koshimaro さん プロフィール

  •  
koshimaroさん: 越麻呂日記
ハンドル名koshimaro さん
ブログタイトル越麻呂日記
ブログURLhttp://koshimaro.blogspot.com/
サイト紹介文東北をこよなく愛する公認会計士の遥かなる思い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/11/16 10:19

koshimaro さんのブログ記事

  • ブルーベリー・ビルベリー
  • 〜植樹の最後?〜 土ができたので、いよいよブルーベリーを植えることにします。コメリに発注をお願いしたピートモスもすべて買占め、準備完了です。 研修会会場で購入した「パトリオット」という品種と JAから購入した「チャンドラー」「シエラ」「ビッグスパータン」「ボーナス」それぞれ5本に、ビルベリー5本の25本 合計28本です。 掘った穴にとりあえずバケツ1杯分の土を入れ、その上に苗木を置きます。そして苗木の周り [続きを読む]
  • 土作り
  • 〜ピートモスが足りない〜 ブルーベリーは土がすべてだと思います。 昨年5本植えたのですが、よくわからなっかのでブルーベリー専用土を使いました。これでもいいのかもしれませんが、研修会では酸度が十分ではないということでした。ブルーベリーは強酸性の土壌が好きなようです。 今回は研修会で習った通りにやってみましょう。ピートモス10ℓと鹿沼土10ℓを混ぜ合わせるのだそうです。28本分ですので、それぞれ280ℓです。  [続きを読む]
  • 堆肥置き場
  • 〜実現した堆肥研究家の願い〜 「畑区画に堆肥置き場を」というのは、移住してきてからの堆肥研究家の願いでした。 堆肥にこだわりのある堆肥研究家は、当初「コンポストトイレ」なるものを設置すると言い出しました。 「自然に帰れ」とルソーは言ったけれど、これには私が猛反対。いかに田舎暮らしとはいえ、この現代社会、自分のうんこを原料にした堆肥で作った野菜など、とても食べる気にはなりません。 「だめっ!」結局押 [続きを読む]
  • 原木シイタケ500本体制に向けて
  • 〜単管で組んでみた〜 第二アケビ園の次は、原木シイタケのほだ木立て掛けシステムの構築です・・・システム構築とは大げさですね。仕組みを作らなければなりません。昨年からの懸案事項でした。 初年度種駒を注入したほだ木は、なめこを除けば120本くらいでしょうか。 これは、たまたま敷地内の松の木の枝に、切り倒した竹を立てかけて私が造りました。でもそう都合よく、松の木の枝があるわけがありません。昨年の100本は、拙 [続きを読む]
  • 第二アケビ園
  • 〜アケビの花も美しい〜 大類造苑さんに依頼した第二アケビ園の骨組みが完成しました。 4メートルの単管をクランプでつなぎ合わせていきます。 しかも可能な限り長さを取っているし、測量器具を使って水平に立てているので、第一アケビ園よりも広く感じます。 ここに紫水晶とオオムラサキあけび25本を植えましょう。 穴は骨組みを立ててから掘らなければならないので、ユンボは使えません。手掘りです。 しかも第二アケビ園 [続きを読む]
  • ほっと一息
  • 〜引継ぎの準備〜 今日は久しぶりに一日中の雨で、農作業は中止です。 5月に入ってから農作業に激しく従事していたので、昨日はもう疲労困憊状態でした。監査法人時代の習性で、頭脳労働だろうが肉体労働だろうが、とことんやってしまう悪い癖です。 なにしろ、果樹の苗木を130本ほどを植えなければならないし、同時並行的に300坪ほどある畑を耕し、全面的に野菜の苗などを植えなければなりません。Fさんの応援を得ても、たった [続きを読む]
  • ヤマユリ・山ツツジ・ミツバツツジ
  • 〜プロのセンス〜 果樹の苗木以外に、ヤマユリ・山ツツジ・ミツバツツジを40本購入していました。こちらは庭に植えましょう。福岡造園さんにお願いしました。 どこに植えたら美しく見えるかというセンスは、やはりプロの方のほうが間違いないですね。 まずはヤマユリです。 枕木を立てて作った門柱を入ってくると、正面右側に目が行くので、そこに植えました。 しかも20本あちこちに植えるよりも、群生させたほうがいいですよ [続きを読む]
  • 行者ニンニク
  • 〜いつの間に増えちゃって〜 一昨年山菜講座を受講した際に、行者ニンニクの鉢をもらったので庭に植えました。ついでに別途購入して植えたのは5本です。 行者ニンニクはてんぷらにして食べるとおいしいので、昨年さらに10本購入して植えました。合計15本です。1年前の拙ブログにもそう書いてあります。 でも今年庭を見ると、行者ニンニクと思われるものが30個(本?)あります。え?なんで。 どうやら行者ニンニクは、花が咲い [続きを読む]
  • ラズベリーすごい!
  • 〜強い生命力に感動〜 果樹の苗木を植えるのに一生懸命で、なかなか全体に目が行き届きません。 果樹地帯に草がだいぶ生えてきたので、果樹の植樹が終わったら、いよいよ乗用草刈機の登場となるでしょう。 その前に、背丈の低い果樹の苗木を誤って刈ってしまわないよう、蛍光色のテープをイボ竹に巻き付けて目印にしておきます。 どれどれラズベリーは・・・おやおやすごいことになっていました。 今年の厳しい冬を乗り切るこ [続きを読む]
  • アスパラの収穫
  • 〜畑から採れたてを食べちゃいました〜 先日アスパラちゃんがいよいよ顔を出したなと思ったら、もう食べごろです。2年間待ったかいがありました。 アスパラガスは一度収穫できると数年はだまっていても生えてくるそうです。いいですね。今年も苗を6本植えました。 昨年は道の駅鳥海から、とても立派なアスパラを取り寄せましたが、エスペランサ村ではアスパラは畑から収穫してすぐ食べることができます。 新鮮でおいしいですよ [続きを読む]
  • ヤマザクラと庭
  • 〜疲れも吹っ飛ぶ景色〜 130本ほどの果樹の苗ですが、最難関のイチジクからスタートしたのは正解でした。 いつでも目が届くよう、畑に立派なエルサレムイチジク10本、最も土がいい梅並木の区画に5本、そして本来のイチジク区画に25本。合計40本です。 千成クコ5本とラズベリー20本も終了し、ほぼ半分まで来たでしょうか。夕方疲れて村の集会所に戻る途中、ふと顔を上げると、新緑の緑とヤマザクラの薄桃色が調和して、見事な景 [続きを読む]
  • エスペランサ村を訪ねて
  • 〜埼玉からの来客〜 今日は埼玉県のご家族がエスペランサ村に遊びに来ました。総勢5人です。堆肥研究家が案内します。 例年だと今頃はワラビなどの山菜がたくさん採れるのですが、今年は冬が長かったせいか遅いですね。タケノコも残念ながらまだ出ていませんでした。 それでもご家族は、敷地内でいろんなものを収穫できて楽しそうでした。ワラビやタラの芽、山のセリに原木シイタケ。そして畑からはほうれん草です。良かったで [続きを読む]
  • 否決された運搬機
  • 〜今年もバケツ攻撃〜 今年度における設備投資予定は運搬機でした。予算は30万円くらいでしょうか。 なにしろ堆肥の置いてある場所から、今年果樹を植える予定の端までは、最大100ヤードくらいはあります。52°のウエッジの距離です。 今まではバケツやじょうろで堆肥と水を運んでいました。もう体力的に無理です。今年も果樹を130本くらい植えるので、堆肥・腐葉土・水だけで1,560往復しなければなりません。これは紛れもない [続きを読む]
  • 植樹ーイチジク
  • 〜まずは1本目から〜 決算発表が終わったところは一息ついたところでしょうが、監査法人に勤務する人たちは今が仕事のピークでしょう。GW気分など退職するまでないのです。 夢中で働いているとつい無理してしまいますが、体調には気を付けてほしいです・・・とはいっても、法定監査業務の場合期限が限られているので、それまでに何が何でも監査意見を述べられるよう、すべての監査手続き及び審査を終えなければなりません。 東 [続きを読む]
  • 耕す
  • 〜本格的作業開始!〜 草むしりが終わったら、いよいよ耕運機の出番です。エスペランサ4号の登場ですね。Fさんに手伝ってもらいましょう。 耕運機でも畝立てはできるのですが、植える野菜に合わせて畝の広さを調整しなければなりません。この作業は鍬で行います。 これが大変なのですよ。畝がかなり長いし・・・腰が痛くなります。タロニャンとハナちゃんも手伝うことができず、呆然と見ているだけです。 耕運機で耕す前に、土 [続きを読む]
  • タロニャンの見回り
  • 〜畑のチェックなのだ〜 いよいよ畑の時期ですな。 畑にタロニャンの登場です。 どれどれ見回りなどを まずは、玉ねぎとニンニクから行ってみましょうか。 いい土ですな。 どうやら順調のようです。満足満足。 それでは、堆肥研究家の草むしりの働きぶりでもチェックしに行ってみますか。 まじめにやってますな。まぁいいでしょう。 ハナちゃんものんびりしてないで、ちゃんと働くように! それに比べ越麻呂は・・・あ〜 [続きを読む]
  • スノーフレーク
  • 〜敷地内に咲く花〜 タキイ種苗から定期的に「花と野菜」という雑誌が送られてきます。庭や家の周りに花を植えたいので、何かいいのがないかといつも見ているのです。 本当は、「トガクシショウマ」や「シラネアオイ」を植えたいのですが、1本2千円以上するし、なかなか難しいらしくすぐ消滅してしまうようです。 私は「それでも植えてみたい!」と主張したのですが、結局「エスペランサ村の理事会」で否決されてしまいました。 [続きを読む]
  • ワシらが植えた樹ですけん。
  • 〜ホッとするひと時〜 いよいよ忙しくなってきました。今日も4時30分から本業開始。8時ころからは農作業、午後には税務署に行かなければなりません。あわただしいです。 そんな時、ふと見かけたのがこれ。梅の「露茜」の花ですね。 ほんの2年前は、1本の棒苗でしたが、今では私の身長をはるかに超え、花を咲かせました。 剪定もうまくいき、昨日福岡造園さんに 「果樹の教科書に出てくるような樹形ですね!」 と言われて、私 [続きを読む]
  • びっくり原木シイタケ
  • 〜こんなに肉厚なのが〜 久しぶりに原木シイタケ区画に入っていったらびっくり。いつの間にか生えてきています。 一昨年に種駒打ちを行ったほだ木からは昨年の秋に実りを迎え、千個近く収穫できたのですが、冬を越してまたまた収穫できるんですね。しかも肉厚です。 こんなのが こんな感じで ここにも おや!あそこにも いやはや楽しいですね。 今日はとりあえず、大きめのレジ袋に一杯だけ収穫しました。ずっしりです。  [続きを読む]
  • アスパラちゃん
  • 〜冬を乗り切った野菜たち〜 畑を見渡してみると、昨年の秋に植えてもう食べてしまったと思われる野菜たちが、一部まだ残っていました。秋田の厳しい冬を乗り切って生きています。 かわいいパセリに レタス それにベビーリーフです。 よく頑張りましたね。 アサツキも冬を乗り切って、今年は収穫です。 そして驚いたことにアスパラちゃんが。 アスパラは植えてから収穫まで3年かかります。そういえば今年が3年目です。 た [続きを読む]
  • 高品質より我ら生きる道なし
  • 〜監査をする上での心構え〜 ヤイリギターを初めて訪れたのはもう十数年前ですが、その時発見したのが 「高品質より我ら生きる道なし」 という社訓でした。 私はこの言葉に共鳴し、以来監査をする上でこの言葉をいつも胸に刻みながら仕事をしていたのでした。 また当時はいろんなところで挨拶する機会がありましたので、この言葉を紹介していました。 そして今回訪問した際も・・・おお!ありました。 今回縁あって再び法定 [続きを読む]
  • カタクリの花
  • 〜食べちゃいました〜 ジャガイモの種イモがなかなか届きません。おかしいですね。 あまりに遅いので、昨年のJAの領収書を見てみたら、3月7日と書いてあります。明らかに遅いです。 注文書の控えを確認します。間違いなく注文していました。 JAに電話していろいろやり取りしたのですが、結果的には「忘れていた」ということでした。なんということでしょう。ちょっと信じがたい話ですが事実です。 急いで注文するということで [続きを読む]
  • ジャーマンスプルース
  • 〜宝の山〜 今回名古屋を訪れ、せっかくヤイリギターさんを訪問させていただいたので、工場内の材料倉庫を見学させていただきました。 いやはや、私からすると宝の山ですね。 私の持っているギターのトップ材は、すでに拙ブログで述べたように、「シトカスプルース」「イングルマンスプルース」そして「アディロンダック」でした。 ん?ないのは・・・「ジャーマンスプルース」です。今となってはとても貴重なトップ材で、なか [続きを読む]
  • ヤイリギターへ
  • 〜グラナディロギターのお礼〜 せっかく名古屋に行くからには、ここへ行かなければなりません。「ヤイリギター」です。 今年の3月、エスペランサ村に「グラナディロ/フジバカマギター」が届きました。 私はもうほしいものといったら、長靴と軍手と監査調書用紙くらいしかないので、長年の激務に耐えてきた自分へのご褒美として、小池健司さんに制作していただいたのでした。 あっ!監査調書用紙で思い出しましたが、また法定監 [続きを読む]
  • 山崎川の桜
  • 〜ちょうど満開でした〜 名古屋から秋田に戻る際は、桜が満開でした。今年はちょっと咲くのが遅かったようですね。 高速インターに入る前に、ナビの案内を無視して以前13年間ほど住んでいた藤が丘の桜並木を車で通ったのですが、桜のトンネルの中をくくりぬける感じでとても美しかったです。 名古屋に1週間滞在中、7日の午前中だけぽっかり空いていたので、山崎川の桜を見に行くことにしました。 覚王山には16年間住んでいたの [続きを読む]