八つ橋アヤメ さん プロフィール

  •  
八つ橋アヤメさん: mon bon ami
ハンドル名八つ橋アヤメ さん
ブログタイトルmon bon ami
ブログURLhttp://ameblo.jp/bonmonami/
サイト紹介文mon bon amiは、私の良き友という意味です。花に癒され、歴史に思いを馳せ、京都散策を楽しんでいます。
自由文季節の花に癒され、歴史に思いを馳せながら、京都散策を楽しんでいます。そんな中で見つけたアヤメのお気に入りたち。それは素敵な景色だったり、大好きなお店だったり♪移り行く時の流れの中で、少しでも記憶と記録に残せればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/11/17 19:56

八つ橋アヤメ さんのブログ記事

  • 知恩寺 百万遍さんの手作り市
  • 久しぶりに百万遍さんの手作り市に行きました。すっごく良いお天気です。 こちらは知恩寺という寺で、百萬遍の名で知られています。法然上人が住んだ賀茂の河原屋の旧跡である功徳院がこの地に移転。後に、浄土宗の大本山になりました。 毎月15日、御影堂前の境内を中心に約350店。手づくりの物でないと出店できません。午前9時頃から午後4時まで、約1万人が来客するそうです。最近は、外国人観光客も増えて [続きを読む]
  • 鴨川 鴨
  • 鴨川はカップルと座るところなのですがなぜか、独りもんの雄鴨たち4羽とハーレム状態です。 鴨川には鴨以外にも、たくさんの鳥たちがいるのですがびっくりしたのは、ニヤニヤしながら、逃げる鳥たちを面白がってワザとスピードを落とさず、突っ込んでくる自転車が多いことです…。男女ともに、50代後半から60代くらいの方たち(T_T) なんだか心配で、しばらく側で見守っていたら安心したのか、鴨たちはうとうとと居 [続きを読む]
  • TNRをご存知ですか?
  • TNRを知ってもらうために制作したアニメーションフィルムです。昨日、大阪のARTHOUSEさんで、上映会&ライブをさせていただきました。地域猫や耳カット、TNRなど、まだご存知ない方がほとんどでした。どうしていいかわからないけれど、関心のある事柄のようで、次から次に質問をいただきました。ご存知の方も、ご存知ない方も、ぜひご覧になって下さいませ。シェア拡散、よろしくお願いいたしますm(__)m [続きを読む]
  • TNRをご存知ですか?
  • 5月13日、大阪のアートハウスさんで上映会&にゃげ銭ライブをさせていただくことになりました。 なんとかアニメーション「TNRをご存知ですか?」が完成。でも、ライブの練習が手付かずです(^_^;)残された打ち合わせは、あと一回…。頑張るしかないです。 [続きを読む]
  • 堀川 里桜
  • あられの鳴海屋さんでお買い物をした後、いつものヘアサロンへ。サッパリした帰り道、堀川でしばし桜見物を楽しみました。 遅咲きの里桜がとても見頃です。桜並木がずっと続いています。 この時期、京都で桜を楽しむなら、ここが一番!通りすがりのタクシーの運転手さんが、そう教えて下さいました。 [続きを読む]
  • 天神川 桜
  • 京あられの鳴海屋さんの帰り、通りがかった天神川。まだ桜が咲いていました。 少し葉桜ですが、まだまだ見頃です。思いがけず、嬉しくなります。 澄み切ったきれいな水が流れています。北野天満宮の西を流れることから、天神川と呼ばれるのだそうです。 地元の人はこの川を紙屋川とも呼びます。昔、紙を漉く、紙座があっとことがその名の由来です。その当時から、とても清らかな川だったのでしょうね。 [続きを読む]
  • 京あられ 鳴海屋
  • 京あられの鳴海屋さんは大正12年創業。地元に愛されるあられ屋さんです。 社用のちょっとしたお土産を求めてやってきました。定番の醤油やザラメに加え、きな粉やチーズやチョコなどの変わり種あられも揃って種類が豊富。 お茶漬けあられも人気のようです。 京都 季節めぐり/八つ橋アヤメ/文芸社 Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 貝合わせ
  • 大正浪漫夢通りの突き当たりにある川越仲町観光案内所。つるし雛と貝合わせ展をやっていました。貝合わせとは、内側を蒔絵や金箔で装飾したハマグリを裏返し対となる貝殻と合わせるという神経衰弱と似た遊び。着物の人だけ、お座敷に上がって写真撮影OKとのことでした。きものや沙羅さんの大正時代の振り袖も展示されていました。芸術的な手描き友禅の背には上がり藤の紋。藤原家に縁のある高貴な方がお召しになっていたものなの [続きを読む]
  • マドモアゼル ルゥルゥ
  • 大正浪漫通りにある雑貨店マドモアゼル ルゥルゥ。ステンドグラスが、レトロな街のイメージにぴったりです。刺繍作家シマヅカオリさんのファンタジックな世界観を表現した店内。一つ一つ丁寧に仕上げられた作品がたくさん並んでいます。やっぱり、どうしても目がいくのは猫の刺繍。今度、猫をテーマにした刺繍の本も出されると聞き今から、凄く楽しみにしています。お店を出たところで、きものや沙羅の先生とばったりお会いしま [続きを読む]
  • 彩乃菓 (あやのか)
  • 一年前の3月30日、川越にOPENした彩乃菓さん。シンプルな白い店内には、ふわりとした優しい光が満ちています。カウンターの上にきれいに並べられたカラフルな小皿。地元川越の食材を使い、一つ一つ丁寧に作り上げられた和菓子がはんなりと彩り良く、のせられています。小さくて上品な大福、優しいお味のカステラやどら焼き。京都に帰ってからいただきました。中でも、高級ミニトマト、プチぷよを使用した赤茄子大福は斬新であ [続きを読む]
  • 川越 きものや沙羅 川越唐桟
  • 川越散策の始まりです。まずは、着物レンタルの「きものや沙羅」さんへ。小江戸風の粋な感じが良いとお願いしたところ川越唐桟がお勧めです、と言われました。極細の木綿糸を使った川越唐桟は、まるで絹のような風合いです。唐桟とは、ヨーロッパ船によってもたらされた南アジアの綿織物。享保年間、京都西陣で、唐桟を織る技術が確立されました。開国後、極めて細い木綿糸が安くで輸入できるようになると川越商人が目を付け、絹 [続きを読む]
  • 川越 遊湯ランド 大衆演劇 劇団如月
  • 2月、再び川越を訪れました。東京での会議を終え、宿泊先の遊湯ランドへ。こちらは大浴場と、大衆演劇が自慢のホテルです。歌謡ショーの前に、芝居があったのですが、これが泣かすんです…。絶対、会場全員、泣いていたと思います。ハンカチかティッシュが必需品です。映画村の撮影や、日舞の舞台は何度も見たことがあるのですが大衆演劇は、また全然違います。舞台との距離が近く、臨場感があります。この子たち、ずいぶん若そ [続きを読む]
  • 北野天満宮 参道
  • 今年の冬は慌ただしく、あっと言う間に過ぎてゆきました。久々のブログ更新です。しばし、大雪の日にタイムスリップします。MONICAでモーニングをいただいている間に、すっかり雪も止みました。ここは、北野天満宮の参道。雪が溶けだすまで、もう少し散策を楽しみます。天神さんと言えば牛です。雪を被りながら、親子で寄り添っています。伴氏の出である道真のお母様が祀られている神社。小さな柑橘系の実は橘でしょうか。ようや [続きを読む]
  • 観音寺
  • 北野天満宮の神宮寺である観音寺。ご本尊の十一面観音菩薩は、菅原道真自作の念持仏と言われています。当初は朝日寺と言われていました。藤原不比等の孫である藤原小黒麿が皇城鎮護のために建立。後に、朝日寺の僧、最鎮と菅原道真の乳母、多治比文子が北野天満宮を建立します。 歴史の授業で、菅原道真と藤原家は敵対していたと習いましたがちょっと違うのかも知れません。こちらには、恐ろしい土蜘蛛の伝説も残されています。 [続きを読む]
  • MONICA モーニング
  • 大将軍八神社を出て、北野天満宮へと向かいます。吹雪は酷くなる一方、だんだんと前も見えなくなってきました。払っても払っても、身体に雪が積もります。ああ、遭難する…。MONICAを見つけ、思わず飛び込みます。落ち着いてよく見ると、身体には大量の雪!?いったん外に出て、念入りに払い落としてから、ふたたび中へ。きっと、ここは天国。湿った体もあっという間に乾いてきました。厚切りバタートーストのモーニング。餡子を [続きを読む]
  • 大将軍八神社 境内
  • 雪の大将軍八神社を散策します。いつもとは別世界です。雪でわかりませんが、本殿の裏には大きな錨が置いてあります。縁起物なのでしょうか。氏子さんが寄贈されたものなのだそうです。地主神社の大杉大明神。その横には、ちっちゃくて可愛い謎の神さま豆吉神社がいらっしゃいます。うおー、凄い雪。自然を侮ってはいけないとわかっていても自然の美しさを目の当たりにすると、心は踊ってしまいます。ほんときれい。今、この瞬間 [続きを読む]
  • 大将軍八神社
  • 雪の日の散策の続きです。大将軍八神社にやって来ました。平安京造営の際、陰陽道のお堂として創建されました。こちらには、方位や暦を司る神さまたちがいらっしゃいます。朱赤に雪、なんてきれいなのでしょう。三社には命婦神社、厳島神社、猿田彦神社が並んでいらっしゃいます。本殿前の方位盤には、乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤の8文字。中国神話に登場する伏羲という蛇身人首の神さまが天地自然に象って作ったとされる八 [続きを読む]
  • 雪景色 妖怪ストリート
  • お昼頃には雪が止むかと思い、自転車で家を出ました。この辺りで、完全に後悔。手で押して歩いていると、そら無理やろう…という目で、みんなが見て行きます。お風呂屋さんで自転車を預かってもらい、徒歩に切り替えます。いつもの景色も雪化粧だと、なんだか素敵に感じますね。物の怪発見!?百鬼夜行の通り道だった一条通。大将軍商店街は、妖怪ストリートとして絶賛売り出し中です。雪の大将軍八神社。むっちゃ良い感じですね( [続きを読む]
  • 雪景色 ポスト お地蔵さん
  • 京都に雪が降りました。お化粧もせず、いつもより早く家を出ます。少し迷って、自転車で行くことに。雪とポスト。築地塀が絵になります。けっこう積もっていますね。この辺りはお寺が多くて、良い雰囲気です。けっこう、吹雪いてますね。雪の中のお地蔵さん。毛糸のマフラーと帽子で、雪の中でも笑顔です。京都 季節めぐり/八つ橋アヤメ/文芸社Amazon.co.jpCats and Ladle Film 村井辰郎制作 [続きを読む]
  • 感情で動く者は、道を見失う頭で動く者は、道を外れることはない決して心に従って動く者は、道なき道を行くことになる何も恐れず、心静かに一歩踏み出せば、一本の道が拓けてくる [続きを読む]
  • 神泉苑 大晦日
  • 何年かぶりに、大晦日にお休みをもらいました。なかなか行けなかったヘアサロンへ、朝一番に散髪しました。これで、さっぱりとして、新年を迎えられます。その後は四条に出て、お買い物したり、友達に会ったり。帰りに、神泉苑に立ち寄りました。今年最後の京都散策です。こちらの歳徳神は回転式で、大晦日22時30分、恵方廻しが行われます。今年の南南東から、来年の北北西へ。ぐるりと向きが変えられます。駆け抜けてきた、 [続きを読む]
  • ぜろの会 にゃげ銭
  • Cats and Ladleのハロウィンライブのにゃげ銭を「ぜろの会」に届けにゆきました。年間2500匹の猫の不妊手術をされている団体です。果てしなかった殺処分ゼロも、おかげさまで2020年が目標と言われています。少し話は変わります。劣悪な環境にある周南市緑地公園の野犬たちを救うためお友達が代表して、陳情に行かれました。議員さんは、すぐさまiPadで検索。ネットの影響力をしきりに気にされていたそうです。私たち一人 [続きを読む]