ファイアーブルー さん プロフィール

  •  
ファイアーブルーさん: My Hobby Life日記
ハンドル名ファイアーブルー さん
ブログタイトルMy Hobby Life日記
ブログURLhttp://fireblueweb.blog108.fc2.com/
サイト紹介文ミリタリー関連全般。特にカラシニコフライフルAK系の写真やモデルガン、無可動実銃も定期的に掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/11/19 11:50

ファイアーブルー さんのブログ記事

  • M16A1比較(HF社製&東京マルイ社製)
  • オタク部屋の壁掛けディスプレイとして飾っているM16A1がある。東京マルイ社製の電動トイガンだ。電動ガンが出始めた頃、約25年度ほど前に購入した個体だが、今となっては全くと言っていいほど触らなくなってしまってねぇ。。。。。余裕があれば無可動実銃のM16系も欲しいところなんだが。ちゅーことで、ホビーフィックス社製と東京マルイ社製(初期ロット)を見比べてみる。左側面全体からのビュー。(左)HF社製 (右)東京マルイ [続きを読む]
  • ショルダー・レストのある軽機関銃
  • MG42系など、そのDNAは未だに引き継がれてMG3等は現役で頑張ってますが、ちょっと重量級というところは実践ではどうなんでしょう。最近は軽くなった軽量級のM249(ミニミ)等のショルダー・レストを使用した射撃動画を見ると、MG3等の重量級と違って軽いからこそショルダー・レストの効果は大きい?のだろうと感じる。ということで、我が家のオタク部屋にある軽機関銃の中でも、ショルダー・レストのあるテッポーをご紹介。ショ [続きを読む]
  • 塩ビパイプ用接着剤
  • プラモのAKM(LS製プラスチックモデルガン) をネット上で見つけてすぐさま購入したのはいいが、未だ組み立てもせず、すでに1年が経過してしまった。塗装の下地処理したまま1年が経過。というか、この画像のとおり塗装の下地処理をしたまではよかったが、4ヶ月前にロア・リテイニング・バンドにクラックが見つかりテンション下がってからはいつものように放置プレイ状態。ようやくクラックを処理しようと接着を試みるも、なかなか [続きを読む]
  • Vol.50 不発弾処理 上間小学校
  • シリーズ不発弾処理:Vol.50琉球新報(4月15日付)朝刊新聞記事以下、琉球新報新聞記事より。【那覇市上間小学校であす不発弾懐中処理】 那覇市の上間小学校改築工事現場で、3月21日に発見された米国5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が16日午前10時から行われる。 避難対象区域は半径88メートルで避難人数は105世帯283人。現地対策本部と住民避難所は、寄宮中学校体育館に設置される。避難時間は午前9時5分から。学校周辺の一部 [続きを読む]
  • 各国の民兵たち
  • 米国のシリア空爆に続きアフガニスタンにあるIS の拠点への空爆、ヨーロッパでも相次ぐテロ、そしてアジア極東・中国や朝鮮半島の不安定等々、世界規模でなんか今まで私が経験したことのない情勢になっている。そんな中でも我が日本国が今現在、世界中で見ると一番安定しているなと感じる今日このごろ。不安定な状況下の民兵たち。各種カラシニコフライフルを装備するのはアフリカの民兵?激戦地のシリア。道路側にポツンと置かれ [続きを読む]
  • ルガーP08にも崩壊の兆しか???
  • 休日の今日は朝から、久々に我がオタク部屋のモデルガンディスプレイ棚の掃除を行った。普段はあまり気にならなかったが、意外と棚だけではなくモデルガン本体にもホコリの多いこと。マルシンさんのルガーP08をよく見てみたら、トグルリンク上面部分がプツプツと膨れ上がっているではないか!!!こりゃぁもしかしてダイキャストの崩壊が進んでいるのか!!!フロント・トグルリンクの上面がこのようにプクプクと膨れ上がっている [続きを読む]
  • トイガン紹介 HK416(VFC製GBB)
  • フランス軍の現用FA-MASから、次期正式採用アサルトライフルに選定採用されたHK416F。ほんの一昔前までは敵国同士だったフランスとドイツだが、その敵国だったドイツのメーカーの銃を採用するのだから時代も変わったなぁ。私は個人的に全く興味のないブルパップ式。その中でもまぁ、まだAUGは許容範囲内かな。海外トイガンメーカーでも、リアルな作りで定評のあるVFCさんからHK416系のガス・ブローバックが以前から発売されてます [続きを読む]
  • 再訪(熊本)
  • 取引業者様との仕事関係で、先月に続き熊本へ再訪。どこでも馬、馬、馬、まぁ馬肉は嫌いではないので美味しくいただいたが、当分はいいかな。。。。。昼・夜と、必ず馬肉が入っている。やはり熊本なんだなぁ。2日目にはゴルフ(くまもと中央カントリークラブ)だったが、あいにくの天気。雨の中、キャディーさんもカッパを着てフル装備だ。因みに、私のスコアーはというと、相変わらず3ケタを叩くほどのセンスないプレイで終了。ま [続きを読む]
  • 我が家のポーランド製。(PKM,PMKS)
  • ポーランド製、PKM軽機関銃とPMKS(AK47S)ともに無可動実銃。ポーランド製は、本家本元のロシア製よりも仕上げがよろしくて、特にAK系のレシーバーのブルー処理は美しい。これ見ながらだとビールが美味い。(笑)このアングルいいねぇ!さぁ、このアングルを酒の肴にしてもっと飲むべ!!!(笑)PKMマシンガンのストックと、PMKSのハンドガードの木目の美しさは毎日見ても飽きない。本家のロシア製よりも美しい仕上げのポーラ [続きを読む]
  • Take Fiveさんに行ってきました。
  • 各地のショップが閉店してゆく中、モデルガンやエアガンの歴史を見届けてきた親父的な存在だった上野アメ横のマルゴーさんもついに閉店してしまったが、元社員の方々が新たにお店をオープンさせたというニュースを聞いたので、東京出張の際に行ってきた。お店の面積は半分ほどになってしまったが、我々テッポーオタクの折れそうな心に新たな潤いを与えてくれた元社員の方々にはホント感謝感激。色々とご苦労もあったかと思うがこれ [続きを読む]
  • AK74 AKM マガジン比較 Vol.2
  • 小口径のAK74(5.45mm×39)も開発されてすでに40数年以上経つが、まだまだ7.62mm×39を使用するAKMなどのカラシニコフライフルの露出度が高い。普及度からするとどうなんでしょうね。気になるところ。AK74とAKMは口径が違うだけではなく、マガジンの形状も違う。以前にもブログ上で比較してみたが、もう一度改めて見比べてみよう。小口径5.45mm×39使用するAK74(ブルガリア製無可動実銃)AK47やAKMなど、いわゆる一般的なAK(7 [続きを読む]
  • ドイツ女性ソルジャー Vol.2
  • ドイツのメルケル首相からも招待を受けヨーロッパへ向かった大忙しの安倍首相、欧州から帰国したと思ったらこれまた例の問題で国内でも現在大忙し?だが、まぁ外交関連の観点から見ると我が日本国の経済復活に向けて頑張っているのは心強いなぁと思う今日この頃。メルケル首相とともに、前向きな会談が出来たのかどうかは政治家のプロの方達にお任せするとして、ドイツ帰りつながりでドイツ女性ソルジャーでもどうぞ!!!無線機 [続きを読む]
  • 軽機関銃用専用ラック製作
  • 我が家のオタク部屋も整理整頓を徹底しているつもりだが、最近コレクションも増えてきて、特に軽機関銃については床置きにしていることもあって、そろそろ専用ラックを作らないとなぁと思っていた。ということで、この連休の間にラックを製作してみた。・・・というか、倉庫に眠っていた金属製パイプラックを一部加工して使用しただけ。。。。。不要な棚板部分はこのように、コの字型にカット。因みに、ちゃんとコの字型になったも [続きを読む]
  • Vol.49 不発弾処理 与那原地区
  • シリーズ不発弾処理:Vol.49琉球新報(3月17日付)朝刊新聞記事以下、琉球新報新聞記事より。【与那原町与那原であす不発弾懐中処理】 与那原町与那原で2月20日に発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が18日午前9時15分から行われる。避難対象区域は半径88メートル以内。現地対策本部は与那原ベアーズ駐車場、避難場所は与那原公民館。避難世帯は4世帯10人。午前9時10分から交通規制が行われ、午前11時30分に処理が [続きを読む]
  • ベレッタAR70 フルオート射撃動画
  •  1960年代に一時はSIG社と共同開発を行っていたBERETTA社。開発途中に互いの意見が合わず、というか譲らず?その後は両社とも独自開発を行ったのは有名なお話。1960年代に開発されたベレッタAR70の1世代アサルトライフル(無可動実銃)を久々にメンテナンスをしたら、動画を見たくなりユーチューブで色々と検索したのだが、軍用のフルオートの動画って少ない。個人的には好きなテッポーなんだが、やはりマイナーかぁ。。。。。ベ [続きを読む]
  • 九州熊本 山鹿温泉
  • 取引業者様との仕事関係で、九州・熊本の山鹿温泉へ行ってきた。朝の気温は3度で、3月というのに少し雪もチラついていた。しかし山鹿温泉の町並みは、昭和のレトロで日本酒でほろ酔い気分での散歩には最高であった。こちらは熊本ではありません。前日入りした博多にて、餃子が食べたくなったので入ったお店。『旭軒』この店繁盛いていたなぁ。確かに美味かった。宿泊した山鹿温泉の旅館近くを散歩。このレトロ調イイっす!!!山 [続きを読む]
  • Beretta M12S サブマシンガンとフランス警察
  • 数十年ぶり?にBeretta M12系のサブマシンガン(無可動実銃)が入荷するので、首を長くして待っている方達も多いことでしょう。まぁ4月〜5月頃になるだろうなぁ。その間に娘の新学期が始まるし、小遣いサラリーマンの宿命でもある常に慢性的な財政状況だと、販売価格がいくらになるのか気になって、販売機の缶ジュースさえ買い控えるようになってきた今日このごろ。。。。。20年前に入荷した個体(M12S)と異なって、今回入荷する [続きを読む]
  • スウェーデン 徴兵制度が復活!!!
  • 【3月3日AFPBBニュース記事より】 スウェーデン政府は2日、2010年に廃止していた徴兵制度を復活させると発表した。18歳の男女を対象に来年から兵役に就かせる。ロシアがバルト海周辺で活動を活発化させるなど、世界的な安全保障環境の変化に対応する。 ペーテル・フルトクビスト国防相はAFPに対し「ロシアが(ウクライナの)クリミアを併合した現状がある」と指摘。さらに「ロシアはわが国のごく近傍での演習を増やしている」と [続きを読む]
  • Beretta M9からSIG P320へ。。。。。
  • 米軍の正式サイドアーム(拳銃)として、1985年から32年間採用されていたBeretta社のM9ピストルだが、トライアルの結果、次世代の採用拳銃はSIG社のP320をベースにしたピストルに決定したようだ。(WEB情報より)映画リーサル・ウェポンやダイ・ハードなど、数々の映画での露出度は高かった。私も80年代後半頃から、トイガンメーカー各社が競って販売したモデルガンやエアガンを購入したあの頃を懐かしむ今日このごろだ。まぁ、 [続きを読む]
  • インフルエンザ(A型)
  • 日曜日の午後から大阪へ出張へ出てたのだが、帰る日の今日の夕方、那覇空港を降りたころからなんか身体が熱く、喉がイタイ。夜になると39度の熱と、関節が痛み出し始めた頃にはこれはインフルエンザかぁ?と疑い始める。そして病院に駆け込んだら。。。。。インフルエンザ(A型)と診断された。ハァ〜テンション下がりますなぁ。よりによって月初めの忙しい時に、4〜5日も会社を休むことになるとはこりゃぁ〜マイリマシタ。日曜 [続きを読む]
  • AKMクリーニング風景
  • アメリカンさんからのレクチャーを受けながらではあるが、中東イラクの治安情勢は回復しつつあるのだろうか。突発的なテロはまだ治まらないようだが。。。。。そんな緊張状態の中でも、装備するテッポー(AKM)のクリーニング風景の兵士たちの顔からは笑みがこぼれる。笑みもこぼれる兵士。その手には自身が装備するAKMを分解しクリーニング中。イラク軍に支給されるカラシニコフライフルは、けっこう使用頻度が高い個体も多いが、 [続きを読む]
  • カニしゃぶ
  • 今日は久々に、カニしゃぶ!!!いつもの大安売りの通販のバリバリの冷凍モノで、出処はよく分からんが?(笑)まぁ、国産ではないだろう。当たりまえか。今日はこれくらいにしておこう。それでも購入した半分くらいだ。でもどれくらいの期間?冷凍されていたかわからん。だから格安ということだ。。。。。(笑)解凍後、殻をむく処理には時間かかるのに、食べるのはあっという間だ。でも冷凍モノでも旨いっすねぇ。。。。。今日は [続きを読む]
  • デザートイーグル(50AE,.44Mag)ハドソン製
  • 映画の世界でもテッポーは大きな存在だ。当たり前だが特にアクション映画には欠かせない。数々の映画を観てきたが、そんな中でも、マグナムオートのデザートイーグルは特に大きな存在だ。久々にハドソンさんの50AEと.44Magの両者を引っ張り出して遊んでみるか。。。。。(上)ハドソン製デザートイーグル50AE (下)同.44Magモデル。左側面。マズル正面からのアップ。(左)50AE (右).44Magバレル上面の比較。口径が異なるの [続きを読む]
  • 懐かしや〜 HK MP5K PDW(MGC製)
  •  1986年に公開されたシルベスター・スタローン主演の映画、コブラ。その中でも一際目立っていたテッポーがフィンランド製のヤティマティックだ。その数年後にはウエスタンアームズさんが早速モデルアップしました。このトイガン・ヤティマティックの発射機構がガスと電動のハイブリッドだったことは、当時を知るオジサン世代にはご存知のとおりでしょう。そして1991年の4月には東京マルイさんから、ガスを全く使用しない電動ガン [続きを読む]
  • フィンランド女性ソルジャー Vol.2
  • 先月のニュースで話題になったフィンランドで試験的に導入される、ユニバーサル・ベーシックインカム(全国民向け最低所得保障)制度がスタートしたようだ。試験運用だが、これから2年間、失業者に対し月々560ユーロ(約7万円)が無条件で支給される。 これがまた凄いのが、ネットで調べてみると、失業保険との大きな違いは政府による、無条件の最低限生活保障の定期的な支給であるため、就業による支給打ち切りがないとのことだ。 [続きを読む]