pipco1980 さん プロフィール

  •  
pipco1980さん: ボチボチと生きてくよ!秋田篇
ハンドル名pipco1980 さん
ブログタイトルボチボチと生きてくよ!秋田篇
ブログURLhttp://pipco1980.blog.fc2.com/
サイト紹介文病気療養で家族をお江戸に残したまま、35年ぶりに故郷久保田城下の実家住まい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/11/22 15:09

pipco1980 さんのブログ記事

  • 不気味な麻雀卓
  • Kern SWITAR 25mm /1.4あらためて云うまでもないけれど…花って…エロい。特にこの北国ならではの、遅ればせなイマサラ感が、そのエロさを、さらに助長する…。とっても久しぶりに「Kern Switar」っていう本来16mm動画カメラ用のレンズを使ってみた。レトロで、拡張高い映画的というか、むしろ絵画チックでもある優れた描写力に、いつも感嘆し、憧れていたのだが、いざ自分のものになってしまうと、そんな憧れも何処かに吹き飛んで [続きを読む]
  • フィールド・オブ・ドリームス
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)何となくね、大好きなスタートレック(宇宙大作戦)の中でも1、2を争う名作とされる「危険な過去への旅」に出てくる「過去への門」に見えなくもない、実に60年代チックなゲート…ここは大学の古い野球場だから、たぶんこれは「ブルペンゲート」…。昔はこの球場で、夏の高校野球の地区予選とか、国体とかたいそう賑わったってた気がするが、今は、この大学に野球部なんてあるのか?? [続きを読む]
  • セカンド・オピニオン
  • Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (1964)ここのところ、以前にも増して、強烈な目眩と同時に起こる胸の痛みに悩まされている。病院には….実は昨日も行ってるのだが、いつもの内科医では、どうもピンと来ては貰えないみたいで、「検査では何も出てないから、たぶん高血圧のせいだろう…。 降圧剤をもうちょっと強力なモノにしておこう… そんなに気になるなら、来月、ちゃんと心電図とエコー…. 検査予約入れといたからさ…. [続きを読む]
  • アタマデッカチ青春編
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)花は、むこう向いちゃってるけど、垣根から挿し込む光がとても柔らかくて春っぽかったんで、なんだか嬉しくなってついパチリ…。私は学業途中で、大した考えもなしにいわゆる芸能界の端っこで、あるときはバンドマン、またある時はアレンジャーだったり、マネージャーだったりインペグ屋(ミュージシャンの手配師!)、音響オペレータ、さらにイヴェントの台本書きから舞台監督まで、 [続きを読む]
  • 平和ボケ…最高!
  • Carl Zeiss Jena 'Flektogon' 2.8/35 (1964) 見た通りの管楽器屋さんのウインドウ。斜向いが三味線(or琉球三線)の製造販売店…。意外にハイブロウな街か??自分は、80年代後半からの、もう根が生え苔生す感じの(?)マックユーザー…。だから、Windowsユーザーさんがせっせと盛り上がってらっしゃる、何とかセキュリティが良いとか、感染、駆除…なんて言うのには,とんと縁がない人生。他人と同じが大嫌い、へそ曲がりで天の [続きを読む]
  • おとこらしさってわかるかい
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)知人…というか、私の方が、昔のバンド時代の憧れも含めて、一方的にお友達と慕ってるだけで、先方には取るに足らぬ、顔見知り程度かも知れないが、いずれにしろ、彼が経営する飲食店…火事に遭ったらしい。当人も火傷を負い、救急搬送されたらしいが,幸い命に別状はないとのこと。しかし未だ身元不明ながら、20代男性が一名…亡くなってしまったらしい。たぶんお店のお客様?となれ [続きを読む]
  • 深層心理は真相真理?
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)今の季節,ちょっとした山の斜面に足を踏み入れるとあちこち、雪解け水の湧水で、地面がビチョッビチョに濡れている。これもまた、春を告げる風物詩なのだなあと感じ入る間もなく、私の靴もビッチョビチョ…。禁煙して数年経つが、実は未だに「自分は禁煙している…(エライでしょ!)」そういう自覚はまったくない。あれほど大好きで,人生の大半において片時も離れる事なく、どんな [続きを読む]
  • 21歳の原点
  • P.Angenieux Paris Anastigmat 45/2.9 (L) (1949) もはや新芽が成長しすぎて食用には適さなくなったふきのとう。後はしっかり成長するのを待って、茎の部分を煮物,もしくは佃煮(キャラブキ)にして…ああ酒が呑みたくなった。余談だが蕗はアイヌ語で「コロコニ」といい、よって蕗の葉の裏側に住む妖精を「コロボックル」というのだそうだ…。ちなみに、実に久しぶりにアンジェニューを使ってみたが,画像がふんわり柔らかす [続きを読む]
  • 嗚呼おやゆずり
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)なんもだあ!....とは、いやいやいや...どういたしまして…?英語なら…my pleasure…もっと気安い感じなら、not at allとかanytime…でも学校で習ったのは確かyou're welcome...自分の経験の中では、you're welcome...って言ったのは、シンガポールの人だけだったな。自分はバンドマン活動と云っても、多くはバンドではなくたった一人の活動…。業界的には「サシ」と言うらしいが,た [続きを読む]
  • オヤジのブランニューバッグ
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)暑さ寒さも彼岸まで……ってことで、ここミチの奥の北国も、さすがに本日ばかりは春の陽気の「墓参り日和」でありますから、なにしろ酷い目眩と胸の軽い痛みを抱えつつ道中、白昼堂々、路上でしゃがみ込んで休憩しながらもいざいざ…待ってろよオヤジ…そしてジッちゃんにバッちゃん!今行くからな!と、ばかりに、墓参に馳せ参じるわけです。もちろんいつも通りにお経を上げてもらっ [続きを読む]
  • ケンちゃんのロッケンロー
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)1940年代のリヴァプール駅….なんてね…ただの秋田駅...!。写真がどうこう言う前に、実際に目に見えた景色がそんな感じだったから、こりゃあ凄いぞ!と、ちょっとシャッターを切ってみただけの異邦人…??相変わらず、体調が良くない。朝から、カラダがゆらゆらと揺れているし、軽く頭も痛い。不穏当な動悸も気になる….。そんなわけで、朝からMacの画面を凝視しても、なにやら胸の [続きを読む]
  • 人生観が変わる瞬間
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)JR秋田駅の「駅そば」が、8年ぶりに復活とのこと。裏を返せば、よく8年もの間、駅に「立ちそば屋」が無いまま、過ごせたものだなあ!?と、感心しつつ、まあ、やっとこさ、普通の駅に戻ったのだなあ…そう思う。ちなみに私はいつもJR吉祥寺駅の「肉そばコロッケ乗せ…」今じゃあカロリーオーバーかな??前項で、自らの「危篤」の一件を話題にしたのだが、自分はあくまでも気を失った [続きを読む]
  • 妙薬は口に旨し
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)櫓の類いって、どうして強烈な登りたい衝動に駆られるのだろう?そういう衝動を、努めて抑えて生きる事を大人になる…って言うんだと思う。そして今の自分は、さらにもう一段、安全に留意せねばならない年代に入ってきたのだと思う。残念だけどね。体調は相変わらずいまいちだけど、何となく、苦しくなるパターンというのが分かってきたから、なるべく慌てたり、無理したりしないように、努めて慎重に [続きを読む]
  • 一夜漬け
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)体調がすこぶる悪い。ただ悪いのは、ある行動(運動)を起こした結果の発作というか、極度の息苦しさと動悸とめまい…10分くらいじっとうずくまりつつ、自然回復を待つか或いは、普段から静かにしてれば、極めて普通。そういうわけで、すぐにでも病院に行って…という感じになかなかならない….。また入院で、手術…イヤだなあ…。そんな状況で、昔からの悪癖の「一夜漬け病」が暴発!つまり、差し迫り [続きを読む]
  • アメリカンクラブハウスサンド
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)春はいったいどこに行ったの?ってほど、まだまだ寒くて冷たくて、このまんま凍てついて死んでしまいそうな気分にもなる…ちょっとヤバい北国の3月。今もたぶん同じだと思うけれど、私がバンドマンだった時代も、東京・麻布台のロシア連邦大使館(当時はソヴィエト連邦大使館)となぜだか、背中をぺったり合わせるようにくっ付いて建っていた「東京アメリカンクラブ」…そのバーラウン [続きを読む]
  • のらりくらりとやってくる
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)キャットフードのストックが無くなっていた。まとまった量は「南米の大河、または女だけの戦闘集団」へ注文するにしても、(送料値上げするらしいね…)ここ北の最果ての地に「即日配達」なんて気の効いたサービスなどあり得ないから、取りあえず、今日明日の分だけでも、近くのコンビニで調達。しかし、お天気もまあまあだし、体調も悪くはない…少々遠目だが、かなりお買い得価格な [続きを読む]
  • 些細なサークル活動が...
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)北国の、冬と春の間…30歳を少し過ぎた頃、呑んだくれてばかりの退廃的な生活サイクルを改めんが為、紆余曲折の末、社内外有志でサッカーチームを結成する。サッカーチーム結成は、高校時代にどうした事かそうした動きにまんまと巻き込まれて、気がつけば1年生なのに...中学サッカー部で実績あるのはオマエだけ…何となく弁が立つと云うか、論理のでっち上げが狡猾で、教師をだまくらかした実績!?そ [続きを読む]
  • ゴロワーズを吸ったことがあるかい
  • 私はおよそ常軌を逸したとしか思えないウルトラへヴィーなチェーンスモーカーだった。もっとも酷いのは、酒を呑んでるとき、苛々しながら商談の電話をしてる時、そして何らかの集中した作業の時…。たぶんどちらも2分と空けずに次々と火をつけて吸うから、麗しい紳士淑女の銘柄「ハイライト」(!?)パッケージは、あっという間に空になる。気がつけば私のデスクの巨大なガラスの灰皿は、山のような吸い殻と、憎々しく捻り潰した [続きを読む]
  • 今は猫派なれども...
  • Leitz ELMAR 5cm/F3.5 (1939)モノクロ設定のエルマーでは、ピント合わせが至難。ピタリっとあったら無敵なのだが…。物心ついた頃から、家には犬が居た。最初のは黒くて小さな犬。もちろん雑種。小熊みたいな風貌だから、名前はクマ…私が名付けたらしいが、意外にセンスないな...。そのクマが、突然居なくなった。当時は、今みたいにリードで繋いできっちり管理しながら飼うっていうよりも、放し飼いというほどではないけれど、わ [続きを読む]
  • ゆっくりと再起なのじゃ!
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)何度かこの項でも書いているけれど、長く働いた貿易商社が、何故だか黒字経営のまま、突如「任意解散」…という事になってあえなく失業...。自分は請われるまま「副社長待遇」で元部下が数年前から独立開業していた会社に厄介になる事になった。元部下で経営者の男(当然年下)には、独立開業に際し、莫大な遺産が入ったとか、株と土地転がしで大儲けしたとか、様々な噂があったが、わ [続きを読む]
  • なんちゃらフライデー...だと
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)男の背中…で、ござる。愛すべきホラ貝吹き親爺…「ホラだばふぐどもばしこがね」(ホラは吹くけど嘘はつかない)そういって寒さに震えるギャラリーを暖かく和ませていた…憧れの、なかなかカッコいい親爺である。2月に入ってから、体調も最悪状態で、殆ど外出していない。一時期は、シャツを着替えるだけでも激しく息切れし、フリーズして動けなくなるようなそんな状態で、なんとか病 [続きを読む]
  • 谷底スクランブル?
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)普段あまり見掛けないせいか?群衆と云うか、まとまった人影を見ると、ついシャッターを押してしまう悲しい習性がすっかり身に付いてしまったようだ…。地下鉄銀座線が、駅ビルデパートの3階から発着するほどの渋〜い谷の、まさにその谷底にあるスクランブル交差点なんかにいま足を運んだなら…シャッター押しっぱなしで目を回して倒れ込みそうだ…なんてね(!)。ちなみにあの谷底は [続きを読む]
  • よのなかばかなのよ
  • Carl Zeiss Jena SONNAR (改L) 5cm/1.5 (1941)チョイと悲惨な感じの豪雪写真だけは、ズズ暗いからヤダなあって思ってたのに、ここまでしつこく降られると、逆にちょっと呆れすぎて、笑っちゃったりして…。風の噂では、東京あたりはもう春の陽気…ってことらしいが、ここの現実は、相変わらずこんなです…ハイ。東京に居た頃の、冬の外回り営業は基本的にコートなし!今日も元気いっぱい!...ではなくて、営業先ではいちいちコート [続きを読む]
  • 鈍色の空から
  • Leitz - Summar 5cm/2 (1937)モノクロームではない…立派な(?)カラー写真。北の果ての、春まだ遠い鈍色の空は、あらゆる色を奪う…。そんな空の下、体調も芳しくないと、一瞬、自分が、生きてるんだか死んでるんだかよくわからなくなる瞬間がある。そんな虚ろな時に限って、何故だかタイミング良く東京にいる家族が電話をかけてきて、ガチャガチャと嵐のように、ああでもないこうでもないと、他愛ない仕事の愚痴をたらたらたら [続きを読む]