カサマ さん プロフィール

  •  
カサマさん: 疲労困憊したおじさんのブログ
ハンドル名カサマ さん
ブログタイトル疲労困憊したおじさんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/masaya1015/
サイト紹介文元、原発作業員です。 昨年からミドリ亀を飼いました。
自由文ブログはアメブロが中心です。主に原発の危機について書いています。記事についての質問、コメントいつでもどうぞ!047−423−0255
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/11/15 06:52

カサマ さんのブログ記事

  • 打ち切られた訪問看護
  • 【船橋市の介護体制に異議あり!コメントを求めます。】眠剤は私にも処方されていますが服用したくはないのが事実ですがしかたなく飲んでいます。飲むと翌日は立ちくらみや眩暈が激しくなります。降圧剤もありますし、ワーファリンもありますから・・余計に副作用があります。さらに、私は左目が光覚無し、左耳も聞こえていません。身障者手帳の内容は1級です。それでいて、現在、昨年の11月になってやっと始まった私の介護体制 [続きを読む]
  • 柏市と松戸市の放射能汚染ゴミについて
  • 【柏市の家庭ゴミからも七万ベクレル超を検出】〜自治体が収集する家庭ゴミの焼却灰が、八〇〇〇ベクレル/キログラムを超える指定廃棄物となった自治体は、二〇一六年九月現在、岩手県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、東京都の六都県がある。指定廃棄物の総量は、四八五件、一二万トンを超えている。千葉県柏市では、南部と北部クリーンセンター、二つの清掃工場で家庭ゴミを燃やしている。事故前(福島第一)、焼却灰を高温で [続きを読む]
  • 柏市で6μSv/h
  • 柏市柏下の中央体育館周辺で先月、国の基準値(毎時0.23マイクロシーベルト)を超える空間放射線量が測定されていたことが、市への取材で分かった。市は現場の除染を進めている。 市民が一月一日に、体育館の地表近くで国の基準値を大幅に上回る約六マイクロシーベルトを測定し、市に届け出た。・・・(東京新聞)ーーーーーーーーーー [続きを読む]
  • どうなる汚染土・・
  • 千葉県内の某公園の枯葉のストックヤードの空間線量(高さ約50cm)電話で確かめると「堆肥化」と言われましたが・・・・このまま、放置すれば濃縮するでしょう。しかも、セシウムの性質は土壌に吸着しやすいのですが・・。例えば広島原爆の時のセシウム137は半世紀を隔てて山間部においては2009年にも見出されているのです。次に取り上げる関連動画ですが先日、たんぽぽ舎さんで開催された「まさのあつこ」さんのお話をご覧 [続きを読む]
  • 福島第一・・熔け落ちた燃料は何処へ・・
  • 原子炉格納容器を設計していた元東芝技術者の後藤政志氏が言う。「東電が公開したカメラ映像では、原子炉の真下に大きな穴が開いている様子が見えました。核燃料が圧力容器を破って外に漏れ出たことは間違いありません。ただ、それは、われわれ専門家が事故当初から指摘していたこと。東電や政府はなかなか認めようとしませんでしたが、メルトダウンは大前提なのです。今回、メルトダウンした核燃料が原子炉圧力容器を突き抜けて、 [続きを読む]
  • 福島第一2号機
  • 東京電力は2月2日福島第一原発2号機の格納容器内部を撮影した画像を分析した結果を推定で最大530シーベルトであると公表しました。これは事故後、最大で人が浴びれば即死する線量で、熔け(溶け)落ちた核燃料(デブリ・堆積物)を取り出す作業で最大の障害となると考えられます。(取り出しは可能なのでしょうか・・)東電はこれまで2号機内部を(2012年)毎時73シーベルトを線量計で計測していましたが、今回の53 [続きを読む]
  • 不安運ぶ汚染土ダンプ
  • 12月28日東京新聞「話題の発掘」に「不安運ぶ汚染土ダンプ」と題し以下の記事が掲載されていたので紹介し考えてみたいと思います。福島県内の常磐自動車道などで、東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)に運ぶダンプカーが目立ち始めた。作業日一日あたり行き交うのは現段階で二百台。二〇一七年度は三百〜三百五十台に増え、東京五輪がある二十年度は最大で三千六百台に上がる見込み [続きを読む]
  • 竹田の子守唄(元唄)
  • 12月28日東京新聞「話題の発掘」に「不安運ぶ汚染土ダンプ」と題し以下の記事が掲載されていたので紹介し考えてみたいと思います。福島県内の常磐自動車道などで、東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)に運ぶダンプカーが目立ち始めた。作業日一日あたり行き交うのは現段階で二百台。二〇一七年度は三百〜三百五十台に増え、東京五輪がある二十年度は最大で三千六百台に上がる見込み [続きを読む]
  • ボブ・ディラン ♪
  • 12月28日東京新聞「話題の発掘」に「不安運ぶ汚染土ダンプ」と題し以下の記事が掲載されていたので紹介し考えてみたいと思います。福島県内の常磐自動車道などで、東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)に運ぶダンプカーが目立ち始めた。作業日一日あたり行き交うのは現段階で二百台。二〇一七年度は三百〜三百五十台に増え、東京五輪がある二十年度は最大で三千六百台に上がる見込み [続きを読む]
  • 千葉県立「柏の葉公園」の放射線量
  • 昨日12月23日は気温も高いところから心臓の薬も持ち、思い切って線量計測に行って来ました。私の住む船橋からの交通手段は東武線にて柏まで、柏からはバスで「柏の葉キャンパス駅行き」に乗り「柏の葉公園中央」で下車。((黒線の部分を計測)前回、3月12日のブログ記事はこちらhttp://ameblo.jp/masaya1015/entry-12138429283.html前回とほぼ同じコースをたどりましたが「枯葉のストックヤード」の線量が気になりました。 [続きを読む]
  • 久々の線量計測
  • リハビリと食品の買い物ついでに計測してみました。これもフクシマ事故のなごりでしょうか・・場所は船橋市南本町にあるスパーのそばにある中高層マンションの道路に面したところです。(空き地)高さ1mで0.12μSv/hを検出しました。基準値にはいたってはいませんが、この付近もどうやら影響があったようです。2016・12・2 文責・執筆・ブログ管理:弓場清孝 [続きを読む]
  • 自転車に乗れるか・・?
  • 心臓手術から4ヶ月が過ぎ苦闘の連続でしたが、そして、この期間中に多くの人に支えられました。退院時には向かえにも来て頂きました。さらに、寒さが厳しくなった11月には衣類や電子アンカ、暖房機などの支援もして頂きました。多くの人たちに支えられています。感謝の意思を表すためにも生きて行かねばならないと強く感じています。そのひとつとして、自転車に乗ること、乗れるようになること。手術した病院の担当医の先生も言 [続きを読む]
  • 私の睡眠
  • 今日も通院日で診療所から紹介された近くの病院に行ってきました。私の場合、睡眠が症状を大きく左右しているのでこれをなんとか解消するためです。今、現在、診療所から処方されている危ない睡眠導入剤はハルシオンを含めすべて止めています。私にとってはマイナーだからです。今日、行った病院で処方された薬はマイナーな薬ではなく、不安などを解消する薬でこれをしばらく続けようと思います。眠れることが第一と考えています。 [続きを読む]
  • 柏崎刈羽原発で被ばくの不安胸に作業
  • 私は中越沖地震(2007・7)から3年近く柏崎刈羽原子力発電所(以下k・k)の電力洞道と呼ばれる、非管理区域(周辺監視区域・保全区域)で働いていましたがこれらの非管理区域は放射線とは無縁と言われていますが、果たしてそうだったでしょうか・・。中越沖地震がk・kに与えた被害はとても甚大且つ重要だと私は今、心臓病を患う身で深く認識せざるを得ないのです。私がメインで働いていた場所というのは、埃が舞う、意味 [続きを読む]
  • みなさまにお礼とお詫び・・
  • まず、昨日のブログ記事へのコメント、ならびに直接的な衣類などの援助に感謝申し上げます。寒い環境ですが、ふんばる覚悟です。よろしくお願い申し上げます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーなんとか、かんとか今日も生きています。今日はできれば市役所に行ってきます。強い雨なら中止します。部屋の気温もすごい下がり、心臓の動機も激しいです。ルームエアコンはありますが、部屋の空気が乾燥しますし、電気代も怖いで [続きを読む]
  • 生きて行く限界です。
  • なんとかギリギリのラインで生きていますが、はっきり言って難しい状況です。介護保険もおりているのに、いまだに始まりません。介護内容は要支援2となっています。船橋市役所に問い合わせしても、応えていただけません。(南部包括支援センター)明日は木曜日なので診療所に行って処方箋の の為直しと診察をしてもらいます。呼吸困難です。それに寒さが加わっています。住居の環境(古いコンクリート建て)がものすごく悪いです [続きを読む]
  • ロロのサリサリ日記(3)
  • (青大将とタッちゃん)同級生(小・中学生)にタッちゃんという心臓が右についている幼馴染の友達がいました。タッちゃんは虚弱体質でもあり、背も私と同じように低くて、学校の朝礼などでは一番前に立たされていた。(次が私)そして、二人は同級生や上級生からの苛められ役でもあったが、ある時、あまりにも酷い、小石や竹の棒で打たれたり叩かれたりしたので、これに応じ、「青大将」を2匹、翌日の朝にタッちゃんが捕まえて、 [続きを読む]
  • ロロのサリサリ日記(2)
  • 序章私は1951年9月16日に広島県神石郡三和町(現在は神石高原町)という、その中でも14軒ほどの農家しかないオンジ(穏地)と名づけられた山村の一番奥の茅葺屋根の家で生まれました。弓場家に付いていた屋号は「せどなや(背戸納屋)と名づけられていました。つまり、薮の入り口にある納屋というような意味です。ですから、子どもの頃は「背戸納屋のきいちゃん」(清孝)と村や学校の同級生は、そのように呼ばれていまし [続きを読む]
  • 「ロロのサリサリ日記」の一部
  • ・・・・・考えていますか?昨日、大地康夫さん主演の「恋するトマト」という映画をギャオでしばらくぶりに観ました。あの作品は以前にも感想を違うブログ(ロロのサリサリ日記」というシーサブログに書きました。映画の内容は大地さん役(マサオ)がフィリピーナに恋して(ルビー・モレノ)マニラにフィリピンエアーで飛ぶのですが、結婚資金(200万円くらい)を騙し取られて、路頭に迷い、挙句の果て、クマインカナバー(ほー [続きを読む]
  • 映画「生きる」と船橋市役所
  • 内容市役所で市民課長を務める渡辺勘治は、かつて持っていた仕事への熱情を忘れ去り、毎日書類の山を相手に黙々と判子を押すだけの無気力な日々を送っていた。市役所内部は縄張り意識で縛られ、住民の陳情は市役所や市議会の中でたらい回しにされるなど、形式主義がはびこっていた。ある日、渡辺は体調不良のため休暇を取り、医師の診察を受ける。医師から軽い胃潰瘍だと告げられた渡辺は、実際には胃癌にかかっていると悟り、余命 [続きを読む]
  • 原発日誌 船橋市の結核事件
  • またしても、というか良からぬ事件の多いのも私が住んでいる船橋市である。今回に限っては私ははっきり言って恐怖を感じている。船橋市公式ホームページ⇒結核集団感染事例の発生について|船橋市公式ホームページ http://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/kansenshou/001/p047177.html【ホームページ抜粋】「・・・・・発病者及び感染者は現在治療を行っており、周囲に感染させることはないことから、新たな感染拡大の恐れは低い [続きを読む]