kubojo さん プロフィール

  •  
kubojoさん: 窪田テニス教室
ハンドル名kubojo さん
ブログタイトル窪田テニス教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/kubota-workshop/
サイト紹介文テニスに限らず動き全般について私の考えを載せています。内容は指導者向けかもしれません。
自由文指導法に悩んでいるテニスコーチには、参考になるかもしれません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2011/12/03 21:49

kubojo さんのブログ記事

  • サーブのラケットヘッド 2
  • 過去記事「サーブのラケットヘッド」での説明の補足を書きます。その記事に「ゆっくり振る場合、真下でなくても良いです。フラットサーブの場合だと、コートに対して後方斜め下で良い。スイングが速くなるにつれて真下に近くなります。」と書いています。どうして、ゆっくり振る場合、ラケットヘッドの向きは真下ではないのか?どうして、スイングが速くなるにつれて、ラケットヘッドの向きは真下に近くなるのか?この理由を書きま [続きを読む]
  •  サーブのラケットヘッド
  • サーブのスイングで、ラケットヘッドが下向きになる瞬間があります。この動きを、右肘を畳んで(90度以上曲げて)ラケットヘッドを下げてやる人が多いです。特に女性。その動きの詳細を2つ書きます。1つ目です。・トスを上げてバックスイング完了したとき、右肘が高めで、バンザイした形に近くなる(右ひじから先も高い)。・振り出しで右肘を畳み(=右肘から先を落とし)、ラケットで背中側に円を描くようにして、ラケットヘッ [続きを読む]
  • 実践しないとわからない
  • 以下、ブログに関するコメントです。貴殿のブログを拝見していて、いつも疑問に思うことがあり、筆を執りました。今回もそうですが、よく貴殿は他のテニスコーチの教え方の間違いを指摘し、苦言を呈しています。では、貴殿が「見えている」「わかっている」という「動き」や「教え方」が、絶対的な正解であるという保証は、どこにあるのでしょうか?別にこれは嫌味で言っているのではありません。ただ、貴殿の指導法が本当にテニス [続きを読む]
  • 教えるにはそれなりの時間はかかる
  • 「テニスが上手い」と「テニスを教えることが上手い」は、まったく別の話です。これを「テニスが上手い=テニスを教えるのが上手い」と勘違いしている人がとても多い。コーチ側も生徒側も。このブログの読者なら、元プロ選手の解説を聞けばハッキリとそれがわかると思います。「そんなことは素人でも言えるよ」という当たり障りのない言葉だったり、抽象的な言葉だったり。その言動から動きが見えていないと判断できます。動きが見 [続きを読む]
  • あるプロ選手の体調管理
  • 先日、優勝したプロ選手が休養を取ると発表しましたね。クレーコートの大きな試合の前に、クレーコートシーズンの試合を欠場すると。(彼にとって)素晴らしい体調管理と目標設定だと思います。彼のようなレベルになると、違いますね。 [続きを読む]
  • バックスイングの大きさについて
  • 「フォアハンドストロークのバックスイング」についての考えを書きます。基本的な考えとして、バックスイングは大きいほうが良い。この理由は、・打球する位置が遅れても対応できる遅れても、スイングの距離が確保できているので、打球までにスイングを速くすることができる(パワーを出せる)。・強烈な回転がかかったボールやイレギュラーバウンドなどの変化に対応できる「打球までの距離が長い=打球までに時間がある=スイング [続きを読む]
  • どうやって、それをやればいいの?
  • あるコーチが、試合で負けた生徒(中級男性)にアドバイスをしていました言葉をかけていました。「もっと相手のバックハンドを狙うべきだった」「リターンは弱くていい。リターンミスはダメだ。」「ストロークは全部強く打ちすぎ。ミスが増えるし、もっと緩急をつけないと相手は速いボールに慣れてくる。」「ファーストサーブがほとんど入っていない。もっとスピードを落としていいから入れるように。」などなど。生徒を慰めるよう [続きを読む]
  • ボールを見るのではなく人を見る
  • 先日、近所のテニスコートで高校生の試合をやっていました。知り合い(テニス愛好家)が「自分が上手くなるために、上手い人の試合を見る」と言っていたので、しばらく一緒に試合を見ていたのですが、おかしな事に気づきました。この知り合いは、選手の動きを見ていません。ボールの行方を追っていただけです。どんなに上手い選手の試合をどれだけ見ても、この知り合いのテニスは変わりません。上手い人が「どう動いたのか」という [続きを読む]
  • 体重はもうそこにはない 2
  • 以下、過去記事「体重はもうそこにはない」についてのコメントです。2. 無題(中略)片手バックハンドストロークの場合、特に左尻や左踵で押す表現がなされていないのは何故でしょうか?クローズ気味に両足でどっしり構えるとやはりその場から動かしづらいです。こちらの記事の右足フリーから踏み込みで右足でブレーキと遠い近い高い低いの打点を合わせ深い、振り遅れそうな場合は左足で押して後ろや真上に飛んでから振り出し、左 [続きを読む]
  • テニスに役立つトレーニングとは
  • 過去記事「トレーナー」を読んだ方から「テニスが上手くなるためのトレーニング方法を教えてほしい」の質問が多かったので、そのことについて書きます。「テニスが上手くなりたい。何かトレーニングをしよう。」となったとき、ほとんどの人は「フットワークの練習」「筋力アップ」「体幹を鍛える」などを考えます。今までたくさんのトレーニングを自分で試したし、他人がやっているのも見てきましたが、それらの効果を確認できたこ [続きを読む]
  • いつも空いているコート
  • 画像は、近所のテニスコートです。レッスンではなく、私一人で(レッスンのための)練習をします。サーブだけでなく、手でポイっと出したボールを打ったり、ネット際で高く打ち上げてオーバーヘッドを打ったりしています。平日は誰もいないので、ボールが隣のコートに流れても気にしなくて良い。好きなことを好きなだけやります。ちなみに、このコートは無料で使用できます。(以前は風呂が併設してあって、そちらも無料でした。今 [続きを読む]
  • トレーナー
  • 先日、テレビ番組でスポーツトレーナーが指導しているのを見ました。この方は、元陸上選手です。私は、彼の指導を見ていて違和感を感じました。それは、サッカー選手に陸上選手の走り方を教えていると思ったからです。確かに「走る」のは同じですが、状況が違います。サッカー選手は急な方向転換が必要ということ、それから、足場の違い。サッカーのグランド(芝)は、陸上トラックのように足場が安定していません。サッカーは雨で [続きを読む]
  • ボレーの落とし穴 2
  • 先日、元プロ選手(男性)がレッスンをしていました。レッスン内容はボレー。彼は、「ボレーはしっかり身体の前で打ちます。そのためにはラケットをボールのほうに素早くセットする必要があります。打球前にラケットが視界に入るようにセットしてください。ラケットが視界にあるままで打球します。打球前にラケットが視界の外にあると上手く打球することはできません。」と言っていました。そして、彼はその動きをデモンストレーシ [続きを読む]
  • 部活指導員
  • 「教員の負担の軽減目的で、部活指導員を導入する」という話を聞きました。これは、なかなかの冒険ですね。教員が楽になるのはよくわかるけど、、、。教員を増やすよりは簡単だから、かな。いろいろ問題は考えられるのですが、私は動き専門なので動きに関してだけ言うと、部活指導員が部活を教えることができるのかが疑問です。例えば、テニス。テニスコーチはテニスを教えるのが下手ですよ。彼らを雇って、生徒が上手くなるかな。 [続きを読む]
  • ボレーの落とし穴
  • 最近、ブログ内検索でボレーに関することが多いので少し書きますね。ボレーを打つとき、気をつけるべきことな何か?「面の向き」を気にしているテニス愛好家、テニス指導者はとても多いです。「面を早く用意する」「面を動かし過ぎない」ということを注意していると思います。生徒がボレーをミスしたとき、その原因を突き止めずに「面の用意が遅い」「ラケット振り過ぎ」と合言葉のように言ってしまうコーチが目立ちます。この2つ [続きを読む]
  • 練習のコツ
  • 以下、質問コメントです。(中略)踵体重に慣れるのに推奨されるような普段の歩き方や立ち方を教えていただけませんか?今回の返信を見て感じたのですが矯正目的なら爪先を浮かせて踵だけで歩く、プレー中もなるべく踵だけで移動するというのはどうでしょうか?かかし 2017-03-13 14:32:16ーーーーーーーー[踵体重に慣れるのに推奨されるような普段の歩き方や立ち方を教えていただけませんか?]、、、、、、「良い動きと悪い動き [続きを読む]
  • 猫背は次の動きへの移行が難しい
  • 以下、質問コメントです。(中略)現在感じているのは速いテンポについていけない事でその原因は打ち終わりでの制止状態とそれが原因で次のバックスイングが遅いと思います。リターン等が出来ない訳ではなく一球打った後が遅いと感じます。原因はおそらく猫背状態だと思うのですが、目標とするのは打ち終わりでいかに次の動きを速くできるかです。フォロースルーはボールに合わせて様々と理解していますがスイング終了時にまず最初 [続きを読む]
  • もっと細かく見るには
  • 動きを見るための練習法を書きます。まずは「動きを見る」ということが、どういうことなのかを知ってください。動きを見るとは、「動きを分割して、各動きに言葉を与える」ということです。動きが見える人ほど、動きを細かく切り分けて言葉で説明できる。(この辺の内容は「切り分け」「言葉」などのキーワードでブログ内検索してください)動きが見えない人ほど、言葉が出ません。例えば、構えの体勢は言葉にできる。バックスイン [続きを読む]
  • 親が教える
  • 週に数回、レッスンで利用するテニスコートで、お父さんが息子さんを教えているのを毎回見ます。レッスン以外の日に、そのテニスコートに行った時も、見かけました。毎日やっているのかな?小学生の息子さんを、お父さんが熱心に(けっこう厳しい)教えているのですが、お父さんのテニスがどうも怪しい。まともに打てないのに子供に教えていますね。お父さんのアドバイスだと、フォアハンドは古い感じの片手打ちなんですけど、子供 [続きを読む]
  • テニスのレッスン動画はどこ?
  • 生徒さんに「参考にできるテニスのレッスン動画はありますか?」と聞かれたので、動画サイトをチェックしました。「テニスのレッスン」「テニスレッスン」「テニスのレッスン動画」などという言葉をタイトルに使っている動画がたくさんありました。ん〜、、、。コーチっぽい人が登場して、自分が理想としている動きを話したり、自分の動きを動画で見せたりしています。これって、レッスンですか?たくさんの有名な方々が「レッスン [続きを読む]
  • やりやすさを考える時の注意点
  • 以下、過去記事「動きのキッカケ」に関する質問コメントです。16. 無題ストロークの場合:足が接地した瞬間に上がっていた肘が落ちる勢いで、身体のターンよりも早く肩のラインよりも後ろに肘が移動する。肘が身体の前から後方に移動し始めた直後か同時かに右股関節が曲がり身体の右側が下がる。その後、、、ボレーの場合;そのままの高さから身体を落としながら身体をターンしている最中、腕とラケットをそのままの高さに置き去り [続きを読む]
  • 思いやりがあれば
  • 「テニスが上手い」と「テニスを教えることが上手い」は、まったく別の話です。これを「テニスが上手い=テニスを教えるのが上手い」と勘違いしている人がとても多い。コーチ側も生徒側も。このブログの読者なら、テニス解説者(元プロ選手)の言葉を聞けばハッキリそれがわかると思います。「そんなことは素人でも言えるよ」という当たり障りのない言葉だったり、抽象的な言葉だったり。その言動から、動きが見えていないと判断で [続きを読む]
  • 移動から考えるほうが良い
  • 先日、隣のコートで子供のレッスンをやっているコーチがいました。彼が子供に何度も言っていたことは、「しっかり足を止めてスイングしなさい」「足を止めて打たないと打点がブレる」「踏ん張って足の力で打ちなさい」です。とにかく、「スイング時に足が止まってないとダメ」というもの。まずは、「足を止めて打つことが正しい」としましょう。それならば、足の止め方を教えなさい。どうやったら足を止めることができるかに説明は [続きを読む]
  • あのテニススクールは 2
  • 過去記事「あのテニススクールは」に関することです。似たような名前があるので注意してください。福岡に店舗があるほうのテニススクールです。あの記事を書いた後、福岡店に行った方々から感想をいただきました。動きの教え方に関しては、このブログの内容と違っていたようですね。だいぶ前の話ですから、教え方が違って当たり前だと思います。コーチ達の入れ替わりもあります(私の知らないコーチばかりでした)。あの記事の画像 [続きを読む]
  • 誰も必要としてないのか
  • 「テニスコーチの育成をしたいので、将来、車で全国を回って講習会などやりたい」と先輩コーチ達に話したところ「どのテニススクールも、そんなのは必要としてないよ」と言われました。先輩コーチ達は、私がテニスコーチを育成したい理由を勘違いしていました。私がテニスコーチを育成したいのは、テニスコーチのためではなく、生徒側の人のためです。テニスコーチは、テニスを教えるのが下手でも損はしません。損するどころか給料 [続きを読む]