starmay さん プロフィール

  •  
starmayさん: star☆mayのブログ
ハンドル名starmay さん
ブログタイトルstar☆mayのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/starmay12/
サイト紹介文自閉症と診断された2人の子供と、うつ病の妻を抱えたパパの奮闘記。
自由文以前のブログはこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/starmay/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/12/18 21:23

starmay さんのブログ記事

  • 地元の研修会でお話させて頂くことになりました。
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)このたび、妻がお世話になっている精神科の主治医の先生からお誘いがあり、障害児・者の療育や生活支援に従事する方々を対象に開催される研修会に、先生と一緒に夫婦で登壇させて頂くことになりました。謝礼はなく完全なボランティアですが、お引き受けさせて頂くことにしました。貴重な経験や人との出会いは、経験したくてもなかなか機会に恵まれないものです。先生には、この [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(5)
  • いきさつは前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)支援学級の先生方と入れ違いで、starちゃんの交流担任の先生が来られました。4月から支援学級の生活の授業が無くなり、代わりに交流の授業が増えました。starちゃんは学校の事を殆ど語ってくれないし、連絡ノートにも何も書かれていないため、交流学級での様子が私たちには全く分かりません。私たちは、starちゃんのことで今不安に思うことを先生に打ち明けました。私たちが最も [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(4)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)カウンセラーさんとの面談のあとは、starちゃんの家庭訪問。時間差で、お二人の支援学級の先生と、交流の先生にお会いする事が出来ました。最初に、支援学級の先生方が来られました。そして、以前から気になっていた事をお聞きすることが出来ました。他校から赴任されてきた知的クラスの先生は、以前から特支の経験がお有りとの事。クラスが違うので先生と直接関わる機会は少な [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(3)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)スクールカウンセラーさんとの面談の日。妻と二人で小学校に行ってきました。カウンセラーさんもこの4月で入れ替わり、この日が赴任の初日。本当に、何もかもが新しいものばかり。前までお世話になったカウンセラーさんからの引継ぎもまだの状態。そのため、これまでのいきさつや家庭環境など、背景から説明させて頂くことにしました。弟のstarちゃんは4年生で、支援学級(情緒 [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(2)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)昨年、starちゃんの支援学級に兄弟二人が通常学級から移ってきました。その日を境に、支援級の雰囲気がガラッと変わったそうです。教室内を走り回り、兄弟喧嘩が絶えないといった様子。starちゃんは聴覚過敏。去年は、騒がしい交流学級の雰囲気に耐えられず、教室を何度も飛び出しました。それが今年は、騒がしくなった支援学級に耐えられず、教室を飛び出してしまいました。私 [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(1)
  • 3月末に話は遡ります。教頭先生から電話があり、starちゃんが在籍する支援学級での今後についてお話がしたいとの内容でした。私も仕事の休みをとり、妻と二人で小学校に行ってきました。教頭先生から受けた説明を要約すると・・・4月から、支援学級の「生活」の授業が廃止になる。その代わりに、交流の授業が増える。という内容でした。starちゃんは、理科と社会の授業が大好きです。だから、出来ればstarちゃんに学校でもっと理 [続きを読む]
  • さをり織り体験。
  • お姉ちゃんが石以外に今、夢中になっているものがあります。それは、さをり織りです。きっかけは、昨年の児童デイサービスでの出来事。急遽、木曜日にデイの空きが出来たため、利用させて頂くことにしました。その際、作業所として利用されているさをり織りの工房で、織物を体験。さをり織りの楽しさを知り、すっかり夢中になりました。それが今年になり、mayちゃんが通うことになった塾の日と重なり、利用できなくなってしまいま [続きを読む]
  • 東京ラーメンストリート「六厘舎」さんの特製つけ麺。
  • 東京でのシンポジウムのもう一つの楽しみ。それは、SNSで知り合った東京方面のお友達、二人と直接お会いできること。私たちがシンポジウムに登壇すると聞き、応援にかけつけて下さいました。お友達とは東京駅で落ち合う予定だったのですが・・・東京駅が、こんなにも広いとは思いもしませんでした。待ち合わせ場所が分からず、道に迷ってしまいました。私は相手のお顔を存じませんでしたが、TVを観て下さっていたお友達が私を [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー2017 シンポジウム(5)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)壇上にあがると、私の緊張はピークに達しました。会場の皆さんは、全部お芋さんだと思うようにしましょう(笑)当初の企画書では、シンポジウムの冒頭で妻の手記「ヘン子の手紙」を妻自身が読む予定になっていました。でも、きっと緊張して嫁さんはまともに読めそうにないので、司会者の方に代わりに代読して頂くことにしました。凄く心を込めて読んで下さって、とても感動しま [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー2017 シンポジウム(4)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)妻のNHK障害福祉賞の受賞を機に、4/8(土)に東京の新霞が関ビルで開催された、世界自閉症啓発デー2017シンポジウムに夫婦で登壇させて頂くことになりました。(公式ホームページはこちら)私たちのパートは、シンポジウム3 「身近な人の理解」。シンポジウムの内容は後日、公式HPで動画が公開されます。300人の会場で緊張の連続でしたが、なんとかやりきりました。終わっ [続きを読む]
  • 普段の遊びを通じて学ぶこと。
  • 子供たちが今、熱中している遊びがあります。カードゲーム「バトルスピリッツ」。カードの絵が格好よく、アニメの影響もあり子供たちのハートを鷲掴み。これなら、親子でも遊べるかな?と思って始めたのがきっかけ。この遊びが案外、子供たちにとって良い意味で刺激になっています。やり始めの頃は、本当に大変でした。最初はルールも分からず、負けるたびに悔しさで癇癪を起していました。でも、次第にルールを理解し始めると、楽 [続きを読む]
  • 塩町ラーメン「高田屋」さんの塩ラーメン。
  • 昨日は職場の同僚の送別会。お酒を飲んだ後は、〆のラーメンが無性に食べたくなります。姫路駅から歩いて5分。塩町ラーメン「高田屋」さんに行ってきました。一番人気は豚骨の「白」らしいのですが、散々飲んできた後なので、あっさり塩ラーメンをチョイス。結局、一緒に行った同僚三人全員が塩ラーメンに。麺はちじれ麺。まずはスープを一口。ずずずずっ・・・・うん。旨い!お酒を飲んだ後の胃袋にスープが染みわたる。今度来た [続きを読む]
  • スクールカウンセラーさんとの面談。
  • 昨日は、妻がスクールカウンセラーの先生とお会いしてきました。先生とは三年前にお会いしたきり、だったらしいのですが・・・その先生は、妻のことを覚えて下さっていたそうです。子どもたち二人の最近の様子で、特に気になっているのはstarちゃん。starちゃんの精神状態が今、不安定な状態になっています。家庭でも学校(交流)でも、パニックを起こす頻度が明らかに増えてきています。交流での騒音(クラスメートのざわつき、大 [続きを読む]
  • 食生活の改善。
  • 実は最近、妻の調子があまり良くありません。うつ病には、鉄分補給が良いそうです。鉄分を多く含む食品といえば、レバーやひじき、貝類。・・・いずれも、妻にとっては大嫌いなものばかり。偏食も鉄分不足に陥る大きな要因となっています。先日、鉄分不足ではないかとのアドバイスを頂き、それを思い出しました。以前、妻が鉄分不足を意識して食べていたものがあったのです。最近はすっかりご無沙汰していたのですが・・・もしかし [続きを読む]
  • 「子供は天使」とは、よく聞くけれど・・・
  • 「子供は天使」とは、よく聞くけれど・・・ もうすぐ、ごはん出来るから。 もう少し、待っててくれる? 無理!待てない。今食べたい。 もう無理!お腹空いた〜。(勝手に冷蔵庫を開けて食べ物を探し始める) もうすぐ、お父さんが帰ってくるから。 そうしたら、お出かけしようね。 無理!つまらない!退屈! やだ。ピュー。(家の外へ)今、食べたい。今、遊びにいきたい。自分の欲求に対 [続きを読む]
  • 4月から娘が通う発達障がい専門の塾の申し込みを済ませました。
  • いきさつは、過去記事を参照下さい。(前回のいきさつ)4月から娘が通う塾の申し込みを本日、済ませました。入会金、年会費、月謝で4.5諭吉。マンツーマンでの指導だと、このくらいで普通なのか。 3月は卒業で空きが出やすく、今のこの時期を逃すと、次に空きが出るのは下手をすると一年待ちになってしまいます。経済的負担は大きいですが、これも娘のため。パパは残業・休日出勤でがんばります。 塾の申し込み用紙には、妻が娘の [続きを読む]
  • 想像力の障がい。
  • 発達障がいの特徴の一つとして、「想像力の障がい」が挙げられる。しかし、発達障害の子供は、本当に想像力が欠如しているのだろうか。私は、「想像力」の意味合いが少し違うのではないかと思っている。ここでいう「想像力の障がい」とは、「思考回路の柔軟性」いわいる、「ファジー機能」のこと。少なくとも、我が家の子供たちや妻には、そんな便利な機能はなさそう(笑)。妻は、少なくとも我が家の子供たちに限って言えば、想像 [続きを読む]
  • 大衆中華「六番」さんの「ちゃんぽん」。
  • パパの趣味はラーメンです。というわけで、今日は友人と、大衆中華「六番」さんに行ってきました。お目当ては、看板メニューの「ちゃんぽん」。私は、酢豚定食をオーダー。+150円で、ラーメンを「ちゃんぽん」に変更できます。小ライスとお漬物がついて、このボリュームで1000円!コストパフォーマンスは、もうばっちり。お目当てのちゃんぽんは、とろみがかかってアツアツ。野菜や海鮮など、具もたっぷり。まさに、期待した [続きを読む]
  • 自傷行為。
  • 我が家の子育ては、決してきれいごとばかりではない。子供の自傷行為が、私の目の前で繰り返される。掻き毟った娘の頭皮はただれ、かさぶたまみれ。そのかさぶたさえも、掻き毟って剥がれ、血がにじんでいる。そのストレスを発散するため、家の中で大声で歌い続けている。それでも発散しきれず、怒りの矛先が弟に向いてしまっている。その事が、妻への大きなストレスとなっている。イライラを抑え切れない息子。外食先で突然、テー [続きを読む]
  • 褒めても褒めても褒めたりない娘。
  • 見て見てー! 凄い?凄い? 写真に撮ってー!娘の「見て見て期」は、またまだ終わる気配がありません。娘は通常学級ですが、友達や先生は当然ながら、自分だけを見てくれる訳ではありません。その反動が、家庭で吹き出しているような気がしています。注目されて、褒められて安心する子供は、いくら構っても構いすぎる事は無いと思う。見て見て期の子供には、親は構ってあげれるだけ構ってあげたほうが良い。この時 [続きを読む]
  • 妻の障害基礎年金の更新審査を社労士さんに依頼しました。
  • いきさつは、過去記事を参照下さい。(前回のいきさつ)妻の障害基礎年金の更新審査の時期が今年もやってきました。今回、医師の診断書を提出したところ、日本年金機構から追加資料の提出を求める封書が届きました。提出期限は、2週間しかありません。精神障害に関する兵庫県の障害基礎年金の不支給率は、全国ぶっちぎりのワースト1位。(前記事を参照下さい)記載の内容によっては不受給になる可能性が高いので、社労士さんに相談 [続きを読む]
  • 精神の障害にかかる等級判定ガイドライン(3)
  • いきさつは前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)日本年金機構のホームページに、診断書の記載要領についても公開されていました。何かの参考になりましたら幸いです。縦軸は、日常生活能力の判定で、4段階評価。(2級判定の目安:平均2以上)1→できる2→おおむね出来るが時に助言や指導が必要3→助言や指導があれば出来る4→出来ない横軸は、日常生活能力の程度で、5段階評価。(2級判定の目安:3以上)(1)社会生活は普 [続きを読む]
  • 精神の障害にかかる等級判定ガイドライン(2)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)2016年9月から実施された、「精神の障害にかかる等級判定ガイドライン」。等級判定の基準を統一化することで、地域による不公平さを解消しようという狙いのようです。障害年金は、大きくわけて二種類存在します。一つは、障害基礎年金。もう一つは、障害厚生年金。どちらに該当するかは、申請の事由となる初診日において、どちらの年金に加入していたかで決まります。就職前に [続きを読む]