新ちゃん さん プロフィール

  •  
新ちゃんさん: 野焼きは楽し
ハンドル名新ちゃん さん
ブログタイトル野焼きは楽し
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/njgxk719
サイト紹介文もみがらで粘土を焼いています。
自由文ボーボー燃える野焼きのような派手さはありませんが、じわじわと燃えて破損率は1パーセント以下です。もう80回ほどやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供490回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2011/11/18 21:21

新ちゃん さんのブログ記事

  • 朝起きると軽い動悸。奥さんに心配をかけた。仕方が無い。奥さんと色々離した。結局私の考え方一つなのだろう。できるかなあ。昼に実家に向かった。今日は朝食も順調に終えたようだ。生協の品物が玄関にあったので冷蔵庫に入れた。注文書を取りに着てもらうよう連絡した。親父が注文書を書くことは喜ぶべきことかもしれない。それがを心配してしまうのが私の性なのだろう。もうすぐ担当者会議だ。 [続きを読む]
  • 行けて良かった 野焼きは楽し
  • 体が重かったが奥さんの後押しで野焼きの作品作りに出かけることができた。ギリギリ間に合った。親子の作品作りが始まった。私は作品が乾燥した時のことを考えてアドバイスした。極力触らないで、ひびか入って困っていた子どもの応援を頼まれた。「私の手は魔法の手じゃないからね。あなたの手でできるよ。」と言ってその子の手を触った。笑顔がこぼれた。少し教えると楽しそうにし始めた。母親にサポートをお願いした。他にもいろ [続きを読む]
  • 朝の実家にて
  • 実家に奥さんと泊まった。今日は輸血だ。7時過ぎに奥さんが帰った。起きた時に奥さんがいることを確認した時安心した。帰ったら寂しくなった。今日は夕食を作りに来てくれる。 [続きを読む]
  • 寝られなかった
  • 9時起床、電話。昨夜は3時頃まで寝られなかったとのこと。熱は平熱。ヘルパーさんに首に巻くアイスノンを頼んだ。11時過ぎに行くと寝ている。エアコンも切れて蒸し暑い。早速エアコンを入れた。親父が起きた。背中をさすってくれ、湿布を貼ってくれ。朝、お袋が食べないことに親父が腹をたてたようだ。水分も受けつけない。朝、ぶどうとかぼちゃを少し食べて気持ち悪いと言う。寝てしまう。もうそんなに生きるわけじゃない、何も [続きを読む]
  • 朝から
  • 8時30分過ぎに実家へ。朝食の準備はできていて、お袋もそろそろと起きた。二人で食べた。訪問看護は午前中だ。今日は小雨。外に連れ出すにはいい天気だ。風呂には入るだろうか。 将棋をした、プチリハビリをした。お袋は横になった。 帰宅、休憩、風呂。ヘルパーさんに私のことが心配だと言われた。もちろん奥さんにも言われている。その通りだ。私が倒れたら回らなくなってしまう。何をあきらめるか、何ができるかもっと考えな [続きを読む]
  • 修行・・・
  • 今の状態は私の修行・・・渦中にいる私は修行とはなかなか思えず・・・奥さんに助けを求める人間。毎日の出来事に一喜一憂ではなく、一憂でしかない。うたた寝をすると必ずうなされる。薬に頼っての寝入りばなが一番安楽な時だろうか。そして朝を迎える。あるがままを受け入れ、時にあらがうことなく生きることの難しさを痛感している。段々分かってくるのかもしれぬ。先かもしれぬ。ただ毎日をすごす。生々流転 生老病死当たり前 [続きを読む]
  • 7時30分に起きた。体がだるい。9時に数値が分かる。7、6。昨日輸血したからもう少し上がっているだろう。今日は寝坊すると昨夜親父は言った。エアコンは、薬は、お袋は、、、心配は尽きない。頓服がないと親父から呼び出しがあった。11時実家へ。奥さんも仕事へ。今日訪問診療で薬を持ってきてもらえると言うと安心した。朝食は10時だった。親父は背中をさすってくれと言うので、さするとすぐに寝た。もうすぐ訪問診療。 [続きを読む]
  • 朝から
  • 奥さんは仕事に行った。ヘルパーさんの用意してくれた朝食を食べた。暑い。静かだ。長い一日だ。マッサージ、ヘルパーさん、輸血、リハビリさん、ヘルパーさん。今度の輸血はいつだろう。疲れた。本当に疲れた。昨日からの動悸は治まらない。親父は輸血を早めて欲しいと言うので連絡した。すぐに感謝さんが来てくれた。採血。明日は9時に分かる。今回は貧血に加え、熱中症気味。看護師さんは着替えさせ、防水シーツもとった。後で [続きを読む]
  • 下まぶた
  • 買い物をして10時過ぎ実家。台所にいた。親父は目を見てくれと言うので、下まぶたを見ると白い。訪問看護で見てもらっても白い。輸血は明日。インターバルは2日。どうしようもなく短い。今日は奥さんと泊まる 感謝。夜奥さんが来ると、お袋は1合炊飯器でご飯を炊く準備をした。親父は生協のパンフをもらうため、玄関のある部屋の椅子に座って待っていた。お袋は寝た。昼まで寝るだろう。ここ1、2週間で二人は急激に衰えた気 [続きを読む]
  • よく寝るお袋
  • 朝食をいただいてから10時に実家へ。家の中は静かだ。これが二人の住む家だ。親父のヘモグロビン値は7.1。低い。21日に輸血と決まった。昨日の輸血のお陰で今日は比較的元気だが、明後日なので当日朝が心配だ。明日は泊まりになるかもしれない。朝食は食べられた。やはりインターバルは4日だろう。親父は熱は無いが鼻水が出ると言う。ティシュ使いまくり。お袋は寝ている。この頃ほとんど寝ている。トイレも以前は昼間は家の [続きを読む]
  • タバコ、ガソリン、Osー1、パン、実家。親父は寝ていたのをお袋に起こされた。朝はお袋は起きられなかったようで朝食は9時。親父は体かだるく、動きたくないということでベッドにパンとコーヒーを持って行った。訪問看護に電話した。医師に相談して早目に来てくれることになった。親父はまた寝た。私のすることはない。ヘルパーさんがきた。お袋の気の合うヘルパーさんだ。話をいっぱいしている。私は、、、、。幸せなのか?苦し [続きを読む]
  • 朝から
  • 朝、訪問看護からの電話で目が覚めた。祝日のため、午前中の訪問になるということだった。朝食をいただき、実家へ。ヘルパーさんは朝食の準備をし、親父を食べさせ、しんどがるお袋をうまく台所にいざなった。訪問看護師さんは来たばかりだった。水虫の治療をし、バイタルを測定した。その間にお袋は朝食を済ませた。親父は看護の後、食事を済ませ、薬を飲んだ。お袋は台所にヨーグルトとヤクルトを食しに来た。3人で食べた。お袋 [続きを読む]
  • 7時前起床。朝食をとる。もうすぐ出かける。薬は飲んだ。今日は涼しいと思ったらエアコンがつけてあった。8時20分実家へ。新聞はそのまま。今日は植木に水はやってなかった。部屋に入ると二人とも着替えていた。親父は便通が、あったようだが切れ痔になったようだ。二人ともまだ休んでいる。朝食の用意はした。卵か日にちを過ぎていた。今日ひるまでに買ってこようか。お袋はだし巻き玉子を作らなくなった。9時、二人ともまた寝 [続きを読む]
  • 朝から
  • 8時30分実家。植木に水がやってあった。新聞も取り込んてあった。御飯も炊き、お膳もできていた。朝食は9時20分。おかずが足りなかったので、かぼちゃの煮物をなんとか作った。通帳記入をした。洗濯物を干した。親父は熱があるようだ。痒くてシャワーを浴びたそうだ。輸血の次の日は仕方ない。朝食は終わった。 [続きを読む]
  • お施餓鬼
  • 朝目覚ましで起きた。動悸と胸痛があった。薬を飲んだ。奥さんの朝食をいただいて実家へ。もう準備をしていた。味噌汁が焦げていた。ふたりで仏壇を整理していた。奥さんが用事しておいてくれたおかずでお善を作った。お施餓鬼に行った。いつもと違う本堂だった。坂を下った所だった。お参りが済んで、旗をもらってお墓に立てた。実家に戻り、デジカメの画像を見せた。喜んでいた。親父の背中をさすった。マッサージさんが来てくれ [続きを読む]
  • 朝寝と繕いと迎え火と
  • お盆の準備て午前中奥さんが実家に行ってくれて私は休めた。よく寝た。ありがたかった。奥さんが帰って色々話した。私の考え方、行動について話した。先は長い。自分でもセーブしながら動こうと思う。リハビリは午前中にあった。お袋に繕い物を頼んだ。背中が痛く、休み休みした。お袋はここ1、2週間でかなり進んだ。不穏な言動が多くなった。エアコンを切ってしまい、親父は熱中症気味とヘルパーさんから訪問看護師に連絡があっ [続きを読む]
  • 9、4
  • 朝病院に電話。ヘモグロビン値9、4。次の輸血は今週の金曜日。その間にどのくらい落ちるのだろうか。その次も金曜日の予定。変わるかもしれない。今日はお盆の花を買う。 午後からはリハビリと訪問看護。仏花を買って実家へ。お盆の提灯ができていた。よくやったもんだ。リハビリは日程が変わって明日だった。もう一つお盆の花も買った。訪問看護。長い親父の話を聞いてくれた。親父は嬉しそうに話した。奥さんが寄ってくれた。 [続きを読む]
  • 再度の採血
  • 朝訪問看護に電話。ちょうど電話しようとしていたところだったそうだ。昨日の採血の結果が血液が凝固してできなかったとのこと。朝採血すると言うので、急いで準備。奥さんがさっと朝食を用意してくれたのでありがたくいただいて実家へ。水虫も薬がいらなくなるほど治ってきた。採血。お袋にも優しく声掛けしたもらい、嬉しそうだった。採血の結果は明日の朝8時に分かる。その結果で次の輸血が決まる。良いといいのだが焦っても結 [続きを読む]
  • 奥さんとお墓掃除
  • 8時に起きた。今日は墓掃除。生存確認もしなから奥さんと行ってくる。実家に寄り、しきびと線香と経典を持って行った。暑い中二人で掃除した。線香をあげて水をあげて二人でお経を唱えて終了。実家に戻り奥さんが画像を見せると喜んでいた。奥さんも疲れている中ていねいにしてくれた。お袋は朝から不調。11時過ぎにやっと朝食。仕方ないか。親父は昨日までの輸血で元気。後2日ぐらいは大丈夫だろう。お袋は相変わらず朝は不調 [続きを読む]
  • 8時に実家についた。朝食を食べていた。昨夜は奥さんと色々話した。やっぱり私は業が深いとつくづく思った。思うことは辛く苦しいことだけれど、自分の責任だ。一生背負って行く。それしかない。今日は午前中に訪問看護がある。ヘルパーさんは昼。明日か明後日に輸血。訪問看護から連絡。数値が低かったのと、病院の都合で今日輸血するとのこと。血圧120と60。体温36度5分。1回400ccの輸血ではもう一週間もたないとい [続きを読む]
  • 生存確認と輸血
  • 8時過ぎに実家についた。今日の朝はヘルパーさんは来ない。朝食の準備をした。部屋を見に行くと二人とも着替えて起きていた。お袋は頓服を飲んだ。生存確認できた。帰宅した。今日はお盆の買い物をしながら昼頃に着くようにする。ガソリンも入れないといけない。訪問診療もある。中抜けてきるかなあ。明後日は輸血だ。昼に行くと親父は顔面蒼白、熱は37度5分。すぐに訪問看護に連絡。アイスノンをあてて寝た。病院から連絡があ [続きを読む]
  • 午後から
  • 今日は午後から行った。ヘルパーさんは断ったが昼食は食べていた。リハビリは外が暑く、室内歩行と踏み台昇降をした。血圧が低い。寝てばかりいるからかなあ。もうすぐ訪問看護がある。相談してみよう。血圧を測ってもらったら100を超えていた。起立性のものや寝ている時間の多さや熱中症についてアドバイスをもらった。親父の方は特に変わりは無かった。安心した。二人を見ていくのはしんどいことだと思う。90の坂を越えると [続きを読む]
  • 午後
  • 12時前に実家に到着。郵便局で支払いをし、パンを買った。ヘルパーさんが来た。奥さんの仕事をした。今日は風呂に入るのかな。明日にしてくれないかな。今日になった。訪問看護師さんはお袋をしっかり診てくれた。喜んでいた。親父の風呂を待って治療してくれた。私は心療内科に来た。奥さんは夜仕事。その後夕食をいただく。人は死ぬ。年をとったら死ぬ。当たり前のことを私は苦しみながら理解していく。胃ガンと認知症、二人を [続きを読む]