小雨 さん プロフィール

  •  
小雨さん: 雨の街角
ハンドル名小雨 さん
ブログタイトル雨の街角
ブログURLhttp://kosame3.jugem.jp
サイト紹介文言葉と写真と空と海と街とあの人と…好きなものがたくさんあります。あなたにも伝わるといいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/11/26 15:40

小雨 さんのブログ記事

  • 第三章 恋心 〜小学生のような恋〜
  • 翌日は、朝から雲一つない快晴だった。約束の7時に近づき、家の外を見ると、もうお兄ちゃんの車は止まっていた。「おはよう」と挨拶し、由香は車に乗り込んだ。「おはよう、寝坊しなかったな、偉い、偉い」お兄ちゃんからは、そんな声が返ってきた。「どこの海に行くの?」車が動き出したのを見計らって、由香が聞いた。「ちょっと遠い海だよ」「ちょっと遠いって、よく分かる話だね」由香は笑った。その後も、今から行く海の話や [続きを読む]
  • 車とさくらんぼと…
  • コンビニに行った時雑誌コーナーでふと見かけた車の本。最近こういうのを手に取ることはなかったけど、このタイトルを見たら買わずにいられなかった。「TOYOTA GT傑作選」家に帰るまで待てずに駐車場で読んでしまいましたよ(笑)続きを読む >> [続きを読む]
  • 第三章 恋心 〜彼との約束〜
  • あのサークルの日の大雨は、梅雨入りのサインだったらしく、その後、毎日雨が続いていた。由香は、講義中もぼんやりと外を見て、窓を伝う雨の滴を数える日々を過ごしていた。そして前期の試験になり、しばらくサークルは休みになった。会えないことが良いような悪いような、寂しいような、でも会いたくないような…そんな曖昧な心を抱えながら、夏休みはやってきた。のんちゃんから次のサークルの連絡が入ったのは、夏休みに入って [続きを読む]
  • 最近のできごと
  • ちょっと神戸の写真をお休みして今日は最近のできごとについてお話を。まずは本日の我が家の紫陽花の様子です。私は雨が好きなので、当然のように紫陽花も大好きで庭に10株ほど植えていますが、この紫陽花が一番古株です。これ、何株からか出てるんじゃなくて一つの株からいろんな色が出てるんですよ。5色はありますよね。裏の方にはもうちょっと違う色も咲いてるんですよ。これだけあるのに先週の土曜日、買い物に行った時また一 [続きを読む]
  • 梅雨になる前に神戸まで 5
  • 前回の続きです。去年も行ったのですが、絵はがきをメインに売られている文房具屋さんです。趣味の良い海外ものの文房具が多いです。この辺りの雰囲気はレトロモードがいいよなぁと思っていたらそればかりで撮ってしまって、普通のモードの写真がほとんどありませんでした(笑)あしからずごらん下さい。続きを読む >> [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜疑問と後悔と困惑と〜
  • 由香は、ある恋に破れ、恋する心を失っていた。元々人間不信だった由香にとって、やっと出来た、親友でもあり、恋人でもあったその男に、二股かけられて裏切られたことは、かなり大きな傷となって残っていた。それ以降、誰とつきあっても自分をさらけ出すようなことはしなかった。というよりも、人を信用する心や、好きになる心を失っていた。お兄ちゃんに相談した彼のことも、それなりには考えていたけど、とてもじゃないが恋をし [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜嘘の告白〜
  • 由香は冷静な顔をして、言い訳の代わりにため息を一つついて言った。「好きな人なら、いるよ」「嘘つくなよ。誰だよ」しばしの沈黙の後、真っ直ぐに彼を見て言った。「あなたよ、お兄ちゃん」『おいおい、冗談やめてくれよ』と笑ってくれるお兄ちゃんを、由香は勝手に想像していた。彼がそう言って笑ってくれたら『嘘、嘘、ごめん』と謝るところだった。しかし、彼はその言葉を聞いた瞬間、由香から目をそらせて下を向いたまま黙り [続きを読む]
  • 梅雨になる前に神戸まで 3
  • 元町から少し北に行ったエリア。この辺り場所的には何て呼んでるんだろ?北野よりは南だし、元町エリアよりは北だし。住所で見てもこれとヒットするような地名はないしなぁ…とりあえず、43号線から鯉川筋を北へ向かって少し東へ入った辺りをウロウロします(笑)久々に真四角写真も撮ってみました。続きを読む >> [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜好きな人?〜
  • 本当のことを話そうかと思った。実は相談することなんて何もなかった…と。でも、それでは彼が急いで駆けつけてくれたことが無駄になってしまう。由香は仕方なく、一つだけあった悩みのようなものを口にした。「高校の時、つきあってた人がいたの」「彼氏いるんだ。そうだよね。で?」「いるんじゃなくて、いたの。過去形。高校を卒業した時に別れたんだ」「おまえがフッたんだろ?」「そう…なるかな。その彼から、この前電話がか [続きを読む]
  • 梅雨になる前に神戸まで 1
  • 今年初めての土曜休みが取れたので神戸まで。6月に入ったら梅雨で雨が多くなりそうだし、梅雨や猛暑前の最後のチャンスかな〜と思って。京都を出たな〜って思うのがこの東寺が左手に見えた時。逆に右手に見えてきたら帰ってきたな〜って思う(笑)でも当然ながら東京に行く時は見えないんですよね、東寺。今回はこの前GWにどこにも行かなかったからといって買ったPanasonicのミラーレス一眼LUMIX DC-GF9を持って行きました。初撮影 [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜気にしないように〜
  • 唐突に嘘の告白をして以来、お兄ちゃんからの連絡はなかった。困っていたのか、避けられていたのか、それは分からなかった。でも一つだけ言えることは、彼には、由香を好きだという気持ちは、毛頭なかったのだということ。もし、少しでもそんな気持ちがあれば、電話の1本くらいあるはずだ。そんな思いを抱えたまま半月が過ぎ、次のサークルの日がやってきた。その日のサークルは、ドライブだった。車を持っている男性4人が、自ら [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜相談〜
  • 「この車、1年前に新車で買ったんだ。母親一人の給料でやってる我が家では、新車を買うなんて一大イベント。だからこの車がうちに来た時、すごく嬉しくてね」お兄ちゃんがそんな話を切り出したことで、沈黙した場が少し和んだ。「そっか。私ね、車が大好きなの。でもまだ免許持ってなくて。3月生まれだから高校卒業した後に18歳になったの。誕生日が早い子たちは高校の時に内緒で免許取りに行ってる子もいたけどね。だから私も夏 [続きを読む]
  • ミニカー
  • トミカのミニカー。毎月何台かの新車が出る。今は普通の車じゃなく子供に人気のトーマスなんかもたくさん出てる。ディズニーシリーズとか、あとこれ、車じゃないでしょ?みたいなのとか。でも私のお気に入りはこのトミカリミテッドヴィンテージ。私が大好きな2,30年前の車ばかりを毎月数台ずつ発売してるもの。これはGX71のクレスタ。ちょっと作りが甘いなぁ…71のクレスタはクレスタとしては61に続く2代目。前期型と後期型があっ [続きを読む]
  • 第二章 困惑 〜彼からの電話〜
  • 「また電話する」別れ際の彼のそんな社交辞令のような言葉を、真に受けた訳ではなかった。しかし、その電話はちゃんとかかってきた。お兄ちゃんに、自宅まで送ってもらったあの日から、数日後のことだった。「もしもし?俺、俺」「俺って誰?」「いろんな男たちからいっぱい電話がかかって来るから、俺の声なんて覚えてもいないってこと?」「あ〜お兄ちゃん?」「あ〜って何だよ、その言いぐさ」「ごめん。それで?」「それでって [続きを読む]
  • 2017年春 西陣の町並みと桜 7
  • こちらの桜はほぼ散っていましたが、この辺りを通った時、風が吹いてきて残り少ない花びらを散らせていました。それはそれでとても綺麗でした。少し遠かったので散っている花びらはあまり写りませんでしたが。続きを読む >> [続きを読む]
  • 第一章 嫌悪 〜切なさを知る〜
  • 多分、今ここでこうやって話してる彼が、本来の彼なのだろう、由香は思った。静か過ぎず、騒ぎ過ぎず、相槌を打ちながらお互いの様子を伺う二人。しかし、その伺いは、いつものように裏の影を見るようではなく、ただ相手を知りたい心から来るものだった。ふと、由香は思い出し笑いをした。「何がおかしいの?」彼は由香の顔をのぞき込んで聞いた。「私ね、初めてのサークルの時、大嫌いだって思ったの、お兄ちゃんのこと。もっと言 [続きを読む]
  • 2017年春 西陣の町並みと桜 6
  • 突如として桜の写真に戻って来ました(笑)だってねぇ…ぼんやりしてるあいだに桜の写真撮りに行ってからもう一月も経っていたことに気づいたんですよ…で、西陣の桜写真、最後に行った場所は「妙顕寺」です。私この妙顕寺、知らなかったんです。すぐ近くに住んでいたのに。あの辺りって裏の方に行ったらいろんなお寺がたくさんあるんですよね。続きを読む >> [続きを読む]
  • 第一章 嫌悪 〜分かり合えるからこそ〜
  • 由香の家は、お兄ちゃんが言うように周りは田んぼや畑だらけの田舎で、帰り道はかなり暗い。消えそうな電灯がまばらに見える程度で、人に出会うこともほとんどない。そんな暗い道を二人で歩いていたら、遅咲きの桜だろうか、生暖かい風に吹かれて花びらがヒラヒラと舞っているのが見えた。「まだ、桜、咲いてるんだ…」由香の言葉に、お兄ちゃんが言った。「来年の春は満開の桜でも見に行くか、弁当持って」「うん、いいね」いつも [続きを読む]
  • GWのできごと 2
  • 私の連休としては最後の日、5月5日、気持ちが晴れ晴れとするようなとってもいい天気でした。前にもお話しましたが、私は雨が好きでだから雨が降りそうな曇り空も嫌いじゃなかったのですが、体調が悪くなってからはどうも曇りの日は駄目になりました。最近はこんな快晴の空を見たら心も少し明るくなるのです。続きを読む >> [続きを読む]
  • GWのできごと 1
  • GWも終わり日常が戻ってきましたね。私は非日常なできごとが苦手なので、普通に仕事をしている時間の方が安心します(笑)GWはというと、半分近くは仕事だったので遠出することもなく近場に少し出る程度でしたが、いくつかのできごとはあったのでご紹介しますね。GWのできごとの写真はすべてiPhoneで撮ったものです。まず4月29日、午前中は仕事だったので昼からは京都駅付近に出かけました。少し前に京都タワーが改装を終了したと [続きを読む]
  • 第一章 嫌悪 〜本当の姿〜
  • 二人は居酒屋の近くからバスに乗り、電車の駅までたどり着いた。しかし、バスに乗った後も、駅で電車を待っている時も、彼はほとんど口を開かなかった。「お兄ちゃん、どうしたの?気分でも悪いの?」気味が悪くなって由香は聞いた。「いや、そんなことないよ。どうして?」「だって、あれだけ大騒ぎしていたのに、今はこんなに静かだし」「あぁ、居酒屋でのことね。あれは表面上の俺。今が本当の姿かな。AB型だから二重人格なの [続きを読む]