くろまめた さん プロフィール

  •  
くろまめたさん: ジラゴンノの週末
ハンドル名くろまめた さん
ブログタイトルジラゴンノの週末
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kuro9658
サイト紹介文鳴沢村のジラゴンノにある別荘での出来事を綴り、その時々の富士山の写真を掲載しようと思います。
自由文別荘を持って、ライフスタイルがガラッと変わりました。そんな生活を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/11/10 20:56

くろまめた さんのブログ記事

  • まだまだ寒いがタイヤを替える(3/19)
  • §朝散歩気温-2℃、晴れ。道の駅までの散歩に決める。最近飲んでいるサプリメント(EPA&DHA)のお陰なのか、気にしていた昨日の山歩きの疲れや筋肉痛は全くない。道路凍結で滑るのではと思ったが、道路は乾いているので問題ない。マムーニアの先のアスレチック設備は、また地面に垂直に立つ木の壁が立っており、用具をしまうプレバブ小屋が建っている。こんなに朝早くに、しかも気温が零下だと言うのに、フジビレッジ(人工芝のサ [続きを読む]
  • 想定外が続いた一日、開運山(三ツ峠)へ(3/18)
  • §水が通らない金曜の夕方、ジラに到着。気温6℃とそれほど寒く無い。ところが、ガレージの水栓を捻っても、シューッと水が通る音がしない。地下の水道管の水はまだ凍っているようだ。これは想定外である。トイレや台所が使えると思って、食材も買ってきたのに、また不便を強いられる。§夜から雪6時頃みぞれのようなものが降って来たと思ったら、夜は本格的な雪に変わっていた。トイレのため傘を差して外に出てみると、3cmほど [続きを読む]
  • 奈良田温泉日帰りドライブ(2/25)
  • §奈良田温泉へ2週間前に猪苗代の中ノ沢温泉に行ったにもかかわらず、また温泉に行くことにした。目指すは奈良田温泉。7:00に自宅を出て、中央高速を甲府南ICまで進む。非常に天気が良いにもかかわらず、以外と車の量は多くなく、道路は空いていた。しかしトイレに立ち寄った談合坂PAは停車場所を探すのにしばらく待つほどに混雑していた。甲府南ICからは国道140号と国道52号を使って笛吹川を南下する。途中、時速40Kmでトロト [続きを読む]
  • 高座山からの富士山と忍野村散策(2/19)
  • 忍野村のの高座山へ朝、富士山の写真撮影のために、今年初めての高座山の麓に向かう。気温-5℃、晴れ。鳥居地峠付近には雪が残っていると思ったが、殆ど消えていた。鳥居地峠から先は若干の雪は残っているが、XVは問題無く登ることができた。撮影ポイントに6時頃到着。1名のカメラマンがいて、一心に写真を撮っている。回りに車はないし、途中の鳥居地峠や手前の駐車場にも車は無かったような気がする。中学校の駐車場から歩い [続きを読む]
  • 緑の休暇村に新しい設備が(2/18)
  • §朝散歩早朝に自宅を出て、暗い内にジラに到着。少し仮眠する。気温は1℃くらいで、それ程の寒さではない。少し体を動かそうと思って、8時頃から道の駅まで散歩に出かける。一部、道路が凍結している部分があるので、注意して歩く。坂を下りて行くと緑の休暇村の端の広場に、高い建物が立っている。いや、建物ではない、ボルダリング用の壁だ。その横には、間に数本のロープで繋いだ高さ10m程の3本のポールが立っている。どの [続きを読む]
  • 行くぜ東北、会津若松の酒蔵へ(2/13)
  • §朝食早朝に強酸性泉のお風呂に浸かってきた。ひげそりも行ったが、ひげそり後の顔を温泉に浸けてもヒリヒリはしなかった。不思議な温泉である。風呂上がりは、ビールを一杯いただく。自家用車で無いことのメリットの1つである。朝食は昨晩と同じたこぼうずで食べる。初っ端におかゆを食べさせると言うもてなし。美味しかったのでついつい食べ過ぎてしまった。品数もとても多くどれも美味しい朝から湯豆腐もうれしい§つらら一晩 [続きを読む]
  • 行くぜ東北 雪深い中ノ沢温泉旅行(2/12)
  • §温泉に行きたい2/12は、娘が合宿で家にいないので、どこか一泊で温泉でも行こうと言うことになった。最初は日本最古の温泉である西山温泉の慶雲館を予約していたが、ジラハウスの水道凍結問題で前泊が難しくなったため、別の温泉を探した。たまたま新聞で「行くぜ東北 冬のごほうび」の広告を見て、三鷹の駅でパンフレット貰って検討した結果、猪苗代の中ノ沢温泉に決めて予約した。これまでは列車を使って旅行に行くことは殆ど [続きを読む]
  • 今日は車で紅葉台へ(1/29)
  • §朝散歩朝トイレに起きて空を見ると星が雲で隠れて見えない。ならばもう少し寝ようと思い、二度寝したら、起きたのが所さんの目がテンの時間になってしまった。ので今朝の朝散歩は無し§車で紅葉台へ2週間前の紅葉台はすごい雪だった。まだ雪は残っているに違いない。XVで雪道を登って行くのも楽しそうだと思い、紅葉台に向かう。ところが、雪はほどんど溶けており道路には少しだけ雪が残っているだけ。溶けた雪は道路を泥だら [続きを読む]
  • もう一度山中湖からの富士山を求めて(1/28)
  • §早朝の山中湖前回、山中湖でちゃんとした富士山の写真が撮れなかったので、今朝も山中湖に向かった。今朝はそれほど寒く無く-5℃。場所は前回と同じく、漁のボートが泊まっている所。今朝は白鳥が2羽が遊びに来ている。富士山も青空に綺麗に浮かんでいる。良い写真が撮れそうだ。朝6:20、白鳥は首を畳んで眠っている白鳥は起きたと思ったら食事に夢中やっと顔を上げた富士山がピンクに染まってきたあと少しで羽ばたいてくれそう [続きを読む]
  • 極寒の山中湖と寒くなかった風穴(1/15)
  • §早朝の山中湖富士山の写真を撮りに山中湖へ。到着したのは朝の5:10。日の出は6:50なのでまだまだ時間はある。長池公園までは行かずに白鳥が良く集まっている場所に車を駐める。気温はなんと-14℃、まさに身を切るような寒さだ。湖畔まで三脚とカメラを担いで移動。所々雪が残っている。5:20頃ではほとんど真っ暗であるが、満月に近い月が西の空に輝いているので、思った以上に明るい。ただ、富士山の山頂付近に大量の雲が掛かっ [続きを読む]
  • 今年初めて雪のジラ生活(1/14)
  • §朝散歩今年初めてのジラの訪問。雪が降ったと聞いていたので、昨日は陽がある内に着荘。30cm〜40cmの積雪だったが、ふわふわの雪でとても軽かったので約1時間で、玄関までと車庫の前を除雪した。心配していた水道管の凍結も、十分に屋内のヒータで暖めてから通したので、問題無く開通。今朝の気温は家の温度計で-4℃。寒さはさほどではないが、路面が凍結しているので、簡易アイゼンを履いて出発。別荘内は雪が残っており、それ [続きを読む]
  • バテバテの石割山(12/17)
  • §石割山今朝は石割山に登る事にした。5時に起きて簡単な朝食を取り出発。気温は-4℃。ところが山中湖に向かうにつれて気温が下がり-8℃。石割山の駐車場に到着したのは6時少し前。駐車場にはもう1台駐まっていたが、先に登っているのだろうか。今朝はちゃんとヘッドランプを持って来たので装着して出発。最初の鳥居を潜って、長い階段が始まる。毎回この階段には苦労させられが、今回は特にキツイ。手すりを使って少しでも足の [続きを読む]
  • 30年ぶりの稲子湯(12/16)
  • §朝散歩今日は代休なので木曜の夜からジラに止まっている。気温-3℃、刺すような寒さでは無い。いつものように道の駅までの散歩。今回のお供は重いPENTAX-K3m2でなく、SonyのDSC-RX100M3。先日、妻が海外旅行に行くのに併せて購入したいわゆるコンデジである。重さは290gととにかく小さくて軽い。ただ問題は、革手袋していると電源スイッチを押しているつもりだが、なかなかオンにならない。さらに、畳まれていたレンズが飛び出 [続きを読む]
  • 忍野村の雲海を見に高座山へ(12/4)
  • §高座山の麓昨日の紅葉台からの富士山がイマイチだったので、今朝は山中湖方面に写真を撮りに行きたいと思った。いつものように5時に目が覚める。空には※が見えるので晴れているようだ。富士山ライブカメラで山中湖の長池の様子を見るとどうも曇っているようだ。次に忍野村を見るとここも霧で煙っているようだ。となったら行くところは高座山の麓しかない。せっかく昨日スタッドレスに換えて洗車したのに、また泥だらけになって [続きを読む]
  • 霜柱を踏みに紅葉台へ(12/3)
  • §朝散歩気温-1℃、晴れ。6時では未だ暗い。寒さはそれほどでもないので、カーディガンの上にモンベルのライトシェルで朝散歩に出かける。もちろんネックウォーマと手袋は必須である。鳴沢氷穴入り口から紅葉台に向かうルートに決めて、少し明るくなってきた道を歩き始める。今年は雑草やススキが例年よりも多く茂ったようで、枯れ草になっても萎れてないため、道無き道を進む時には苦労する。県道71号から鳴沢氷穴に向かうわき道 [続きを読む]
  • 三ツ峠は紅葉は終わっていたが(11/20)
  • §三ツ峠へ朝4時に目が覚めたので夜空を見ると星がきれいに見えた。晴れている証拠だ。翌日に疲れが残るので、山歩きは土曜の朝にするように決めていたが、今日は例外にしよう。簡単な朝食を取り、4:20には三ツ峠に向かって出発。河口湖大橋あたりは霧で覆われていたが、御坂みちをのぼり始めたところから霧は晴れた。天下茶屋に向かう旧道のワインディングロードは真っ暗だが、ハイビームで前方を照らしながら進んで行く。4:50頃 [続きを読む]
  • 外壁の工事をどうするか(11/19)
  • §外壁の工事今月25日で、ジラハウスを先代オーナーから引き継いで丸6年になる。毎冬の水道管凍結や水道管からのさび、前回の浄化槽の修理など、築30年近くになると人間と同じであちこちに不具合が生じてくる。最近の悩みは、家の外壁がボロボロになってきていることだ。6年前は塗装もしっかりしていて、全然問題は無かったが、最近はペンキが板から剥がれて、風が吹くとボロボロとベランダに落ちてくる始末。特に暖炉の煙突 [続きを読む]
  • 忍野村と河口湖(11/6)
  • §高座山の麓これまで一度も妻を高座山の麓の富士山撮影ポイントに連れて行った事がなかったので、一緒にゆくことにした。朝5時起床で5:20分には車で出発していた。鳥居地峠からの悪路には少し驚いていたが、四駆のXVならば全く平気であることを感じたようだ。6時頃ポイントに到着。日の出前のちょうど良い時間だ。今日はカメラマンは1名だけ。日曜のせいか、忍野が雲海に包まれていないからか、理由は分からない。雲一つ無い [続きを読む]
  • 箱根旅行2日目(11/5)
  • §朝風呂箱根エレカーサのお風呂の特徴はメタケイ酸の含有量が普通の4倍。美肌の湯というのがウリであるが、それはそれとして朝風呂に向かう。割と若い人達が多く泊まっていたためか、大浴場には他の脚がいない。大浴場を独り占めである。朝日を浴びた強羅の街が見ながらの入浴はなかなかのもの。朝風呂後、一杯飲んだら気持ち良くなって再びベッドで眠てしまった。なんとか8:30の朝食には間に合った。朝風呂はだれもいないようや [続きを読む]
  • 箱根旅行1日目(11/4)
  • §箱根温泉旅行仕事が忙しかったのでなかなか温泉旅行に行けず仕舞だった。やっと仕事も落ち着いてきたので、有休を使って箱根に向かう。§長安寺平日の環八はこんなに混むのかと驚いたくらい環八は混んでいたため、箱根に着いたのは10:30を過ぎていた。まずは長安寺に立ち寄る。ここは紅葉狩りスポットとして有名な場所らしいが、今年はまだまだの状態だ。このお寺は五百羅漢でも有名である。庭に羅漢が点在している。それぞれが [続きを読む]
  • ブラタモリ散歩と浄化槽の修理2日目(10/30)
  • §朝散歩朝起きたら雨が降っていたので朝散歩は中止。しかし、朝食後は霧雨程度になってきたので、防水用でフードの付いたアウターを着て散歩に出かける。7:30で気温6.5℃。フードを被るかどうか微妙な天気である。とりあえず道の駅に向かう。アネルバ横のメイン道路は舗装工事中。ガスバルーン照明器が付いたままなので夜中じゅうおじさんは交通整理を行っていたのだろうか。雨だっただろうに大変だ。早く工事が終わって欲しい。 [続きを読む]
  • 浄化槽の修理のために(10/29)
  • §浄化槽の修理10/18に5年ぶりに浄化槽の掃除を行ったが、その時に浄化槽のひび割れが発見された。このままではトイレが利用できない。これはとても困ったことである。設備屋さんが言うには、古い浄化槽なので修理できるかどうか分からない、第1層がひび割れていると第2層も故障している場合がある、浄化槽を交換する場合は合併式浄化槽にする必要があり、今よりも2回りほど大きくなるので重機を入れて造成工事が必要となる、 [続きを読む]
  • 富士山五合目の山歩きを満喫(10/22)
  • §忍野へ向かおうとしたが今朝も朝散歩はやめて車で出かける。どんよりとした曇り空。忍野の高座山の麓なら雲の上から富士山が見えるかもしれないと考えたが、富士吉田の道の駅近くまで行ってこの雲の状況では高座山でも無理だと判断。昨晩、紅葉名所2016 ウォーカープラスから、富士山五合目が「紅葉見頃」とのメールが届いていたので、今日のお昼に行こうと考えていたが、これからにしようと決めてスバルラインに向かう。§五合 [続きを読む]
  • 河口湖の紅葉はまだかな(10/21)
  • §朝ドライブ今日は季節外れの夏季休暇を貰ってジラに来ている。浄化槽の問題で、設備屋さんと9時に待ち合わせなので、出かけるにしても直ぐに戻って来なければならない。晴れの予想だったので、山中湖へでもと6時前に車でジラを出た。§活き活き広場途中、活き活き広場で朝焼けの雲と富士山を撮る。富士山にも日が当たっているよ良いのだが10分ほど前はもっと紅かったちょっと薄ぼんやり§河口湖大橋近く山中湖に向こうとしたが [続きを読む]
  • 道無き道を進んでみた(10/16)
  • §朝散歩気温4℃、晴れ。今朝も十分に寒い。道の駅に向かって歩き始めるが、共立女子学園の研修施設のある脇道から車が出てきた。2週間前のキノコ探しで新しい造成地を発見したが、そこが何処なのかを確認するために、その脇道に入って行くことにした。5分程歩くとその造成地が見えてきた。広大な敷地である。(Google Earthでも富士の館の南にある敷地の広さが確認できる)施工主は富士吉田の「株式会社エコ・ワールド」となって [続きを読む]