ミロモネママ さん プロフィール

  •  
ミロモネママさん: ちわわんとお花の日々。
ハンドル名ミロモネママ さん
ブログタイトルちわわんとお花の日々。
ブログURLhttp://miromonemama.blog.fc2.com/
サイト紹介文3匹のチワワとの出来事、草月流のお花のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/11/24 22:18

ミロモネママ さんのブログ記事

  • ぼたんの花の里で
  • ぼたんの花が有名な松江市八束町にある「由志園」恒例になった假屋崎省吾さんの花展が今年も開催されました「牡丹 芍薬 百合の花 花の三美人をいける」会場に入ると大きな作品が目に飛び込んできましたでも・・・梅の枝についた花は、すべて枯れてしまって茶色くなっていましたメンテがされていなくて台無しですこちらは赤に着色された角材が目をひきます角材を留めるためのビスがいたるところにあってあまり人のこと言えないの [続きを読む]
  • 春のお散歩〜2016.3月
  • 天気予報では雨が降るって言ってたのになんとか一日お天気が持ちこたえましたネ風はちょっと冷たいけど久しぶりにミロモネのお散歩です横断歩道では、それぞれ見てる方向が異なって車に気をつけて渡っているんだねマーキング男子のミロくんより高く足をあげて、自分の存在感を誇示しますモネは女の子なのに足あげチッチですよりにもよってこんなところでチッチとう○ち・・・ミロモネそろって足あげチッチ・・・やれやれだね〜〜2 [続きを読む]
  • 家元研究科〜2016.3月
  • 3月15日この日は大阪でお花のお勉強家元研究科でした勅使河原茜お家元の直接指導ですテーマは「場を想定して」私が選んだ花材は、サンゴミズキとハランとても長いサンゴミズキです器は10センチ角くらいの小さなものを使います器の中には小さめの剣山が入ります今の私が気になっているキーワードは「天井」この日も天井を使ってみましたたまたまピクチャーレールがない場所だったのでサンゴミズキをつっぱり棒みたいな感じで固 [続きを読む]
  • 卒寿の華展・3
  • 前回からの記事の続き卒寿の華展・LASTです華展会場の「華水亭」館内はとても広々としています「場にいける」草月流はどんな「場」にも対応するいけばなを創り上げることができる流派です普段は何が飾られているのか想像しながら作品を拝見しますバーの入口にいけられた作品です扉が開いた時にジャマにならないようにいけられていました館内にあるいくつかの柱柱をバックにした作品ですこの華水亭は宿泊施設なので多かれ少なか [続きを読む]
  • 卒寿の華展・2
  • 卒寿の華展・1の続きです華水亭の広々とした館内にひときわ目を引くあざやかな色の作品がありましたマットなブルーに染められた木々に春の花、チューリップが踊っていますガラス越しに海が見渡せる空間にいけられた作品です景色の中の松の木やその向こうにある日本海じゃまにならないように意識して作品をいけられたのでしょうか?それぞれの作品にはいける人の思いや個性が込められていてでも、それだけでは独りよがりの作品にな [続きを読む]
  • 卒寿の華展・1
  • 3月はじめ、草月流鳥取県支部の先生がグループのリーダーの先生の卒寿を記念して皆生温泉「華水亭」で華展を開催されました日本海に面したとても眺望のいいこの施設の館内は広々としたとても落ち着きのある空間になっていますエントランスには重厚な建物にふさわしい品格のあるお祝いの作品がつくられています金糸の帯と銀色に着色された柳には胡蝶蘭グループの役員の先生方の作品が訪れる人を迎えますひと足早い春を感じさせる桜 [続きを読む]
  • ようやく終わった〜
  • 1月から2月にかけて我が家の女子は次々とヒートになりますあんず→るり→モネその時期になると、ただひとりの男の子であるミロくんは悶々とした日々を過ごさなければならないためヒートの女子はミロと別の部屋で過ごします1チーずつヒートになってくれればいいのですが時に微妙に重なってしまうことがありその時はお世話がもう大変です避妊とか去勢をすることも考えたのですが手術の時の麻酔のリスクを考えるとなかなか手術に踏 [続きを読む]
  • 時間が分けた運命・・・
  • 先月の出来事ですその日は大阪へお花の勉強に行く日でした(写真と記事とは関係ありません)いつものように朝早く松江を出発し山陰道〜米子道〜中国道を通り大阪へ向かう時のことです加西SAで休憩して、再び大阪を目指しますすると・・・道路わきの制限速度マークが50キロになっています特に工事がある様子でもないし雨も降っていないのにどうして50キロ制限になっているんだろう?そう思いながら車を走らせると発煙筒が使わ [続きを読む]
  • 椿展〜2016.2月
  • 草月流島根県支部の先生が今年も松江市内にある「民藝の店ささき」で開催の椿展にあわせてお花をいけられましたウインドウを飾る椿の花通りを歩く人たちに「見て見て」と語りかけているのでしょうか真っ白な器にいけられた椿の花はまるで人のお顔のように様々な表情を見せてくれますいちばん手前の椿の花恥ずかしそうな表情に見えませんか?一輪だけでもあでやかで華やかで存在感のある作品が並びますこちらの作品は大きな器にたっ [続きを読む]
  • 家元研究科〜2016.2月
  • 2月9日この日は大阪でのお花のお勉強家元研究科でした講師は川名哲紀先生ですテーマは「草月流素材の触り(さわり) PARTⅡ」うわ〜難しい〜どう解釈すればいいのだろう・・・そんな気持ちを胸に選んだ花材はレッドウィロー 一種ですそして鉄の花留めを使います最近、「吊るす」ことにハマっている私はレッドウィローをためてくるんとした形をつくり天井から吊るしますそして机の下にも展開しますようやく完成したのですが [続きを読む]
  • 立ち止まる
  • 最近、週末は雨ばかりでお洗濯やお掃除するにもスカッと感がないんですね〜そして何よりわんことお散歩行けなくて・・・今年なって数えるほどのお天気になった週末その時のミロくんの様子ですお出かけやお散歩大好きなのに何だか気乗りしない表情のミロくんミロって気持ちがお顔に出やすいタイプなんだよね踏ん張るそして抵抗する別の日も嫌がる乗り気でないお洋服のサイズが合わなくて歩きにくいのかなそれともお家でゴロゴロする [続きを読む]
  • 判断と選択
  • 今年の冬はどうしちゃったんでしょ〜気温が20℃超えになったかと思うと翌日には真冬の寒さになったり身体がついて行かない気候が続いていますさて、先月東京へ行った時行きはよいよい帰りは・・・まさにその通りの現実が待ち受けていました朝からいけばな草月の家元研究科へ出席して午後からはコレド室町へ行きお家元の作品とプロジェクションマッピングを楽しんで充実した一日だったな〜満たされた気持ちで羽田空港へ向かいまし [続きを読む]
  • 京都へ初詣〜2016.1月
  • 1月下旬今年もようやく京都へと初詣へ出かけることができました例年であれば平安神宮へ行くのですが昨年は伏見稲荷大社へそして今年は北野天満宮へ参拝です春の訪れが早いとはいえ咲いている梅の木は数本でした残念・・・北野天満宮の梅園の中でお茶をいただいて次に向かった先は植物園近くのレストランお店の半分くらいの席がワンコOKで半テラス席なのですが、暖房がしっかり効いていましたヘルシー?ランチ、とっても美味しか [続きを読む]
  • FLOWERS BY NAKED
  • 「FLOWERS BY NAKED」日本橋三井ホールで開催中のイベント草月流の勅使河原茜家元と東京駅のプロジェクションマッピングや軍師官兵衛のタイトルバックを手掛けたアーティスト村松亮太郎氏とのコラボです会場内に一歩足を踏み入れると心地よい香りに包まれますそして少し進むと大きな本があります本のページがめくられる度に映し出される映像に目を奪われますMOSAIC FLOWERSFROZEN ROSES [続きを読む]
  • あんず6歳になりました
  • 1月30日我が家でいちばんちっちゃい女の子あんず姫、6歳のお誕生日を迎えました桜の京都で出会ってから、一度は迎えることをあきらめたものの縁あって我が家へ迎えることとなりました4チーの中ではいちばんの甘えっ子ちゃんモネとは大の仲良しです子どもの頃はモデル上手だったのに最近ではカメラを向けてもいいお顔してくれなくて・・・赤ずきんちゃんって呼びたいところだけどその大きなお口、どう見てもオオカミさんだよね [続きを読む]
  • 家元研究科・東京〜2016.1月
  • 1月23日前日の最終便の飛行機で東京へ家元研究科に出席しました日本間には本部講師の作品がいけられていますこの日のテーマは「つなげる・繋がる」講師は福島光加先生です私が選んだ花材は黄金ミズキ器は鉄の器ですまっすぐなミズキの枝をためてためて・・・1本入れてみますそして天井からも吊るしてみます完成しましたが、どこかもの足りなくて・・・グロリオーサを加えてみました福島先生の講評は「枝が左右対称になっている [続きを読む]
  • 町内のこと
  • 数年前に父が亡くなり早くに母を亡くしていた一人っ子の私は父が亡くなってすぐに、実家に戻ってきました父も母も元気なころは町内のことは両親に任せきりでも今ではそうもいかず昨年の春から町内の役員を(嫌々ながら)お引き受けすることになりました住んでいる町がとても田舎なので親睦と呼ばれる行事がとても多く昨年春の班の花見総会に始まり町内の総会毎月のようにあるスポーツ大会11月には休みがほとんど町内の行事に費や [続きを読む]
  • 木目の美
  • 12月の記事になりますが草月会広島県支部の展覧会へ行ってきました「木目の美」杉の木を薄くスライスした素材を使い美術館で展覧会が開催されました「木目」木の中の様々な模様でその木の持つ過去を知ることもできます会場内に一歩足を踏み入れると樹木自らが放つ香りが漂ってきます出品者それぞれが工夫をして自分の思いを表現しています異質素材を使った作品も多数展示されていました屋外にはレリーフ作品も展示されています子 [続きを読む]
  • 「感動」につながるコト
  • 今日は本当に寒かった〜暖冬のため真冬だというのにあたたかな日が続いていたので本来の冬の寒さがこたえます・・・でも、冬の楽しみのひとつであるフィギュアスケートスポーツが苦手で嫌いな私でもこれだけはテレビにかじりついて観てしまいますNHK杯や全日本もすごく感動しましたこのフィギュアスケートいつだったのか、誰が言ったのか忘れてしまいましたが1シーズンを通して、ショートとフリーの演技は曲も衣装も振付もほぼ [続きを読む]
  • 歌姫に想う
  • 12月になると、年の締めくくりの意味や季節の風物詩的なこともあってなのか歌番組がやけに多くなりますいわゆる歌謡曲好きの私にとって本当に楽しみな日々が続いていました一昨年からすごく気になっていた三代目J Soul Brothers何年か前からひたっているJUJUず〜っと昔から好きなHIROMI GOそのほかにもゲスキワやセカオワSuperfly・・・もうテレビから目が離せない状態でしたでも、この歌番 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます 2016.1月
  • 2016年が幕を開けました今年はどんな年になるのでしょうか?ワクワクドキドキがたくさんあればいいな〜と思いながらまたこの細々ブログもよろしくお願いいたします今年初おさんぽミロモネのお洋服も紅白にしてみましたミロモネ2チーでのおさんぽは久しぶりミロの足あげチッチはわかるけどモネの足あげチッチは今年も変わらず女の子なのにね〜いつもはお留守番のチーム京都ミロモネのおさんぽが終わってからめずらしくおさんぽ [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました 2015.12.31
  • 2015年もあと数時間で終わろうとしています皆さま、今年もこの細々ブログに遊びに来ていただいて感謝申し上げます「今年もお世話になりました」ミロモネママにとって今年は思いも掛けないことの連続でした変化・激動・波・・・いっぱいもがき苦しんだこともありましたがでもその刺激を楽しむこともできた年でもありました身体の代謝は落ちる一方ですがたくさん刺激を受けて頭の代謝は来年も活性化させたいです!さて、そんなミ [続きを読む]
  • 草月指導者連盟講習会4〜2015・秋
  • 記事が飛び飛びになってしまいましたが草月指導者連盟講習会の続きです講習会2日目の午前の部お家元の作品ですアートからのインスピレーションゆず・かすみ草・ケーンカールそしてお正月花が続きますラストは中作午後からは「いけばな未来案内」州村衛香先生と中田和子先生の登場です先ずは州村先生のお話ですいけばなの明るい未来のために必要な、7つの大切なこと①考える―想うこと②伝える―ポジティブに③信じる―背中を押さ [続きを読む]
  • 家元研究科〜2015.12月
  • 12月9日朝3時30分にめざまし時計をセットして松江駅発5時11分の電車に乗り大阪でのお花のお勉強家元研究科に出席いたしましたこの日のテーマは「松と何かで」講師はお家元です私が選んだ花材は大王松とレッドウィローそしてお花屋さんで分けていただいたラッピングペーパーあと、こちらも必需品たちです制作過程はかなり省略していますがラッピングペーパーに両面テープを貼りアルミ線をくっつけますそして大王松やレッド [続きを読む]
  • 寒くなったら・・・
  • お花の記事が続いたので本日はワンコ記事です早いものでもう12月例年に比べ気温が高いとはいえ外はやっぱり寒いこの頃ミロはお洋服を着てお散歩しますお洋服、やっぱり嫌なのかな寒がりのクセに!どよ〜んとしたお顔ですフードがイヤかもお耳を出す穴から出てるのは目!かーちゃんをにらんでる?フードをはずしてあげるねこれなら大丈夫かな?ミロはぬくぬくとしたマフラーを首に巻いてるもんね〜自前の?マフラーがあるから寒さ [続きを読む]