ミキ さん プロフィール

  •  
ミキさん: KAI算数・数学教室(西小中台小学校隣)
ハンドル名ミキ さん
ブログタイトルKAI算数・数学教室(西小中台小学校隣)
ブログURLhttp://ameblo.jp/kainoki/
サイト紹介文千葉市にある算数・数学教室です。算数・数学を楽しみながら身につけることのできる教室です。
自由文 KAI算数教室での解法はオリジナルです。中学受験塾ではありませんが、中学受験算数にも対応できるオリジナル解法です。
 数学教室では、大学教養課程の数学まで対応します。記述や論理的思考等含めて、数学の総合力を創ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/11/14 21:31

ミキ さんのブログ記事

  • 夏期講習時間割予定
  • 小学1年7月20〜25日算マルエツ前教室12:30〜13:30小学1年8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ11:00〜12:30小学2年7月20〜25日 算数パズル基礎 マルエツ13:45〜15:00小学2年 8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ前13:00〜14:30小学3年8月1〜3日8月8〜10日算マルエツ9:00〜11:00小学1〜3年8月8〜10日低学年算パズルマルエツ11:00〜13:00小学4年7月20〜25日算マルエツ9:30〜12:30小学4年8月4〜7日理社マル [続きを読む]
  • ご挨拶
  • 5月21日実施の西小中台教室(母が40年経営している教室です)の珠算検定試験結果を掲載しています。http://ameblo.jp/abacus2011 検定結果の成否は別にして、チャレンジ出来たこと自体にも掛け値なしに喜んでいる、満足感がある姿を見澄ませると思います。子供達には、月曜日に合格発表をHPでするよと言っておいたら、昨日はものすごくアクセスがありました(=⌒▽⌒=) うちの教室の(珠算)技術の完結は [続きを読む]
  • 横綱
  • 小学生のころ小さかった自分の身体が大きくなると、心に気取りができる。身体のチカラで大人に負けないという感知をする。 精神的に大人ぶったときに、世間に経験や知識で思い知らされることは度々ある。それでも若年には若年の言い分がある。そして若者に特有な理論と物差しはある程度通用してしまう。 それでもどうあってもこれはかなわないと思わされるものが子供のころの自分にはあった。 必死に働いている人 [続きを読む]
  • パラドックス
  • 日本人は権威主義的であると言われている。自分以外の権威に依存しながら生きていて、その権威の一つが「世間」だといわれる。 そういった社会の中では、強く巨大な権威に義と志で立ち向かう真田幸村のような人間を主役にした大河ドラマは人気を集める。大坂夏の陣では、負ける、命をなくすという事を前提で幸村は戦う。 徳川の軍勢17万4千、真田の軍勢3千5百。戦う前に勝敗はあきらかだが、進退窮まった幸村が死の恐怖 [続きを読む]
  • 示唆
  • マラソンランナーは強さを体現するといわれる。見ている人間に結果、記録とは違う次元で「強い」と思わせる。その強さの本質は「抑制の美学」と言われるものだ。 苦しくても前に進む力。努力を継続できる力。自分の限界を乗り越える力。 そこには生きるための哲学がみられる。一般の人たちに「生き方」を身をもって示す。 同様にスポーツは、「必死」、「真剣」、「集中」、「努力」という言葉を体現する。 [続きを読む]
  • 春期講習時間割
  • 下記に春期講習時間割の予定を掲載いたします。現時点での予定であり、変更可能性があります。ご了承ください。新小学1年3月20〜24日算マルエツ前教室14〜15新小学2年3月20〜27日(28日休み)算マルエツ前教室12:30〜14:00新小学3年4月1〜4月5日4月8・9日算 マルエツ前教室13:00〜15:00 新小学4年4月2〜5日国語山本周五郎茂木健一郎読解講座マルエツ前教室17:00〜19:30 新小学4年4月1〜4月5日4月8・9日算・理マル [続きを読む]
  • 反語の写真
  • 写真家は物事を表現するとき、何を伝えるかということとどう伝えるかということを意識する。例えば、スーダンの内戦というテーマがあったとしたら、殺りくの痕跡ではなく、そこで暮らす子供の笑顔を写す。アフリカの貧困がテーマであったとしたら、栄養失調の痩せた子供ではなく家族が食事を分け合って一緒に楽しく暮らしているところを写す。悲惨な状況の中に置かれている人間の誇りをクローズアップする表現を用いる写真家がい [続きを読む]
  • 大晦日のご挨拶
  • 今年もあとわずかになりました。1年間、本当にありがとうございました。 本日、つい先ほど仕事納めでした。大晦日に小学生相手に授業をしていると、映画レオンのセリフを思い出します。 「大人になっても生きるの辛い?」 映画では「ああ、辛いさ」 と返事をしますが・・。 同時に思い出すことがもうひとつあります。私は事故で脳外 [続きを読む]
  • ポーカーフェイス戦略
  • 多くの魚はなわばり争いをする際、力いっぱいの強気を装う。相手が自分より強いと感じてもそれを身体の色や動作にはださない。 ポーカーフェイス戦略と呼ばれるもので、鳥やほ乳類の同種間の争いにおいてもよく知られるものである。 一方で格闘家、例えばボクサーで一流とされている強者は心の動きを外へはあらわさないとされている。追い詰められたとき、ピンチの状況であっても表情を変えずに戦う。そして勝てる可能 [続きを読む]
  • 財産
  • 教育制度が整えられた現代の社会では、体系だてられた知識が子供の前に用意されている。洗練された知識や論理を考える努力をしなくても常に目にすることができる。そのため、現代の人間は知識は豊富だが、考えるという事は不得手だ。すると日々の行動の意思決定は、自分がどう思うか、どうしたいかではなく、他者の行動を参考にするようになる。正解がなく、自分にとって生きていくうえで大切な問いに応えるときに、他者の行動に [続きを読む]
  • 変化
  • 「ドラえもんは生物として認められることはありません。それはなぜですか。(麻布中学入試問題)」/////////////////////////////////////////////////////////////プロ野球広島カープの黒田投手が引退した。アメリカのメジャーリーグでも実績のある偉大な投手で、年棒二十億円の契約に見向きもせず、自分を成長させてくれた球団の広島カープと五分の一の金額で契約した。カープは貧乏球団で一流のピッチャーに成長した黒田をメジ [続きを読む]
  • 冬期講習時間割
  • 小学1年1月3〜6日算マルエツ前教室13:00〜14:00小学2年1月3〜6日算・国フェニックスビル14:00〜16:00小学3年1月3〜6日算マルエツ16:00〜18:00小学3年12月23〜27日算マルエツ13:00〜15:00小学4年12月23〜27日算数パズルマルエツ13:00〜15:00小学4年12月18・20・21日消去算講座マルエツ17:00〜18:00小学4年12月28日国語内蔵允留守宮沢賢治読解講座マルエツ12:50〜15:00小学4年12月29〜31日国語茂木健一郎説明文講座マルエツ15:30 [続きを読む]
  • 2017年度2月以降時間割
  • 新小学1年金曜日算(渋幕への算数パズル講座)16:00〜16:50マルエツ前教室(3月から授業を行います)新小学2年水曜日算スタンダード16:00〜17:00フェニックスビル新小学2年火曜日算数エクセレント16:00〜17:00フェニックスビル新小学3年土曜日算11:00〜13:00マルエツ前教室新小学3年日曜日算・国コース10:10〜12:10マルエツ前教室新小学3年木曜日算・消去算講座17:30〜18:30マルエツ前教室新小学3年水曜日消去算ハーフ講座17:50 [続きを読む]
  • 差異、特徴、希少性
  • ミジンコは、日常においてその集団の中にはメスしかいない。オスは存在せず、メスのみで分裂するように繁殖していく。環境が悪くなると、分裂せずにミジンコは母親となりオスとメスを産む。オスはメスに飛びついて交尾して自分と違う特徴を持った子孫を産み落とすようになる。違う特徴を持った存在がその生物の種を強くする。人も同じ考え方をして同じ方向を向いている人間ばかりになれば、その社会はおそらく壊れてしまう。違う [続きを読む]
  • 真田丸
  • 地上には3人の天使がいるといわれている。老人、病人、死人である。私は事故で救急病院に入院していたことがある。お年寄りで治ることがない病気にかかっているにもかかわらず、子供のような笑顔になれる人がいた。生きてきた事に満足感がある。死を迎えるのに充足感がある。そこには、若くて健康な人間では到達できない「境地」があるように思える。/////////////////////////////////////////////////////////「この幸村、信濃 [続きを読む]
  • 犬の臭覚は、人間の5000倍あるといわれる。ただし、能力があったとしても興味のあるものにしか強い反応は示さない。例えば花の匂いにはあまり興味を示さない。人間は文章を読むときは、自分の興味の方向に沿って行間で想像を働かせながら解釈する。同じ文章でも人によって捉え方が違う。そこがテレビや映画と違う文章の面白みで、育った環境や生き方で違う感覚を生みおとせる。その独特の面白みで、8世紀のころは漢詩が東ア [続きを読む]
  • イチロー
  • 鉄やプラスチックは新しい時が一番強い。年月とともに劣化する。一方で木材、例えばヒノキの柱は切られてから200年〜300年の間は強度が増してくる。「生」の不思議な力が加わる。イチローは実力やパフォーマンスがピークだった時より今のほうが魅力がある。「失敗もなく最短距離でたどりついたとしても(一流になったとしても)、選手としての深みは出ない(イチロー)http://setapapa.net/20160411/」野球のみならず、社会 [続きを読む]
  • 夏期講習時間割
  • 小学1年7月20〜25日算マルエツ前教室12:30〜13:45小学1年8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ11:00〜12:30小学2年7月20〜25日算マルエツ13:45〜15:00小学2年8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ前13:00〜14:30小学3年8月1〜3日8月8〜10日算マルエツ9:00〜11:00小学1〜3年8月8〜10日低学年算パズルマルエツ11:00〜13:00小学4年7月20〜25日算マルエツ9:30〜12:30小学4年8月4〜7日理社マルエツ9:00〜12:00小学4年8月18〜22 [続きを読む]
  • レスター
  • イカは6歳の子供ほどの知能があると言われている。その中でもヤリイカは外部からの刺激に対して、規則的で訓練を受けたかのような統率された行動をとる。生きる工夫とインテリジェンスを見せる。おそらく役割分担があり、何らかの社会性や文化を持っている。ヤリイカは沿岸部に住んでいる。その沿岸部の生存しにくい環境がヤリイカに文化を与えたように思える。一方で、外洋で海洋生物の分布密度が低い広い海に住むスルメイカは [続きを読む]
  • 思い出の先生
  • 生物にとって恐怖は必要な感情である。チータは死を恐怖するから、走力を重視した進化をした。肉食動物でありながら、噛む力は弱く、手足は細く、爪は小さい。ただ走る力では負けない。何か一つの能力を磨き上げるという生存戦略は、人から見ると理にかなっていて魅力的に見える。人間も、死への恐怖から科学や医学、社会を進歩させてきたとも考えられる。そういった理屈が伴わなくても、人は恐怖は大切な感情だという事を知って [続きを読む]
  • ルール
  • 脳にはびっくりするような機能がある。例えば、目が見えなくなったとしたら「代償」という機能を通して視覚以外の感覚が研ぎ澄まされる。脳は一つの情報を失うことで、別の新しい世界をとらえるのである。私は10年ほど前、趣味として手話を学んでいて中途の失聴者と交流を持つ機会があった。聴覚障害者は、意思のやり取りを音で行うことができない。そのため、自分の意思を伝えることに必死に向き合うようになる。音を使うことは [続きを読む]
  • 連想
  • 電車に乗るときや病院の診察待ちなど、ある程度まとまった時間が取れるときには私は本を読むことが多い。ちなみに立派な教訓が並んだ文が書いてある本より、悪い人間が活躍する類の本が好きだ。本の中の登場人物はとんでもなく悪いことをするが、その悪人が何らかの組織のリーダーであったりすると、正しいか間違っているかは別にしてその人には大概、価値の重きを置く行動原理がある。「約束は何があっても必ず守る。周りの人の [続きを読む]
  • 能力
  • 植物は夜の時間の長さを正確に測る。シソは夜の時間の長さが9時間45分でつぼみをつくる。9時間30分ではつぼみをつくらない。アサガオは夜の時間の長さが9時間でつぼみをつくる。9時間15分ではつぼみをつくらない。夜の長さを正確に測って、好みの季節に花を咲かす。15分の違いを時計を使わずに正確に見極める。人間ができないことを当たり前のようにやってのける強さを持っている。理屈を理解していなくても、人間は [続きを読む]
  • 春期講習時間割
  • 下記に春期講習時間割の予定を掲載いたします。現時点での予定であり、変更可能性があります。ご了承ください。  新小学1年3月22〜25日算マルエツ前教室16:30〜17:30新小学2年3月22〜25日4月3・4日算マルエツ前教室16:30〜17:30新小学3年3月31〜4月2日 算 マルエツ前教室13:30〜15:00 新小学4年3月21・22・25・26日中学受験算数excellentマルエツ前教室13:00〜17:00新小学4年3月27〜30日国語マルエツ [続きを読む]
  • 桃の花
  • 子供は大人とは異なった真実を見ている。子供は、ある出来事に遭遇したとき知識で物事を判断することをせず、直感で物事を判断する。人や物事の善し悪しを直感で判断しなければならない局面では、大人より正確な判断をする。その子供相手に物を教えるときに、方法はいろいろあるにしても自己肯定感を持ってもらうことが大切になる。一方で、そのとき教え手は自己否定から始める必要がある。おそらくプロスポーツの監督も同様の部 [続きを読む]