pipco1980 さん プロフィール

  •  
pipco1980さん: ボチボチと生きてくよ!秋田篇
ハンドル名pipco1980 さん
ブログタイトルボチボチと生きてくよ!秋田篇
ブログURLhttp://pipco1980.blog.fc2.com/
サイト紹介文病気療養で家族をお江戸に残したまま、35年ぶりに故郷久保田城下の実家住まい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/11/22 15:09

pipco1980 さんのブログ記事

  • モテキの秘密
  • このお宅のご主人が、たった一人で、この藤棚を設えたそうだ。そして、そのご主人も亡くなって10数年…。「ふじ」はこのように何も手をかけずとも、毎年律儀に美しく咲くのだそうだ。こんなことをイマサラ声高にコクるのも、ちゃんちゃらおかしいのだけれど、これでも自分はかつて、有名アイドルさん達と、随分と浮き名を流した、そうしたモテ期っていうのが…確かにあった…!?なんてね、悪い冗談に聴こえるでしょ?でも、正直に [続きを読む]
  • 幸福な時代
  • Yashica/Tomioka Auto Yashinon DS-M 1.7/50(1974)まだ、出掛けるまでの体力が無いようで、仕方がないから、自分の部屋のサボテンを近接レンズを使って…ハア…出掛けたいなあ!子供の頃(小1くらい?…)、お小遣いは10円/日…だった。当たり前だが、10円玉は今も半世紀前も全く変わらない。この10円玉の使い途は、もう、ただただ「駄菓子屋」のみ。ただし、今の視座の駄菓子屋というと、まさにジャンクで人工甘味料満点(?)な [続きを読む]
  • 誇り高き変わり者
  • ISCO-Göttingen Westanar 2.8/50mm C(1956)前にも書いたように思うけど、ツツジ祭タケナワの公園の風情の、その色彩は、黒沢映画の「夢」を憶い出させて、同時にこの映画は、自分にとって「死後の世界」もしくは「あの世の色彩」...って感じがして、ああもしかすると、近いんかい!?などと、ふと思ったりもするが、まだまだもうちょっとね、やり残してることがあるんだ。だから、もうちょっとね…がんばるよ!。件のサイバー攻撃 [続きを読む]
  • インギン無礼なスーパースター
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)高校生くらいの頃は、生意気にもイッチョマエに「サリンジャーはもう読んだかい?」とか「カミュは?バロウズは?ミシマは?」「えっ、イツキヒロユキ?なんだそれ??」なんてね…大して理解もしてないくせに、精一杯の虚勢で「あとがき解説」を頼りに、駅前商店街の喫茶店で、熱く語り合ってたりしたものだが、自分は本当のところ、その頃は、安部公房の世界観にハマり、どっぷり浸かっていたりする [続きを読む]
  • ノンビリも意外と辛いのだよ
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)何だか、古くって、湿ってて、傾いでる風情が、今の自分みたいで、妙に悲しい….。おかげさまで体調は、体力気力ともに日々戻りつつあります。ただ、一日のうちに、何の前触れもなく突然とスイッチが入り、とても厄介で、憂鬱な気分になる目眩だけが、とってもイヤ。これがだいたい、散歩にでも出かけてみようかな…とか、ちょっと家の手伝いでも…なんて思う矢先に来るものだから、とても困る。多分に [続きを読む]
  • 謝 辞
  • Carl Zeiss Jena 'Pancolor' 1.8/50 (Early-1970's)今回のキッカイな私の疾病に関しては、ブログ仲間の皆様にも、様々ご意見を賜りつつ、痛みを抱える当人には、とても長い大型連休中にも拘らず、適切な治療を受けることが出来、最悪な状況を回避できたことに関して、是非、皆様にお礼を言わせていただきたいと思います。みなさま、ほんとうにありがとうございました。皆様ご指摘の通り、持病の苦しみ、入院のストレス(?)等々に [続きを読む]
  • GWの受難
  • P.Angenieux Paris Anastigmat 45/f2.9 (L) (1949) たぶん野生化した(?)「ふじ」…。太くて大きな1本の幹の、とても高いところからまさに鈴なりにぶら下がっている。ただならぬ感じの妖気が漂うこの様子には、ヤッパリこのクセ玉…アンジェニュー…。普通に住宅街なのに、なんだか雨期のインドネシアみたい…。今年はどうやら災厄の年らしい。先週、退院した直後から、酷い頭痛に悩まされていた。頭の右半分に、キリキリした神 [続きを読む]
  • 世は移ろうのだ
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)ごめんなさい。去年の写真です。今は、近所のコンビニにパンを買いに行くだけで、ゼエゼエハアハア&クラクラズキズキと、命懸けの旅になります…。一旦は抜けた筈の、肺に貯まった水が、また貯まり始めてるんだろうか?またオムツ&マスク生活(?)はイヤだなあ…。前に盲腸で入院したのが昨年の8月だから、別の科目とはいえ、1年と経たずまた入院となったわけで、まあ我ながらとっても情けない。結 [続きを読む]
  • クセになりそな救急体験!
  • Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (1964) かつて、街で倒れてる人、苦しんでる人を発見しては、救急車を呼んだ経験は何度かあったけれど、まさか自分の為に、自ら救急車を呼ぶとは思わなかった。普通にヨソ行きの格好をして、玄関の段差に座り119番。極めて冷静かつ、病人なのになぜだか快活明瞭に、声のトーンを少しあげたりしつつ、病状などを淡々と説明する自分。その間に、自分は意識もハッキリしているし、一刻を争う状況 [続きを読む]
  • あきらめの桜
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)いやあ…分かってはいたはずなんだ...今年の桜は無理だよなあって。あんまりにもカラダがきついから、自分で119番に電話して救急車呼んで、その後、病院のあの殺風景な集中治療室のベッドでこれまで経験無いような、宇宙飛行士みたいに大袈裟な風体の酸素マスクを被され、そりゃあもう、容赦ない凄まじい酸素嵐に喘ぎ、なかば溺れながら、ああこんな事になっちゃったら、ヤッパリもう [続きを読む]
  • 毎度です。半分復活です!
  • iPhone 3G(First Edition)もはや恒例の、P式豪華ディナー食レポ写真これを、「よく噛んで、20分掛けて食すべし!」と、病院側は云うわけだが、冗談みたいにデフォルメして、超スローモーションを装っても5分半…。しかもタダでさえ消化が良いはずのお粥さんを、いったいどの程度まで咀嚼するのか?なかなか難しい研究テーマだったりする。あっ、そういえば常用のiPhone3Gが、もう10年目。さすがにバッテリーはもうヘタリまくってい [続きを読む]
  • 不気味な麻雀卓
  • Kern SWITAR 25mm /1.4あらためて云うまでもないけれど…花って…エロい。特にこの北国ならではの、遅ればせなイマサラ感が、そのエロさを、さらに助長する…。とっても久しぶりに「Kern Switar」っていう本来16mm動画カメラ用のレンズを使ってみた。レトロで、拡張高い映画的というか、むしろ絵画チックでもある優れた描写力に、いつも感嘆し、憧れていたのだが、いざ自分のものになってしまうと、そんな憧れも何処かに吹き飛んで [続きを読む]
  • フィールド・オブ・ドリームス
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)何となくね、大好きなスタートレック(宇宙大作戦)の中でも1、2を争う名作とされる「危険な過去への旅」に出てくる「過去への門」に見えなくもない、実に60年代チックなゲート…ここは大学の古い野球場だから、たぶんこれは「ブルペンゲート」…。昔はこの球場で、夏の高校野球の地区予選とか、国体とかたいそう賑わったってた気がするが、今は、この大学に野球部なんてあるのか?? [続きを読む]
  • セカンド・オピニオン
  • Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (1964)ここのところ、以前にも増して、強烈な目眩と同時に起こる胸の痛みに悩まされている。病院には….実は昨日も行ってるのだが、いつもの内科医では、どうもピンと来ては貰えないみたいで、「検査では何も出てないから、たぶん高血圧のせいだろう…。 降圧剤をもうちょっと強力なモノにしておこう… そんなに気になるなら、来月、ちゃんと心電図とエコー…. 検査予約入れといたからさ…. [続きを読む]
  • アタマデッカチ青春編
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)花は、むこう向いちゃってるけど、垣根から挿し込む光がとても柔らかくて春っぽかったんで、なんだか嬉しくなってついパチリ…。私は学業途中で、大した考えもなしにいわゆる芸能界の端っこで、あるときはバンドマン、またある時はアレンジャーだったり、マネージャーだったりインペグ屋(ミュージシャンの手配師!)、音響オペレータ、さらにイヴェントの台本書きから舞台監督まで、 [続きを読む]
  • 平和ボケ…最高!
  • Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (1964) 見た通りの管楽器屋さんのウインドウ。斜向いが三味線(or琉球三線)の製造販売店…。意外にハイブロウな街か??自分は、80年代後半からの、もう根が生え苔生す感じの(?)マックユーザー…。だから、Windowsユーザーさんがせっせと盛り上がってらっしゃる、何とかセキュリティが良いとか、感染、駆除…なんて言うのには,とんと縁がない人生。他人と同じが大嫌い、へそ曲がりで天の [続きを読む]
  • おとこらしさってわかるかい
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)知人…というか、私の方が、昔のバンド時代の憧れも含めて、一方的にお友達と慕ってるだけで、先方には取るに足らぬ、顔見知り程度かも知れないが、いずれにしろ、彼が経営する飲食店…火事に遭ったらしい。当人も火傷を負い、救急搬送されたらしいが,幸い命に別状はないとのこと。しかし未だ身元不明ながら、20代男性が一名…亡くなってしまったらしい。たぶんお店のお客様?となれ [続きを読む]
  • 深層心理は真相真理?
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)今の季節,ちょっとした山の斜面に足を踏み入れるとあちこち、雪解け水の湧水で、地面がビチョッビチョに濡れている。これもまた、春を告げる風物詩なのだなあと感じ入る間もなく、私の靴もビッチョビチョ…。禁煙して数年経つが、実は未だに「自分は禁煙している…(エライでしょ!)」そういう自覚はまったくない。あれほど大好きで,人生の大半において片時も離れる事なく、どんな [続きを読む]
  • 21歳の原点
  • P.Angenieux Paris Anastigmat 45/2.9 (L) (1949) もはや新芽が成長しすぎて食用には適さなくなったふきのとう。後はしっかり成長するのを待って、茎の部分を煮物,もしくは佃煮(キャラブキ)にして…ああ酒が呑みたくなった。余談だが蕗はアイヌ語で「コロコニ」といい、よって蕗の葉の裏側に住む妖精を「コロボックル」というのだそうだ…。ちなみに、実に久しぶりにアンジェニューを使ってみたが,画像がふんわり柔らかす [続きを読む]
  • 嗚呼おやゆずり
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)なんもだあ!....とは、いやいやいや...どういたしまして…?英語なら…my pleasure…もっと気安い感じなら、not at allとかanytime…でも学校で習ったのは確かyou're welcome...自分の経験の中では、you're welcome...って言ったのは、シンガポールの人だけだったな。自分はバンドマン活動と云っても、多くはバンドではなくたった一人の活動…。業界的には「サシ」と言うらしいが,た [続きを読む]
  • オヤジのブランニューバッグ
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)暑さ寒さも彼岸まで……ってことで、ここミチの奥の北国も、さすがに本日ばかりは春の陽気の「墓参り日和」でありますから、なにしろ酷い目眩と胸の軽い痛みを抱えつつ道中、白昼堂々、路上でしゃがみ込んで休憩しながらもいざいざ…待ってろよオヤジ…そしてジッちゃんにバッちゃん!今行くからな!と、ばかりに、墓参に馳せ参じるわけです。もちろんいつも通りにお経を上げてもらっ [続きを読む]
  • ケンちゃんのロッケンロー
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)1940年代のリヴァプール駅….なんてね…ただの秋田駅...!。写真がどうこう言う前に、実際に目に見えた景色がそんな感じだったから、こりゃあ凄いぞ!と、ちょっとシャッターを切ってみただけの異邦人…??相変わらず、体調が良くない。朝から、カラダがゆらゆらと揺れているし、軽く頭も痛い。不穏当な動悸も気になる….。そんなわけで、朝からMacの画面を凝視しても、なにやら胸の [続きを読む]
  • 人生観が変わる瞬間
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)JR秋田駅の「駅そば」が、8年ぶりに復活とのこと。裏を返せば、よく8年もの間、駅に「立ちそば屋」が無いまま、過ごせたものだなあ!?と、感心しつつ、まあ、やっとこさ、普通の駅に戻ったのだなあ…そう思う。ちなみに私はいつもJR吉祥寺駅の「肉そばコロッケ乗せ…」今じゃあカロリーオーバーかな??前項で、自らの「危篤」の一件を話題にしたのだが、自分はあくまでも気を失った [続きを読む]
  • 妙薬は口に旨し
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)櫓の類いって、どうして強烈な登りたい衝動に駆られるのだろう?そういう衝動を、努めて抑えて生きる事を大人になる…って言うんだと思う。そして今の自分は、さらにもう一段、安全に留意せねばならない年代に入ってきたのだと思う。残念だけどね。体調は相変わらずいまいちだけど、何となく、苦しくなるパターンというのが分かってきたから、なるべく慌てたり、無理したりしないように、努めて慎重に [続きを読む]