ぐれいす さん プロフィール

  •  
ぐれいすさん: ぐれいすブログ・ブロぐれいす
ハンドル名ぐれいす さん
ブログタイトルぐれいすブログ・ブロぐれいす
ブログURLhttp://ameblo.jp/graceisikawa/
サイト紹介文エロ漫画家・ぐれいすと、童帝ねろ先生の比較的健全なブログです。なぜかタイ旅行の記事が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/11/26 08:08

ぐれいす さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 珍夜特急、半額中
  • 電子書籍の旅ルポ小説「珍夜特急」が全巻半額セールの模様です。6月2日いっぱいまでのようですので、この機会に買っておいたほうがいいかと。 珍夜特急1―インド・パキスタン― バイクでインドからユーラシア大陸を横断するファーストシーズン。2NDシーズンはアラスカから南米南端までのバイク旅が描かれています。個人的にはセカンドのが好き。文体も海外翻訳小説のようにこぎみよく、そして旅のワクワクも味わえます。会う人 [続きを読む]
  • 手塚先生のエッセイ集
  • kindleで手塚治虫先生のエッセイ集1巻から6巻のセットを購入。いっきにまとめ読みしちぃました。1巻は全集で出た当時に読んでるんですが、今回せっかくなので最初から読み返しです。文章で手塚先生に触れると、すごく人間臭い手塚先生に出会えてこれはこれでいいですな。基本的に漫画とアニメについて語ってるのが1巻と2巻。2巻は基本的に1巻の内容と被る部分が多く、3巻以降は漫画に関係ない話も多いので、興味あれば最低1巻だけ [続きを読む]
  • タイ・エッセイコミックスの総集編!
  • たーれっくが今から2年前にKDPで出版した電子書籍「子猿うきゃうきゃ日記」全4巻。タイが舞台の、4コマ形式のコミックエッセイです。こんな感じ。今回、この全4巻を一冊にまとめた総集編が発売されました。タイトルは「子猿うきゃうきゃ日記 タンモッ」であります! (画像 でAmazonページへ)タンモッはタイ語で、「全部」という意味。全4巻分に合わせて、2015年のチェンマイ・ロイクラトンのレポート3ページがおまけ [続きを読む]
  • 少女のたまご
  • マンガ図書館Zさんでグレイス石川時代の単行本「少女のたまご」がリリースされました!マンガ図書館Z 少女のたまご こちらも懐かしいですね〜。1996年から7年くらいの作品ですよ。コギャルとかがもてはやされていた時代ですね。主に司書房のドルフィンJrに書いていた作品が収録されています。当時は司書房のY編集長に「巻中の2色カラー8ページ毎月あげるから、好きなの描いて」と言われて、毎月趣向を凝らしていろんな変な漫画を [続きを読む]
  • タイでうきゃうきゃ! 第3巻
  • KDPにてタイ漫画「タイでうきゃうきゃ日記」の3巻をリリースが始まりました!タイを舞台にした旅行記漫画です。タイの田舎の女の子・子猿ちゃんを通じて、タイの観光地や風習、面白エピソードを紹介しています。子猿ちゃんが繰り広げるドタバタや厳しいタイの現実、問題。きっと今まで知らなかったタイにいっぱい会える?よかったらぜひ読んでみてください!前作「子猿うきゃうきゃ日記」全4巻もあわせて読むとさらに楽しい!よろ [続きを読む]
  • 今、タイに住んでいます・ワルイコト編
  • あいだがあいてすみません。前回の「タイのイイコト」の記事をあげてすぐにバンコクで爆弾事件があり、かなりバツの悪いタイミングになってしまいました。まさに、「ワルイコト」編はタイの命の危険度についても語ろうと思っていたところでした。それでは、詳しく「タイのワルイコト」編について書こうと思います。まず、食の問題です。前回、タイ料理は美味しくて安い!と書きました。実際、ローカルで食べるタイ料理は安くて美味 [続きを読む]
  • 今、タイに住んでいます・イイコト編
  • 今、タイのバンコクに住んでいます。早いもので、もうすぐ半年になろうとしています。ほんとに早いですね〜。感覚的には忙しさに追われてあっという間に過ぎた半年です。バンコクでの生活は、既に勝手知ったる街なのでなんの違和感もありません。むしろ、なぜもっと早く来なかったのか後悔してるくらい。ネットさえあれば東京の生活とほとんど変わりませんからね。ある種気楽な自営業でほんとによかった!wそして、いい時代になっ [続きを読む]
  • ルーズセッ○ス 
  • 絶版マンガ図書館さんにて、エロティーンに引き続き、「ルーズセッ○ス」(18禁)も公開されました!まだグレイス石川名義の時の作品集であります。今から20年ほど前に描いたものですね。絶版マンガ図書館 ルーズセッ○ス に、20年!!驚き!いや〜、さすがに昔の作品なのでこっぱずかしいですけど、見返すといろいろ試行錯誤してる感じが初々しいですね。チャレンジ精神にあふれてるグレイス石川先生をご堪能ください。表紙はこん [続きを読む]
  • 過去の記事 …