SMILE(理学療法士) さん プロフィール

  •  
SMILE(理学療法士)さん: 理学療法士SMILEの勉強生活
ハンドル名SMILE(理学療法士) さん
ブログタイトル理学療法士SMILEの勉強生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/pt-rapid-progress/
サイト紹介文理学療法士である私SMILEの日常を、仕事中心に綴った日記です。 国家試験関連の情報も発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/11/15 23:14

SMILE(理学療法士) さんのブログ記事

  • 明日は第52回PT・OT国家試験合格発表
  • いよいよ明日は第52回理学療法士及び作業療法士国家試験の合格発表が行われます。 発表時間は例年通り14:00予定。 厚生労働省にも掲示されますが、ほとんどの方は厚生労働省のホームページから確認することになると思います。 しかしながら、発表直後はアクセスが集中します。 そのため、なかなか合否を確認できないのは、毎年のあるあるですのでご承知おき下さい(笑) さて、いずれにせよ [続きを読む]
  • 4th Wedding Anniversary
  • 今日はさくらの日。 そして、個人的には今日が結婚記念日。 今年で4回目。 はい。 しっかりケーキを食べました もちろん、嫁さんにプレゼントも用意しました よし。 これでしばらくうちの家族は安泰です(笑) [続きを読む]
  • 第4回UPdate勉強会、参加者1名追加募集のお知らせ
  • 私が主催する2017年4月16日(日)開催の第4回UPdate勉強会「臨床に活かすための触診の基本的なポイント 〜股関節編〜」。 一度、参加募集を終了致しましたが、キャンセルが出たため急遽再募集させて頂くことになりました。 勉強会の詳細は下記のリンクからご覧ください。 残り1名程度の募集ですので、ご興味をお持ちいただいたのであれば、お早めにお申し込みくださいませ。 勉強会 [続きを読む]
  • 運動器検診へ同行予定
  • 来月(新年度)は職場の近隣中学校の健診に同行しようと考えています。 職場の医師が校医をしている関係で、毎度健診に行っているのですが、ご存知のように最近運動器の検査項目が増えました。 運動器検診というものです。 その検査の補助をする形で同行しようと考えています。 医師の話によれば、病的とは言えないものの、比較的高い割合で簡単な運動ができない子供が存在するそうです。 その辺 [続きを読む]
  • 第4回UPdate勉強会参加募集終了のお知らせ
  • 2017年4月16日(日)開催の第4回UPdate勉強会「臨床に活かすための触診の基本的なポイント 〜股関節編〜」は、只今をもちまして参加受付を終了致しました。 今回は追加でも参加者を募集させて頂きましたが、それでも予定人数よりも大幅にご応募頂きまして嬉しい限りです。 その期待に少しでもお応えできるように頑張りたいと思っております。 なお、キャンセル待ちの受付は引き続き継続しており [続きを読む]
  • 職場内のマネジメント
  • この業種に限った話ではないのですが、職場内での様々なマネジメントはとても大変だとつくづく感じます。 私自身は主にリハビリテーション科のマネジメントをする程度ですが、それでも多くのことを考えなくてはなりません。 専門職という括り以前に、様々な人間がいるという事実を踏まえて事業が円滑に回るようする。 もちろんそれは専門職以外の職員や他部署、外部との連携なども含まれます。 私は経営者で [続きを読む]
  • 花粉症
  • もともとアレルギー性鼻炎を学生時代から患っていましたが、昨年辺りから本格的に花粉症デビューをしてしまいました私の症状で最も困るのは「咳」です。意外と知られていないようですが、花粉症の症状に咳もあります。もちろん、鼻詰まりや目のかゆみなどの症状もあるのですが、やはり喉がムズムズする感じが強いです。正直、患者さんと会話する度に咳を堪えている状況です。この咳のせいで、睡眠もかなり邪魔されているため身体 [続きを読む]
  • 逆境でも
  • 思うようにいかないことの方が多い毎日。 でも、決して諦めている訳でもないし、何もしていない訳でもない。 確かに心が折れそうになることもある。 でも、まだ心は折れていない。 と言うか、折ってたまるか どれだけ逆境でも、一日の中でほんの僅かでも良いので変化をつける。 もちろんそれは、自分の目標達成に近付くための変化。 大切なことは [続きを読む]
  • PT・OT学生のための実習や臨床で簡単に使える検査・評価用紙集 2017年度版
  • 先日より『PT・OT学生のための実習や臨床で簡単に使える検査・評価用紙集 〜2017年度版〜』の販売を開始致しましたPT・OT学生の臨床実習や実技練習、そして臨床業務に欠かすことのできない検査・評価用紙。検査・評価に必要不可欠な物のため、時間をかけて自作したり、同級生のみならず先輩や先生などから譲り受けたりすることも多いと思われます。しかしその結果、実習前にも関わらず余計な手間がかかり、貴重な時間が削られてし [続きを読む]
  • 自分にガッカリ・・・
  • 実は先週末辺りから風邪をひいた影響により、ここの所ず〜っと体調不良です。息子や嫁さんが先に風邪をこじらせていたので、気を付けてはいたのですが・・・。一緒に生活する環境下での予防はなかなか難しいですねそもそも息子は年中風邪をこじらせていますしね体力の衰えにより、いつになっても体調が回復しない自分にガッカリしていますとりあえず今週末には完全に良くしたいと思います。 自分の体調管理ができない [続きを読む]
  • PT・OT学生のための国試対策 安易に覚える語呂集 2017年度版 発刊!!!
  • 本日、第53回理学療法士及び作業療法士国家試験対策用のゴロ集が発刊されました『PT・OT学生のための国試対策 安易に覚える語呂集 〜2017年度版〜』※理学療法士や作業療法士を目指す学生向けに制作してあります。語呂は約215個+α収録されています。(pdfファイルで31ページあります。)ご好評を頂いた2016年度版を踏まえ、新しい語呂の追加と内容の一部改訂も行い、この2017年度版を2017年3月1日に発刊致しました。収録科目は [続きを読む]
  • 第4回UPdate勉強会、追加募集決定!
  • 私が主宰しているUPdate勉強会。 2017年4月16日(日)に開催予定の第4回勉強会のテーマは「臨床に活かすための触診の基本的なポイント 〜股関節編〜」となっています。 今月冒頭から参加者の募集を開始していましたが、お陰様で1ヵ月を待たずに募集定員に達しました 想像以上にお申込みのペースが早く、周知する前に定員に達してしまった感があります。 そのため、何とか少し [続きを読む]
  • 第52回PT・OT国家試験は終了しましたが・・・
  • 昨日、PT・OT国家試験を受験された方は本当にお疲れ様でした。 本日は各養成校などにて自己採点をしたことと思います。 様々な感情が養成校を包んでいたことは容易に想像できますね。 さて・・・。 今の時期に私が言いたいことは一つです。 この自己採点の結果が良くも悪くも、まだ正式に厚生労働省からの発表はないということです。 毎年言える話ではありますが、合格のボー [続きを読む]
  • 第52回PT・OT国家試験
  • 本日は第52回理学療法士及び作業療法士の国家試験当日でした。 受験された方は本当にお疲れさまでした。 おそらく、今の時間帯は解答速報が非常に気になることと思いますが、まずは無事に帰宅しましょう。 慌てて自己採点をしても結果は変わりません。 また、試験終了の解放感から羽目を外すとロクなことはないので、今だからこそ冷静に行動してください。 明日は各養成 [続きを読む]
  • 臨床実習に出る前に
  • 今回は学生さん向けの内容です。 臨床に出れば当たり前のことなのですが、例えば脳卒中片麻痺の患者さん。 確かに片麻痺特有の症状があります。 しかし、片麻痺の患者さんであろうとも、変形性膝関節症になりますし、脊柱管狭窄症にもなります。 もちろん、DMやCOPDにもなります。 要するに、中枢系の疾患であろうとも、運動器疾患や心疾患、内部疾患、呼吸器疾患などにも同時に罹患する可能性が [続きを読む]
  • 神経系理学療法の最前線
  • 昨日は高崎健康福祉大学で行われた第19回群馬神経系理学療法研究会に参加しました。半日業務後の参加だったので、ギリギリ間に合いました(笑)今回の講師は森岡 周先生。 テーマは「神経系理学療法の最前線」ということで、主な題目は「ニューロリハビリテーションの概念と基本戦略」と「半側空間無視に対するニューロリハビリテーション」。 新人も多く参加していたこともあり、本来難しい内容もできるだけ簡略 [続きを読む]
  • 幸せはいつも傍にある
  • 「まだ隣に居る気がする」「名前を呼ばれた気がする」「何もしないけど、ただ居てくれるだけで良い」「寝たきりでも、居てくれる方が良い」これらは、様々な患者さんのご家族のお言葉。何というか・・・これだけ聞いても私自身が泣きそうになる。恐らく私が新卒で就職した頃には、今ほどこのような気持ちにはならなかったと感じます。それは私自身が結婚して家族を持ったことや、年齢を重ねるうちに様々な経験をしてきたことが大 [続きを読む]
  • 意識は高く、プライドは低く
  • 療法士や療法士を目指す学生であれば、常日頃から自身を成長させなくてはなりません。そして、そのための努力や行動を惜しんではなりません。それに伴って、専門職としてある程度のプライドは必要であると思います。プライドがなくては、専門職としての責任感が生まれにくいと思うからです。特に患者さんや利用者さんに、自分のサービスを提供する時には必要であると思います。しかし、過度なプライドは身を滅ぼします。基本的に [続きを読む]
  • 今年最初の評価実習生の指導終了
  • 先週で今年最初の評価実習生の指導が終了しました。 正直、疲労困憊です(^^;)私自身、色々と反省点はありますが、指導のための時間の作り方をもっと考えなくてはいけないと感じます。 職場の特徴もありますが、業務時間内に指導をするのは中々骨が折れます。 しかし、業務時間外に学生を拘束し過ぎるのも違うのかなとも思っています。 もちろん、微力ながらも理学療法の発展のため、実習生の受け入れを [続きを読む]
  • 今年最初の実習も佳境に突入!!!
  • 今週末で私が指導者となっている評価実習が終了予定です。 私にとっては毎度のことですが、実習生にとっては生まれて初めての臨床実習。 できる限りのことを教えてあげたいと思うのは、昔よりも歳を重ねた証拠でしょうか(笑)? しかし、教えすぎてもダメだなと感じることもまた事実。 線引きが難しいなと感じることは毎度のことです。 そもそも未熟者の私が教えて良い [続きを読む]
  • 実践できると勘違いしてはなりません
  • 書籍を読んで理解できる事と、理解した事を実践できる事は全く異なります。 書籍を読んだだけで、できるようになったと勘違いしてはなりません。 当然のことですが、療法士の仕事は座学と実技の両方面からの向上が求められます。 どちらかに偏ってはならないと思います。 知識を高めるのはもちろん、それに応じた実技ができなくてはなりません。 常に「できる気」や「で [続きを読む]
  • 歩行観察・分析の考え方を広げる電子書籍
  • 大変ご好評頂いております「PT・OT学生のためのゼロから始める歩行観察 〜簡単に歩行分析に繋げるポイント〜 第2版」 歩行観察・分析は、セラピストとして働く上で欠かすことはできない技術であり、セラピストの真骨頂の技術でもあると思っています。 本書に記載されていることをそのまま参考にしても良いですし、あなたなりに「これは使える」と感じた部分のみを利用して頂いても構いません。 [続きを読む]