katoh11 さん プロフィール

  •  
katoh11さん: 祈祷霊場 日蓮宗 妙君寺 副住職のブログ
ハンドル名katoh11 さん
ブログタイトル祈祷霊場 日蓮宗 妙君寺 副住職のブログ
ブログURLhttp://myokunji.seesaa.net/
サイト紹介文愛知県一宮市木曽川町、日蓮宗妙君寺のブログ。人生相談・祈祷・供養のお寺。月例お経練習厄除け納骨堂。
自由文世の中の出来事には、善悪全て原因があります。仏教には因縁という考えがあります。生活や体調で行き詰まりを感じても、自分に影響を及ぼす悪い因縁を明らかにし消滅することで、人生を明るく切り開く事ができます。愛知県一宮市木曽川町 祈祷霊場 日蓮宗妙君寺 イオンモール木曽川キリオ南150メートル
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/12/14 21:58

katoh11 さんのブログ記事

  • 「お寺でアーユルヴェーダ講座」
  • 今回は、インド大陸発祥、世界最古の伝道医療「アーユルヴェーダ」を学びます。体質、性格別の養生法を知り、心身ともに健康に!自分の体質、性格の傾向を把握し、“その人”に合った日々の過ごし方を知ることができます。ご参加お待ちしております!講師 :籾山紗有香先生平成29年6月28日 午後1時より参加費:1,000(大人)※乳児、幼児、お子様連れでも参加出来ます。どなたでも参加可能。〓?15台◎お申し込みは、メッセージ、 [続きを読む]
  • 4月29日。永代経法要を行います。
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。妙君寺では、毎年4月29日(昭和の日)に本堂にて「永代経・施餓鬼法要(えいたいきょう せがきほうよう)」を行います。春といえば、お彼岸のご先祖供養ですがこの一宮市あたりでは、4月中に法要を行うお寺が多くありお寺に奉安の「永代帳過去帳」に記載された各家のご先祖に供養を捧げます。                        ◇「お彼岸は、何かお参りしなくてもよろしいです [続きを読む]
  • “ご縁”
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。お寺にいると、お坊さんをしていると“縁”〜えん〜という言葉をよく耳にする。(し、私も口にする)偶然に偶然が重なり 妙君寺に初めて参詣していただいた方がいる。もうそれは本当に「ご縁」なのだ。まぎれもない「ご縁」なのだけれども。その時私は、この「縁」という言葉を使わずに、この感動を表現できないものかと思う。出会えたこの大きな感動を、「ご縁ですね」という大正解の言葉に行き [続きを読む]
  • 仏教は “みる”宗教!? 〜ご開帳に思う〜
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。ご開帳(ごかいちょう)って聞いたことありますか?寺社の神仏のお像を、毎月1日や10年に一度など、日にちや周期を決めて公開することです。おおむね、お厨子(おずし)の扉を開くことで、ご開帳をします。↓お厨子(ずし)=神仏を奉安する社開く時を限定する理由は?仏像の価値を高めるため?さまざまな理由があると思いますがいつもは隠して、時に開かれるその一番の理由は「仏様に、会いたい!見 [続きを読む]
  • 30年後のお寺。
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。報告平成28年の一年間「未来の住職塾」に通いました。「未来の住職塾」は、宗派を超えた僧侶や寺族が集い、一年間をかけ10年後、20年後のお寺の姿を考える講座です。講義では、マーケティング、財務、リーダーシップなど多角的にお寺を見つめ、今後の「寺業戦略」を作り上げてまいりました。感想事前の「未来の住職塾」の評判や評価は全く知りませんでしたが思い切って受講を決め、本当によかっ [続きを読む]
  • 修行は進んで。
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。昨年の12月21日冬至より、節分ご祈祷会(2月5日)まで朝「水行」という水垢離(みずごり)を行うようにしている。本日は、大雪。水をくみ出す、樽にも氷が張っていた。10年前に水をかぶり始めたときは時は、いやいやながらやっていた時もあったし水をかぶることは、偉いことだと思っていた時もあった。しかし、修行というものは誰かから言われてやっているものでもない。「嫌なら辞めればいい」 と [続きを読む]
  • 「お寺で学ぶ」〜薬膳おやつと健康まめ知識〜 開催しました!
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。平成28年12月20日 「お寺で学ぶ」〜薬膳おやつと健康まめ知識〜が行われました!私自身、修行中に食の?ちから?を身をもって体験した事からお寺で、「食物と健康のお話」の機会を開くことが念願でした。当日は、陰陽 五行のお話から始まり (気学ですね)それぞれの人が持つ体質にあった、食材のチョイスの方法など興味深いお話が沢山^^人それぞれに、生まれもった「星」があるように、そ [続きを読む]
  • 本能から、 離れて。。
  • 先日、家族と近くの公園にイルミネーションを観に行きました。寒い夜だったので、屋台でフライドポテトを買ったわけです。私はポテトにケチャップをつけながら、ふと子どもに「食べるか?」と促すと子どもは首を振って口を開こうともしない。いつもなら、喜んで食べるのに!おかしいな?と思い、私が全ていただきました。。。。夜中に腹の調子がおかしい。。どうやら、油が悪かったらしく 消化不良といいますかまるで腹内の動きが [続きを読む]
  • 火打ち石
  • 愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。お寺でご祈祷をする時、火打ち石を使います。こんな感じで。キンキンといった音がします。火花を散らして、空間を清めて 仏様にお経をあげる。火花を散らして、邪気を払い 参詣者のご祈祷を行う。この「火を打ち散らす」という事に意味があるのはもちろんですが、この キンキン  という 石と金属を叩きつける 「音」 にこそ意味があるのではないかと思うのです。この火打ち石の「音」を [続きを読む]
  • 妙君寺で学ぶ ?薬膳おやつと健康マメ知識?
  • こんにちは!愛知県一宮市 日蓮宗妙君寺です。「お寺でみんなが学べたらいいな。」常々そう思っています!この度は『薬膳おやつと健康マメ知識』  と題した学びの場を開催します!平成28年12月20日(火曜日)午後3時より(1時間半ほど) @お座敷参加費:1,000円◇ 参加希望の方は、直接メールにて下記必要事項を送信してください。1.氏名 2.電話 3.メールアドレス  ykatoh11@yahoo.co.jp まで日蓮宗 妙君寺HP↓http:// [続きを読む]
  • 身延山久遠寺⇒奥ノ院 思親閣
  • 日蓮宗の総本山 身延山久遠寺(山梨県身延町)へ行ってきました。尾張地方の青年層主催の団体参拝です。バス3台130名の大団体でこの度は、引率する側での参加です!往復580キロを日帰りで行ったものだから、時間との闘いでした(^_^;)新東名ができたとはいえ、愛知県からは片道4時間はかかります。身延山についたらすぐに、ロープウェイに乗り奥ノ院 思親閣(ししんかく)へ。一気に標高1,100?に上がったため寒くて寒くて。。。お弁 [続きを読む]
  • お会式(おえしき)のお下がり、何にしよう。
  • 毎年、11月の第2日曜に妙君寺で行われる「日蓮聖人お会式(おえしき)」日蓮聖人のご命日法要。 今年は、11月13日(日曜)午前10時半より。(11時半〜法話)ご参詣の皆さんに、参詣御礼の「お下がり」(おみやげ)をお渡ししています。日蓮聖人がお亡くなりになるとき、10月に時ならぬ“桜”が咲いた。その由来から、毎年紅白の食べ物をお土産をお渡ししています。去年までは、紅白のドーナツでした。今年は何にしよう。。。考え中です。 [続きを読む]
  • 日蓮宗 布教院(ふきょういん)
  • 9月。日蓮宗の説法研鑽の道場「布教院(ふきょういん)」にて修行させていただきました!日蓮宗では、日蓮大聖人の頃より言舌布教(ごんぜつふきょう)といってお説教により仏の教えを伝えることを重要としてきました。中でも、日蓮宗では「高座説教(こうざせっきょう)」という↓こういった高座に上がりお話をする独特のスタイルがあります。高座説教の方法、お話の組み立て方、説教師としての心構え などなど様々なことを布教院では [続きを読む]
  • 供養の形
  • 近年、「お仏壇は買わなければいけませんか?」「お墓は建てなければいけませんか?」という様な質問をよく受ける。私は「お仏壇やお墓があることで、家族の皆さんが手を合わせるならばぜひ求めてください」と答える。立派なお墓やお仏壇を作り、それで供養をしっかりしたと思い込み、手を合わせなくなるのなら買わないほうがいい。段ボールの上にお位牌を置いただけでも、毎日 個人を想い、供養と感謝の合掌続けられたら言う事あ [続きを読む]
  • 〇〇なお坊さん
  • 「どんな僧侶になりたいか。」と「周りにどんな僧侶とみられているか。」は、必ずしも一致しない。「僧侶」と「お寺」は切っても切れない関係である。あの紅葉で有名なお寺の住職さん。檀家さんが沢山いるお寺の住職さん。うち菩提寺の住職さん。というように、表現されることもある。いや、むしろ僧侶個人の特性よりも、お寺の特徴をで形容されると事の方が多い。となると、私の場合は 新しくこじんまりとしたお寺の住職さん。と [続きを読む]
  • 仏様も僧侶も檀信徒も 真剣!
  • お寺では様々な法要が行われます。祈祷、法事や葬儀などの法要です。妙君寺では、お時間をお約束して執り行います。皆さん、それぞれの思いを込めて真剣に手を合わせる。もちろん僧侶の私も真剣。 仏様は、ずっと昔から真剣。 に私たちの想いを受け取って下さいます。今、僧侶の派遣事業等が話題になっています。大半は、堕落した信仰であるなどの批判的な論調が目立ちますが。(あと、アマゾンを批判する方がいますが、アマゾン [続きを読む]
  • あなたに
  • 待機説法(たいきせっぽう)という言葉がある。「相手の機根(きこん)に応じて法を説く」ということです。「機根」とは、相手の理解の能力。お釈迦様は、教えを説く相手を見極めて お説教をされました。見極めるといっても、相手の理解の優劣を判断するのではなく、相手に合ったお話をするという事。これはとても大事なことで、せっかく相手にとって有益な情報も聞き入れてもらえなければ意味がありません。まず伝え方が大切という事 [続きを読む]
  • のぼりを掲げる。
  • お寺の境内に「のぼり」たてました。お寺にお祀りしております「妙見大菩薩」「大黒様」そして「お題目」ののぼりです。最初は、のぼり をたてると華やかになるかな~。といった気持ちでした。のぼり をたてて一か月。じわじわと、わかってきた事が。のぼり旗を掲げることは「決意」の現れなんだと。大河ドラマ戦国時代の合戦シーンでは、無数の「のぼり旗」が掲げられる。もちろん、のぼりには敵味方を見分けるための役割もある。 [続きを読む]
  • 行動を。
  • 中学一年時の担任の言葉が心に残っている。「まず行動を起こすこと」おそらくホームルームの時間だったであろうか、たとえ話も交えて話してくれた。「君が細い道を歩いていたとする。前を重い荷物を持ったお婆さんが歩いている。君は先を急いでいるが、お婆さんは重い荷物の為、ゆっくりしか進めない。」ここでどう行動をとるか。A「重い荷物を持って、お婆さんは可哀想だな。私は急いでいるが、お婆さんが路地を通り抜けるまで我 [続きを読む]
  • 無意識のうちに
  • 人間の心には「意識」と「無意識」がある。「意識」表面にあるもので、すぐに頭に思い浮かぶもの。「無意識」は、心の深層にあるもの。水面下の体積が大きい、海に浮かんだ流氷に例えられる。私たちの行動は「意識」よりも「無意識」から大きな影響を受けている。なぜなら「無意識」には私たちが生をうけてから(胎内にいるときから)の記憶と経験が蓄積されているからである。懐かしい音楽や、ふと感じた匂いで「忘れていた記憶」が [続きを読む]
  • なぜお経を読むのか。
  • 檀信徒の方とのやり取りの中で「なぜお経を読むのか」と尋ねられることがあります。分かっているようで明確には意識していない問題で、大切な疑問です。答えは「お経は、仏様、菩薩様の力の源となるから」お経。特に「妙法蓮華経」を仏様の前で読む事を、「法味(ほうみ)を言上する」といいます。お経は、この上なく美味しい食事なのです。私たちも、空腹であれば力を発揮することができない。お経を沢山お供えすることで、仏様菩薩 [続きを読む]
  • 団体参拝 京都 本能寺
  • 私が所属している  尾張日蓮宗青年会が団体参拝を企画。団体参拝?いわゆる団参(だんさん)本年は、「京都  本能寺」へ。日帰りの団体参拝は  人気がありますが、今回は  話題の「本能寺」ということもありバス3台:120名の大所帯??団体参拝は、お金、時間、身体を使ってお参りに出かけます。〓準備も大変ですし、疲れる。。しかし、日蓮聖人のお言葉で「蔵の宝より 身の宝  身の宝より 心の宝第一なり [続きを読む]
  • 住職が綴るブログ
  • 日蓮宗の僧侶としての日々。毎日お経をあげておりますと、様々な方がご相談にいらっしゃいます。身体の不調の事、精神的な事 、家族関係の事 など。誰もが悩みを持って日々を頑張っていらっしゃいます。「お寺に相談??それで不調が良くなるの?」と思われるかもしれません。妙君寺では、悩みの根本をまず 見つけます。そして 供養  や因縁消滅、法華経 お題目の信仰を通して  根本的な解決を目指します。精神的な不調 [続きを読む]
  • 金沢
  • 金沢城石垣の博物館といわれる。この色紙短冊積石垣。 長方形の石を 効率を二の次にしてまでも 縦に配置する美しさ。手間もかかった、奇抜さに批判もあったろう。 しかし現在において 称えられている。ふと「高僧になるより 名僧になれ  位(くらい)じゃ無い 名を残す働きをするのだ」かつて恩師から頂いた言葉が蘇った。日蓮宗 妙君寺HP↓http://www.myokunji.com愛知県一宮市木曽川町黒田錦里11TEL:0586-86-5054 にほ [続きを読む]