風城しん さん プロフィール

  •  
風城しんさん: 風城ひとりごと
ハンドル名風城しん さん
ブログタイトル風城ひとりごと
ブログURLhttp://fengchengshin.blog.fc2.com/
サイト紹介文台湾駐在のオジサンのひとり言。台湾、歴史、政治、ゴルフ、自転車、文化、酒等暇のつぶし方を語る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2011/11/26 22:14

風城しん さんのブログ記事

  • 図書館スタバ
  •  これまで公立図書館とはちょっと違う図書館(TSUTAYAが運営する)が出来て、大のお気に入りになっている。 海老名図書館(神奈川県海老名市)、スタバも中にある 自宅に帰った今回の週末も、ここで1時間強ほどスタバのトールサイズのコーヒーを飲みながら、写真雑誌、アウトドア雑誌、旅雑誌など数冊読みました。 [続きを読む]
  • B級グルメ
  •  いつ頃からだろうか『B級グルメ』という言葉が社会に定着している。安価で、贅沢でなく、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理、「地域おこし」ということもあり、あちこちでしばしば食べる機会が増えている。 今週末は自宅に帰っているが、それほど遠くない厚木中央公園(神奈川県厚木市)で「かながわグルメフェスタin厚木」という催しが開かれていて、神奈川県内のご当地グルメ(B級)が集結とのことで行ってみた。 ど [続きを読む]
  • 葬祭場のホーン
  •  単身赴任のアパートの近くに葬祭場というかセレモニアホールがある。昨日は本社出張のため9時過ぎまでアパートにいると、けたたましいホーンが聴こえてくる。霊柩車がこのホールを出るときに鳴らすことにしているらしい。 この音を聞きながら、数日前の新聞記事を思い起こしていた。(日経新聞4月15日)『総務省は14日、2016年10月1日時点の人口推計を発表した。外国人を含む総人口は15年と比べて16万2千人少ない1億2693万 [続きを読む]
  • 海外旅行のテロ・リスク
  •  ここ最近のテロ事件が時系列に書かれたネット記事があったので転載してみる。(全てあっているかは確認してません)2016.3.22 ベルギー(ブリュッセル)ザベンテム国際空港の出発ターミナル付近と、ブリュッセル中心部の地下鉄のマルベーク駅において爆発が発生し、合わせて少なくとも31人が死亡2016.6.12 アメリカ(フロリダ州)オーランドのナイトクラブで銃の乱射事件があり、少なくとも容疑者を含む50人が死亡2016.7.1  [続きを読む]
  • 夜桜《千桜橋》
  • 「桜追っかけ計画」は先週末の花見山公園(福島市)と一目千本桜(宮城県大河原町、柴田町)で一旦終え、今週金曜日の東京出張と自宅へ帰ることででお休みのはずだった。だが、「待てよ、まだ夜桜を見ていない」と突如思い立つ。一昨年、一目千本桜のある白石川堤と船岡城址公園を結ぶ『千桜橋』(せんおうきょう)が完成し、今年は特にこの辺りのライトアップが綺麗になったとの話を聞き、いても立っていられずに退社時間後に行っ [続きを読む]
  • 出稼ぎと単身赴任
  •  台湾駐在時代から、すなわち10年前くらいから日常習慣になった、朝の連ドラを飽きもせず欠かさず見ている。今年度始まったばかりの『ひよっこ』は思いっきり『昭和色』、東京オリンピック、集団就職、電話の取り次ぎなど、こういう時代だったんだと、この頃まだ小学生だった自分の記憶を掘り起こしている。 ドラマを見ながら、先日の海外駐在者が多かった飲み会の会話を思い出している。その時に話に出た国では、台湾、アメリカ [続きを読む]
  • 千本桜を見下ろす《船岡城址公園》
  • 『一目千本桜』と隣接しているのが『船岡城址公園』(宮城県柴田町)、山自体が桜だけでなく花で覆われている。 白石川から見上げる船岡城址公園遠景、頂上には観音様の立像がある 公園内を登るスロープカーが桜の中を進む 一昨年から一目千本桜と船岡城址公園が千桜橋という跨線橋で結ばれて歩くコースが一体化出来ている。撮影しながらゆっくりと約4時間半の散策、心地よく疲れました。 [続きを読む]
  • 5回目《一目千本桜》
  •  こちらに赴任して以来、毎年欠かさず行っている『一目千本桜』(宮城県大河原町、柴田町)、今年でなんと5回目になる。毎年、この時期になると無性に行きたくなるから不思議だ。やはり自分の中ではベストの花見スポットということだろうか。堰越しに蔵王連峰を望む 私は「撮り鉄」ではありませんが・・ 蔵王連峰に雲がかかったり、霞んでいたりが残念。上写真2枚とも定番の位置からの撮影、見る人が見れば面白みがないかもし [続きを読む]
  • 桃源郷《花見山公園》
  •  ちょうど南東北の地も桜が満開に近くなり、花見ウィークエンドを楽しんでいる。今週末に選んだのは福島市の「花見山公園」、訪れるのはこれで三度目のこととなる。写真家の故・秋山庄太郎氏が『福島に桃源郷あり』と称してその名を広めたとパンフレットにある。その通りの風景が広がる。 毎年同じ場所から撮っているような気がする(4月15日) 花見山からの眺望、連峰の左は昨年登った吾妻小富士 ソメイヨシノ(桜)だけが花 [続きを読む]
  • 望遠ズーム買いました
  •  先月あたり、広角から望遠、マクロまで何本かのレンズを借りて色々撮影テストをして、桜シーズンを前にしてイメージを膨らませていた。その中で、最も欲しくなったのが70-200mmの中望遠の画角、ネットで『満開の桜散る駅』を遠景から撮る構図に憧れてしまったからという単純な理由だ。ただ借りていたレンズはF2.8の重くて価格の高いものだったので、買ったのはF4の軽くてちょっと安いやつ(写真を趣味にしない人から見れば高い) [続きを読む]
  • インプラント治療実施
  •  昨日インプラント治療を実施した。予約の午後1時30分に、歯科に行くと玄関の扉に張り紙、『今日の午後はインプラント治療』とある。患者は私だけということか、行く前からちょっと嫌だなという私に、ある種の緊張感が否が応でも高まる。 口の中を綺麗にするところから始まり、麻酔注射、抜歯、そして顎の骨にインプラントを埋め込む穴を掘って行く。アイマスクをして次の動きが何も予測できないので、妙な力が身体中に入る。イ [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • 縁のなかったミュージカル映画、唯一記憶のあるサウンド・オブ・ミュージック』以来ではないだろうか。評論などを読み、アカデミー賞でいくつか受賞したことで、気になっていた『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演)を観に、ミュージカルはやはり音響のいい映画館で観ようと、わざわざ足を運ぶ。(最寄りの映画館、片道約35kmも離れてます) 映画の初っぱなからロスアンゼル [続きを読む]
  • 単調な練習を続けること
  •  先週は日本期待の松山選手が出ているゴルフ・マスターズ中継を毎日観ていた。匠たち(マスターズ)の美技はもちろんだが、あらためて感心したのは、日本のTV局がゲーム後の松山選手がショットやパットの練習をかなり長い時間やっていることを映し出していた。TV放送のアナウンサーによると、この後さらに身体や体幹のトレーニングをするらしい。彼は『プロだから』と言ってはそれまでだが、こういうことを毎日重ねられることが上 [続きを読む]
  • 白石城の桜
  •  あまり天気が良くなく写真はイマイチなのだが、宮城県の単身赴任地付近で初めて見る桜たち。(桜の種類は色々あるようです) 白石城(宮城県白石市) 白石城近く常林寺(白石城の一角だったらしい) お寺の門の赤色と桜 やっと、宮城県でも始まりました大好きな桜色のシーズン。 [続きを読む]
  • ひとり暮らしの果物
  • 単身赴任生活の中で買う果物は、基本は『一個買い』にしている。袋にたくさん入ったのは、余って腐らしたりするのがいやだから・・・でも閉店間近の安売りの少量入った綺麗ないちごが売っていたので買ってみました。撮って良し、食べて良し [続きを読む]
  • クルマを駆る楽しみ
  •  桜を追いかけ、花が咲くのを見るのだけが春の楽しみではない。積雪などに弱いFR(フロント・エンジン、リア・ドライブ)ゆえに冬の間事故を起こしては大変と、自宅に退避させていたクルマが自分の手元に戻ってきた。馬力に余裕のない、騒々しい軽自動車とは違い、V6/2500cc自然吸気のエンジンが意のままに吹け上がり、操ることを感じられる、そんな時間が好きだ。 このクルマで、今シーズン(4月から11月まで限定)もどこへ [続きを読む]
  • 『人との繋がり』と健康
  • 『おばあちゃんが亡くなったら、おじいちゃんも後を追うように亡くなってしまった』という話はよく聞く。これとは逆に、おばあちゃんが後を追うように・・・という話はあまり聞かない。こういう出だしで始まる日経Goodayの記事に引き込まれた。(4/4付、タイトル『男性が女性より短命なのには、深い訳があった』) 要約を自分なりに書けば、『人との繋がり』というのが健康と大きく関係するのだが、それには男女差があり、男女と [続きを読む]
  • 退社後暇つぶし
  •  忙しい単身赴任者は別として、普通の単身赴任者は夜の一人の長い時間をどう過ごすかというのが、結構大事だったりする。アルコールが好きな人は早い時間から飲んで、身体を悪くしてしまう人もいる。ギャンブル好きはパチンコにハマり、一日に何万円も浪費してしまうこともある。 私はフィットネスクラブに行った翌日のこの季節としてはかなり暖かい休養日(休肝日でもある)、クルマで小一時間の長老湖(宮城県七ヶ宿町)という [続きを読む]
  • pk(ピーケイ)
  •  インド映画の面白さを教えてくれた『きっと、うまくいく』の監督(ラージクマール・ヒラニ)、主演(アミール・カーン)コンビの作品だと聞けば、これは観ないわけにいかない。『pk(ピーケイ)』(TSUTAYAのレンタルDVD最新作で視聴) インドにおける宗教多様性(日本人には想像できない)、そのちょっとしたアヤしさ(日本にも宗教でなくてもありますなぁ)を描いたコメディー。インド映画の常でいつも通り、途中で歌い出した [続きを読む]
  • 新年度が始まった
  •  今年は4月3日が新年度始まりの日ということになる。小学校入学以来(実は幼稚園もそうだったと思うが記憶がない)、4月は新年度の始まりの月。自分自身の入学式、入社式、異動の季節、それに伴う歓送迎会、新年度を迎える数々のスピーチや言葉・・・・これらに加え家族イベントも同じようにあったはずだ。思えば、数えきれないイベントがこの月に集中している。日本では一般的に学校年度や会計年度が4月だから、ということだ [続きを読む]
  • 花シーズン開幕
  •  自宅界隈のソメイヨシノ、開花にはまだ早すぎた翌日(日曜日)は、単身赴任先(宮城)に帰らねばならない。せっかくクルマで帰るのだから、帰途途中に桜の名所はないかとネット検索してみる。圏央道からほど近い『国営昭和記念公園』(東京都立川市)はどうだろう。 ソメイヨシノではないですが桜色 園内は相当広く、レンタル自転車もたくさん利用者がいました 菜の花畑 この公園のソメイヨシノはまだ1分から3分咲というと [続きを読む]
  • 開花してないじゃない
  •  金曜日に休みを取って、東北道・圏央道と400km弱走ってクルマ交換のために神奈川の自宅に帰ってきている。先日、述べた『桜・追っかけ計画』によると、今週末の自宅のあたりは既に開花して何分咲きかのなっていると思ったのだが、桜スポットである近所の公園の桜の木は蕾ばかりで開花していない。やっと一輪見つけました(小雨降る天気なので桜色が出ていない)自然相手はなかなかこちらの思い通りにはいかないものです。綿密に [続きを読む]
  • インプラント治療やります
  •  以前に『インプラント治療すすめられたら』という小文を書いたことがあった。あれから約1ヶ月、当初の治療の目的である歯垢のクリーニングなどはとっくに終わり、問題の歯をどうするかが残っていたのだが、CTを撮ってインプラント治療可能ということになり。結論的にはインプラント治療を受けることにしている。 このブログを見たインプラント治療を施した友人からのメールや、勤務先の経験者に取材して、どうやらインプラント [続きを読む]
  • 手作り靴袋
  •  40歳代で海外への出張が年間の120〜130日を超えていた時期があった。こんな多忙の中で、なんとか体調管理をしようと、宿泊したホテル併設のフィットネスクラブで運動をするため、ジョギングシューズを持ち歩くことにしていた。このころ、裁縫好きの母に頼んで作ってもらったのが下の写真の手作り靴袋、いくつか色柄違いがあって、それらはゴルフシューズやサンダル用にしていた。市販のシューズケースより嵩張らずに、出張キャリ [続きを読む]