yonedamasaki さん プロフィール

  •  
yonedamasakiさん: yonedamasaki
ハンドル名yonedamasaki さん
ブログタイトルyonedamasaki
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/maesariki
サイト紹介文三重県松阪市で建築設計事務所を主宰しています。ケンチク・生活を通して日々の景色をしるします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2011/12/18 10:33

yonedamasaki さんのブログ記事

  • 20170818
  • ゆうがた.三男と家の周りを手をつないで散歩.昨日の水たまりが夕焼けで燃えていた.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • 小屋020
  • 2017.08.03 三重県松阪市Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • LODGER 写真
  • 松阪 LODGER & otomoni coffeeDesign office coiroの都さんが撮った写真を譲っていただきました.夜の雰囲気.人の気配があってないような、ないけどあるような.時間が流れているようで、とまっているような.coiroさんの写真から、エドワードホッパーの絵画の世界と同じ空気を感じました.ホームページのWORKSにつきましても、他完工projectとともにタダイマ更新作業中です.Facebook https://www.facebook.com/yonedase [続きを読む]
  • じゅんばんまち・・・
  • 興味がある本の入りと、消化ペースのバランスがとれておらず、未読本が山になってきました.少しずつ読んでは次、とあっちいったりこっちいったり.みっともない人体はもう数か月眠っています・・・.このお盆休みの旅先で室伏さんの 埋め込まれた建築 は読了.とても共感が多く、参考になった.どの本も楽しみなんですが、時間と夜の残りヒットポイント的になかなか進まず.次なる照準はトミヤマサンに譲っていただいた マテリ [続きを読む]
  • 20170811 - 0813
  • 20170811 - 08133日間 お休みをいただいて、ひとり建築巡礼の旅に出かけました.走った距離1450キロ.香川、徳島、高知、愛媛と四国を一周し、岡山の建築を見てきました.ひとりで旅すること.予定を自分で適宜組み替えれるし、もっとこの建築を感じていたいと思えば、次をあきらめてでもそこに滞在したり、逆もあったり.長い移動中、話す人もいないので、さっき体験した建築について自分と対話し、深く考える事もできます.そ [続きを読む]
  • 十色さん
  • 先日、伊勢市 鉄の家Sさんち にて、毎日放送の番組  住人十色の撮影打合せを行いました.当番組は4+1HOUSEでご紹介していただいて以来、ご連絡をいただきました.鉄の錆具合も良い感じでしっくり馴染んできています.夏の空と緑.川の水面とある生活.一緒に連れて行った3男も立体的な住まいに大はしゃぎ.(最初は犬を怖がっていましたが)お引渡しをしてから1年8カ月.ワンちゃんも2匹増えてるし、建主さんの活き活きとし [続きを読む]
  • 20170807
  • 近くの浜.干上がった時間を歩く.蜃気楼の先の造形群.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • 20170803 SKさんち
  • 20170803  亀山市 野原の中のSK邸上棟後の工程も順調に進んでいます.サッシ取付.大きな窓がスキップフロアの室内を上下、水平に縦断横断します.水平連続窓.寝間にある、一番高いところの窓.百日紅もうまくつかまえました.夕方SKさんをご案内していると、娘さんたちがこちらにも興味津々.棟梁のお弟子さんである若い大工さんが、業務が終わってから1時間たっても熱心に研ぎものをされていました.まいにち、まいにち、仕 [続きを読む]
  • 20170803六月農園 ハナレプロジェクト
  • 20170803六月農園 農体験 x ゲストハウス棟  本日完了検査が終わりました.もう少しだけ、建主さんとともに仕上げをし、お引渡しとなります.お待たせしててすみません、でもできてきましたね!あとすこし、引き続きましてよろしくお願いいたします.入口扉のガラスにうっすら写る 園主.田園風景をつかまえる.もともとあった垣根を切って、メガホン型の平面形状にして田園方向に開きました.高岡さんが手曲げしてくれたト [続きを読む]
  • 小屋019
  • 開放された外気   柱と斜材の杜   かるい屋根がつくる場所.  2017.08.02 三重県亀山市Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • Oさんち 竣工写真
  • 伊勢市 Oさんち写真家の川合勝士さんに撮っていただいた写真がとどきました.Oさんの設計当初からのご要望は古い昭和のビルや、小学校のような四角い無骨な建物が好きなので、外観は派手にデザインせずに設計してほしいということでした.空間のイメージも昭和初期のビルのイメージでしたので、ラワン合板型枠でラフなコンクリートの肌をつくりました.素地をおさえすぎず、粗さをもつ素材は、ピカピカの空間にはない落ち着きや、 [続きを読む]
  • 20170728SKさんち 上棟
  • 20170728亀山市 野原の中のSK邸.上棟しました.周辺の環境を立体的に掬って、居心地の良い場所たちをつくる事ができたんじゃないかと手ごたえを感じています.空間に見えてくる柱や梁の化粧材は三重県産スギの天然乾燥材をつかいました.大工さん、暑い中、ありがとうございました!SKさん、おめでとうございます.引き続きましてよろしくお願いいたします!Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepa [続きを読む]
  • 20170726SKさんち
  • 20170726 亀山市 野原の中のSK邸本日土台敷.お隣に建つお寺のお庭からの借景.百日紅の花が見ごろ.2階のお風呂の窓から、プライバシーを保ちつつ、このお花を楽しめるように設計しています.その隣は桜. 大きなイチョウ. 写真では切れているけれど大きなツツジも.なんて素敵な借景!もちろん、全て生活空間からこの恩恵を捉まえれるように設計しています!SKさんちは計画敷地自体も豊かなも木々と野原に包まれていますが [続きを読む]
  • にちようび
  • 20170723(日)昼過ぎまで図面を引いて、妻と子供たちとともに三重県立美術館  テオ・ヤンセン展へ.テレビで見たことがあった作品.海辺で風を受けて自走する機構.ストランドビーストと名付けられているそうです.パーツはホームセンターで手に入る電材用の樹脂管で出来ているそう.さわれたり.決められた時間になると、キュレーターの方が実動のデモンストレーションを説明付きで行ってくれています.この大きな作品が、空気 [続きを読む]
  • お客さん
  • おととい、現場監理のため、事務所を出ていたさき、妻からのLINEが届く.『お客さんが来てくれました』留守を申し訳なくおもい、『すでに僕がお会いした方?』と質問を返すと、『たぶん知っている方』との返信とともに送られてきた来客者の写真.彼が家の周りをぐるぐる何周もまわっていたり、前の野原を走る様子を見たことがあるので、確かにあった事がある方だ.動物は全般にとても好きですが、個人的に特に好きなどうぶつベスト [続きを読む]
  • 上棟準備完了
  • 亀山市 野原の中のSK邸20170718 水道配管工事 20170720 基礎非耐力部コンクリート工事(土用の間日を狙って今日ピンポイント施工)いつもお世話になっている最高の職人さん達と一緒に、自分が設計した建物を建てられる喜び.ありがとうございます.上棟に向けて、材木業者の上垣内さんも、プレカットの笠原さんもたくさんの尽力をいただきました.いよいよ来週上棟です.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?re [続きを読む]
  • ぼくの夏休み 3
  • 20170717 (月)トミヤマサンと一緒に、津市のcafe tayu-tauさんで開催されたがらくた市に.出展されていたnijiiroさんのお店.オモシロくて顔がにやけます.出会ったガラクタを一部ご紹介.江戸 - 明治の手紙.  抽象画みたいな肌がステキ.和菓子?の型だったそう.ぼくんち、表札ないのでこれを表札にしようかと.(この中に コメ も タ も はいってます。笑)本居宣長公の石膏型.(すでに廃業されている 本居宣長 [続きを読む]
  • ぼくの夏休み 2
  • 20170716 (日)寿司を食べた後、翌日の休日を心置きなく楽しめるようにしっかり仕事して、夜からひとり、レストランカルティベイトの山本さんにお誘いいただいていた『雨の日の音楽会』  へ. (妻は夜もみこし)河合 悠 さんのキャンドルが揺らぐ小さな空間の中、斉藤 功 さんいろのみ さんの心地の良い音楽.良い音色に包まれたら、帰りの夜道が少し違って見えた.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha [続きを読む]
  • ぼくの夏休み 1
  • 20170716 (日)妻はみこしを担ぎに行って、家に僕ひとり.スーパーで780円のちょっと良い寿司を買ってきて、ヒノキの板に並べて、稲穂を見ながら食べる.普通にパックで食べるよりも おいしかった.(草も刈らないと、写真映えしないな・・・)Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yoneda [続きを読む]
  • 八百屋さん
  • 僕が住む町にある八百屋さん.たくさんの野菜が床面にぎっしり.僕はここに空間がある、と思った.もしもここに野菜がなければ空間がないのだろうか.ないのかもしれない.(魅力的なフレームなので残るかもしれないけど、弱まると思う.)ある時、敬愛する写真家に、「昼間は 場所の力 が見えなかったのに、夜になってそこを通ってみると とてもすごい場所に変貌していることがある.逆に夜はなんとも思ってなかった場所に昼間 [続きを読む]
  • 20170711
  • 昨年から進めている伊賀のプロジェクト.依頼主である陶芸家さんが年に数度の窯焚きをされるということで、見学のお誘いを頂戴しました.向こうにのぼる煙.凄い熱気.伊賀焼きは同じ陶器を何度も何度も焼き、松灰をかぶせてビードロや景色をつくっていくと教わる.暑い熱い真剣勝負の場、冷たいお抹茶をいただきました.大変貴重な経験をありがとうございました.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_h [続きを読む]
  • 20170711SKさんち
  • 20170711 野原の中のSK邸.基礎コンクリート打ち.立会い.夏の陽射し.  夏の草花.  麦わら帽子.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • 藤森さんの茶室の話し
  • 6月の半ば頃、三重県生涯学習センターにて「半泥子と千歳山荘」 講師:三重大学教授 菅原洋一氏「茶と茶室について」 講師:建築史家・建築家 江戸東京博物館館長 藤森照信氏の講演を聴く.茶の湯の流れ、茶室の成立ち.利休のわび茶と建築の形式への発展、流れ.大変わかりやすく勉強になりました.帰宅後、最寄りの本屋さんで早速気になっていた藤森さんの茶室指南本を購入.読了.すると、ますます興味が出てきて、10年少 [続きを読む]
  • 20170706
  • 明和町 六月農園 ゲスト棟新築工事建主さんとともに、セルフ漆喰塗り.田んぼを通り抜けてくる風が気持ち良い.Facebook https://www.facebook.com/yonedasekkeisha/?ref=aymt_homepage_panelinstagram https://www.instagram.com/yoneda_masaki/ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com [続きを読む]
  • マンガと音楽
  • 先日、マンガを愛する建主さんにプレゼントしたマンガ.先日、大切な友人にお貸ししたマンガ.バカとゴッホ.  (加藤伸吉 講談社 2000年)を再読.泣きました・・・.極めて私的な事だけど、20歳そこそこの頃、ビレッジバンガードで偶然このマンガに出会って、その時は『記憶に残るとてもよいマンガ』という印象だったけれど、改めて読んでみると、その後の自分の考えや行動は、このマンガにずいぶん影響されていることに気づ [続きを読む]