浸かっていて気持ちがいいです。            定山渓特有のナトリウム泉です。お風呂の出入りは一か所だけで            大きな窓ガラスは開きませんよ。            反対側からの写真です。ヒノキ風呂(風)は新しいのが欲しかったですね。            大きくていいですが。 [続きを読む]
  • 99-4.厨翠山 お部屋編2
  • □ お部屋編続きです。        寝室です。寝心地良さそうですが、どういうわけか空調の音が外から聞こえる        ようでちょっと気になりました。       黒檀のテーブルがありますが、かなりの傷がついていて、これまた本館から       もってきたのでしょうか。何か中途半端館感が否めないんです。        露天風呂は和室から眺められて開放感があるのですが・・・・         バ [続きを読む]
  • 99-3.厨翠山 お部屋編
  • □ 最初に戻って、エントランス記事から入ります。         場所は少々分かりにくいかもしれません、第一寳亭留の駐車場横から         坂を降りていく道を通っていきます。15時チェックインで、多少遅れたのですが         門柱前で男性が待っていてくれました。         見たことある顔で、話をしたら第一寶亭留から数日前に来たそうです。         翠山亭グループはジョブロー [続きを読む]
  • 99-2.厨翠山 夕食編
  • □ 前回に続き夕食編から入ります。      カニともずくの茶碗蒸し    涼やかな北国の夏をイメージして、水ナス昆布粉ふり 冬瓜 平目のエンガワ寄せ 北寄サラダ    (一〇五 ヒマラヤ岩塩めぐみパウダー))       生ビールが凄くクリーミで、何杯かはビール飲んでました。       遠慮気味にスマホで撮影してたら、「撮ってあげましょうか」と言われたので       頼んでみました。このへん [続きを読む]
  • 99-2.厨翠山 夕食編
  • □ 前回に続き夕食編から入ります。      カニともずくの茶碗蒸し    涼やかな北国の夏をイメージして、水ナス昆布粉ふり 冬瓜 平目のエンガワ寄せ 北寄サラダ    (一〇五 ヒマラヤ岩塩めぐみパウダー))       生ビールが凄くクリーミで、何杯かはビール飲んでました。       遠慮気味にスマホで撮影してたら、「撮ってあげましょうか」と言われたので       頼んでみました。このへん [続きを読む]
  • 99-1.厨翠山 導入編
  • □  温泉ブログも今回で99回目になりました。100回記念はあの旅館になっております。   さてどこでしょうか・・・・・・・・   それは別にして、今回は定山渓に新しくできた厨(くりや)翠山のご案内です。   同じ定山渓にこれで第一寶亭留(本館)、翠蝶館、倶楽部と続いて4番目になります。   もとは北洋銀行の保養所です、メインバンクがらみの紹介があったんでしょうね。   その辺は想像ですが。    [続きを読む]
  • 箸休め・フレンチレストランモリエール
  • □  日本で数あるフレンチレストランで三つ星をもらったのは、3軒しかありません。(2017年)   その一つが札幌のモリエールです。あとはジョエル・ロブション(東京)、もう一つは・・・は忘れました。   モリエールは札幌の老舗で、30年も昔から円山の同じところにあります。有名になったのは2008年の   洞爺湖サミットで、料理の監修メンバーになってからです。   今は大変に有名になり、シェフの中道 [続きを読む]
  • 98-5.層雲峡ホテル大雪 観光編
  • □ 札幌から層雲峡へは当然高速で行きますが、途中に北竜町のひまわりの里に  寄り道ができます。7月15日から8月20日くらいまでは時期らしいですが、初めて  行ってきました。      ただ残念、いつも花を見に行くと雨にたたれます。      ひまわりの迷路に入っている途中で、小雨が始まり、早く出たいのに      わかんなくて困りました。      それでも写真は撮れて、この間の芝桜のように、ま [続きを読む]
  • 98-4.層雲峡ホテル大雪 朝食編
  • □ 朝食も同じ食事処で個室になります。お品書きは無しで、写真でどうぞ。             夕食に続いて、期待を裏切らない料理ですね。             だいたいはお決まりの料理で、魚が各旅館で違いますでしょうか。            もう焼き魚で鮭にお目にかかることはほとんどなくなりました。            昔はどこにいっても鮭なので文句を言われてましたが            [続きを読む]
  • 98-3.層雲峡ホテル大雪 夕食編
  • □  夕食です。これまた非常に印象に残ったものとなりました。失礼だったですが   予想外だったです。前回の宿の夕食と比較すれば、その違いは写真を見れば   すぐわかります。         個室へ向かいます。同じ仲居さんが待っていてくれました。         ちょっと約束の時間に遅れましたが、あとから5,10分は遅刻に         入りません、などと返すところは実におもろい(面白い)      [続きを読む]
  • 98-3.層雲峡温泉ホテル大雪 夕食編
  • □  夕食です。これまた非常に印象に残ったものとなりました。失礼だったですが   予想外だったです。前回の宿の夕食と比較すれば、その違いは写真を見れば   すぐわかります。         個室へ向かいます。同じ仲居さんが待っていてくれました。         ちょっと約束の時間に遅れましたが、あとから5,10分は遅刻に         入りません、などと返すところは実におもろい(面白い)      [続きを読む]
  • 98-2.層雲峡温泉ホテル大雪 お風呂編
  • □ 特別フロアー6F 和房雪花は全室禁煙で、それぞれにA、B,Cタイプと3種類に分かれています。  そのうちBは黒岳側で、残りは渓谷側です。うりは柱状節理が見えるという事ですが実際は  ちらっと出てるだけです。        露天風呂は使いやすく、鶴雅の鄙の座のような感じで、洗面所から        そのまま繋がっているという感じですね。        渓谷の岩肌が見えるのがマグマが凝結した柱状節理です [続きを読む]
  • 98-1.層雲峡温泉ホテル大雪 お部屋編
  • □ 久しぶりのというか6、7年ぶりくらいの層雲峡です。まだブログを書いてない時代に来てます。  あまり層雲峡自体にはいいイメージはもっていなかったのですが、ホテル大雪にきて  かなり印象が変わりました。リピート候補になりましたね。それでは・・・         ロープウエイからの撮影です、写真中央の▽印がホテル大雪です。                  だいたいが老舗の大型ホテルという感じで、イ [続きを読む]
  • 箸休め・コートドールワイン会 アルザス地方
  • □ コートドールワイン会 第5回 アルザス地方です。一人12,000円。                2017年のワイン会ではこれが最後になりました。最後ののシャンパン会は       キャンセル待ちですが。                料理の写真はこれで全てではありませんが今回も下國シェフの              料理を楽しませてもらいました。ワイン会ではなく今度は本格的な    [続きを読む]
  • 97-6 川湯第一ホテル忍冬 周辺観光編
  • □ ここからの観光だと、摩周湖、屈斜路湖もありますし、硫黄山も  あっていく場所には困らないです。摩周湖は来る前に行ったので硫黄山に  寄ってみました。           いい天気ですよね、標準レンズでもこの広さです           硫黄に弱い人は、あまり上に行かないほうがよろしいかも           それにあちらこちらで噴き出してます。それがとっても黄色してて           どう [続きを読む]
  • 97-6.川湯第一ホテル忍冬  周辺観光編
  • □ ここからの観光だと、摩周湖、屈斜路湖もありますし、硫黄山も  あっていく場所には困らないです。摩周湖は来る前に行ったので硫黄山に  寄ってみました。           いい天気ですよね、標準レンズでもこの広さです           硫黄に弱い人は、あまり上に行かないほうがよろしいかも           それにあちらこちらで噴き出してます。それがとっても黄色してて           どう [続きを読む]
  • 97-5.川湯第一ホテル忍冬  朝食編
  • □  朝食です。チョイスがあってホッケかニシンの開きを選べます。大きくて食べ応えがありましたが   特に夕食と同じで、これはと言った特徴がありませんでした。                     ニシンを見た時にホッケかと思いましたが、ニシンの開き一夜干しでした。          魚は美味しいです          このほかに椀物と野菜サラダに海苔がついてました。 [続きを読む]
  • 97-4.川湯第一ホテル忍冬 夕食編
  • □ 夕食編です、個室になります。個室もいい雰囲気です、では・・・・                  残念ながら、焼き物以外は全部並んでいます。俗にいう大衆旅館の              陳列で、食事にかんしては普通ですね。ちなみにじゃらんでは4.1            一休では4.3ですから夕食の評価は高いのですが、特徴がありません。□ 付き出し 小柱柚子味噌和え  冷菜   阿寒ポークサラダ仕立 [続きを読む]
  • 97-3.川湯第一ホテル忍冬 お部屋編2
  • □ 前回に引き続きお部屋編ですが、メゾネットの寝室をご紹介します。        2階があるので、リビングの窓も縦に随分長いです。右手にちらっと見えるのが        お風呂の処ですが。        この階段を上って寝室に行きます。どこでもメゾネットの場合は階段が急で        狭いものですが、こうなるのは珍しいでしょうね。        でも寝室はテレビも空調も電話もあって、ここだけでも [続きを読む]
  • 97-2.川湯第一ホテル忍冬 お部屋編1
  • □ お部屋は西館貴賓室「凛」になります。130?でメゾネットタイプ、寝室が二階で  螺旋階段を上っていくというお部屋になっていました。                501室ですが、お隣の502室に比べると、廊下の部分だけ和室が         狭いような気がしますが。(多分そうでしょうね)         どういう意匠なのかが興味があります。120?くらいになると         あっちこっちにお [続きを読む]
  • 97-1.川湯第一ホテル忍冬 導入編
  • □ 川湯です。初めての宿泊です。                       グーグルからですね。近くには摩周湖もあり屈斜路湖もそして硫黄山も            あって観光地としては周辺にいろいろです。途中に摩周湖に寄って            来ました。ピーカンではありませんでしたが、綺麗に見られほっとしました。         川湯温泉に入って忍冬(すいかずら)が分からなく、ちょっと迷いま [続きを読む]
  • 箸休め コートドールワイン会 第4回目 ロワール地方
  • □ 第3回目ブルゴニュー地方も参加してますが、ネタかぶりなので飛んで、今回の4回目   ロワール地方をご紹介します。       18時からですが、さすがにこの時間ではまだ明るい季節になりました。     以前にもご紹介しましたが、月1回のワイン会で、全部で6回あります。            2回目のボルドーは用事があっていけず、最後のシャンパン会は人気があって     キャンセル待ちの状態にな [続きを読む]
  • 96-9. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ 水上テラス編
  • □ エプイはこれで最後です。最後に小沼に設けられた水上テラスを紹介します。                 UFJニコスカードの冊子の中に照会されてあったエプイのページの          一コマです。撮影者はカメラマン・栗林成城さんという人のようです。          こんな風にお茶を用意してくれるかどうかは聞いてません。          どうなんでしょうか。         BARの中にはセルフ [続きを読む]
  • 96-8. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ 朝食編
  • □  朝食です、個室に通されます、朝食はビュッフェプラスです。お庭が綺麗なので   朝食はホールのほうがいいでしょうけどね。個室からは大したお庭は見えません。            真っすぐ行くと、レストランです。                      敷地が広くお庭があるので、散策もできます。季節を選択しないと             何にも緑がないときは寂しいだろうと思います。ただし、紅葉 [続きを読む]
  • 96-7. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ BAR編
  • □ BARです。多少飲み過ぎていましたが、カクテルがサービスだったので自分だけBARに  行ってきました。奥さんは酔いが回り過ぎて遠慮しました。          クロフォードさんの名前を冠したBARです。何といっても鉄道のジオラマがあるのが          興味津々です。         明るいときに撮影した写真ですが、ちょっと高級なBARという感じですね。         ここのカウンターに座って、いつ [続きを読む]