福島県の社会保険労務士 菅沼恒博 さん プロフィール

  •  
福島県の社会保険労務士 菅沼恒博さん: 障害・遺族年金請求代行奮闘記
ハンドル名福島県の社会保険労務士 菅沼恒博 さん
ブログタイトル障害・遺族年金請求代行奮闘記
ブログURLhttp://blog.nenkin.moo.jp
サイト紹介文遺族・障害年金の相談や代理を中心にした福島県の社会保険労務士の日々の様子など。無料年金相談受付中。
自由文会社に在職中に病気やけがで休職しければいけなくなった場合の「傷病手当金」や、会社で勤務が原因で病気やけがをした場合、通勤途中での事故等が原因で病気やけがをした場合の「労災」などの相談なども受けていますので、その記事や生活保護等に関するもの、成年後見に関するものなど、実際に相談や活動していることについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 286日(平均0.3回/週) - 参加 2011/11/11 15:40

福島県の社会保険労務士 菅沼恒博 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初診日の取扱い(4)
  • 20歳前に初診日がある場合も基本的には、今まで書いてきたような取り扱い(三親等以外、原則複数、医療従事者は一人でも可など)ですが、障害基礎年金を請求する場合は、「他の資料」がなくとも第三者証明だけでOKという取扱いです。ただし20歳前の初診であっても初診日が厚生年金としての請求の場合は、20歳以後の請求の場合と同じです。初診日を第三者証明による方法で請求する場合の大まかな説明は以上ですが、今回は、 [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(4)
  • 20歳前に初診日がある場合も基本的には、今まで書いてきたような取り扱い(三親等以外、原則複数、医療従事者は一人でも可など)ですが、障害基礎年金を請求する場合は、「他の資料」がなくとも第三者証明だけでOKという取扱いです。ただし20歳前の初診であっても初... [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(3)
  • 「第三者証明に該当する申立て」についてもう少し詳しく見てみます。第三者証明は、基本的に次のアからウのいずれかに該当するものであること。ア 第三者証明を行う者が、請求者の初診日頃の受診状況を直接的に見て認識していた場合に、その受診状況を申し立てるものイ 第三者証明を行う者が、請求者や請求者の家族等から、請求者の初診日頃に、請求者の初診日頃の受診状況を聞いていた場合に、その聞いていた受診状況を申し立てる [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(3)
  • 「第三者証明に該当する申立て」についてもう少し詳しく見てみます。第三者証明は、基本的に次のアからウのいずれかに該当するものであること。ア 第三者証明を行う者が、請求者の初診日頃の受診状況を直接的に見て認識していた場合に、その受診状況を申し立てるものイ 第... [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(2)
  • (1)第三者の証明+参考資料第三者の証明(様式、記入上の注意点)の第三者とは、三親等以内の親族以外の者です。原則は2人以上必要で、「参考資料」としては、診察券や入院記録などの初診日について客観性が認められる資料が必要であり、医療機関が作成した資料であっても、請求者の申立てによる初診日等を記載した資料は不適当であるとされています。さらに、直接見たことに対する証明か、聞いたことに対する証明かなどさらに細 [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(2)
  • (1)第三者の証明+参考資料第三者の証明(様式、記入上の注意点)の第三者とは、三親等以内の親族以外の者です。原則は2人以上必要で、「参考資料」としては、診察券や入院記録などの初診日について客観性が認められる資料が必要であり、医療機関が作成した資料であって... [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(1)
  • 前回書きましたように、2015年10月1日より「初診日」の取扱いが変わりました。この内容について何回かに分けて見ていきたいと思います。今までは「診断書」「受診状況等証明書」など医療機関による証明書を提出することが出来ない場合は、「初診日」が不明のため不支給とされることが間々ありました。今回の取扱いの変更は2点あります。(1)「第三者の証明+参考資料」があれば、請求者の申立てをした日を「初診日」として認め [続きを読む]
  • 初診日の取扱い(1)
  • 前回書きましたように、2015年10月1日より「初診日」の取扱いが変わりました。この内容について何回かに分けて見ていきたいと思います。今までは「診断書」「受診状況等証明書」など医療機関による証明書を提出することが出来ない場合は、「初診日」が不明のため不支給とされることが間々ありました。今回の取扱いの変更は2点あります。(1)「第三者の証明+参考資料」があれば、請求者の申立てをした日を「初診日」として認め [続きを読む]
  • 障害年金の初診日に関する調査票
  • 平成27年10月1日より初診日の確認方法が変わりました。(この件については、今後少しづつ書いていきたいと思います。)それに伴い、「障害年金の初診日に関する調査票」(以前のアンケート)の添付する基準が変更になりました!◎先天性障害である眼・耳・股関節疾患の請求の場合⇒それに対応する「先天性障害(眼・耳・股関節疾患)用調査票」を必ず添付する◎それ以外の請求傷病の場合⇒〇初診時の医師の証明が添付できない場合 [続きを読む]
  • 障害年金の初診日に関する調査票
  • 平成27年10月1日より初診日の確認方法が変わりました。(この件については、今後少しづつ書いていきたいと思います。)それに伴い、「障害年金の初診日に関する調査票」(以前のアンケート)の添付する基準が変更になりました!◎先天性障害である眼・耳・股関節疾患の請求の場合⇒それに対応する「先天性障害(眼・耳・股関節疾患)用調査票」を必ず添付する◎それ以外の請求傷病の場合⇒〇初診時の医師の証明が添付できない場合 [続きを読む]
  • 記事の訂正;障害年金の子の加算と児童扶養手当
  • しばらくブログを更新していない間に、法改正のために前のブログの内容を訂正しなくてはいけない箇所が生じています。2014年2月11日に書いた「障害年金の子の加算と児童扶養手当は同時に受けられません!」を訂正します。平成26年12月1日より児童扶養手当法が一部改正され、公的年金給付等の額が児童扶養手当の額より低い場合は、その差額分の児童扶養手当が受給できるようになりました。これまで、障害基礎年金(1級 [続きを読む]
  • 記事の訂正;障害年金の子の加算と児童扶養手当
  • しばらくブログを更新していない間に、法改正のために前のブログの内容を訂正しなくてはいけない箇所が生じています。2014年2月11日に書いた「障害年金の子の加算と児童扶養手当は同時に受けられません!」を訂正します。平成26年12月1日より児童扶養手当法が一部改正され、公的年金給付等の額が児童扶養手当の額より低い場合は、その差額分の児童扶養手当が受給できるようになりました。これまで、障害基礎年金(1級 [続きを読む]
  • 初診日の証明の緩和
  • 障害年金を受給するための3要件(加入要件、納付要件、障がい要件)のうち、加入要件と納付要件に大きな影響を与える初診日について、その日を証明するための要件が緩和されました。年金機構のパンフ例えば、透析をしている方は、障害要件で見れば原則2級以上の障害年金を受給できますが、初診日を特定できないために受給できずにいる方も数多くいらっしゃいます。そういう方の中には、今回の初診日の証明の緩和により受給できる [続きを読む]
  • 初診日の証明の緩和
  • 障害年金を受給するための3要件(加入要件、納付要件、障がい要件)のうち、加入要件と納付要件に大きな影響を与える初診日について、その日を証明するための要件が緩和されました。年金機構のパンフ例えば、透析をしている方は、障害要件で見れば原則2級以上の障害年金を受給できますが、初診日を特定できないために受給できずにいる方も数多くいらっしゃいます。そういう方の中には、今回の初診日の証明の緩和により受給できる [続きを読む]
  • 過去の記事 …