kubojo さん プロフィール

  •  
kubojoさん: 窪田テニス教室
ハンドル名kubojo さん
ブログタイトル窪田テニス教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/kubota-workshop/
サイト紹介文テニスに限らず動き全般について私の考えを載せています。内容は指導者向けかもしれません。
自由文指導法に悩んでいるテニスコーチには、参考になるかもしれません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2011/12/03 21:49

kubojo さんのブログ記事

  • テニスに役立つトレーニングとは
  • 過去記事「トレーナー」を読んだ方から「テニスが上手くなるためのトレーニング方法を教えてほしい」の質問が多かったので、そのことについて書きます。「テニスが上手くなりたい。何かトレーニングをしよう。」となったとき、ほとんどの人は「フットワークの練習」「筋力アップ」「体幹を鍛える」などを考えます。今までたくさんのトレーニングを自分で試したし、他人がやっているのも見てきましたが、それらの効果を確認できたこ [続きを読む]
  • いつも空いているコート
  • 画像は、近所のテニスコートです。レッスンではなく、私一人で(レッスンのための)練習をします。サーブだけでなく、手でポイっと出したボールを打ったり、ネット際で高く打ち上げてオーバーヘッドを打ったりしています。平日は誰もいないので、ボールが隣のコートに流れても気にしなくて良い。好きなことを好きなだけやります。ちなみに、このコートは無料で使用できます。(以前は風呂が併設してあって、そちらも無料でした。今 [続きを読む]
  • トレーナー
  • 先日、テレビ番組でスポーツトレーナーが指導しているのを見ました。この方は、元陸上選手です。私は、彼の指導を見ていて違和感を感じました。それは、サッカー選手に陸上選手の走り方を教えていると思ったからです。確かに「走る」のは同じですが、状況が違います。サッカー選手は急な方向転換が必要ということ、それから、足場の違い。サッカーのグランド(芝)は、陸上トラックのように足場が安定していません。サッカーは雨で [続きを読む]
  • ボレーの落とし穴 2
  • 先日、元プロ選手(男性)がレッスンをしていました。レッスン内容はボレー。彼は、「ボレーはしっかり身体の前で打ちます。そのためにはラケットをボールのほうに素早くセットする必要があります。打球前にラケットが視界に入るようにセットしてください。ラケットが視界にあるままで打球します。打球前にラケットが視界の外にあると上手く打球することはできません。」と言っていました。そして、彼はその動きをデモンストレーシ [続きを読む]
  • 部活指導員
  • 「教員の負担の軽減目的で、部活指導員を導入する」という話を聞きました。これは、なかなかの冒険ですね。教員が楽になるのはよくわかるけど、、、。教員を増やすよりは簡単だから、かな。いろいろ問題は考えられるのですが、私は動き専門なので動きに関してだけ言うと、部活指導員が部活を教えることができるのかが疑問です。例えば、テニス。テニスコーチはテニスを教えるのが下手ですよ。彼らを雇って、生徒が上手くなるかな。 [続きを読む]
  • ボレーの落とし穴
  • 最近、ブログ内検索でボレーに関することが多いので少し書きますね。ボレーを打つとき、気をつけるべきことな何か?「面の向き」を気にしているテニス愛好家、テニス指導者はとても多いです。「面を早く用意する」「面を動かし過ぎない」ということを注意していると思います。生徒がボレーをミスしたとき、その原因を突き止めずに「面の用意が遅い」「ラケット振り過ぎ」と合言葉のように言ってしまうコーチが目立ちます。この2つ [続きを読む]
  • 練習のコツ
  • 以下、質問コメントです。(中略)踵体重に慣れるのに推奨されるような普段の歩き方や立ち方を教えていただけませんか?今回の返信を見て感じたのですが矯正目的なら爪先を浮かせて踵だけで歩く、プレー中もなるべく踵だけで移動するというのはどうでしょうか?かかし 2017-03-13 14:32:16ーーーーーーーー[踵体重に慣れるのに推奨されるような普段の歩き方や立ち方を教えていただけませんか?]、、、、、、「良い動きと悪い動き [続きを読む]
  • 猫背は次の動きへの移行が難しい
  • 以下、質問コメントです。(中略)現在感じているのは速いテンポについていけない事でその原因は打ち終わりでの制止状態とそれが原因で次のバックスイングが遅いと思います。リターン等が出来ない訳ではなく一球打った後が遅いと感じます。原因はおそらく猫背状態だと思うのですが、目標とするのは打ち終わりでいかに次の動きを速くできるかです。フォロースルーはボールに合わせて様々と理解していますがスイング終了時にまず最初 [続きを読む]
  • もっと細かく見るには
  • 動きを見るための練習法を書きます。まずは「動きを見る」ということが、どういうことなのかを知ってください。動きを見るとは、「動きを分割して、各動きに言葉を与える」ということです。動きが見える人ほど、動きを細かく切り分けて言葉で説明できる。(この辺の内容は「切り分け」「言葉」などのキーワードでブログ内検索してください)動きが見えない人ほど、言葉が出ません。例えば、構えの体勢は言葉にできる。バックスイン [続きを読む]
  • 親が教える
  • 週に数回、レッスンで利用するテニスコートで、お父さんが息子さんを教えているのを毎回見ます。レッスン以外の日に、そのテニスコートに行った時も、見かけました。毎日やっているのかな?小学生の息子さんを、お父さんが熱心に(けっこう厳しい)教えているのですが、お父さんのテニスがどうも怪しい。まともに打てないのに子供に教えていますね。お父さんのアドバイスだと、フォアハンドは古い感じの片手打ちなんですけど、子供 [続きを読む]
  • テニスのレッスン動画はどこ?
  • 生徒さんに「参考にできるテニスのレッスン動画はありますか?」と聞かれたので、動画サイトをチェックしました。「テニスのレッスン」「テニスレッスン」「テニスのレッスン動画」などという言葉をタイトルに使っている動画がたくさんありました。ん〜、、、。コーチっぽい人が登場して、自分が理想としている動きを話したり、自分の動きを動画で見せたりしています。これって、レッスンですか?たくさんの有名な方々が「レッスン [続きを読む]
  • やりやすさを考える時の注意点
  • 以下、過去記事「動きのキッカケ」に関する質問コメントです。16. 無題ストロークの場合:足が接地した瞬間に上がっていた肘が落ちる勢いで、身体のターンよりも早く肩のラインよりも後ろに肘が移動する。肘が身体の前から後方に移動し始めた直後か同時かに右股関節が曲がり身体の右側が下がる。その後、、、ボレーの場合;そのままの高さから身体を落としながら身体をターンしている最中、腕とラケットをそのままの高さに置き去り [続きを読む]
  • 思いやりがあれば
  • 「テニスが上手い」と「テニスを教えることが上手い」は、まったく別の話です。これを「テニスが上手い=テニスを教えるのが上手い」と勘違いしている人がとても多い。コーチ側も生徒側も。このブログの読者なら、テニス解説者(元プロ選手)の言葉を聞けばハッキリそれがわかると思います。「そんなことは素人でも言えるよ」という当たり障りのない言葉だったり、抽象的な言葉だったり。その言動から、動きが見えていないと判断で [続きを読む]
  • 移動から考えるほうが良い
  • 先日、隣のコートで子供のレッスンをやっているコーチがいました。彼が子供に何度も言っていたことは、「しっかり足を止めてスイングしなさい」「足を止めて打たないと打点がブレる」「踏ん張って足の力で打ちなさい」です。とにかく、「スイング時に足が止まってないとダメ」というもの。まずは、「足を止めて打つことが正しい」としましょう。それならば、足の止め方を教えなさい。どうやったら足を止めることができるかに説明は [続きを読む]
  • あのテニススクールは 2
  • 過去記事「あのテニススクールは」に関することです。似たような名前があるので注意してください。福岡に店舗があるほうのテニススクールです。あの記事を書いた後、福岡店に行った方々から感想をいただきました。動きの教え方に関しては、このブログの内容と違っていたようですね。だいぶ前の話ですから、教え方が違って当たり前だと思います。コーチ達の入れ替わりもあります(私の知らないコーチばかりでした)。あの記事の画像 [続きを読む]
  • 誰も必要としてないのか
  • 「テニスコーチの育成をしたいので、将来、車で全国を回って講習会などやりたい」と先輩コーチ達に話したところ「どのテニススクールも、そんなのは必要としてないよ」と言われました。先輩コーチ達は、私がテニスコーチを育成したい理由を勘違いしていました。私がテニスコーチを育成したいのは、テニスコーチのためではなく、生徒側の人のためです。テニスコーチは、テニスを教えるのが下手でも損はしません。損するどころか給料 [続きを読む]
  • メンタルのせいにしない
  • 「メンタルが弱いから試合に勝てない」という内容の言葉を飽きるほど飽きても聞きます。メンタルが弱くなる原因を考えたことはありますか?どうしてその原因を探さないのか。いいですか、心というのは、その時々で変わるもの。その時の状況が、心のあり方を決めます。大事な試験があるのに勉強してなかったら、試験直前は不安になります。それって、メンタルが弱いからですか?テニスもこれと同じようなものです。「心には強いも弱 [続きを読む]
  • 何の資格?
  • 「『何とか級、何とかコーチ』という資格を持っているコーチは、良いコーチ(動きを教えるのが上手い)ですよね?」と聞かれたことがあります。すごい名前の資格があるもんだ。ぱっと調べてみたのですが、テニス関係の資格も数が増えていますね。「資格を作る側の人間が、金儲けしたいんだな」としか思えません。資格を持っているコーチ達の能力は向上しているの?まさか、コーチ達の能力はそのままで、ただ単に、レベル分けを細か [続きを読む]
  • 実践する人
  • ある方から頂いたメールの一部です。「そういえばジムに通っているのですが、窪田さんのブログに出てくる腕の使い方や筋肉の話などを見ていて思ったのが、力を効率で考えた時に自分の筋肉の強さを調べてみようと思いました。すると大胸筋の異常な強さを知ったり、背筋の桁外れの力を改めて知りました。普段何気なく使っていた腕はかなり弱くて持久力も無いことがわかりました。知るってことはこんなに大事なんだと実感です。」「昔 [続きを読む]
  • 口が悪いコーチ
  • マナー良く、真面目に練習に励んでいる生徒に対して口が悪いコーチが多い。特に学校の部活やテニススクールの子供のレッスン。そんなコーチの隣でレッスンをやっていると嫌な気分になります。テニスを教えるのに、生徒を怒鳴る必要があるのか?テニスを教えるのに「バカヤロウ!」「アホか、テメエ!」「何考えてんだ、コラ!」と生徒を罵倒する必要があるのか?何様のつもりなのか?生徒を威圧して統制したいのかな?そんなのは薄 [続きを読む]
  • 試合を見て思ったこと
  • 先日、テニスの試合を見ました。高校生の試合。駐車場には他県(福島、仙台など)のナンバーがたくさんあったので大きな試合だったのかな。数試合をチラホラ見ていて気づいたことがあります。試合後、お互いネットに近寄って握手するときに、負けた選手は勝った選手に「アドバイスをお願いします」と言っていました。これは、恒例ですか?勝った選手のアドバイスとやらを近くで聞くと、「あのポイントはもっと集中してやったほうが [続きを読む]
  • 教えてくれる人を疑う
  • 「テニスが上手くなりたい(生徒側として)」「テニスを教えるのが上手くなりたい(コーチ側として)」というなら、それを教えてくれる人を探せば良いです。「良いコーチのレッスンを受けています」「ベテランコーチから指導法を習っています」という人の中に、一人の指導者からしか指導を受けていない人がいますね。これはダメです。他人から指導を受けるのがダメだと言っているのではありませんよ。自分を教えてくれる人がどんな [続きを読む]
  • 手が痛くなる人
  • テニスで手(手首から指先まで。手首を含む)が痛くなるの人の多くは、手の力をボールを打つために使っています。ボールを打ちたい方向に手首を曲げて打球したり、ラケットヘッドを立てるときに「人差し指、中指、薬指、小指」に力を入れてラケットヘッドを立てようとしたり。ボールを打つときに手に力は使わないのか?ここは誤解がないように気をつけてくださいよ。私が言いたいのは、手の力は、ラケットを動かすために使うのでは [続きを読む]
  • レッスンでショートラリーは必要か?
  • 「レッスンでショートラリーはしたほうがいいのですか?」と指導側の人から質問されたことがあります。「ショートラリーは必要ない」と言うコーチがいます。理由は、試合ではショートラリーのような状況はないから。「ショートラリーは必要だ」と言うコーチもいます。理由は、動き方のチェックや怪我のないようにウォームアップとして。前者は、ショートラリーをやっている生徒の動きを見て、生徒が普通のラリーや試合での動きをイ [続きを読む]
  • プライベートレッスンで何やるの?
  • あるコーチは「プライベート(マンツーマン)のレッスンしかやってないってすごいですね。どんなことをやっているのですか?ネタが尽きませんか?私もやったことはあるのですが、すぐにやることがなくなります。アドバイスを言い尽くして、言うことがなくなります。」と言っていました。動き教えることができないコーチの典型です。動きが見えないので、知識を生徒にぶつけます。知識を言い尽くしたら終わり。生徒は上手くなってい [続きを読む]