エバー さん プロフィール

  •  
エバーさん: 北海道・極上温泉巡り100選
ハンドル名エバー さん
ブログタイトル北海道・極上温泉巡り100選
ブログURLhttp://violetfactory.blog.fc2.com
サイト紹介文北海道の温泉巡りです。源泉かけ流し 露天風呂付客室の情報満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/11/09 17:35

エバー さんのブログ記事

  • 93-1.北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート 導入編
  • □ 5月26日の旅行です、この時期は上湧別のチューリップ、東藻琴の芝桜が見れますので  道東という事になりました。距離的に遠いので、2泊3日で知床に一泊する旅行となりました。  天気は最悪で、最終日には大雨に見舞われました。それでも何とか観光はできたのですね。           ルートは2つありまして、南ルートは十勝まで高速で行って北上するか         旭川と無料の紋別自動車道を通るかです [続きを読む]
  • 今年度の宿泊予定
  • □ 温泉巡りですが、早割を使うので、もう年内はほとんど決まっているんですね。   参考になればと思い、予定を掲載しておきます。                  網走湖鶴雅                 知床北こぶし                十勝ガーデンオーベルジュ                川湯温泉 忍冬                函館大沼 エプイ               層 [続きを読む]
  • 92-5.木ニセコ・朝食編その他
  • □ 朝食はビュッフェです。遅めの食事でしたがお客でびっしりでした。  品数はそれほどではありませんが、まあまあです。日本人スタッフがいなく  まったく日本語が通じませんでした。部屋番号を日本語で言っても通じません。  家族連れが多かったですね、欧米系と東洋系のでいうと欧米系のほうが多かったかな。  中国人は相変わらず声が大きいのですぐに分かります。          ごく普通の朝食ですね。     [続きを読む]
  • 92-4.木ニセコ・夕食編
  • □ 夕食はレストラン「杏」で頂きます。入り口は狭いのですが奥が広くなっていて、写真で見える   ところが板さんがいる厨房です。               予めコースでディナーを予約してあります。               HP↑からです。和風懐石で板さんもそれなりの人を雇っているようです。               ニセコはレベルが高いのではないでしょうか。それでは先にメニューを       [続きを読む]
  • 92-3.木ニセコ・お風呂編
  • □  外人御用達のようなホテルですが、温泉がありまして、サウナも貸し切り風呂も   用意されています。遅くに行ったので誰もいませんでした。            それほど大きくはありませんが、清潔感のあるこじんまりとした大風呂です。          HPからです↑          実際に撮影するとこんな感じですね。外人さんってこういうお風呂にはどういう          感じで入るんですかね。 [続きを読む]
  • 92-2.木ニセコ・お部屋編
  • □ お部屋は狭いです。他のお部屋を見てませんが、そうだと思います。             お部屋は306号室ですが、図を見る限りは狭いと広いが交互に             配置されているんでしょうか。             外側から眺めるとそうですね。大きな窓のお部屋と狭い窓のお部屋が             交互に並んでいます。            玄関を開けるとこんな感じです。      [続きを読む]
  • 92-1.木ニセコ・導入編
  • □ ニセコに新しくできたホテルです。木ニセコ。ニセコは常に新しい宿泊施設ができたり  既存のホテルが買収されたりして、良く分かりません。特にコンドミニアムが多く、すっかり外人用に  なってしまいました。今回も激安のクーポンを奥さんが入手してくれましたので、スキーはしなくても  ちょいと遊んできました。お風呂が温泉です。        HPからです。フロントは外人対応で英語です。日本人スタッフがいるの [続きを読む]
  • 箸休め・JR東日本豪華列車 四季島
  • □ 時代は豪華列車ブームで、赤字に苦しむJR北海道ではあり得ない企画が  続いてますね。先日も四季島が北海道にやってきて、一泊をニセコか登別に  別れて行ったらしいです。その間、札幌の手稲で車両の点検整備が行われたと  ラジオで聞きました。それで、果たしてどこに宿泊したのか気になりました。                JR東日本HPよりです。        高級が売りの列車ですから、ニセコに行くとなる [続きを読む]
  • 91-4.定山渓ビューホテル(2)朝食編
  • □ 朝食とお風呂です。ビューホテルはお部屋に温泉付きのお部屋はありませんし、露天風呂と言うのも  ありません。等ブログは基本的に露天風呂付お部屋が基本ですが、安いクーポンが手に入ると  こんな風に行ってきます。     それに大風呂ですが、もちろん湯めぐりしてきてますけど、たくさんの人がいますので     撮影ができません。HPからの掲載しかできませんので、あんまり大きな処も行かないんですね。    [続きを読む]
  • 91-3.定山渓ビューホテル(2)夕食編
  • □ 夕食はビュッフェですが、プレミアムダイニングとしてちょっと高級な処になります。            ここですね。入ると席に案内されます。            プレミアムらしく、BARのような感じで            落ち着けるようにできてますね。雰囲気はさすがです。            一応、料理を持ってきました。飲み物は僕がビールです。            飲み放題も選べます。   [続きを読む]
  • 91-2.定山渓ビューホテル(2)お部屋編2
  • □ その他のお部屋部分を紹介します。ただ広いと言ってはなんですが、どうもこのロココ調といいますか   ヨーロピアンスタイルがなじめません。和風で古民家風のほうがしっくりきますね。外人の方に聞いて   みたいです。古民家風なんか、原人の住かだとか思うのでしょうか。          食事はビュッフェなので食事券が渡されます。キーは二つで、もう一つは          入り口のところにさしてあります。 [続きを読む]
  • 91-1.定山渓ビューホテル(2)お部屋編
  • □ 久しぶりのというか6年ぶりのビューホテルです。奥さんが格安のチケットを入手してきたので  行ってみました。最近では閑散期に、半額位でクーポンを出すことがあり、うまく利用すれば大変に  お得です。             公式の写真からです、今回はコーナスイートと言って、写真で見える             でしょう。端から端までがワンフロアーなんですよ、6階です。              ど [続きを読む]
  • 食事処:箸休め 焼き鳥とナチュラルワイン・ヨルコワリ
  • □ ヨルコワリという焼き鳥屋さんです。場所は南4条西6丁目の晴々ビル2階です。  完全禁煙でタバコ嫌いな人は安心して食事が楽しめます。焼き鳥屋さんですが  シェフがイタリアンなので、一味違った味が楽しめます、もとより肉がいいですね。      雑居ビルの中にある小さなお店ですが、モダンでオシャレです。    デイトにも使えますね。    左にテーブル席、右にカウンター、奥に個室です。    ネット [続きを読む]
  • 90-7.ホテルノイシュロス小樽(2)朝食編
  • □ 朝食はお部屋で頂きます。夕食は別にしても(お酒を飲むので)、起きたばかりの   時間帯ではお部屋食ですね。        取りあえず奥さんもスマホで撮影してます。        完全に和風ですが、意外とこれが美味しいんですね。       開きで一匹出てくるところがいいですね。     ご飯も美味しいです。     北海道的珍味と一緒に         最後はコーヒとデザートで〆て終わりです。 [続きを読む]
  • 90-6.ホテルノイシュロス小樽(2)BAR編
  • □ 地下にBARがありまして、誰もいませんでしたが、落ち着ける雰囲気のいい処があります。      カクテルを頂きました。外はあいにくの天気で猛吹雪です。     夜なので海は見えません。夏なら明るいから夕日でも見えるのでしょうか。     フロントのロビー風景です。    完全な洋風の作りですが、どういうわけかこじんまりとしていて、特徴みたいなものが    感じられないんですね。係の人達はとても [続きを読む]
  • 90-5.ホテルノイシュロス小樽(2)夕食編
  • □ 夕食は当然フレンチですね、レストランで頂きます。こういう宿泊でフレンチというのは  どうしてもなじめないものなのですが、それなりにいただけましたよ。                それでは・・・□ カンパチのエストラゴンマリネとマスカルポーネのヴェリーヌ□ シャンパンを頼みました。       シャンパングラスで香りを嗅いでいたら、遠くで見ていたらしく       「ボルドーグラスでお飲みにな [続きを読む]
  • 90-4.ホテルノイシュロス小樽(2)お風呂編
  • □ 半露天風呂ですが温泉チックなお風呂が付いてます。         大理石のお風呂で窓を開けると海が見えます。          残念ながら温泉ではなく、軟水を使ったお湯ということになっています。          やっぱり単純泉とも比較してもただのお湯とは違うものですね、湯上りが          まったく違います。ここの高台から温泉を掘り当てるのは確かに地形的に          言っても無 [続きを読む]
  • 90-3..ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編3
  • □ 6年ほど前に宿泊した803号室ですが、当時はまだブログもそれほど写真をだしてなかったです。  参考に今回未掲載の写真を出しておきますね。       山側なのですが海もちゃんと眺められます。      良くオーシャンビューではなく山しか見られませんという海辺の宿もありますが      ここは4室それなりに眺めは確保されています。まだ他の2室は泊まっていませんが      どのお部屋に泊まっても楽 [続きを読む]
  • 90-2.ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編2
  • □ お部屋ですね。海の見えかたでお部屋のランクになります。        この802のお部屋は洋室かと思いきや、意外とそういうテイストではないんですね。        かと言って和風でもなく普通でした。       写真の反対側です。大きな液晶があり、その奥にお風呂があります。       段差がありバリアフリーではありませんのでご注意を。      ベッドルームが別部屋にあります。       こ [続きを読む]
  • 90-1.ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編1
  • □  6年ぶりのノイシュロスです。2回目ですが、また来るとは思っていませんでした、奥さんが   半額位のチケット見つけてきて、再訪です。ものすごい吹雪で、外観の写真が撮れたのは   これくらいなものです。2月2日で、高速も視界不良の中でしたがやっときました。          あの上の丸いところがスイートなんです。4つの部屋に分かれています       今回は802号室です。前回は803号室でした [続きを読む]
  • 89-7.ニセコ坐忘林(5)おまけ編
  • □ 今回で坐忘林終了です。おまけですが、やっとBARがオープンしました。  今までバーテンダーが雇えなかったというお話でしたが、もとあのサミットで  有名なホテルにいたとか、で仲居さんが代わりにやるところが多いのですが  本格的になりました。女性ですよ。      2015年の写真ですが、立派なBARだったので待ち焦がれてました。       ウオッカベースでのドライマティーにでスタッフドオリーブ [続きを読む]
  • 89-6.ニセコ坐忘林(5)朝食編
  • □  朝食です。深夜までお風呂入ってましたので、なんとなく眠たい朝ですが、当然、朝風呂も   入っておりますので、しゃっきとして、お腹も準備万端です。        一枚物の板がでてきて、その上に和食器が置かれます。今回の朝食は、そうきたか    っていう感じですね。いつも何がしらの仕掛けに驚かさせられます。    特に説明ありませんので、写真でご紹介します。特に印象に残ったのはキャベツの     [続きを読む]
  • 89-5.ニセコ坐忘林(5)お風呂編
  • □ お風呂ですが、お風呂の造りそのものは変わりありません。お風呂に入ると言うより  大自然を眺めながらですから、実に気持ちいいです。  四季が感じられるのは本当に幸せです、厚切りジェイソンが四季はどの国にもあると  言って炎上してしまいましたが、確かに日本だけではありませんが。            かけ流しの内風呂です、これだけで十分なのですけどね                         [続きを読む]
  • 89-4.ニセコ坐忘林(5)お部屋編
  • □ お部屋です。今回のお部屋は中庭側ですので、冬の場合は何もありません。  そこがいいという方もいますので、お好みで考え下さい。            坐忘林の雪景色というものもなかなかいいもので、雪のない外国の人には            うけるかもしれません。その辺は良くわからないところで、中山峠で中国人            観光客(多分)がどっとバスから降りてきましてね、一斉に峠の林の雪景 [続きを読む]