花村蒼孟 さん プロフィール

  •  
花村蒼孟さん: 花村蒼孟オフィシャルサイト
ハンドル名花村蒼孟 さん
ブログタイトル花村蒼孟オフィシャルサイト
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hanamurasoumou
サイト紹介文心理学のブログ
自由文花村流の心理作戦です。読めば納得しますのでどうぞ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 189日(平均14.6回/週) - 参加 2011/12/08 23:28

花村蒼孟 さんのブログ記事

  • 悩みのない人間はいない。
  • 悩みのない人間などは存在しない。今の自分を見て、不満を感じている人は多いでしょう。そして、頑張っているけど、結果が出ないことに苛立ちを感じることも有るでしょう。それでも生きてゆかないといけないのであります。出来なかったことが出来るように成れば、嬉しいのであります。そして、それが実績となったら尚のこと嬉しく、達成感を感じます。お金も生き方も仕事も考え方もしっかり持ち、前向きに生きてゆきましょう。 [続きを読む]
  • 私は、心の中がポカンとなっている。
  • もう終わりにしようと思っていたけど、何故だろう?あの人が気になっていた。単なる風俗嬢なんだけどね。気になっている。忘れたいよ。気にしちゃ。イケナイのに。ワインが好き。愚痴ばかり語る女の子だけど、心の中がポカンとなるほど気になっている。もう忘れなきゃ。 [続きを読む]
  • 生のトマトが食べられない。
  • 実は生のトマトが食べられない人です。子供のころから食べられないのであって、最近、食べましたが不味いという感想。トマトケチャップはOK。でも、トマトが大嫌いな人です。信じられんと思うけど、トマトを食べると背中がゾワゾワしてしまうほど大嫌いな食べ物です。子供のころからトマトが苦手なので、トマトジュースも飲めないで育ってしまった。肉は大好物です。お笑いが大好き。ゲームは、ドラクエ。スーパーマリオブラザーズ [続きを読む]
  • キャバクラにハマっていた私。
  • キャバクラにハマっていた時期があった。といっても、半年ぐらいのわずかな期間だったが。しかし、その半年間、ほぼ毎日キャバクラに通っていたのだから、我ながらよく体がもったものだと思う。当時は、私も二十代半ばだったから元気だったのかもしれないが。今はどうか知らないが、当時のキャバクラは月曜から土曜まで営業し、日曜日だけ休みだった。私のような会社員は、当然、完全週休二日制だったから、わざわざ会社が休みの土 [続きを読む]
  • ヒモ男と別れる方法5つ。
  • 1.家を出て、どこかに逃げ込むまず、別れ話をする前に、物理的に距離を置きましょう。同居生活を続けながら別れ話をすると、いつの間にかうやむやになってしまい、ちゃんと別れられないからです。また、長く一緒に生活してきたのなら、情がわいてしまって面と向かって別れを切り出せなくなる可能性もあります。距離を置くと言っても、他県や遠い国まで行く必要はありません。最適な行き先としては、実家、または同性の友人の家です [続きを読む]
  • かかわってはいけない。
  • かかわりたくない。こういう気持ちになったら、かかわりたくないです。男にとって、かかわりたくないと思えば、それまで。深い関係になりたい女って、大切にしたい。不倫関係って、曖昧な関係であって、いつでも別れる関係なんでしょう。 [続きを読む]
  • 膝が痛いよ。
  • 整形外科にいったんだけど、ドクターが軟骨の部分がすり減っていると言われて、もう復活が出来ない。あかん。足が痛いけど、仕事をしたよ。でも、早く帰ってきた。今月は不幸な出来事ばかりなの。もう生きているだけでも嫌になるよ。可愛い女の子と遊びたいよ。今度は、普通の女の子と遊びたいなぁ〜。一緒に出掛けてくれる人を探そう。 [続きを読む]
  • わたしは、優しいひとでありたいです。
  • お金持ちじゃなくて良いから、性格のあう人と出会いたいです。過去に出会った人でも良いので、良い関係を作れたら嬉しいです。どん底です。関節痛になりました。ひざの曲げ伸ばしに、苦労しています。悪いことが続きそうです。転職を考えなきゃならないかもしれないです。デスクワークになる可能性が大です。とても残念です。今のまま続けてゆくのが大変でしょうが頑張るしかないのでしょう。 [続きを読む]
  • まだまだ未熟者だな。
  • 今は日々、会話テクを磨いている最中です。テクを掴めば、心理学をマスターできるはずです。独学でマスターしたいために、今月は本を購入しました。営業関係の本を読み。ホステスさんの本を読み。いろいろ勉強しています。心理学を基に、女性を口説いた結果、良いところまで行けたが敗北してしまった。会話術のレベルを極めてみようと思います。 [続きを読む]