せっチーフ さん プロフィール

  •  
せっチーフさん: ワンメーターはワンタンメンの略ではありません
ハンドル名せっチーフ さん
ブログタイトルワンメーターはワンタンメンの略ではありません
ブログURLhttp://ameblo.jp/usiko33/
サイト紹介文2015/9月に双子出産。義両親との同居を経て、戦場は、新たなステージへ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/11/08 20:07

せっチーフ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雑記
  • 「透明なゆりかご」を読んでみました。 透明なゆりかご(1) (KC KISS) Amazon 今流行りの「コウノドリ」と併せて読んでもイイかも。向こうはお医者さんの話、こっちは看護士(見習い)の話。ストーリーの重さは、実体験に基づいてるだけあって、後者の方に、軍配。 私は、初っ端から泣きました。人工中絶や、流産などで亡くなった赤ちゃんをエタノールの入った容器に入れて、業者さんに引き渡すシーンがあります。主人公の看護士 [続きを読む]
  • 石田さんチを見て思ったこと
  • 日テレさんで時々放送している、大家族石田さんチスペシャルを毎回見ています。たぶん放送が始まった当初から見続けていると思います。ご両親のキャラクターが好きでした。なんやかんやポジティブに生きているこの一家が好きでした。けど、2015年の水害で自宅が被災してからの石田さんチは、見ててツラいものがあります。 「ここに居れるだけはずっといる」と、正規雇用の誘いを蹴り、34歳にもなって自宅にパラサイト [続きを読む]
  • ムーニーのCMを見てみた
  • ムーニーのCMが、炎上しているらしい。長原の妖精@pinpinpinpin772 一瞬もパパが出てこない。パパどころかママ以外の協力者が誰も一切出てこない。パンパースの海外CMはおばあちゃんおじいちゃん、通行人みんなが協力してくれるのに。ムーニーのこのCMは最初から最後まで孤立無援だけどママ頑張ろう!で終了。 https://t.co/lyvYxV0pVv2017年05月09日 08:52ので、さっそく見てみた。私含めた母親層の人たちは、きっと心が [続きを読む]
  • お元気ですか
  • ゴールデンなウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。我々は、日帰りで、一日おきに行楽に出て、無理をしない範囲で楽しんでまいりました。 雪が溶けてからも、まったくといって良いくらいにベビーカーの出番がありません。一時、ツインバギーとかね、多胎児親ご用達のアイテムに憧れたこともありましたよ。外出はいつも夫と一緒なので、シングルベビーカーにそれぞれ乗せて連れていくスタイルを今後も継続してい [続きを読む]
  • ラーメン二郎仙台店のツイートを見て
  • こんにちは。 土曜日に、美容院に行きました。いつも店長さんご指名で切ってもらってます。「飛び込みOK」って宣伝に甘えて、当日の、開店と同時に入店をするのが、毎回のパターンです。この日は、開店五分後くらいに着いたのですが、すでに店内激コミでした。そもそも予約もせずに来た私が悪いです。なので、手の空いた人ならどなたでも構いませんので、と言いました。「いや…今…誰も…ちょっと…」そんで、次の一言が [続きを読む]
  • 春が好きです
  • 3月になりました。一番好きな季節です。春からの新生活を目前に控え、緊張と期待感を秘めた若者の、生き生きとした姿。ホームセンターなんか行くと、結構いますね。親子で家具や食器を買いに来てたりとかね。若いカップルは、まあ、別にどうでもいい。 ところで。 ここで、突然のレビューコーナーです。今回は、冷凍のまま食べてもおいしい冷食ランキングです。 では、第2位の発表です。 【12パック】 冷凍 [続きを読む]
  • とても大声じゃ言えないことだけど
  • なんかやることねぇかなぁ、って。 私の平日の休憩時間は、双子たちが昼寝をする13:30〜16:00です。つい最近まではペルソナ5(ゲームです)に夢中でしたが、とりあえずクリア。しばらくドリームキャスト(これまたゲーム)のソフトをつまみ食いしてました。今一つ熱中できるゲームソフトがなくて、定期的にやりたいことが無くなってしまいました。22時以降は自由時間ですが、だいたい力尽きて寝落ちしてます。しっかし贅 [続きを読む]
  • 雑記
  • 夫が4日間の出張から戻ってきました。私と娘に、それぞれ素敵なお土産を携えて。地面を擦りそうなほどの仕事鞄を肩に掛けながら、笑顔で帰ってきました。照れくさそうな長女。くるくると、自らの尻尾を追う、無邪気な子犬のように部屋を駆け回る次女。久しぶりのパパとの再会は、やっぱり嬉しそう。一方私はというと、大きく心変わりしたことがあります。今の専業主婦生活が、惨めに感じ始めてきたのです。 もちろん、専業主 [続きを読む]
  • ほとんど家から出ないから
  • 書くネタが本当に、なんにもないですね〜。ウチの双子たちは、スローリーながらも、元気に育っております。あっちこっち引っ張って倒してみたり、びしゃびしゃのお風呂場に入り込んだり。テーブルの上に乗って、お茶の入ったカップをひっくり返してみたり。 最近は、シンクや食器棚の扉も開けるようになってきました。「ベビーゲートでも置いたら?」と主人に心配されております。確かに、扉にストッパーを一つ一つ付けるより [続きを読む]
  • 出生前診断、ねぇ
  • 出生前診断なるものが存在することは以前から知ってました。今朝、主人が地元新聞にて久しぶりにその記事を見つけ、教えてくれました。異常が判明した妊婦さんの実に9割が、中絶という選択肢を選んでいるそうな。まぁ、当然といえば当然だと思う。そのための、検査なのだから。 数年前までは、こう思ってました。障害があるから殺すだなんて、なんてバチアタリな母親なんだ。だったら初めから妊娠なんかしなきゃいい。& [続きを読む]
  • なーんも
  • 書くことが無いんだなぁ。書かないと、文章力ってのはズンドコ落ちていくんだなぁ。土日以外は、基本外に出ないから、子育てのこと以外、話題がないな。 娘たちは生後10か月を迎えました。相変わらずハイハイはしません。たぶん、寝返りで移動できるから、ハイハイの必要性を感じていないのでは、なかろうかと。10ヵ月健診で、ハイハイトレーニングの方法を教えてもらったので、暇を見つけては試しております。”たっち”をさ [続きを読む]
  • 私の双子育児事情
  • 日記を始めて、そういえば一度も娘たちのことに触れていなかったなと思いました。去年の9月に産まれた、女の子のキューティーダイナミックエンジェルが二人おります。双子です。やっと先月あたりから寝返りを始めました。生後8か月ちょい前からですね。ハイハイも、つかまり立ちも、まだまだする気配はありません。ころころと、寝返りと寝返り返りを繰り返しながら、器用に移動します。体重はそれぞれ9kg、ふっくらムチムチプ [続きを読む]
  • ”北海道7才男児置き去り、「あしあと」が見つからない”
  • 置きざりにされたことは数知れずありました。家出したことも、ありました。 幼いころの私は、とてもおかしな子でした。幼稚園児の頃、フォークでミミズを延々と刺していたことがあります。単純な興味からでした。コイツ、体が切れたらやっぱ死ぬのかな。いつまでもしゃがみ込んでその様を眺めていました。じりじりと、道端のコンクリートに暑い日差しの差し込む、夏のことです。 小学3年生の頃、担任に「あなたは、ちょ [続きを読む]
  • 去年の今頃は
  • 義実家の2Fでオンザベッド生活をしていました。悪阻が酷くてメシも食えんわ、義父の立てる物音はうるさくてストレスはたまるわで。一度も義両親と顔を合せなかった日もありました。そうなると、トイレで用を足すのも気まずくて、部屋から一歩も出られなくなるんですよ。あんな生活してたらそりゃ切迫早産で入院になるわなっていう。 昨日、そんな入院中に初めて出来た患者仲間が、息子さんを連れて遊びに来ました。私より年 [続きを読む]
  • 今日はことばの日
  • 言葉って、大事よね。 日々思ってることがあります。日本人って、悪いことしてなくても「すいません」って言うじゃないですか。アレ、嫌いです。 エレベーターでボタンを押してくれた人に「すいません」。道を譲ってくれて「すいません」。タバコは「すいません」。コレは違う。 ためしに「すいません」をネットで調べてみました。ほうほう。謝罪と感謝の両方を兼ねてると。 怠けてんじゃねぇよ。 ”誠意 [続きを読む]
  • 近況報告
  • 昨日早朝、義母が他界しました。彼女の希望通り、最後の数週間は自宅治療に切り替えて過ごしました。訪問看護&入浴、ホームドクターが二日置きに来る体制です。私は義父の介護のサポートをしました。義父は、高齢も災いしてか、投薬や、袋に溜まった尿を捨てるのを忘れたり、独断で治療を怠ろうとすることがしばしばありました。なので私が、双子の子育ての合間に声をかけ、記録を取ったり、電話で主治医の判断を仰いだり、義母の [続きを読む]
  • 出産レビュー 〜母は豆腐より脆かった〜
  • 妊娠33週を超えた頃、主治医から予想外の提案をされた。「思ったより経過が順調だから”下”からも産めるよ」”下”、つまり、経腟分娩も出来るということ。病院の意向で、最終的には患者である私本人に分娩方法の選択を委ねられました。経腟分娩を選ぶか、帝王切開で取り出してもらうか。詳しくは割愛するが、リスクの大きい多胎妊娠の場合、その多くが帝王切開での出産になる。私も御多分に漏れず、転院前の二か所の病院では早々 [続きを読む]
  • 近況
  • お久しぶりです。みなさん、お元気でしょうか。私は、あれから義実家へ帰宅しました。そうです。無事に双子を出産出来たからです。まさかの経腟分娩での出産でした。いろいろな情報を総合して、ずっと、帝王切開しか選択肢が無いと思ってたので、正直、私本人がこの結果に一番驚いております。あっ、出産自体はどうだったのかというと楽しかったです。6月から、三か月近くに及んだ入院生活は、とっても充実してました。私はすっか [続きを読む]
  • 過去の記事 …