シッド・ハレー さん プロフィール

  •  
シッド・ハレーさん: Whip Hand
ハンドル名シッド・ハレー さん
ブログタイトルWhip Hand
ブログURLhttp://mayanotopgun2108.blog.fc2.com/
サイト紹介文予想&回顧、様々なネタ話を書く競馬ブログ。競馬以外の話題も少々。鳴尾記念3連単的中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供434回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2011/11/29 17:36

シッド・ハレー さんのブログ記事

  • 2017リーディングサイアー〜6月25日現在〜Part2
  • 21カネヒキリ22メイショウボーラー23マツリダゴッホ24ジャングルポケット25プリサイスエンド26シニスターミニスター27パイロ28タニノギムレット29ワークフォース30ダノンシャンティ31メイショウサムソン32ディープブリランテ33ディープスカイ34ヴァーミリアン35ロージズインメイ36ローエングリン37スクリーンヒーロー38マルジュ39アイルハヴアナザー40スウェプトオーヴァーボード41フランケル42タイキシャトル43ストリートセンス44 [続きを読む]
  • マヤノトップガン産駒の成績(6月24日、25日)
  • 6月24日東京12R3歳上500万下(芝1400m)オーシャンビュー10番人気7着6月25日東京7R3歳上500万下(牝馬限定・芝1600m)テイア16番人気15着オーシャンビューは前半少し行きたがったが、直線も何だかチグハグな追い出し。一度叩いて馬体は締まってたし、これから調子は上がって来そうだが・・・バンブーキングペレが木曜の道営で2着。A3戦でも通用したのは収穫。流れ次第でチャンスは回ってきそう。明日は水沢でヒロノエンペラー [続きを読む]
  • 宝塚記念
  • ◎キタサンブラック○レインボーライン▲サトノクラウン△ミッキークイーン△シャケトラ予報が流動的でどれくらい雨が降るか読めないが、一応は重馬場を想定して予想。明日は休日出勤なので出勤前に馬券を買うから、朝の段階から馬場悪化か雨が降ってる状況が望ましい。キタサンブラックは惨敗したダービー以来の8枠だが、まだ完成されてない時期で比較にならないし、この頭数であれば気にするレベルではない。それに馬場悪化なら [続きを読む]
  • 今週のマヤノトップガン産駒(6月24日、25日)
  • 6月24日東京12R3歳上500万下(芝1400m)オーシャンビュー嘉藤貴行(57.0)6月25日東京7R3歳上500万下(牝馬限定・芝1600m)テイア岩部純二(55.0)流石にパラダイスSには出走しなかったが、オーシャンビューはを試す模様。外差し馬場だし、叩き2戦目で変わり身あればそれなりに走れても。チャクラ産駒マヤノチャクリが一昨日の金沢で今年初勝利。C級に降級した今年は好走が続いていたが、この調子なら勝ち星を上積み出来そう。一方 [続きを読む]
  • ユニコーンS回顧
  • ダートで連勝して軌道に乗ったかに見えた元PO馬アンティノウスのぶっこ抜きに期待したが、スタート一息で出して挽回して行ったら行きたがってしまって直線半ばで余力を無くして伸びあぐねるとか、俺が嫌う下手を打たれて7着同着。スムーズでも勝ち切れたか微妙ではあったが、内容が内容だけに消化不良感が半端ない。 それまでの詰めの甘さは何処へやらという圧勝だったサンライズノヴァ。スタート一息だったし、向こう正面ではア [続きを読む]
  • 2017リーディングサイアー〜6月18日現在〜
  • 1ディープインパクト2キングカメハメハ3ステイゴールド4ハーツクライ5ダイワメジャー6マンハッタンカフェ7クロフネ8ハービンジャー9ネオユニヴァース10アドマイヤムーン11ゴールドアリュール12ブラックタイド13エンパイアメーカー14ゼンノロブロイ15シンボリクリスエス16サウスヴィグラス17キンシャサノキセキ18ルーラーシップ19ヴィクトワールピサ20カネヒキリ重賞勝利のペースはキンカメに遅れを取ってるディープだが、 [続きを読む]
  • 函館スプリントS回顧
  • 昨年に続いて1頭選んで単複一本で勝負してみたが、昨年と同じく敢え無く撃沈。昨年のエポワスは最後はそれなりに脚を使ってちょっと夢を見させてくれたが、ブランボヌールは直線で早々と脱落して9着。4角でクリスマスと接触したのか、何度か右後ろを振り返ってた時点で諦めた。ハイペースに巻き込まれて息が持たなかったかもだが。過剰人気と軽視して赤っ恥をかかせてくれたジューヌエコール。初の1200m戦だったが、行きたい馬 [続きを読む]
  • ユニコーンS
  • ◎アンティノウス○サンライズソア▲シゲルベンガルトラ△ハルクンノテソーロ△サンライズノヴァ△ウォーターマーズアンティノウスは未勝利戦を勝ちあがるのに5戦を要したが、2歳時に比べて20キロ以上馬体が増えて一息入れた2走前から一変。前走は速い流れを3番手からレースを進め、直線で後続を突き放す強い勝ち方。追い切りでもプロディガルサン相手に意欲的な動き。持ち時計はないが、今の出来なら大幅に詰めても不思議では [続きを読む]
  • 函館スプリントS
  • 最初は何頭かに印を打って従来通りの予想で組み立てようとしたが、昨年と同様に何かが抜けそうな予感しかしない。よって、今年も1頭選んで馬券を買ってみたい。一気にGⅠをぶっこ抜いて急成長を遂げたセイウンコウセイが56キロという斤量もあって人気してるが、今年の函館は開幕週とはいえレコードが出る高速馬場。高松宮記念は道悪の消耗戦、シルクロードSは7秒台の時計で走ってるがこれも力を要する馬場。洋芝適性はあると思 [続きを読む]
  • POG2016〜2017シーズンの総括と80000HIT突破の報告
  • 2015〜2016シーズンに続いてPO馬の好調ぶりを触れた途端にリナーテ、コロナシオン、トゥザクラウン、ダブルバインドと主力格として期待してた馬が次々とコケて一時はどうなる事かと思ったが、ジェンティルドンナ、ジョワドヴィーヴルを指名した2012〜2013シーズン以来のGⅠ馬を引き当てる事が出来た。では、主だったPO馬を挙げてみるアルアイン(皐月賞、毎日杯、ダービー5着)ミスエルテ(ファンタジーS、阪神JF4着)サトノアー [続きを読む]
  • エプソムC回顧
  • あの内ラチ激突事件があった東京新聞杯から1年4ヶ月。ダッシングブレイズと浜中俊が因縁の舞台で重賞初勝利。何度か買っては裏切られ、見切りを付けたところで勝たれるとか、つくづく間が悪すぎる。いつになく好スタートを決めて前へ。2コーナー手前で前に馬を置いて落ち着かせてから好位に控え、向こう正面で馬群の内へ。マイネル2騎が外へ出したのを見計らって直線は内を突き、最後までしっかり伸びて勝ち切った。マイルを超 [続きを読む]
  • マーメイドS回顧
  • スタートから注文通りハナを切ったプリメラアスールだが、誤算だったのが大外からショウナンバーキンに競り掛けられてプレッシャーを受けた事。3〜4コーナーから手が動き出した割には直線でも踏ん張っていたが、残り300mでギブアップ。二匹目の泥鰌はいなかったようだ。1月の愛知杯に続いて2度目の重賞制覇となったマキシマムドパリ。外枠からジワッと出して好位4番手からの競馬。3〜4コーナーから仕掛けて前を捕まえに掛か [続きを読む]
  • マヤノトップガン産駒の成績(6月10日、11日)
  • 6月10日東京7R3歳上500万下(牝馬限定・ダート1600m)テイア16番人気14着6月11日東京7R3歳上500万下(ダート1400m)オーシャンビュー8番人気10着オーシャンビューはパドックから発汗してたし、馬体重は大して変動なかったが、中身がまだ出来てない感じ。直線に向くまでは良かったが、直線での伸びを欠いた。もうちょっと格好を付けてほしかったが、変わり身に期待。名古屋のマヤノオントロジーは1番人気に応えて3連勝!中央同様 [続きを読む]
  • エピカリスのベルモントS出走取消で思うこと
  • エプソムCとマーメイドSの予想を書き終え、ベルモントSの検討に取り掛かったところで【エピカリス出走取消】のニュースを知って「養分消えた」と肩透かし。ケンタッキーダービー、プリークネスSの勝ち馬不在。ピーターパンSの勝ち馬タイムラインも回避、2歳王者クラシックエンパイアも直前で回避。例えるならサトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、エアスピネル、ミッキーロケットがいない昨年の菊花賞みたいなメンバーで [続きを読む]
  • エプソムC・マーメイドS
  • エプソムC◎ヒストリカル○アストラエンブレム▲クラリティスカイ△タイセイサミット△フルーキーヒストリカルは追い込み一手の脚質故に展開に左右されるが、今回はマイネル2騎にトーセンレーヴと先行馬が多数いてペースは流れそう。前走も展開不向きながらメンバー最速の32.7の上がりをマーク。追い切りでは調教駆けするミッキーロケットに遅れたが、この馬も51秒台で纏めてる。高齢になってもしぶとい一族で展開がハマれば突き [続きを読む]
  • My Favorite Horse Vol.28 ムスカテール
  • 5年前、このコーナーでメイショウトウコンを取り上げ、最後は【GⅠを意識させる産駒の登場を待ち続けている】で締めたが、内心は新潟記念出走を控えてたムスカテールがそうした存在になってほしいという願望もあった。その新潟記念は1000万上がりの格上挑戦で11番人気の低評価ながら、不利を受けなければ勝ってたかもしれない僅差の5着。着差が着差だけに不利に腹立たしさはあったが、軽ハンデの恩恵があったとはいえ正攻法の立 [続きを読む]
  • 鳴尾記念回顧
  • 誰にもプレッシャーを掛けられず、最初の3Fを37秒弱(正確には36.9秒)で通過したのを見た時点で「ああ、あとはスマートレイアー次第だわ」とステイインシアトルの勝ちは半ば確信出来た。絶妙なペース配分で後続を翻弄した武豊の技量の高さを垣間見る見事な逃げ切り勝ちだった。 外枠からスッと行き脚を付けて注文通りハナへ。スマートレイアーが控え、マイネルフロストがスタートで失敗したのもあって後続のプレッシャーは皆無。前 [続きを読む]
  • 2017リーディングサイアー〜6月4日現在〜
  • 1ディープインパクト2キングカメハメハ3ステイゴールド4ハーツクライ5ダイワメジャー6マンハッタンカフェ7クロフネ8ハービンジャー9ネオユニヴァース10アドマイヤムーン11ブラックタイド12ゴールドアリュール13エンパイアメーカー14ゼンノロブロイ15シンボリクリスエス16サウスヴィグラス17キンシャサノキセキ18ルーラーシップ19ヴィクトワールピサ20カネヒキリサトノアラジンの安田記念勝利でディープが先週キンカメに詰 [続きを読む]