はいから さん プロフィール

  •  
はいからさん: 知られざれし エジプトのTREE OF LIFE
ハンドル名はいから さん
ブログタイトル知られざれし エジプトのTREE OF LIFE
ブログURLhttp://ameblo.jp/lovely-sunny/
サイト紹介文エジプトで、驚きの異文化生活中 ☆ エンジェルヒーラーの不思議体験と奮闘生活をテーマにした痛快ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/11/30 09:04

はいから さんのブログ記事

  • ラマダン好きかも ?!
  • 今年の断食月ラマダンが終わりました。昨年のラマダン時期は日本で過ごしたので、2015年末にこのヴィラに引っ越してきてからルクソールで迎える始めてのラマダンでした。明け方に寝て昼過ぎに起きるというエジプト人のラマダンサイクルのような生活を普段からしており、昼間の断食はしなくても私の生活自体には全く支障がありません。でも、ひとつだけいいことがありました☆週に1〜2回MY SHCAETZの実家から届いていた食事が週2〜3 [続きを読む]
  • インターネットがファイバーに !
  • 「もうすぐファイバー工事のために一週間ぐらいネットが使えなくなるよ」しょっちゅう来てもらっているミスター インターネットに言われて数日後、長期に渡る電話回線の不通が始まりました。いつからいつまでという告知はないだろうと覚悟していたら、案の定突然でした。しかし、結構早く工事が終わり、 ←ラマダン明けはどこも休暇4日目には繋がったのでした。ファイバーって超高速と聞いていたけれど、前とあんまり変わらないの [続きを読む]
  • カルダモン紅茶
  • とても興味の惹かれる紅茶を見つけました ♪カルダモン ティーと書けばカルダモン茶になりますが、正確にはカルダモンの紅茶です。カルダモンコーヒーは以前から見かけました。誰が言ったのだったか、「エジプト人男性はカルダモンコーヒーは精力剤だと思っている人が多いよ」って。Wikipediaの◆ カルダモン ではカルダモンコーヒーのことは明記してあっても精力剤とは書いていません。勝手な思い込みってやつですかね。カルダモ [続きを読む]
  • 博物館でもお目にかかれない 「サラマンダーのミイラ」
  • 日本では考えられない大事件がまた起こりました !!!我が家のリビングで「サラマンダーのミイラ」を発見したのですぅ !!!!!厳密に言うならば、絨毯の隅のほうで右足の親指で何かを踏みつけて何じゃ ?と思ってみるとミイラだったという次第。幸い(?)にも無傷。我が家には3匹ほどのサラマンダー(ヤモリ)が住みついており、通常は単独行動ですが舌打ちのような求愛音で2匹がくっつくことがあります。5cmぐらいの小さなミイラで、ち [続きを読む]
  • イスラム歴1438年 ラマダン開始
  • 「ラマダァ〜ン」 とはイスラム歴の9月の名称ですが、「9月は断食をする月」 であることから「断食」 の代名詞になっている言葉。*******************************************************明け方近くに寝て昼ぐらいに起きるという私の生活リズムは時間的に言えば、エジプト人のラマダン時期と同じです。昨夜(いや、昨朝 ?)はえらいぐっすり眠れたと思えば、今日からラマダンで外が超静か ♪ナイル川からはボート音もしないし、 [続きを読む]
  • アップルサイダー ティー
  • 以前には見かけなかった名前に惹かれて買ってみたアップルサイダー ティー☆サイダーと名打っているからにはシュワシュワでしょ ?と思いつつも、炭酸入りアップルジュースなら簡単に想像できるけれど、シュワシュワなアップルティーってどんなのだろう ?と興味をもったのでした。しかし、実際にはシナモン入りアップルティーに加えてエジプトらしく、ハイビスカス入りの普通のティー。赤っぽい色でアップルを表し、酸味でサイダー [続きを読む]
  • 王室教師 ハイネ
  • この春から始まっているアニメ◆ 王室教師ハイネ は第二から第五までの王子に帝王学を教える教師の話。今までの教師を事如く辞任に追いやった個性豊かなわがまま王子達を見かねた王様が何処かから呼び寄せた謎の人物で、人前では初対面を装うものの夜の執務室で二人だけで飲み明かすなど旧知の仲のよう。 ←まだ進行形で、後に真相が分かると思われるミニサイズの体ゆえにベッドと壁の間に挟まって自分では抜け出せなくなるような [続きを読む]
  • 2017年 初マンゴーはシロップ漬け
  • 昨年、マイ・ガーデンの◆ マンゴーの樹を伐採 後、今年は二代目マンゴーの樹に期待☆すでに沢山のマンゴーが生っています。自然に落下したマンゴーを見つけたので、早速味見 ♪まだミニ過ぎて硬くて 酸っぱ〜い ★★沖縄では硬めのマンゴーを炒めるというのを聞いたことがあり、味付けは塩コショウだけ ?と思っても調べる気にもなれず、てっとり早く砂糖シロップ漬けにしてみました。少しだけ酸味は残りましたが、エグさもないし [続きを読む]
  • 面白い褒め方
  • 日本人は人を褒めることが苦手です。エジプト人は人をよく褒めます。それに慣れているからか、褒めなければ自己アピールをして褒めてもらおうとします。それがまた露骨で笑えるのですが。一方であまりに褒められると、それ、本心で言ってる ?何か打算的邪心があるのではないかと冷めた思考になるのはぼったくりや騙されたりといった酷いことに遭わないための防衛本能だと思っています。先日も面白い褒められ方をしました。「掃除が [続きを読む]
  • 家の玄関前に銃を携えた警備兵 !!
  • このブログで紹介する話はどきどき創作ではないかと思えるような出来事を掲載していますが、すべて事実です。そして、今回も信じられないような出来事に遭遇 ★何でもありのエジプトで少々のことでは動じなくなりましたが、流石に今回はビビりました !!!所用で3日間フルガダに滞在中、MY SCHAETZと夜に出かけている時に「役人さんがアパートチェックに来ているからすぐに戻ってきて !」と義妹からの電話。比較的近くにいたので10 [続きを読む]
  • 課税★収入税
  • SUNNY HURGHADA(旧SUNNY HOUSE)の様子見と膨大な収入税が言い渡されたので弁護士相談のために ←抜け道はあるらしいMY SCHAETZが数日間一人でフルガダへ。我が貸アパート収入に関して自己申請は何もしておらず、収入税の金額をどうやって弾き出したのか ?どれだけの稼働率でどれだけの収入があるのかをどうやって知ったのか ?適当に言っただけのようなウソのように提示された金額は、2万ポンド(約12万3千円)★ ←エジプトでは [続きを読む]
  • 値段交渉
  • 値段交渉については◆ タクシー代、◆ 危険な駆け引き、◆ 「はぁ?」な「平等」 で数度に渡って記述しています。① 冷やかしだけで値段交渉はまずしない② 双方が同レベルに近づくための行為であるそのため、交渉が決裂するということは稀で値段がなかなか落ち着かないときでも結局はどちらかが折れて交渉成立。その間のエジプト人たちの行動を見ていると面白いですぅたとえば、売り手の言い値に屈しない客は自分の言い値だけのお [続きを読む]
  • ヤモリの鳴き声
  • この前は室内温度が30℃を超えて寝室、リビング、書斎のどの部屋にも初冷房を入れましたが、また少し涼しくなって不安定な季節です。 ←MY SCHAETZはやはり風邪ひいた★冬には見なかった蚊や蟻も活動を始め、ヤモリの求愛もときどき聞こえます。強く舌打ちを何度も繰り返したような「チッ、チッ、チッ、チッ」という甲高い音は、姿を見なくても、どこかに潜んでいるネズミの鳴き声だと思っていました。しかし、ヤモリの鳴き声でし [続きを読む]
  • 紅茶「チャイ」
  • 紅茶と言う意味の「チャイ」と言う言葉は中近東、インドなど ←突き詰めれば、ロシア語でも広い範囲で使われていますが、地域(国)によってその淹れ方や味など指す意味が異なります。インドではたっぷりの砂糖とミルクと香辛料入り煮出し紅茶でマサラ・ティーのこと、イスラム圏では普通の紅茶の葉っぱをグラスに入れた上に湯を注ぐという淹れ方でもトルコやモロッコでは紅茶専用の小さなグラスで出されるし、エジプトではグラス [続きを読む]
  • エジプト国勢調査
  • カイロにある日本国大使館領事部より「エジプト国勢調査のお知らせ」メールが2月19日に届きました。10年に1度のエジプトの国勢調査は外国人を含むエジプトに居住する全ての人を対象とした世帯員及び住宅事情に関する調査で、1月末から行われている事前調査では調査員が各戸を訪問しての事前確認をして3月28日から1か月間に調査票が配布されるらしい。在住届は提出しているので私の住所は分かるもののルクソールという町の名前とエ [続きを読む]
  • コスモス
  • 昨年、伯母が亡くなったときに2か月半の日本滞在中、一時的な住民票の移転や相続書類の取得のために何度も区役所へ足を運びました。そこの窓口近くに訪問者へのプレゼントコスモスの種が置いてあり、行く度に1〜2袋もらって帰って10袋にもなりました。コスモスは神戸市須磨区の花でそう言えば、総合運動公演の近くに ←プロ野球球団オリックスの準本拠地「コスモスの丘」があったな ?!エジプトは日本と気候が違うので種まきの時期 [続きを読む]
  • ゲストの結婚パーティー
  • 23日から滞在しているエジプト人男性とドイツ人女性の結婚パーティーが昨夜行われました。グリルもキッチンもトイレも備わっており夜景も最高な我がヴィラの屋上でという希望だったのだけれど、MY SCHAETZの家族の喪中につき場所の提供はお断りしたのでした。新郎はルクソールから少し離れた村の出身らしく、その一族たちの送迎や新婦の美容室予約やその送迎、近くのナイル川沿いのレストランを貸し切っての食事、楽団、ボート遊覧 [続きを読む]
  • 思い込み:ローズヒップ ティー
  • Web投稿の素人さんの小説を読んでいると、ヘタなプロ顔負けの作品も数多くあります。でも、編集を経ていないがゆえに、間違った言葉の使い方や漢字使いが数度表れると作者の誤認識だと思わざるを得ません。私自身にもそのようなことがあるかもしれないけれど、自分で見つけるのはきっとむずかしいだろうなと思っていた矢先の出来事です。随分前、日本では女性たちの間で「ローズヒップ ティー」が一時的に大流行しました。ちょうど [続きを読む]
  • 黄色い異次元の世界
  • 一昨日の午後、バルコニーのガラスの引き戸から入ってくる光の加減に異常を感じて外を覗いてみると、異次元の世界 ?!ナイル川に霧 ?いや、白くない、黄色っぽいから砂だ !時期的には砂嵐ありきでも、その日の風は少し強いかなという程度。フルガダの高級住宅街の最初の家で経験した砂嵐は暴風なイメージだったし、SUNNY HURGHADAは住宅街の中にあって前はすぐ他の家で「砂が空気中に舞っている」の強烈版。ルクソールでも風の強い [続きを読む]
  • ラズベリー ティー
  • 室内気温が25℃ぐらいになり、日中は半袖でもOKな季節になってきました。今年のイチゴは毎回当たり味でしたが、3月に入ってからは傷んでいないにもかかわらず不味くてジャムと夏のジュース用に冷凍しました。今回のお試しフレーバーティーはラズベリー ティー☆ドイツの初夏にはラズベリーやブルーベリーなどベリー系のくだものがスーパーでも売っていました。エジプトでは、イチゴ以外のベリー果物そのものを見たことはありません [続きを読む]
  • SUNNY LUXOR☆非公開宿泊者募集
  • 長期に渡って我がヴィラの名前を考えていましたが、ようやく決定しました。当初呼んでいたNILE HOUSEは別のところで使われていることが判明して、我がヴィラはSUNNY LUXORに。フルガダのSUNNY HOUSEを改めてSUNNY HURGHADAに。今はまだ3Fの2部屋だけ宿泊できますが、あとは徐々に部屋の備品を準備するのみ。口コミや知り合い、貸ヴィラ(アパート)のオーナーさんが自分のところが満室につき我がヴィラにまわしてくれたりですでに [続きを読む]
  • アラビアンナイトなホテル☆アル・マウディラ #2
  • ◆ アラビアンナイトなホテル☆アル・マウディラ #1 からの続き庭の小道を抜けるとセキュリティーがあって、セキュリティーのお兄さんとMY SCHAETZと親友が何やらしばしの会談。なんで4☆ホテルにガラベーヤなんて着て来るかなぁ入れてもらえないのではないかとハラハラして見守るも、雰囲気は友好的。そのうち、ホテル内から出てきた男性と親友が挨拶を交わし、 ←男性と親友は知り合いだった !すんなりと入場を許可されたので [続きを読む]
  • アラビアンナイトなホテル☆アル・マウディラ #1
  • ルクソール東岸にはいろいろな趣向を凝らした様々なホテルがあります。西岸は貸ヴィラやアパートが多いけれど、☆付きホテルもあります。一昨日はMY SCHAETZの誕生日で、誕生日の本人は乗り気でないにも関わらず私の強い希望で知る人ぞ知る西岸の4☆ホテル◆ アル・マウディラ・ホテル へ行ってきました。2人共だいたいの場所しか知らず、MY SCHAETZが知人たちに聞きまくった結果、親友も同行することに。ホテルまでの道中にホテ [続きを読む]
  • ルクソール神殿☆真上のモスク
  • 以前、カルナック神殿脇で大規模なお土産物屋のプロジェクトをしていたとき、聖なる/金曜日にパートナーたちがお祈りに行ったことがあってルクソール神殿の真上に現在でも使用されているモスクがあるということは知っていました。ガーマ・アブー・イル・ハッガーグと言うらしい。入り口はルクソール神殿の外、マクドナルド前の広場の方あります。普通のモスクに比べれば、規模はかなり小さいから、イスラム教徒でなければ入れない [続きを読む]
  • ナイル川に座礁船 ?!
  • ここ数年、エジプトで一人っきりで出歩くことがほとんどありません。たいていはMY SCHAETZと、ときどきは義弟か命を受けたMY SCHAETZの知り合いが運転手兼ナビゲーター役、通訳をこなしてくれてまるで執事兼ボディーガードのようです。超セレブ ?!いえいえ、エジプトでは全く普通で、女性のお出掛けには ←絶対というわけではないけれど男性の付き添いがいます。簡単なエジプト語しかわからない私にとっては便利で楽ちん ♪久々に [続きを読む]