Q and eh さん プロフィール

  •  
Q and ehさん: 良く分からない日記
ハンドル名Q and eh さん
ブログタイトル良く分からない日記
ブログURLhttp://blog20032010.blog3.fc2.com/
サイト紹介文バンクーバーオリンピックとホッケー(バンクーバーカナックス中心)について書いてます。旅行や猫も♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/12/05 21:38

Q and eh さんのブログ記事

  • ケルン・ドイツ旅行記2017:予想外の寄り道
  • コブレンツ中央駅に着いたのは19時過ぎ。中央駅なら大きいので、窓口でチケットを買えると思ったら甘かった。既にチケット売り場は閉まっており、現金をほぼ持っていない私にはチケットが買えない、ガーン。ほぼ帰る体制だった案内所の人に、「クレジットカードなら買えると思う」と言われ、心の中で「思うかよ?」と突っ込みながら、カードでの購入をチャレンジ。なぜチャレンジかというと、この日は数か所で私のカードは使えない [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ヴィルヘルム一世の騎馬像やら、なんやら…
  • 結構長居していたので、そろそろ移動・・ということとで、来た道を戻り、お土産になりそうな石けんを買い、市の立っていた有料エリアから退場。入場券売り場横のお土産屋さんでお土産を買うつもりでクレジットカードを出した所、カードが通らなかったためそこも退場。最後に遠くに見えた展望台を冷やかして帰ろうということで、大汗をかいて、展望台へ。展望台は一番上の階が天空回廊のようになっており、開放的なので、空中散歩を [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ドイチュ・エック
  • 城門をくぐると、これまで通ってきた市とは違いチーズやパンなどの食品が並び、そこを抜けるとドイチュ・エック。ドイチュ・エックとは「ドイツの角」を意味するライン川とモーゼル川が合流する合流地点。モーゼル川とライン川の色がくっきり違います。普通のカメラで撮っても携帯で撮っても色が違う。どうしてこんなに色が違うの??誰か教えて!  川の色がくっきり違いますライン川の向こうはコブレンツの街。しかし、ここから [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:エーレンブライトシュタイン要塞
  • エーレンブライトシュタイン要塞はライン川の対岸、西の山の上にある要塞です。コブレンツを含め周辺はライン渓谷中流上部がユネスコの世界遺産で、この要塞もその一部。ここは、10世紀末に貴族であるエーレンベルトによりエーレンベルトシュタイン城(Burg Ehrenbertstein)が建てられ、その後、エーレンブライトシュタイン(Burg Ehrenbreitstein)になったのだそうです。11世紀末にはトリーア大司教の所有になり、幾度も軍事拡 [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ケルンの食べ物&飲み物その1
  • ■ケルン初日の遅いお昼ご飯。ドイツといえばビール。ケルンといえばケルシュ。(Kölsch)。ケルシュは名前の通り、ケルン地方で醸造されているビールを、シュタンゲと呼ばれる円筒形の細長いグラスで提供される独特のスタイル。グラスは200mlとかなり少なめです。(ちゃんと目盛りがついてます)軽い飲み口なので200mlはくいっといけてしまいます。その上量が少ないから冷えた内に飲める!  ケルシュ(Lion)ビールのお伴は遅 [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:コブレンツ中央駅から市街地へ
  • まっぷるか、るるぶか、どのガイドブックか忘れましたが、どれかの超アバウトな地図を見た限りではコブレンツの中央駅から町の中心部&案内所は遠くないと思えたので、コブレンツ中央駅で降りて、案内所を探してみました。が、地図が古いのか、アバウトすぎるのか、中央駅付近には案内所は見当たりませんでした。結局、歩きに歩いて、旧市街やドイチェス・エックなどコブレンツのみどころの最寄駅はコブレンツ中央駅(Koblenz Haup [続きを読む]
  • 隅田川の花火大会
  • 先週の土曜日、隅田川の花火大会の日にうちで、飲み会をしてみました。残念ながら、天気はお昼から雨。やんでくれないかなぁと淡い期待は消え去り、夕方になって降り続き、うえーん、お天気に振られた。ただ雨だとはいっても予定していたので、飲み会は実施。メンバーは女性5名。お料理は持ちよりで、お魚(マグロにエビ)、肉(唐揚げ数種)、野菜(牛タンと水菜のサラダ)、コーンチップとディップ系(お手製サルサ&ワカモレ) [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:コブレンツ①
  • ドイツ6泊中で試合観戦のない日は2日のみ。最初のフリーの1日はコブレンツに行くことにしました。時間に余裕があれば、無理をしてノイシュバンシュタイン、もしくはコブレンツからリューデスハイムのライン河下りが出来たのかもしれませんが、時間をどうやりくりしても無理っぽいので諦めました。コブレンツは近距離ではないし、販売機より有人のチケット売り場のほうが不安がないので中央駅まで行った所、売り場で人を振り分けて [続きを読む]
  • アイスホッケー男子、世界選手権2017:Sweden VS Italia(試合)
  • イタリア戦。この日のゴールキーパーはVictor Fasth。これまでの試合結果やEkmanの欠場でセットの組み替え、ラインの変更あり。ファーストラインだけは鉄壁状態で、トーナメントを通して変わることはありませんでした。    Victor Fasth                       変わらないファーストライン試合は始まって数分でVictor Raskのゴール(アシスト:Elias Lindsholm)。何分もしない内にPhilip Holmのゴール [続きを読む]
  • Catch up
  • ドイツ旅行以降は、この1年出来なかったことに対して追いつこうと、努力(?)しています。ジムには前よりコンスタントに行くようになったし。    ジムのチャトランお友達とお出かけしてみたり。(赤坂離宮)    飲みに行っておいしいものを食べたり。      お酒やら、つまみやら仕事で出張にも行ってみました。  仙台土産まあ、これがなんてことない日常なんだけどね。 [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:宿
  • 今回、宿はAir bnbを利用してみました。希望は出来るだけ街中に近いケルン市内、女性オーナー、Wi-Fi無料、専用バスルームス付きの部屋で一泊の上限は50ユーロ。旅程が迫っていたためか、値段設定が低いからか専用バスムーム付きの部屋は少なく、妥協して、シャワーやバスルームは共有でもトイレだけは専用の部屋を探しました。3、4ヶ所に絞り、地図で場所を確認して決めたのが今回の宿。ポルトガル人のBFと暮らす若いドイツ人女性 [続きを読む]
  • 実家のノラさん親玉とミニミニ
  • 実家のノラさんの親玉とミニミニ達。私が帰ると、ウッドデッキやリビング前の朽ちかけたベンチで、まるで自分の家かのように和んでます。後姿は可愛いです。  後姿でも、家の中からガラス戸をトントンして、「ねーねーここ、あたしんちなんだけど?」と声をかけると、ふりむいた時のニャン相はよろしくない。「よそ者はあんたでしょ!!」と言わんばかりに、ガン飛ばしてきます。  こっち向きいいけどね、別に・・・・。 [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ホテルから次の宿泊先に移動
  • 試合後は寄り道せずにまっすぐホテルの部屋へ直行。ホテルの目の前が遊園地みたいになっていて、その後方にはついさっきまでいたランクセスアレーナが輝いてました。大人がたくさん集って楽しそうにしてたけど、遊園地みたいな建物が何か不思議だったので、日本に帰ってから調べたところ、ロックンロールサーカスなるエンターテイメントの場所だったようです、意外に健康的で、もやもやが・・・なんとなくスッキリ。ドイツは売春が [続きを読む]
  • アイスホッケー男子、世界選手権2017:Sweden VS Latvia(試合)
  • 練習終了。この日のスターティングラインナップ。  スターティングラインナップゴールを守るのはEddie Lack。ファーストラインのフォワードはカロライナのElias LindholmとVictor RaskにコロラドのGabriel Landeskog。    Eddie Lack  Rask, Landeskog, Lindholm+Edler           Stralman & Hedman ファーストピリオドの中盤でGabriel Landeskogの1点目を入れて以降は、結構ペナルティをとられていたスウェ [続きを読む]
  • アイスホッケー男子、世界選手権2017:会場のランクセス・アレーナ
  • ホテルで一休みして力を蓄えたら、この旅のメインイベントであるアイスホッケー観戦へ。毎年、2都市で開催される男子アイスホッケーの世界選手権。2017年の開催都市はフランス・パリとドイツ・ケルン。16チームが2組に分かれ両都市で予選を行い、準々決勝はは両都市でシャッフル。メダルにからむ準決勝、銅メダルゲーム、決勝はドイツ・ケルンで行われました。私が見たかったスウェーデンルンはA組で予選会場はランクセス・アレー [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ホテル、イビスケルンメッセ
  • 街中からケルンメッセまで戻って、ようやくホテルにチェックイン。朝、荷物を預けた時に書類は書いていたので、鍵をもらいバックルームにあった荷物を持って部屋へ。この日の宿はイビスケルンメッセ。食事なしで88ユーロ。一泊だけの宿泊です。  最寄りの駅はUバーン(トラム&地下鉄)のケルンメッセ駅で、徒歩2、3分ほど。Sバーンのケルンメッセ駅までは徒歩6、7分。アイスホッケーの世界選手権会場であるランクセスアリーナま [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:Playground by Casdada
  • 先月行ったドイツのアイスホッケーの世界選手権。会場内で気が付くと流れてた、あまりにも流れているのが当たり前すぎて気にとめてなかったけど、男子のアイスホッケーの世界選手権2017のオフィシャルテーマソングだったらしい。北米とヨーロッパ、ホッケー会場で流れる音楽が違うんだよね〜。ヨーロッパはバリバリのダンスミュージック、ビートのきいたユーロ音楽が主流。北米で流れるようなヘヴィメタルやハードロックはほぼかか [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:聖堂前のビールタイム
  • 大聖堂も行ったし、ローマゲルマン博物館で学術的な時間も過ごした。早朝にデュッセルドルフに着いてから休まず動いてた。考えてみたら、機内で朝ご飯を食べてから何も食べてない!喉も乾いたし・・・。ビールタイム!!  聖堂を見ながらビールタイム日の高い内から大聖堂を見ながらビールなんて神も恐れる行為???なーんて、そんなことはありません。修道院で作られているビールだってあるんだから!ってことで、休日の醍醐味 [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ローマゲルマン博物館
  • ケルン大聖堂以外、どこに行くかあまり考えていなかった私。とはいっても着いたばかりで色々探し回って時間をロスするのはもったいないので、大聖堂横にあるローマゲルマン博物館へ。ローマの植民地であったことが由来になっているケルン(Cologne)。暴君として名高いネロ皇帝の母親アグリッピの要望により、ローマの植民地コロニア・アグリピネンシス(Colonia Agrippinensis)になり、年を経てアグリッピの名前が消え、コロニア [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ケルン大聖堂
  • ケルンメッセからトラムに乗りライン川にかかった橋を渡り、ケルン中心部へ。  トラムから見たケルン大聖堂とライン川乗り換えが面倒なので、少々歩いてもいいや、という気持ちで大聖堂に近そうな駅で適当に降り、繁華街らしき通りを俳諧。ちょっと来すぎちゃったらしいけど、時折建物の間から見える聖堂の突端を見ると遠くはなさそう。西洋の街は教会を中心に形成されているので、塔を目指して進めば街中に出るので迷いにくいで [続きを読む]
  • ケルン・ドイツ旅行記2017:ランクセスアリーナへ
  • ホテルに荷物を預けて身軽になり、まず向かう先はアイスホッケー会場であるランクセスアリーナ。ホテルのお姉さんに行き方を確認すると、ホテルに○をつけてくれた簡易マップにランクセスアリーナにも○をつけてくれました。マップと言えば、ホテルでは簡易市内マップと、きちんとした大きな市内マップの両方を無料でくれました。きちんとした市内マップにお金を払うのは厭わないし、お金はとってしかるべきだとは思うのですが、観 [続きを読む]