toshifumi93 さん プロフィール

  •  
toshifumi93さん: どう日和。
ハンドル名toshifumi93 さん
ブログタイトルどう日和。
ブログURLhttp://ameblo.jp/toshifumi93/
サイト紹介文思索等をつづっております。 書籍の紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/12/08 14:12

toshifumi93 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 岐路に立つ裁判官(3)
  •  判例時報2333号の,岐路に立つ裁判官(3)は,さもありなん,という感じですね。  (実力不足の私が言えた立場かは分かりませんが,)裁判所があり得ない認定をした時は,どうせ絶望の裁判所だからな〜と思うようにしますしね・・・。  でも,上記記事のとおり,「立派な判事」もいますので,全く希望を捨てているわけではありません。 [続きを読む]
  • シャープペンシルと鉛筆
  •  小学校は,鉛筆を使っており,シャーペンは禁止でした。 「中学校になれば,シャーペンが使えるから」と言われた記憶があります。 その後,シャーペンを使えるようになり,一種の嬉しさにのようなものがありましたが,現在は,鉛筆です。シャーペンは,ほとんど,使っておりません。  小学校 鉛筆 中学校 シャーペン 高校  シャーペン 大学  シャーペン 現在(社会人) 鉛筆  不思議ですが,鉛筆になった(戻っ [続きを読む]
  • アキラとあきら
  • アキラとあきら (徳間文庫) Amazon  これまで(とはいっても,連載は以前らしいです。)と違った池井戸作品が楽しめます。  対立,ではなく,アキラとあきらが共に苦難に立ち向かうのがいいいですね。 [続きを読む]
  • おかしい損保会社の対応について③ 実例編
  •  弁護士が代理として入り,増額してもらった,という例はありますが,私も,以下のとおり増額しました。  ①私が代理する前の保険会社の提示(最終支払額) 約250万円  ②私が代理した後の提示(最終支払額) 約1000万円  ②は,示談レベルでの話です。訴訟すれば,遅延損害金,弁護士費用等の点で,更に300〜400万円は増額可能かと見立てましたが,ご依頼者様が満足されており,訴訟を提起し [続きを読む]
  • おかしい損保会社の対応について②
  •  前日の続きです。  前日の保険会社の対応について、文献を読んでいたら、そう珍しいことでもないみたいです。  ですが、これに対する私の思いは変わりません。  示談段階で増額事由を主張しないだけ、有難いと思ってほしいです。  ということで、前日の方針に変わりありません。   「貧困大国アメリカ」シリーズで、医療保険の出し渋りに関する記載があったかと思いますが、それと大差ない対応だと [続きを読む]
  • おかしい損保会社の対応について
  •  最近、交通事故の事件をご依頼いただくことが増えております。   任意保険会社の担当者と示談交渉をすることが多いところ、これまではなかったのですが、ここ2件連続で、損保会社の担当者が、平気で、慰謝料について、いわゆる赤本基準の7〜8割を提示してきます。文章に書いてくる担当者すらいます。  そして、その根拠が、「示談ベースだから」「訴訟前だから」などといったものです。  でも、仮に、誰 [続きを読む]
  • 棋士の一分 将棋界が変わるには
  • 棋士の一分 将棋界が変わるには [ 橋本 崇載 ]864円楽天 ・将棋界に危機感を抱いておられる、橋本さんの新書です。将棋が趣味なので、買いました。 ・「斜陽業界」とも指摘される将棋界において、橋本さんは反対派なのですが、コンピュータとの付き合い方を考えさせられました。 ・弁護士業界も、そのような指摘がされることがあります。いかに業界を衰退させず、拡大させることができるか、組織を改革して [続きを読む]
  • キリンビール高知支店の奇跡 「超」入門失敗の本質
  • キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! [ 田村潤 ]842円楽天 「超」入門失敗の本質 [ 鈴木博毅 ]1,620円楽天  無理やり共通点を探しましたが、2つの本に共通していることは、  答えは、現場にあること。現場に、改善点、突破点、イノベーションの鍵がある。 現場での成功を、本部が他の現場にも広めていくこと。本部のみで考えられた作戦は、現場を反映しておらず、意味がない。 & [続きを読む]
  • 後遺障害等級判断の境界
  • 認容事例にみる後遺障害等級判断の境界 [ 九石拓也 ]4,428円楽天  交通事故で裁判をする場合,裁判所は,自賠責の判断に拘束されるものではありません。  文献によると,自賠責の認定があるばあい,その後遺障害あったものと「一応の証明」があったものとされているらしいのですが,もちろん自賠責の認定よりも上がる場合,下がる場合があります。  この本は,自賠責の認定よりも上がった事例,または非 [続きを読む]
  • 未払い残業代請求
  • 未払い残業代請求 法律実務マニュアル/著者不明¥3,024Amazon.co.jp・友人の弁護士に薦められ買ってみました。・手順に沿えば残業代の計算ができるようにできており,分かりやすいです。・ですが,労働単価の算定に労力を要するなど,もう少し簡単にならないものか?と思ってしまいます。・あとは,使用者に労働時間の管理義務があるにもかかわらず,労働者に立証責任があるという点も腑に落ちません。事実上の立証責任の緩和で足 [続きを読む]
  • 記事の紹介
  • 今回の刑事司法改革について,下記記事がもっともだと考えましたので,紹介させていただきます。http://bylines.news.yahoo.co.jp/maedatsunehiko/20160604-00058382/  取り調べの全面可視化,検察官手持証拠の全面開示,取り調べへの弁護人立ち合い権の創設,取調べ受任義務があるかのような運用を改め,取調べ室に行くこと自体も任意とする,勾留要件の厳格化,などといった改革をしなければならないと考えます。 [続きを読む]
  • 「憲法改正」の真実
  • 「憲法改正」の真実 [ 樋口陽一 ]¥820楽天・樋口陽一先生と小林節先生の対談形式で書かれており,分かりやすいです。・なぜ,改憲派であり,自民党の勉強会にまで呼ばれていた小林先生が現在の憲法改正に反対になったのか,書かれております。・樋口先生の,明治憲法の制定経緯や当時の議論が面白いです。 [続きを読む]
  • 下町ロケット2 ガウディ計画編
  • 下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]¥1,620楽天 放置気味になっておりました…。 最近読みましたので、ご紹介させていただきます。  一難去ってまた一難。今回も、この難局を乗り切れるのか? 「人命を救いたい」という情熱やいかに? という感じでした。 今回も面白かったです。  [続きを読む]
  • 実例 弁護士が悩む不動産に関する法律相談
  • 実例 弁護士が悩む不動産に関する法律相談―専門弁護士による実践的解決のノウハウ/第一東京弁護士会法律相談運営委員会¥4,536Amazon.co.jp 「弁護士が悩む」シリーズ?の第二弾です。   交渉で終わった事例、裁判となった事例、和解で終わった事例、保全・執行を要した事例など、実例を通して、法的問題点の検討、依頼者へのアドバイス、反省点など、担当弁護士の「悩み」やその場の活動が理解ですきます。  私が悩んだ、 [続きを読む]
  • 弁護士倫理の勘所
  • 弁護士倫理の勘所 [ 官澤里美 ]¥2,700楽天 「弁護士倫理」と聞くと、堅苦しく感じられるかもしれません。  ですが、この書籍は、?格言、?具体的事例、?コラムなどで、読み物として面白いながらも、倫理規定の基本が身に付きます。 そのため、詳しくは職務基本規定等の条文にあたるとしても、これって利益相反ではないか?などといった「とっかかかり」が掴めるようになります。 [続きを読む]
  • 「STOP!安保法案 市民集会・パレード」のご案内
  •  金沢弁護士会の一弁護士として、ご紹介させていただきます。 平成27年9月12日、午後3時30分から、金沢弁護士会が主催して、「STOP!安保法案 市民集会・パレード」が行われますので、1人でも多くのご参加をお待ちしております。  詳細は、以下の金沢弁護士会ホームページをご確認下さい。http://www.kanazawa-bengo.com/info/2015/08/post-71.htmlhttp://www.kanazawa-bengo.com/info/9%E3%83%BB12%E6%86%B2%E6 [続きを読む]
  • 借地借家契約における信頼関係の破壊
  • 借地借家契約における信頼関係の破壊 [ 伊藤秀城 ]¥3,996楽天 調べもの用として買いました。 例えば、賃料不払いと信頼関係破壊について、○○か月滞納したら破壊で(催告又は無催告)解除可能、という単純な(受験時代は、だいたいそんな知識じゃなかったでしたっけ?)ものではなく(もちろん長ければ破壊の傾向にはあるのですが)、各種の事情を考慮しており、同じ滞納月数でも解除が認められるのものあれば、認められない [続きを読む]
  • 過去の記事 …