大舘平蔵 さん プロフィール

  •  
大舘平蔵さん: 辰姫(石田三成の娘)研究とエッセイ
ハンドル名大舘平蔵 さん
ブログタイトル辰姫(石田三成の娘)研究とエッセイ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ma19750328
サイト紹介文歴史の闇に埋もれてきた”辰姫”に光を当てる真剣な歴史研究記録。あと管理人の日常や趣味等のエッセイ。
自由文世間に殆ど知られていない、歴史の闇に埋もれ続けている石田三成の娘の”辰姫”の存在を世に伝え、歴史の光を当てさせてあげたいと独自に研究しているハンドルネーム兼ペンネーム”大舘平蔵”の歴史研究(辰姫研究)ブログ。日常の事なども書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2011/12/12 11:24

大舘平蔵 さんのブログ記事

  • 仕事に追われ・・・
  •  連日仕事漬けで、なかなか記事を書く機会をつくれませんでした。 いつも私のブログを見て下さっている方々には申し訳なく思っています。 辰姫の研究も進行が芳しくない今の状況ですが(なかなか記事に出来ず、すみません)、辰姫の研究は全く諦めていませんし、地道に続けています。 もっとも、私の辰姫研究のタイムリミットは私の寿命と同じなので(笑)、検証を繰り返し、記事を訂正し新たに記事を作成ずる事もあるでしょう [続きを読む]
  • 因果応報を知らぬ振る舞いの一つでしょうね
  •  ある日のある場面の事です。 一人の老人が「南無法蓮華経」と口にしていました。 その事をある一人の若者が「怖〜い」などと言っていました。 皆様はどう思われますか? 私は宗教信者ではありませんし僧侶でもありません。 ・・・ですが、この若者の感覚には「なんで?」と思ってしまいました。 人が何を信じようと自由でしょう。 神仏しかり、身近な人物や、彼氏彼女やら、初詣で買ったお守りでも、イワシの頭でも・・・ [続きを読む]
  • 一か月ぶりに辰姫の墓前へ
  •  一か月ぶりに群馬県にある東楊寺の辰姫の墓前へ行ってきました。 辰姫の墓前に行けない一か月という期間は私にとってとんでもなく長い期間です(笑)。 今日は辰姫の墓前で読経の冒頭でしっかり懺悔文を唱えてから大悲心陀羅尼、光明真言、般若心経、回向文の順で読経を捧げてきました。 日頃の読経で懺悔文は読経の冒頭で捧げていますが、辰姫の墓前での懺悔文は今日が初めてでした。 まだ懺悔文を唱えるようになってから日 [続きを読む]
  • 下手な自己啓発書より心にしみる経典(の内容)
  •  日課として毎日読経をしている私ですが、別に宗教団体には一切関心ない(というより現代の宗教団体など全く信じておらず、むしろ嫌っている)私です。 読経や経典の事などを書くと、どうしても宗教に陶酔しどこぞの宗教団体に加入しているなどと思われるかもしれないので、ここで改めてそうではない事を表しておこうと思います。 かつて、名僧の一人、一休宗純が宗派にとらわれずに独自に悟りの道、人々を救う道を探したように [続きを読む]
  • 風邪も良くなり、明々後日の仕事休みは・・・
  •  しつこい風邪に随分苦しみましたが、何とか収まってきました。 明日明後日は仕事ですが、明々後日は休みで予定もなく、また転機も良くなるようなので、久々(私にとっては一か月でも久々です。辰姫に関しては)に辰姫の墓前に伺えそうです。 毎日、先祖と御仏と辰姫に読経を捧げていますが、辰姫には墓前で直に読経を捧げたい。 何せ私に”辰姫研究”と”辰姫の生涯を書籍化し残し伝える”という目標と生きがいと使命を与えて [続きを読む]
  • 千手観音大悲心陀羅尼経の説くところを思い出し・・・
  •  さて、読経について幾つか記事を書いてきました。 日課である読経で大悲心陀羅尼、般若心経、光明真言、聖観音咒、懺悔文、回向文を日々読誦している事も度々述べてきました。 ふと、千手観音大悲心陀羅尼経の語訳を思い出しました。 千手観音大悲心陀羅尼経(の語訳)の中に「大悲心陀羅尼を誦読する者はその読誦の効果はとても凄いので読誦する事に対し決して怠け心を抱いてはいけない」(←かなり嚙み砕いた言い回しにしま [続きを読む]
  • 徐々に仕事に慣れてきました。辰姫研究再起動!
  •  今日は運転免許の更新に行ってきました。 違反講習の為、半日かかってしまいました。 昔の「”なめ猫”の免許」じゃないけど、運転免許も”死ぬまで有効”でいいと思うけど・・・。 仕事にや職場のスタッフに慣れてきて緊張感が緩んできたせいなのか風邪をひいてしまいました。 大した事は無いので、明日の仕事には行けそうです。 まだまだ覚える仕事は沢山ありますが、徐々に慣れてきて休日も骨休みで一日潰す事無く、やっ [続きを読む]
  • 日々の日課の読経に”懺悔文”を加え始めました
  •  毎日の日課で朝晩に読経を捧げている私です。 唱えているのは大悲心陀羅尼と般若心経と光明真言(先祖と辰姫に)と聖観音咒(祖父の形見の観音像に)。そして最後に回向文。 大悲心陀羅尼は朝だけ読誦しています。 今日から読経の冒頭に”懺悔文”を捧げる事にしました。 ”懺悔文”は読経の際に、冒頭に捧げる短い経の一つです。 その名の通り、嘘偽りの通じない御仏の前で今までの自分の過ちを御仏に直に懺悔し、自分を潔 [続きを読む]
  • 辰姫の研究に時間を費やしたい今日この頃です
  •  仕事を覚える日が続いています。 なかなか辰姫の研究に時間を当てる事が出来ないのが現状ですが、地味〜にコツコツ積み重ねています。 年が明けてから大河ドラマの影響で井伊直虎が注目も的のようですが・・・ 歴史学者や教授の肩書を持たずとも特定の歴史人物を追う(研究している)方々は日本中・・・いや、世界にもおられると思います。 ”在野歴史研究家”と言われていますが・・・ 私もその一人なのでしょうね。 辰姫 [続きを読む]
  • やっと大悲心陀羅尼も暗記しました。
  •  読経に大悲心陀羅尼を加え、2カ月半くらい経つでしょうか・・・。 やっと大悲心陀羅尼を全文、暗唱出来るようになりました。 もっとも、暗唱出来るからといって読経の際にわざと経典を見ずに唱える事はしませんけどね。 読経とは”遠い旅先で長く会っていない母から送られてきた手紙を読むように、しっかり文章を見ながら読むもの”です。 ゆえに僧は、法事や葬儀の際、必ず経典を見ながら読経をするものです。 ”見ないと [続きを読む]
  • つかの間の休日、今月もやっと辰姫の墓前に行けました。
  •  今日と明日は仕事休み。 群馬県の東楊寺の辰姫の墓前へ行ってきました。 毎日祖父の形見の観音像の前で辰姫に対し読経を捧げていますが(もちろん観音像と自分の先祖の仏壇にも)、直接墓前で想いを述べ読経を捧げると気分的に全く違うのは私だけでしょうか・・・。 境内には誰も無く、今日も辰姫と二人だけの時間を頂けた気になってしまいました。 私にとっては辰姫の墓前が最高のパワースポットであり”聖地”です。 想い [続きを読む]
  • 一年生の気持ちをよみがえらせる日々
  •  新たな職場で再起動し始めた私です。 日々思うところがあります。 私は医療従事者として20年以上のキャリアと実習生の指導者の経験と肩書を持っています。 ・・・が、”畑が変われば一年生”です。その場所では新人です。「あぁ・・・新人の時ってこんな気持ちだったんだよなぁ・・・」 なんて思い返しています。 以前の職場ではそれなりの位置にいました。 経験値もあり立場的にも優位にいた事は確かです。 平たく言えば [続きを読む]
  • 辰姫を想いながら仕事に励んでいます
  •  連日、新たな仕事を覚える日々が続いています。 まだ仕事に慣れていないせいもあり、帰宅後はグッタリ・・・。 辰姫研究の進行が思うように進んでいないのが現状です(涙)。 しかし、辰姫に(先祖と祖父の形見の観音像にも)読経を捧げる事は毎日朝晩やっています。 私の仕事は医療。中途半端な仕事では患者は守れません。 だから仕事そっちのけというわけにはいかないのです。 般若心経でも”変化を伴わないものは存在し [続きを読む]
  • 久々に好きな映画の一つ「壬生義士伝」を観ました
  •  まだ慣れない仕事の日々が続いていますが、息抜きがてらにDVDを引っ張り出し、久々に好きな映画の一つをDVDで観ました。 観た映画(DVD)は「壬生義士伝」です。 実在した人物、新選組の隊士の一人である”吉村貫一郎”をモチーフにした映画で、当然創作品であり全てが史実ではありません。 吉村貫一郎自体、謎の多い人物ですが、この創作品での吉村貫一郎は結構好きです。 私がこの「壬生義士伝」の中で一番好きなシーンは [続きを読む]
  • 新しい仕事を覚える日々
  •  新しい仕事を覚える日々を送っています。 周囲のスタッフの方々や患者には慣れてきましたが(私の生業は医療従事者です)・・・覚える仕事は山ほどあり、まだ要領をつかみきれていないので無駄な動きも多くなるので、毎日ヘトヘトです。 自分が実習指導者や新人指導の経験者であった事は職場のトップしか知りません。 職場のトップには周囲にその事は言わないようお願いしてあります。 ”一年生”として出直したいという気持 [続きを読む]
  • バイク通勤の日々
  •  今日は暖かかったですが・・・毎朝氷点下の日々が続いています。 でも、達磨の様に着込み、バイクで通勤しています。 車を使えば寒さも無し、楽だし、何の不便もありません。快適です。 しかし、寒い中わざわざ着込んでバイクを走らせ通勤していると何となく生活感を感じる私です。 「あ・・・生活してるなぁ・・・」という気になるんです。 ツーリングなどもナビなどに頼る気も毛頭なく、地図を見ながら目的地に行く私です [続きを読む]
  • 私は読経。妻は祝詞。まさか妻の祝詞が続くとは・・・。
  •  私は日々の日課で読経をしていますが・・・ 今年の初詣に埼玉県さいたま市の氷川神社に初詣をした際に妻が厄除けの祈祷を受け、その時に頂いたお札に妻が毎日”祝詞”を捧げています。 三日も続かないと思っていましたが・・・何とか続いているようです。 といっても、私が「ねぇ、今日は祝詞ささげたんかい?」と聞くと「あ、そうだった!」といってやり始める事が殆どですが(笑)。 氷川神社に祭られている神はスサノヲノ [続きを読む]
  • 妻とセカイノオワリのライブ「タルカス」に行ってきました。
  •  昨夜、妻と一緒にセカイノオワリのライブ「タルカス」に行ってきました。 一緒に行ったというより連れていかれたといった方がいいかも・・・。 今回のライブは私の好きな曲「虹色の戦争」と「眠り姫」を歌ってくれて大満足。 しかも席もステージに比較的近い場所でした。 やっぱりライブの迫力は凄いですね。DVDのライブ映像とはわけが違いますね。 妻も満足していました。 楽しい時間はあっという間に終わってしまうもの [続きを読む]
  • 新たな仕事の休みに辰姫の墓前へ
  •  新たな職場で生業が再スタートを切り、今日は休日です。 辰姫の墓前に行って、墓前で生業の事を報告し、想いや読経を捧げてきました。 いつもの様に境内には人は誰一人なく、辰姫と二人きりで話が出来た気がします。 辰姫を研究しつつ、辰姫を尊敬している私です。 今の私は以前の職場の私から随分変われた気がしています。 それも全て辰姫の影響です(研究記事を見て頂くと解ると思いますが、辰姫は健気で優しい姫君です) [続きを読む]
  • 新たな仕事が始まっても読経は欠かしません
  •  新たな職場で新たな仕事が始まりました。 まだ職場の先輩に金魚の糞のようについて廻って仕事を覚えています。 いかにキャリアがあろうと、かつて指導者の立場だったとしても、職場が変われば一年生。 システムや要領がつかめず、周囲の人も全て見知らぬ人で名前すらおぼつかない、そんな職場一年生の立場って、やっぱりキツイですね。 ・・・変に疲れています。 今日は休みでしたが、一日ボーっと過ごしてしまいました。  [続きを読む]
  • 新たな職場で再起動、新生活スタート
  •  新たな職場での仕事一日目。 精神科の病院で「老人のスーパー救急」という救急部署に配属になりました。 かつての老人ホームや脳神経外科と整形外科での経験が活かせそうです。 初日故、緊張で口から心臓が出るかと思うくらいに緊張していました(汗)。 ・・・何年ぶりでしょうかね・・・こんな緊張したのは・・・(苦笑)。 どんなにキャリアがあろうと、新たな部署では所詮一年生。右も左もわからない状態・・・。 まぁ [続きを読む]
  • 明日から新たな職場と仕事に
  •  長かった持病の腰の療養生活(というより隠遁生活?)も今日で終わり、明日から新たな職場での仕事復帰となる私。 まぁ、療養・治療に励んでいましたが、この機に乗じて辰姫研究の為の津軽(青森県弘前市)へのバイクでの一人取材旅に行ったりと、悠々自適の感は否めませんが・・・(汗)。 本厄の年も明け、職場も替わり、再起動といったところです。 以前の職場にいた時に比べ・・・心境や、ものの見方、考え方、姿勢が変わ [続きを読む]
  • 遅れた初詣に行ってきました
  •  昨日の記事で書いた通り、埼玉県さいたま市の氷川神社にお参り(初詣)に行ってきました。 妻は厄除けの祈祷をしてもらいましたが、私は本堂に合掌し挨拶を述べお願い事はしていません。 ただ、挨拶の後、スサノヲノミコト様へと(氷川神社の本堂の神様はスサノヲノミコトなので)小声で一回般若心経を読誦しました。 寺や自宅で捧げるように経典を手にししっかりとした声量であげたかったのですが、まだ私達夫婦の様に初詣に [続きを読む]
  • 神仏だって、きっと・・・
  •  妻の仕事の都合や神社の混み具合もあり、明日、遅ればせながら初詣に行ってきます。 初詣というか・・・新年最初の挨拶に伺ってきます。 埼玉県さいたま市の氷川神社です。 私達夫婦はこの埼玉県さいたま市の氷川神社で結婚式を挙げさせて頂きました。 さいたま市の氷川神社はスサノヲノミコトを祭る神社。つまり私達夫婦はスサノヲノミコトの前で夫婦の契りを結んだと言えますね。 スサノヲノミコトは伊勢神宮のアマテラス [続きを読む]