クマG さん プロフィール

  •  
クマGさん: 未定
ハンドル名クマG さん
ブログタイトル未定
ブログURLhttp://121312131213.blog105.fc2.com/
サイト紹介文自称・薮BOYデス!!とりわけ珍種もおりませんが、どうぞよろシク。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/11/21 16:01

クマG さんのブログ記事

  • ザトウムシの幼体
  • ニホンアカザトウムシやスズキダニザトウムシを見つけたポイントにて。降り積もった落ち葉に紛れていた、古びたフジの実の鞘にピタリと収まっていたザトウムシの一種であります。斑模様が特徴的であります。幼体でしょうか・・・トゲはありませんが、脚の長さのバランスや、第2脚を真横にピンと伸ばして停止する姿勢から、トゲザトウムシ(Oligolophus aspersus.)ではないかと思いましたが、詳細は不明であります。分岐した特徴 [続きを読む]
  • 今年初・ニホンアカザトウムシ
  • ニホンアカザトウムシ Pseudobiantes japonicus. 「未定」では、すでにお馴染みのニホンアカザトウムシですが、こちらも今年初であります。昨年の春は、かなり数多く出現したのですが、今年はなかなかその姿を見る事が出来ず。ポイントを少し移動してやっと出会う事が出来ました。この日姿を見れたのは、写真の4匹のみ。去年はそれこそ、どの石をひっくり返しても出て来たのですが・・・しつこく撮影していると、お決まりのザト [続きを読む]
  • 今年もスズキダニザトウムシ
  • スズキダニザトウムシ Suzukielus sauteri.日本で唯一「ダニザトウムシ科」に分類されるザトウムシです。すでに「未定」には何度も登場しておりますが、今年もようやくその姿を拝む事が出来ました。・・・と、言っても1匹見つかるとゾロゾロと出てくるスズキダニザトウムシ。もともといつも通っているポイントは、スズキダニザトウムシの個体数が多めなのですが、今年は2月には全く姿が見えませんでした。なんとも言えないこの姿 [続きを読む]
  • 一輪の
  • イチリンソウ Anemone nikoensis Maxim.林内にぽつりと、最初の一輪を咲かせておりました。咲き始めで、まだうつむき加減のイチリンソウを地面から見あげると、空の色も春らしく鮮やかに感じました。・・・たまには季節感のある花の写真でもどうそ。 [続きを読む]
  • 杉の花を検索すると、出てくるのは杉咲花
  • ウロコアシナガグモ Tetragnatha squamataまだ飛びまわる虫は少ないですが、それでも活動を開始している小さな虫達は着実に増えております。アオキ葉の色濃い緑色の上に、ひと際鮮やかな鱗模様の緑色が、遠目からでもよく目立ちました。こんなに緑色の虫を久しぶりに見た気がしたので、嬉しくなりました。3月も折り返しましたが、朝夕は割と冷え込む毎日・・・普段の生活をしているとなかなか春を実感出来ませんが、それでもやは [続きを読む]
  • トガリネズミ
  • 林の中で見つけたトガリネズミ・・・すでに死んでいますが。正確にはトガリネズミ属の一種、でよいのでしょうか。(ホンシュウトガリネズミ. Sorex caecutiens shinto.?)尖った鼻先、小さな眼と耳、とても特徴的な顔つきであります。ネズミと言ってもげっ歯類ではなく、モグラなどと同じ食虫類に分類される彼等は、昆虫などを始めとする小さな生き物を主食としておりますが、非常に代謝率が高く、昼夜問わず常に餌を食べていな [続きを読む]
  • わたし・・・タワシ?  Caeculisoma sp.
  • ダニネタをもうひとつ。いつもの山で石裏を見ていると、現れたのはまるでタワシに脚が生えたかのような風貌のダニであります。実はこのダニ、過去に一度紹介した事があるのですが(→記事)、その後も同じような場所で何度か発見し、その度に撮影だけはしておりました。・・・が、今回の個体は今まで見た中で一番大きい!(ような気がする・・・これまできちんと計測した事がなかったので)正面から。タワシのような毛むくじゃらの [続きを読む]
  • MA・DA・NI
  • さて、3月に突入してすでに11日も過ぎておりました。やっとフィールドへ行ける休日、すっかり春を探す気満々で山に向かったのですが、予想に反して肌寒く、さらに地面はカラカラに乾燥しておりました。・・・そんなカラカラの地面に這いつくばってみると、落ち葉の上を歩いていたのはコイツ、マダニの一種であります。マダニと言えば、山で生き物を観察する上ではかなりの厄介者でありますが(クマGも何度かやられております) [続きを読む]
  • ジュズダニの歩み
  • ジュズダニ科の一種石をひっくり返すと、お馴染みのジュズダニがノコノコ歩いておりました。相変わらず、接地感の無さげな尖った脚先でどうやって石裏を歩いているのかが気になりますが、背中の盛り具合もなかなか・・・これは面白いモノを背負っていそうな雰囲気であります。少し拡大してみましたが、まだよく分かりません・・・・・・と、このジュズダニを見ていたのですが、同じ石の裏にいたヨロイダニがトビムシをツンツンし始 [続きを読む]
  • 小さくても・・・肉食系!
  • 石の裏にて。小さいながらも、淡いオレンジの身体が美しいこのムカデ・・・ジムカデ科の仲間でしょうか。普段、石の裏でムカデを発見する事はよくあるのですが、彼等は逃げ足がとても速く、日の光を浴びた瞬間に走り始めてしまう為に、なかなかカメラで追いきれないので、端からスルーしてしまう事が多いのですが、この時は偶然にもムカデの目の前に獲物が現れたのでした。ムカデに狙われたのはコチラのイモムシであります。ハエ目 [続きを読む]
  • ヨロイダニ科の一種
  • 石をひっくり返すと、たくさん現れるのがアヤトビムシ科の一種と思われる、このトビムシであります。(写真左側)この日も、どの石の下もアヤトビムシばかりなので、なかなか改めてコイツの写真を撮ろうと言う気分にはならないのですが・・・写真右側には、オレンジ色をしたヨロイダニ科の一種と思われるダニの姿も見えます。このダニも、石裏ではよく見かける(見つけやすい)ダニであります。石裏の常連メンバーですね。石を持ち [続きを読む]
  • 木漏れ日にふわり舞い降りた、白い天使
  • 久々のフィールドはすっかり春爛漫の陽気だったこの日、一歩藪に踏み込むと、木漏れ日に暖められた林内のそこかしこから小さなハエ目らしき羽虫が飛び交いました。気にはなったのですが、先ずは地面の虫から・・・と、這いつくばっていると、目の前の落ち葉にその中の一匹がふわりと舞い降りたのでした。ひょっこりと顔を出し、落ち葉の上をちょこまかと歩き回のはチョウバエの一種。丁寧に一節づつ毛で覆われいる特徴的な触角と、 [続きを読む]
  • 2017・初ザトウムシ
  • ゴホンヤリザトウムシ Systenocentrus japonicus 2月もいつの間にやら折り返してしまいました・・・2017年のロケットスタートに全く着いて行けていないクマGでありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。そんな中、今日は久々にフィールドに向かう事が出来たので、2017年の初ザトウムシを見たいと思い、去年ニホンアカザトウムシがザクザク出て来たポイントに向かう事にしました。山に到着すると、まだ2月とは思えぬほ [続きを読む]
  • つるつる
  • ジュズダニと言えば、こちらも去年撮影のものですが・・・この日は土壌に生息する、ある極小ザトウムシを探して、いつものポイントで石をひっくり返しては、手にとってじっくり眺めていたのでした・・・すると、何やら見慣れない黒い虫の姿が。ダニか・・・?・・いや?・・・まさか!?・・・いややっぱりダニだよな?・・・いやもしかして!?肉眼ではいくらじっくり見てもイマイチ確信が持てなかったその生き物、もしやコレが探 [続きを読む]
  • 緑じゃないけど・・・ミドリハシリダニ  Penthaleus sp.
  • 11月撮影より。小さなお饅頭を連想させる粘菌、ケホコリの一種が一面を覆う中を、ウロチョロと落ち着きなく歩き回る一匹のダニ。時折立ち止まり、ケホコリの子実体に口吻を突き立てているように見えたのですが・・・食べていたのでしょうか?よく見かけるこのダニ。ツヤっとした黒い身体に、鮮やかな赤い脚のツートンカラーが特長的、体長は1mmあるか無いかと言うトコロでありますが、動きも活発でよく目立ちます。わざわざ山 [続きを読む]
  • きいろのマルビムシ
  • マルトビムシの一種初めて見る色合いであります。大きさはおよそ1mm以下と、小型でかわいらしい姿をしております。この日はこの個体のみしか発見できませんでしたが、同じ山でも少し場所を変えると、出てくる種類が微妙に違ってくるのが面白いです。 [続きを読む]
  • 逆パンダ柄  Sminthurinus bimaculatus
  • 去年の11月撮影より。地面に横たわる苔むした倒木や、その上に積もった落ち葉に眼を凝らすと・・・いました、いました。小さいですが、お分かり頂けますでしょうか?黒い身体に白い紋が特徴的なトビムシの一種であります。石裏などではなく、こうして表層で活動している彼等、前年も11月頃に同じような環境で観察しております。→2015.11.13の記事「さらに小さな住人」誰かの落し物を味見(笑)可愛らしい特徴的な体色ですが、や [続きを読む]
  • マルキマダラケシキスイ・・・でしょうか。
  • 先日ご紹介した、極小甲虫の不明物体でありますが、コメントを頂いた方にケシキスイ類のサイトを教えて頂いたので、早速調べてみました。この手の甲虫には全くと言っていいほど知識の無いクマG、半ば甲虫の同定は諦めておりましたが・・・素人の絵合わせ同定ではありますが、とりあえずマルキマダラケシキスイの可能性が高そうであります。マルキマダラケシキスイ Stelidota multiguttata 体長は約2.5mm。常緑樹林落葉下に生 [続きを読む]
  • 滴を纏って変身
  • この顔・・・石裏に現れた巨大ハエトリグモ!・・・ではございません、滴を纏って、まるでハエトリグモのような顔になったコアシダカグモであります。人気者のハエトリフェイスに変身、イイ顔しております。また別の個体です。この季節、石裏を見ていると度々現れるのが、このコアシダカグモであります。いくら石を捲ってもなかなか目新しいモノが現れない時でも、こうして滴を纏った彼らが楽しませてくれます。脚の斑模様がカッコ [続きを読む]
  • 今年最初の運だめし
  • 今年初の冬虫夏草!!・・・と言いたい所でありますが、正体が不明過ぎて、もはやコレが冬虫夏草なのかどうかも怪しいこの物体。しかしながら、なかなかのカッコよさにシビれました。冬場と言えば土壌生物探し!・・・と言う事で去年の秋頃から、今シーズンはここを探ってみようと思っていた新たな場所に行ってみました。薄暗い林内のリター層にて。一面を覆っていた霜が溶けて、水分をたっぷり含んだ落ち葉を一つまみしたところ、 [続きを読む]
  • 新年・・・
  • アカイボトビムシの一種  Lobella sp.2017年がスタートしてすでに1週間以上過が過ぎてしまいましたが・・・遅ればせながら、新年のご挨拶を!いや、もはや生存報告と言ってもよいくらいですね・・・気づけばブログトップに広告が出てしまうほど放置してしまいました。なんだかんだで忙しかった年末、12月はなんと一度もフィールドに向かう事が出来ぬまま、2016年を終えてしまいました。11月や、それ以前に撮影した写 [続きを読む]
  • 主役
  • コケの蒴に、ショウジョウバエの一種。双方、可愛らしい事、このうえなし。しかし、このブログの特性上、カテゴリを「ハエ・アブ」か、「コケ」のどちらかにしなければなりません。こう言う選択を迫られる場面は、記事を書いているとよく起こりうるのですが、毎度非常に悩ましいのです。普段、小さな虫などを主に撮影しているので、ここは「ハエ・アブ」のカテゴリを選択しますが・・・脇役に回っても、いつも文句も言わずに主役を [続きを読む]
  • これを、神秘と見るか、何と見るか。
  • 目に見えて動き回る虫の姿もだいぶ少なくなった中、いつもの苔むした倒木で、キノコの周辺を這いまわっていた奇妙なイモムシ。ハエ目の幼虫に見えますが、この通りスケスケであります。内臓も丸見えです。幼虫が動くたびに、体内で蠢く内臓の様子がよくわかります。透明部分に覆われている頭部。キノコバエの一種でしょうか・・・?全く分りません。身体が透き通って透明な生き物は、やはりどこか神秘性があり、時に世間から注目さ [続きを読む]
  • 四角い光り
  • デーニッツハエトリ  Plexippoides doenitzi 何か変わったモノはいないかと山を歩いても、発見するのはお馴染みのデーニッツハエトリであります。しかしながら、なかなかの美人さんだったので、カメラを向けました。ハエトリグモの眼や、光沢の強い虫などは撮影時のライティングによって印象が大きく変わってしまいますが、今回もデーニッツハエトリの眼にバッチリと四角いディフューザーが写り込んでしまっております。現在使用 [続きを読む]
  • 11月22日は何の日?
  • 本日、11月22日は、「いい夫婦の日」でした。皆さん、奥様や旦那様に、思いやりのある1日を過ごせたでしょうか。さてさて、この時期フィールドでよく見かける、「いい夫婦の日」にピッタリなあの生き物・・・。そう、もちろんザトウムシですね!寒くなり、すっかり数が少なくなったオオナミザトウムシでありますが、わずかにその残党が倒木の陰や樹の根本など、雨風を防げるような場所に、♂♀のペアで身を潜めている光景をよく [続きを読む]