シバクリ さん プロフィール

  •  
シバクリさん: 染み抜き奮闘記
ハンドル名シバクリ さん
ブログタイトル染み抜き奮闘記
ブログURLhttp://ameblo.jp/shibacle/
サイト紹介文クリーニングが難しい革の衣類、革靴やバック、着物染み抜き、シミや汚れで諦めていた衣類が蘇る。
自由文テーマごとの染み抜き事例の画像を掲示して、お洗濯やクリーニング店に出しても落ちなかった衣類のシミや汚れなどでお悩みの方の解決に役立つ情報を掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/11/30 19:22

シバクリ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 襦袢の黄変の染み抜き
  • 当店でお預かりする襦袢の染み抜き依頼の殆どは黄色や茶色く変色したシミです。殆どが保管中におこります。   ご依頼者からの相談内容30年、ずっとしまっておいた着物と襦袢が黄色いシミだらけになっています。市内のクリーニング店を尋ねて回りましたが、「クリーニングではこのシミは落ちません。」と全て断れました。ネット上の知恵袋で着物の黄ばみについて尋ねると「大切な着物を預けるのは顔が見えるのが一番、ネット [続きを読む]
  • セーター脇下の黄色シミの染み抜き
  • 今回は、セーター脇部分の黄色く変色したシミの染み抜き事例を紹介します。当店でお受けするセーターの染み抜き依頼では、脇の黄変ジミと襟周りの黄変の染み抜きが大変多く、セーターの染み抜きの定番となっております。ご依頼者の話を伺うと「一度着ただけなのでクリーニングをしないでしまって置いた。」、中には「汗抜きクリーニングをお願いし、袋から取り出して収納しておいたのに着ようと見ると脇が黄色く変色してしまった。 [続きを読む]
  • ムートンブーツのクリーニングと家庭で出来るお手入法
  • 今シーズンも大活躍したムートンブーツもそろそろしまう季節になりました。 この冬も多くの方からムートンブーツの「汚れや臭い、内側のもこもこ感がなくなってしまった。」などでクリーニングや染み抜きの依頼を受けました。同時にお手入れのご相談も多かったので今回は、キレイを長持ちさせ気持ち良く履き続けるために自分で出来るお手入れの方法を紹介します。突然の雨や雪でムートンブーツが濡れてしまったり、いつの間に [続きを読む]
  • ムートンブーツについたペンキ染み抜き
  • 秋から冬の間の定番ブーツになったムートンブーツです。中はもこもこで軽くて暖かいムートンブーツは天然のシープスキン(ムートン)を使用したUGGやemuなどのブランドブーツからリーズナブルな化学素材を使用したフェイクムートンブーツなど子供から大人まで大変人気のブーツです。 今回は「UGG天然のシープスキンムートンブーツについたペンキ」染み抜き事例を紹介します。 黒いペンキがムートンブーツの内部 [続きを読む]
  • カシミヤオーバーの虫食い痕の修理
  • カシミヤオーバーの虫食い修理衣類を虫食いから守る方法冬の時期、冬物衣類の染み抜き以外にウール等で虫食いの問い合わせが多くなります。「お気に入りのオーバーに数ケ所の虫食いが発生してしまい修理して頂けませんか?」のお問い合わせがありました。 お気に入りの洋服が虫食いにあった時はショックですね。しかも、虫食い箇所が気になりだすと虫食い痕についつい目が行ってしまいます。せっかくお気に入りの洋服を着てい [続きを読む]
  • スエード革シューズに溢したロウの染み抜き
  • 9月に入り空の青さや風、虫の音に何となく秋の気配が感じられるようになりました。今回は、赤スエード革ドライビングシューズにロウがついてしまった事例を紹介します。シューズやドレスなどにロウが付いてしまう事故は披露宴などパーティーが殆どですが、今回は夏まつりのお祭り(提灯まつり)に出かけた際に知らぬ間に付いてしまったそうです。写真を見て頂けるとお分かりのようにロウが「Ferrari TOD`S」赤いスエード革ドライ [続きを読む]
  • レッドウィングスエード染み抜き色修正
  •  レッドウィングスードの染み抜きと色修正を紹介致します。今回の事例はシミの原因は茶色の色素で正体は不明です。ヘアーサロン勤務とのことなのでヘアカラーの可能性もあります。おもにサロン室内で履かれているそうなのでトゥのシミ以外に殆ど目立った汚れはありません。 before     レッドウィングのような革ブーツなど片方のブーツにシミや汚れがあって片方を全体洗いする場合は両方をクリーニングします。両方をクリー [続きを読む]
  • 革ボストンバック色修正
  • お気に入りで愛用しているも革バックも長年使用していると日差しや摩擦で色がだんだん褪めてきます。そのような愛着のある革バックをキレイに復活させることができます。長年使用してきた思い入れのある革バックや革靴などは簡単に処分はできないものです。ちなみに私もその一人です。「キレイになるのであれば、壊れている部分が直るのであればまだまだ使いたい。」そのような考えをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。 [続きを読む]
  • 革ジャケットボールペンインク染み抜き
  •  染み抜きの仕事の中でも比較的多く相談されるボールペンのインクの染み抜きについて紹介します。水に濡れても大丈夫な衣類についたインクに関しては、染み抜きの実演を紹介したTV番組や染み抜き本や色々市販されている染み抜き剤もあるようです。ですが、染み抜きをすることでインクのシミが大きく広がることがありますのでくれぐれもご注意してください。 今回は、内ポケットに入れていたボールペンからインクが表に滲み出て [続きを読む]
  • ルイ・ヴィトンアルマ染み抜き
  •  今回は、男女、年齢を問わず大変な人気の高級ブランドのルイ・ヴィトンバックの染み抜きです。特に、女性に人気のヴィトンアルマバックの染み抜き事例を紹介しまです。ヴィトンの特徴と言えばヌメ革です。ヌメ革を手入して経年変化を楽しむバックとして人気ですが、ヴィトン愛好家のようにキレイにエイジングさせるにはヌメ革の知識とお手入れテクニックが必要になります。 ヌメ革は突然の雨や飲料水による輪ジミなどシミがつき [続きを読む]
  • 過去の記事 …