maple さん プロフィール

  •  
mapleさん: 「暮らしのスケッチ」メープルハウジング
ハンドル名maple さん
ブログタイトル「暮らしのスケッチ」メープルハウジング
ブログURLhttp://ameblo.jp/maplehousing/
サイト紹介文伊豆高原情報をメープルハウジングらしい目線で発信
自由文伊豆高原の暮らしの情報や美味しいものを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/12/08 19:16

maple さんのブログ記事

  • 第78回「黒船祭」〜町なか賑わい編〜
  • 公式行事と並行して賑わう、町なかは「絆(きずな)広場」を中心にステージが開催されます。同時多発的にいろいろな催しも町中の各所で行われるので、スケジュール表を持って散策する方々が多く見られました。水兵さんもいっぱい、日曜日なので子供達も連れだって繰り出します。時代衣装の関係者もたくさん◎可愛いくノ一は、東急電鉄さん。必殺・アイスコーヒーの試飲!水戸黄門様もお出ましです。伊東市の皆さんには「ぐうなみ [続きを読む]
  • 第78回「黒船祭」〜花火・パレード編〜
  • 先週末のことになりますが、下田市では第78回「黒船祭」が、今年も華やかに開催されました。下田市が開国の舞台となったこと、先人の偉業を忘れないために…と町をあげて行われるお祭りです。風も爽やかな5月の第3週末、厳かな公式行事もありますが、金曜夜の花火大会がにぎわいのスタートの合図になります。友人の誘いで、市内某所から花火の撮影にあたりました。暗闇の中の花火撮影は困難…タイミングと光の加減が、なか [続きを読む]
  • 危ない魚
  • 刺し網漁で一番掛かってほしいのは伊勢海老ですが、それ以外にも様々なものが掛かります。富戸近海に生息していて、網から外すとき、特に注意を払う危ない魚などを紹介します。カサゴです。美味しい魚ですが、背びれが指に触れてしまうと、とても痛いです。富戸では“ソイ”と呼ばれている魚です。このブログに掲載するにあたり、「ソイ」について調べてみました。そこでは美味しく食べられる魚として紹介されていまし [続きを読む]
  • おめかしな巣箱たち〜雑貨屋ブイヨン〜
  • 伊豆高原アートフェスティバル。ラストに訪ねたのは、雑貨屋ブイヨンさん。住宅の一部を使って、ひっそりとオープン。隠れ家のような、友達のお家のような、親しみやすい空間にお邪魔すると、 何とも可愛い巣箱たち…!カントリー調の壁紙のような、ステンシルで絵付けしたような…ありそうでなかった、色と柄。 オーナーの安田保(やすだ・たもつ) [続きを読む]
  • 鹿とカラス〜ミケーラ・ペドロン展〜
  • ヒロ画廊さんに訪問してみました。 今回は、イタリアの現代女流作家、ミケーラ・ペドロンさんの展覧会ということです。古民家風の建物に、どんな様子でマッチするのか。 しかし鹿の絵画は、違和感も無く、和風建築にマッチしていました。極彩色の自然をバックにした絵は日本庭園と絶妙なバランスです。 & [続きを読む]
  • ユニークな白磁〜酒井崇全(たかまさ)展
  • 伊豆高原アートフェスティバルも後半。ギャラリーZEROさんを訪問しました。清廉なギャラリーながら、知人のお家に伺うような、親しみやすい空間です。酒井崇全(さかい・たかまさ)さんの白磁の展覧会です。可愛らしい、天使のお尻のようなかたちに、思わずにっこり。「ぴーち」シリーズという名前で、用途も使う方にお任せします、とのこと。器としても良し、花を挿しても良し。撮りそこねてしまいましたが、このぴーちシリーズ [続きを読む]
  • 左ヒラメの右カレイ
  • ヒラメとカレイの見分け方とし、「左ヒラメの右カレイ」という言葉があります。写真のように、目を上に向けた状態で魚を置いて、顔が左にきたら「ヒラメ」、顔が右にきたら「カレイ」です。ヒラメもカレイも生まれたばかりの時は、他の魚と同様、左右に目がついていて、大人になってくると、片方の目が、もう片方の目に寄っていくことをご存じでしょうか。ヒラメとカレイを見分ける方法として、目の位置ばかりを気にしがちですが [続きを読む]
  • 「マリンゾロリゾート」ランチ
  • 伊豆新聞に掲載されていた、伊豆牛サイコロステーキランチを食べに行こう、と母に誘われ行って来ました。すいらん荘内にある、ダイビングの出来るペンション、ゾロさんです。母はサイコロステーキ、私はロースカツランチを注文。伊豆牛が1200円で食べられるのはお得です。カツも肉厚でボリューミーです。デザートは自家製のミントシャーベットでさっぱり。飲み物は別料金ですが、種類豊富な自家製のハーブティーがいただけます。 [続きを読む]
  • 2017年の田植え
  • 先日、今年の主食づくり・田植えを行いました。水を張った状態の田んぼを数日前にトラクターで起こし、フラットな状態となった田んぼがこちらです。あぜには補給用の苗たち補給するのはこちらの機械。一度に4枚入れられる・・ということは4列ずつ植えられます。写真では表現できないのが残念ですが、機械の植える仕草がとってもかわいらしいです。人の手より「そっ」と植える感じでしょうか。我が家の田んぼはぐるっと川に囲まれ [続きを読む]
  • 絶景!稲取の見晴台
  • 今回は、伊豆稲取にある展望台に行って来ました。国道より山側を見上げると、鳥の形をした見事な植え込みが見えます。近くまで登るとこんな感じです。…!個人の別荘!?かと思ったら、東伊豆町の管理する立派な公園でした。断崖に建つ休憩所のロッジより、見事な景色を楽しむ事ができました!この素晴らしい眺望を見て下さい!売り物件ではないのが残念!クロスカントリーは約5kmにわたってジョキングコースが続き、整備された公 [続きを読む]
  • 新しい家族が出来ました!
  • しかも、大人ひとりと子供たち。…なんて言うと、びっくりしてしまうと思いますが、ある日のことです。ハリーと一緒に洗車をしていると、何かどこからか目線を感じたので、振り向いてみましたが誰もいません。特に霊感も持っていないし勘違いなんだと思い、洗車を始めると、やはり目線を感じます。目線を感じるその先をよ〜く見てみると、なんと!ガマカエルが、こっちを見ているではないですか!この目線で見られていれば、誰で [続きを読む]
  • 大きい魚
  • 富戸近海の刺し網漁でかかった大きい魚、貝、蟹などをご紹介します。ここでの「大きい」とは、うちの小さな船にとっては大きいという意味です。とてつもなく大きい魚ではないので、過度に期待をせず、読み進めてくださいね。この魚はコブダイです。青色がキレイな魚です。その名の通り頭部のコブが特徴で、外から触ると軟らかいです。この大きい魚は、美味しいので人気があります。しかし、使い込まれたカゴの色と同化してしまい [続きを読む]
  • フォレストマーケット@東伊豆町
  • 東伊豆町のクロスカントリーコースの中にある、ツリーハウスにてフォレストマーケットが開催されました。クロスカントリーコースは、子供が遊べるアスレチックなどもあり、普段ピクニックやお散歩をしても楽しい場所です。フォレストマーケットは、フリーマーケットのお店やワンコイン整体、飲食の出店などたくさん出店されていて賑わっていました。この日は天候にも恵まれ、ポカポカしていてピクニック日和でした。時間区切りで [続きを読む]
  • 『japomyam』〜長田三賀子様アトリエ〜
  • 続けてお送りしています、伊豆高原アートフェスティバル。長田三賀子(ながた・みかこ)様のご自宅兼アトリエを訪問しました。伊豆高原バウハウスでも独自の世界を展開されていた長田さんは、m.yam(エムヤム)さんというお名前で、作陶活動をされています。ご自宅のアトリエに展示されていたのは、普段使ってみたくなる、可愛らしい色合いのお皿やお鍋の数々。お魚のモチーフが多いのは、伊豆を意識されてでしょうか。ユーモラス [続きを読む]
  • アトリエKASUGAさん訪問
  • 盛況の伊豆高原アートフェスティバル。今回は春日広隆(かすが・ひろたか)様の主催する「アトリエKASUGA」さんを訪問させていただきました。沿道でありながら森のような風情。そっと木の引き戸を開けると、内部は静謐なフォトギャラリーになっていました。入ってすぐ、目を引く青色の作品群。『蒼い花』というタイトルの、宝槻さんという方の展示です。「永く記憶に残るという青い色を、メインに使っているんですよ。」記憶に働 [続きを読む]
  • 下田の居酒屋『なみなみ』
  • 下田の居酒屋『なみなみ』さんへ、魚をほとんど食べない娘に「金目重が美味しい」とお勧めされ、行って来ました。下田の街中の路地を入ったところに、ひっそりとあります。知る人ぞ知るといった感じです。人がほとんどいない路地から一転、店内に入ると満員です。予約しておいて正解でした。メニューを見ると、下田産から始まり南伊豆まで、金目、伊豆牛、天城しゃも…伊豆半島の食材で構成されたメニューで、どれも美味しそうで [続きを読む]
  • 重岡建治先生アトリエ訪問
  • 今日も五月晴れ。大室高原にある、重岡健治先生のアトリエを訪問しました。重岡建治。1936年生、伊東市大室高原在住。圓鍔勝三(えんば・かつぞう)氏に師事、日展に9回入選。その後イタリアへ渡り、エミリオ・グレコに師事。現在は、その作品が国内外で収集・展示されている、だけど先生は小柄で気さくな方でした。70歳を超える今でも精力的に、活動されている先生。アートフェスの期間には、毎年2,000人もの方々が、アトリエを [続きを読む]
  • 壺中天(こちゅうてん)を初訪問する
  • 先日ご紹介させていただいた、伊豆高原bauhausの初展覧会・PUNK PICASSO 10を企画されたたてのしげきさんのお店、「壺天中の本と珈琲」さんに初めて伺いました。色々な方から情報を耳にし、ずっと行きたかったお店です。住宅街の中、辿り着くと、急に開ける別世界。壺中天(こちゅうてん)とは漢書より、俗世から離れた別天地を表す言葉。表札もさりげなくお洒落です。ひと足、建物に踏み入れると美術書、思想書、写真集…。アー [続きを読む]
  • まずは腹ごしらえ〜伊東の開福丸さんで〜
  • 五月晴れの休日にドライブをしようと出かけたのですが、出足が遅れてしまい、20分も走らぬうちにお腹が空いてしまいました。早めのお昼をとることにしました。伊東の国道沿いで、美味しい鯵を食べたことがあり、確かこのお店だったはず、と入ったのがなぎさ公園近くの『開福丸』さん。ショーウィンドウのお料理も、手招きしています。(お値段は観光客の方向きかな…)店内は清潔な感じで、なぜかボサノバ調の音楽が流れていまし [続きを読む]
  • 「伊豆高原バウハウス」さん訪問
  • 本日5月1日から、第25回となります「伊豆高原アートフェスティバル」が開始しました。このフェスはいわゆる観光や、商業目的のイベントではなく、伊豆高原に移住してきた方の文化祭、そして交流の場…が目指すところで、よって純粋にアートを、暮らしの中の一部として楽しむ方々が主体となる、「日常の中の祭典」になった形です。参加している個人の方、および店舗は100軒近くにのぼるのですが、今回はそんな祭典の中でもかなりと [続きを読む]
  • 修善寺 虹の郷
  • 今回は伊豆のおへそ、修善寺にある「虹の郷」に行ってきました。平日は人も少なく、プライベート感満点!ミニSLに乗り、子供たちも大はしゃぎでした。ロング滑り台は伊豆のテーマパークでは定番ですが、何度トライしても楽しいです!公園内には、カナダ村、イギリス村、日本庭園等があり、景色も変化があり、見応えもあります。おやつは、日本庭園の近くにある「このはな亭」さんで、『手づくり小豆アイス黒蜜きな粉がけ』をいた [続きを読む]
  • 小室山つつじ
  • 休日のいつもの散歩コース。この日は恐竜広場までは登らず、つつじで華やかに飾られたコースを愛犬の“まる”と散歩です。1週間前の写真ですので5分咲き位ですが、このGWの期間は見ごろだと思います。上の恐竜広場までの広さはありませんが、犬を遊ばせられるくらいの広さは十分にありますので、犬を飼っている方、飼っていない方、どちらも楽しめます。4月29日から5月5日までは「小室山公園つつじ祭り」!40種10万本の“つつじ” [続きを読む]
  • 民宿で食べる釜飯@下田市白浜
  • 下田から、美味しい釜飯情報です^^白浜海岸の国道沿いから山側には、昔ながらの民宿が沢山あるのですが、「芦原(あしはら)」という宿では、密かにランチをすることができます。それも、炊き立ての釜飯を…千円で!伊東から下田に遊びに来た父と一緒に、食べに行ってみました。こんなお店が、あるんだねえ!と、父も嬉しそうです。美味しそうに炊き上がっています^^釜飯は「鶏ごぼう」「さざえ」「金目」の三種類から選べます。 [続きを読む]
  • 売れない伊勢海老
  • 富戸近海では伊勢海老がたくさん獲れます。漁業者はこれを市場に卸して、競りにかけてもらい生業としています。残念ながら全ての伊勢海老を市場に卸せるわけではありません。ちなみにこれは、市場に卸せない伊勢海老です。理由は二つあります。 なぜ市場に卸せないかは後で記しますね。じっくりみていきましょう。胴体(頭胸甲[とうきょうこう]=頭部と胸部を覆っている甲羅[こうら])も、滑らかな背中(腹節[ふくせつ])も、棘[ [続きを読む]
  • 大江戸温泉 食べ放題
  • 北海道から親戚が来たので、みんなで好きなものが食べられて温泉も入れると、伊東の「ホテルニュー岡部」の食べ放題バイキングへ行ってきました。一人2,980円で、温泉入浴付きです。船盛で金目とヒラマサの新鮮なお刺身揚げたて天ぷら 和・洋・中、伊豆ならでは金目の煮つけから酢豚、パスタまで種類豊富◎お寿司コーナーもあります。やっぱり最後はデザート^^チョコフォンデュ、和菓子からソフトクリームまで、全種類制覇しようと [続きを読む]