アナリス さん プロフィール

  •  
アナリスさん: 分析専門ブログ
ハンドル名アナリス さん
ブログタイトル分析専門ブログ
ブログURLhttp://bunseki-kaisha.seesaa.net/
サイト紹介文話題の商品、技術の動向を分析します。
自由文GOPAN、3Dテレビ、空気清浄機の3社比較、などの商品を分析してきました。これからは、人工知能技術を利用した自動運転自動車、アグリカルチャー、3Dプリンタ、などの市場動向を分析します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/11/29 22:00

アナリス さんのブログ記事

  • waymo特許、300件超に!
  • Googleの子会社Waymo(ウェイモ)は自動運転自動車を手がけている。その米国特許を調べてみたら、300件を超えた。2010年から出願が始まっていて、開発時期が2010年だったようだ。AI技術が盛り上がる時期と同期する。そのAI技術は、自動車適用が一番進んでいるように思う。自動運転という人の操作と連携する自動運転は、難しい。ぶつかる相手が人の操作なので、予測ができない体。工場のアームロボットは、そこに人がいないので、予 [続きを読む]
  • グーグルの自動車会社の方向性が消える
  • 自動運転車の仕掛け人は、グーグルだった。一時は、自動車会社になるのかという記事もあった。2017/6/13の日経WEBの記事は、その方向性が消えたことを示すもの。グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り日本経済新聞【シリコンバレー=小川義也】米グーグルの自動運転車開発部門が独立した ... ウェイモは「量産車に集中することで、完全な自動運転技術をより多くの人々に、より ...今後は、フィアット・クライスラー・オー [続きを読む]
  • 無人運転の公道実験を認める
  • 無人運転を警察庁が認めた!「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に係る道路使用許可の申請に 対する取扱いの基準」の策定について(通達)http://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kouki/290601koukih92.pdf遠隔操作者が責任を負うとあり、ロボットのセイにはしないようだ。2017年6月1日のことである。2020年のオリンピックに無人運転が実用化を目指すための施策だ。--------------------------------------------------- [続きを読む]
  • 車載半導体3社、自動運転の進展で競争激化
  • NVIDIAをトヨタが採用し、一方、インテルがGPU,ディープラーニングを組み込める開発環境を提供していることは、これまで紹介してきた。もう1社がクアルコムだそうだ。データ処理と通信、エンジン制御向けなど幅広い製品がある。半導体業界の稼ぎは、スマホなどがメインであるが、車載が今後伸びるとある。車載半導体、米3社台頭日本経済新聞車載半導体の市場で主導権を握るプレーヤーが大きく変わろうとしている。自動運転技術の [続きを読む]
  • インテルの自動車向け特許出願
  • インテルの自動運転自動車向けの特許出願動向を調べたので紹介する。前回ブログでは、自動運転向けのCPUを含む開発環境の製品を紹介した。ここでは、特許出願を米国特許のマクロ分析を時系列マップで示す。2010年からの出願数が急増している。ディープラーニングなど人工知能が流行り始めた時期に同期する。勿論、自動運転の話題とも同期する。インテルが自動車業界をターゲットに開発を進めていることが明らかになった。--------- [続きを読む]
  • インテルの自動運転技術
  • インテル〓 GO〓 と呼ばれる開発環境だ。強みのあるCPU、FPGA、ディープラーニング用のハードウェア・アクセラレーション・テクノロジーなどアーキテクチャーを使って、自動車会社の好きに開発できるもの。「インテル入ってる」の自動車バージョンだ。自動車からクラウドまでを網羅した自動運転向けソリューション自動運転向け開発プラットフォーム直列コンピューティングと並列コンピューティングの理想的なバランス驚異的な拡張 [続きを読む]
  • 自動運転レベル4へのトヨタの研究投資
  • 4つの研究に38億円投資。1、さまざまな衝突形態に対応するためのセンサーの高度化2、より使いやすく、より人間の感覚に合った車とするための自動運転技術など、先進技術3、ドライバーの心理状態や健康状態を具体的な数値で把握する4、より現実の交通環境に即した運転データを研究できるビッグデータ解析アルゴリズム【関連記事】トヨタが新時代のモビリティに向け約38億円を投資、MITなど北米6大学と研究@IT MONOist - 2017年6 [続きを読む]
  • NVIDIAが完全自動運転を加速させる!
  • NVIDIAが2018年に完全自動運転技術を確立するという記事だ!「18年中に自動運転技術確立」 討論でエヌビディア日本経済新聞米半導体大手のエヌビディア日本法人の大崎真孝日本代表は「18年までに(バスなどが特定ルートを走る)『レベル4』の自動運転技術を確立する」と話した。え!半導体メーカーのNVIDIAが何を言っているんだ!と思いました。ディープラーニング(深層学習)+GPU の半導体でだ。「パソコンでのインテル入って [続きを読む]
  • 動向調査専門Siteを立ち上げました!見てください
  • して動向調査専門Siteを見てください。動向調査の専門サイトです。本サイトは、ヒット商品・将来商品をテーマに選んで、情報提供しています。・メニュー「ニュース」では、設定テーマごとのリンク集です。・メニュー「ブログ」では、設定テーマのプチ分析結果です。・メニュー「レポート」では、設定テーマ別の環境分析結果(まとめ)です。研究開発(R&D)戦略立案には、市場、技術、特許の情報を調べ外部環境分析をみなさ [続きを読む]
  • 「完全自動走行」の時代が見えた!
  • 政府が本気になったようだ。「完全自動走行」の時代がほぼ確実と思う。「完全自動走行」など来月の“成長戦略”に日テレNEWS24政府が来月まとめる成長戦略に、完全自動運転の車を公道で走らせるなど、様々な先端技術を実社会で実験しやすくする新たな枠組みが盛り込まれることが ...自動車メーカーもほぼ全ての会社が開発に取り組む。あとは、法整備と安全性。技術はどんどん進む。AI,GPU,クラウド、地図、センサー、など、必要な [続きを読む]
  • トヨタが選んだコンピューター
  • 米NVIDIA社が発表したのは、2017年5月10日(米国時間)!株価が40%上がった。トヨタ自動車と自動運転分野で協業すると発表したからだ。米NVIDIA社の技術ってなんだろうか?それはコンピューターのようだ!トヨタがエヌビディアと組むワケ by日経ビジネスオンライン米国の半導体メーカーであるエヌビディアが2017年5月に開催した技術 ... 協業の内容は、トヨタが今後数年以内の市場導入を見込んでいる自動運転車に、 ...記事に [続きを読む]
  • デザイナーにとって重要な技術、電気式スタイラスペン
  • タブレット用のペンをスタイラスペンと呼ばれる。先端に導電ゴムが付いているだけのものが知られている。これでは、デザイナーの繊細なタッチが効かずうまく描けない。デザイナーの使うスタイラスペンは、電池が入っている。筆圧を変えると線の太さが変わる。電気を使ったこの技術が知りたいと思った。アクティブ方式と呼ぶようだ。静電気を発生させるとある。先端が細くても、静電気の発生を制御して線の太さを変えるようだ。次回 [続きを読む]
  • ソニーのイヤホン、デュアルノイズセンサーテクノロジー
  • 「デュアルノイズセンサーテクノロジー」とは、ソニーのサイトで次のように書かれていた。ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。より静かな環境で、よりクリアな音楽再 [続きを読む]
  • 10万円のイヤホンの特許?
  • イヤホン beyerdynamicXELENTO REMOTE(販売元はティアック)は、価格.com価格で108,000円と高額でありながら、ランキング3位になるくらい売れている。音の良さが売りの高級品。こんな人がいるようです。「個人的には多ドライバBAのプラスチック製シェルよりも金属製ハウジングに工業製品としての魅力を感じてしまいます。テスラ技術搭載なら仕方ないね、というかんじです。」http://damemimi.blogspot.jp/2017/01/beyerdynami [続きを読む]
  • イヤホンの高級化のなぜ?
  • 「家電市場、高級化しても売れる特許の時代が復活!」を書いた。kakaku.com をみて思った高級化品は、イヤホン!ランキング ベスト3をみてください。1. APPLEAirPods MMEF2J/A 18,1402. SONYMDR-1000X 35,3003. beyerdynamicXELENTO REMOTE 108,000トップが2万円弱。3位が10万円を超える。10万円のイヤホンが売れているようだ?!1000円、2000円で買えるイヤホンを10万円かけられる人が多いということは、 [続きを読む]
  • 家電市場、高級化しても売れる特許の時代が復活! 
  • ダイソンの掃除機・扇風機、バルミューダの扇風機・トースター、シャープのヘルシオ、象印やターガーの炊飯器 といった高級品が売れてきている。過去を振り返って見る。ヤマダ電機の業績推移で見て、2011年まで成長し続けてきたが、急激に伸び悩んでいた。出典;http://tozuka.boo-log.com/e348394.htmlこの間メーカーは、サンヨー電機ブランドがなくなり、シャープが吸収され、東芝が危なくなっている。アイリスオオヤマなど、安 [続きを読む]
  • バルミューダの特許技術が凄い
  • バルミューダ製品が話題になっている。扇風機、トースター、炊飯器、など、いずれも特長がある。技術力がすごい。扇風機は、その変わった技術が話題を呼んだ!でも偶然ではなかったようだ。創業15年を経ても、いまだに特長がある技術で話題が継続している。24件の出願があった。うち8件が特許登録となっていた。(詳細は下表を参照)扇風機、軸流ファン、空気清浄装置、気化式加湿器、の特許があった。トースター、炊飯器の特 [続きを読む]
  • バルミューダの何が凄いのか?
  • バルミューダ製品が話題になっている。扇風機から始まり、トースターであったり、炊飯器まで。この耳慣れないブランドは、海外ブランドではない。企業HPによれば、日本人が設立した創業15年に満たないメーカーのようだ。古くからあった家電メーカー、サンヨー、シャープ、東芝 が不調になり、吸収合併などに追いやられている中で、特徴的な製品を続々出してきているバルミューダが凄い。従業員が65人だそうだ。特許もある。若い [続きを読む]
  • Body Make Seat 「Style」(MTG)がいい!
  • 「Style」(MTG)を買いました。フィット感があり、いいです。「Style」に座った感触は、腰の背中側が押される感じ。背中を押してマルマルのを抑えてくれるという感じです。「Style」は、ビックカメラで買いました。店のどこに置いてあるのか?探してしまいました。マッサージ機が置いてあるあたりでした。MTGという会社が開発しているようです。以前ブログで紹介したReFa CARAT も、MTGだったのですね。MTG PEC-L1706 [プラチナ電子 [続きを読む]
  • 「羽釜」の特許、象印より三菱が多い!
  • 「羽釜のご飯」の象印の技術 というタイトルで、前回炊飯器について書いた。ここでは、羽釜を炊飯器に取り入れ極めた象印の特許(登録)を調べてみた。あれ!?象印がない。電気炊飯器メーカーは三菱電機だけ。検索結果 4件項番文献番号発明の名称筆頭出願人    発行日     出願番号      出願日1特許5985017炊飯器三菱電機株式会社2016年09月06日特願2015-1371212015年07月08日2特許5872646炊飯器三菱電機株式会 [続きを読む]