ぼなぺてぃい さん プロフィール

  •  
ぼなぺてぃいさん: 美しいチェロを弾きたいのだ。
ハンドル名ぼなぺてぃい さん
ブログタイトル美しいチェロを弾きたいのだ。
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/inouetaneyasu
サイト紹介文学生時代に弾いていたチェロを本格的に再開して5年。美しいチェロを奏でたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2011/12/12 20:57

ぼなぺてぃい さんのブログ記事

  • レッスン覚書
  • 今日はレッスンでした。年明けから始めているa-moll音階、和声音階と旋律音階を繰り返しやってますが、少しずつ形になってきた感じ。それでも重音、特に三度重音はまだキツイ。EとGisは上に方にいくとフィンガリング的にキツイっす。曲はシューベルトのアルペジョーネソナタ1楽章。こちらも少しづつですが形になりつつあります。今日のレッスンでは、師匠から少しですがダイナミクスやテンポの話が出るようになりました。練習の積 [続きを読む]
  • 地元オケ練習
  • 先日の日曜日は地元オケの練習。2月は休まなきゃならない日が多かったので、今月からはまたガンバラネバ…です。練習は、正指揮者によるTuttiでした。先月初顔合わせをしていたのですが、そのときは出張中で練習に参加できず、今回、私は初顔合わせとなりました。Y先生という指揮者なのですが、いわゆる褒めて育てるタイプとでも言いましょうか、練習中にBravoを連発。でも、アンサンブルで危なそうなところは、しっかり必要なパー [続きを読む]
  • アマチュアオーケストラの活動って
  • 一昨日、昨日と連続して地元オケのチェロパート員の方から今回の演奏会は休団とさせてほしいというメールを受け取りました。すでに私としては予想していたこと、想定内なので実質的な影響はありません。5プルトが4プルトになりますが、ヴァイオリンのプルト数もさほど多くないので、まぁ問題はないでしょう。このブログのどこかで似たようなことを書いた記憶もあるのですが、アマチュアオーケストラに参加するってのは、自らの継続 [続きを読む]
  • 買っちゃった
  • カルテットへの熱が上がりつつある今日この頃。ハイドンの弦楽四重奏をもっとしっかり聴いてみようということでスコアを買ってしまいました。作品74, 76, 77の10曲セット。サイズはA4ほどで、300ページほどあって分厚いですが、ペーパーバックのような作りで思ったより重くないです。アメリカ製で印刷の質が心配でしたが、それも良好。気分が盛り上がります。 [続きを読む]
  • カルテットーとっても良い練習でした。
  • 先週、カルテットの練習をやりました。12月にコンサートに出演して以来、2回ほど練習はしていたのですが、いずれもチト遊びが入った練習でした。で、今回は、曲を決めて少し集中して練習しましょう!という真面目な練習。選んだ曲はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第4番ハ短調作品18-4です。この曲、もともと地味な弦楽四重奏というジャンルで、しかもベートーヴェンの初期作品ということもあって、あまり脚光を浴びることもなく [続きを読む]
  • お久しぶりぶり
  • 2月の出張月間で息切れしてしまい、連続投稿が途切れてしまいました。うーむ、悲しい。。。建国記念の日にアメリカから帰ってきた翌週、福島に1泊の出張に行って、その後、シンガポールに行ってました。戻ってきたら、体重激増、目は痒い、鼻がムズムズ・・・・あー つらーーーーい。(体重激増は、アメリカ出張のせいですね。ボリューム満載の食事と車の移動、目に入る巨大な人たち…そんな環境に右にならえってやつでねぇ…)と言 [続きを読む]
  • レーヌ・フラショー の芸術
  • 個人レッスンで、アルペジョーネ・ソナタを始めて以来、師匠の口からよく出てくるのが「フラショー先生の弾き方では…」という言葉。そう、今の師匠の師匠にあたるのが、今は亡きフランス人女流チェリストであるレーヌ・フラショーなのです。フィンガリング、ボウイングともに、音楽的(=必ずしも合理的ではない)なものであり、練習し甲斐があります。レーヌ・フラショーは、日本の芸大でも教えていたことがあるので、日本のチェリ [続きを読む]
  • 地元オケ ヤバしびっち
  • 昨日は2週間ぶりの地元オケ練習でした。帰国してから大慌てでレッスンの練習ばかりやっていたので、オケ練習は久々のまま練習に突入。グリーグのペールギュントとシベリウスの1番の練習だったのですが、時差ボケも相まって個人的にはボロボロ。実は本番まで三ヶ月を切っちゃっているんですよねぇ、やべえなぁあ…にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ(文字を ) [続きを読む]
  • レッスン覚書
  • 昨日はレッスンでした。師匠に時差ボケの言い訳をしつつ、a-moll音階。まだ慣れませんね〜。旋律的音階の下りがまだ耳に慣れていないのか、音程が分からなくなる(>_<しかも下りに返すときは指板を外れている場所で、コレがキツイっす。加えて、三度、六度の重音。まだ指の形がなかなか押さえにくい…修行が必要です。アルペジョーネソナタは、やっとポジションがわかって来た感じ。特に再現部のハイポジがキツイのですが、やっと [続きを読む]
  • 機内映画鑑賞
  • 帰国便は13時間を超えるフライト。睡眠を取っても時間はあります。ということで、しばし映画鑑賞タイムとなりました。(何と5本も見ていた!)インフェルノダン・ブラウン原作 トム・ハンクス主演のラングドン教授シリーズですね。ダ・ヴィンチコードは原作も映画も楽しみました。このインフェルノもエンターテイメントとしてなかなか面白かったですね。ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期シリーズ最新作、かつ完 [続きを読む]
  • さあ、日付変更線を越えるぞぃ
  • アメリカ出張も終わり、日本に帰ります。帰りは偏西風に向かって飛びますので、ちょいと飛んでいる時間が長くなるのと、日付変更線を跨ぐので、昼前発の飛行機に乗ると、翌日の夕方に到着します。アメリカに来たときに1日得した分、帰りは損するわけですね。帰ったら、すぐチェロのレッスンが待ってます。練習しなきゃ‼ [続きを読む]
  • あーめりか
  • 今回、出張先はテキサス州のメキシコ湾岸です。(アメリカでGULFといえば、メキシコ湾岸のこと、中東でGULFといえばアラビア湾岸のことっすね。)今回、改めて実感したのは、アメリカってとにかく広くて大きいよねってこと。片側3車線くらいの道路脇にあるのは、広い駐車場+店舗(スーパーマーケットだったりレストランだったり…)。道路を歩いている人はいません。約10日間の滞在のうち、1度も道路を歩いている人を見ませんでした。 [続きを読む]
  • ハイドンのラルゴ
  • ハイドンの弦楽四重奏曲作品76の5 通称 ラルゴ。カルテットで真面目に取り組もうと決めた曲です。出張先で何度も聴いているのですが、名曲ですね〜。今まで作品76では、五度、皇帝、日の出 の三曲ばかり聴いていた自分が情けないというかモッタイナイことをしていたというか…第1楽章はソナタ形式ではなく、変奏曲のような三部形式。ラルゴの通称はもちろん2楽章からの命名ですが、この1楽章もなんとなくラルゴの雰囲気です。第2楽 [続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡
  • アメリカ出張中の週末。スーパーボウル直前ってのもありますが、車がなければ何もできないアメリカの週末、ホテルの部屋で「ハドソン川の奇跡」観ました。ニューヨークの空港を離陸してすぐに鳥を吸い込んで飛行機のエンジンが2機とも停止するというトンデモナイ状況に陥りながらも、ハドソン川に不時着して乗員乗客155名全員の命を救った機長の物語。保険会社の調査でハドソン川に着水しなくても空港に戻れたのではないか、機長の [続きを読む]
  • スーパーボウル!
  • この週末は全米中がお祭り騒ぎになるアメリカンフットボールの全米チャンピオンを決めるスーパーボウルが開催される週末で、しかも私の滞在先であるテキサス州ヒューストンの近郊で行われるのです。この出張を計画したときは全く頭になくて、出発直前に同僚から、そういえばスーパーボウル、ヒューストンでやるらしいよって聞いたわけだったのですが、会場周辺では1週間くらい前からスーパーボウルのイベントをやっているらしく大 [続きを読む]
  • 時差ボケきつい
  • 時差ボケ―――アメリカに行くと、とにかく時差ボケに悩まされます。ほぼ、半日時間がズレルわけで、アメリカでは真昼なのに、頭の中は真夜中状態、いやはやキツイです。本日(2/2)からこちらで仕事をしていますが、日本時間としては、夜の9時くらいから始まって翌朝の7時くらいまで…というイメージですね。徐々にこの時間帯には慣れてくるわけですが、だいぶ慣れた頃には帰国です。ふぅぅ。世界中を飛び回っている演奏家なんかは [続きを読む]
  • 君の名は
  • 遅ればせながら、「君の名は」をアメリカ行きのフライトで観ました。ヘェ〜こういう話だったのね、というのが率直な感想。彗星の話が出てくるとは思いませんでした。飛行機の中で観たせいか、イマイチ話についていけないところもあったりして、大ヒット映画という期待感の割には……という感じ。大スクリーンで観ると映像の美しさでもっと感動できたのかもしれません。 [続きを読む]
  • アメリカ到着
  • アメリカ ヒューストンに到着しました。仕事で海外にはアチコチ行っているのですが、アメリカの空港のパスポートコントロールほど時間がかかるところはないですね〜。今回は直通便だから問題はないのですが、アメリカ国内で乗り継ぎするときはいつも時間が足りなくなって焦ります。トランプ大統領になってさらに入国審査には時間がかかるようになるのでしょうね。 [続きを読む]
  • 二月は短い。
  • 二月になりました。二月は仕事で外に出てばかりの月になります。まずは今日の夕方からアメリカ出張。これが10日に帰国予定。その次の週は日本にいますが、20日の週は19日出発で1週間ほどシンガポール。結果的に月の半分以上が海外になってしまいます。さて、このブログの毎日連続更新は続くのでしょうか?些か心配です。にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ(文字を ) [続きを読む]
  • アメリカ!
  • 明日からアメリカ出張です。約10日ほど、テキサス州に行ってきます。アメリカには何度か出張していますが、いつも疲れますね。・ 時差が辛ーい。そもそも14時間の時差ってのがよくわからん。ベッドでは1時間毎に目が覚めます。・ 英語が辛ーい。仕事でそれなりに英語は使っていますが、アメリカ人の捲し立てるような英語はなかなかキビシイっす。・ 移動が辛ーい。テキサス州のヒューストン近辺に行くのですが、基本、移動は車。車 [続きを読む]
  • 調子が悪い
  • なんだか体調が悪いです。寒い日が続いていたせいもあるのか、流行りの風邪にかかったか、ちょっと熱っぽい感じ。昨日は、地元オケの練習に出ていたわけですが、体調が悪いと、やたらとメンドくさいシベリウスの楽譜に文句を言いたくなってしまう。あの3楽章のピチカートで右手を酷使され、4楽章のウネウネ攻撃に左手を酷使され、ううむ、開放感がないぜ。さらにアンコール曲として決まったシベリウスの歴史的情景からの1曲が、ま [続きを読む]
  • レッスン覚書
  • 昨日はレッスンでした。アルペジョーネソナタ2回目。でも、その前にa-mollの音階は1回目。和声的音階と旋律的音階の2つの4オクターブですが、これ、大変でしたー。思い起こしてみると、まともに短調音階を練習したことはないかもしれず、いい練習になるわけですが、こんなに弾けないんダァ〜と、我ながら感心してしまいました。継続練習必要ですね。アルペジョーネは前回、色々と教わったボウイングとフィンガリングを復習しながら [続きを読む]
  • カルテット 今年初めての練習
  • 一昨日の夜に、今年1回目のカルテット練習をしました。寒いし、仕事は山積だし、気分的には何だかなぁ〜、という感じだったのですが、練習場所に足を運んで、4人で音を合わせてみると、やっぱりカルテットは愉しい。合わせてみた曲は、ベートーヴェン 4番ハイドン 五度モーツァルト 不協和音最後にまたベートーヴェン 4番。前回は、本番後ということもあって、いろいろやってみましょー だったわけですが、今回は今後真面目に取り [続きを読む]