starmay さん プロフィール

  •  
starmayさん: star☆mayのブログ
ハンドル名starmay さん
ブログタイトルstar☆mayのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/starmay12/
サイト紹介文自閉症と診断された2人の子供と、うつ病の妻を抱えたパパの奮闘記。
自由文以前のブログはこちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/starmay/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/12/18 21:23

starmay さんのブログ記事

  • 長男の社会科見学。(後編)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ) もう行っていい?いってきまーす! いつもより10分も早く、笑顔で登校していったstar。仕事を終えた私は、早速starに聞いてみました。 おかえり!今日は楽しかった?うん。 ・・・・・・・え?それだけ? 何が楽しかった?・・・・・・・エコパークに行ったんでしょ?うん。 どんなことしたの?ゴミ処理の仕方を勉強した。リサイクルの事とか説明して・・・クイズ大会とかした [続きを読む]
  • 長男の社会科見学。(前編)
  • 日曜日はmayの希望で、子供たちを連れて温水プールに出かけました。わたしは、プールが大、大、大嫌い。というか、泳ぐのが超・超・苦手です。  二人とも疲れているから、今日は休ませた方が・・・ いや、やりたい事をやらせた方がリフレッシュになる! もう、わかった。プールには行こう。でも、自分はプールには入らないよ!と最後まで駄々をこねて必死に抵抗したのですが・・・奮闘虚しく、二人を連れて温水プールに入る事に [続きを読む]
  • 支配する側とされる側。親子の共依存。
  • 親と子の共依存の特徴。 親は、子供を否定することで子供より優位に立ち、子供に自分の言う事を聞かせようとする。親は、子供を支配しているという自覚などない。周囲から見ると、一見して「子育てに熱心な親」のように見える。 自尊心が育たなかった子供は、無意識に親の支配を受け入れ、親に従う。次第に自分の意思を持たなくなり、精神的自立が困難な状態となる。 いわゆる「反抗期」というものを経験していない子供。親の言う [続きを読む]
  • 障害基礎年金の再審査請求。(3)
  • いきさつは、過去記事を参照下さい。(前回のいきさつ) 妻の障害基礎年金が不受給(2級→3級)になり、社労士さんと連絡をとりあいながら、再審査請求の手続きを進めています。そして、社労士さんからのアドバイスで、厚生労働省に「保有個人情報開示請求」を行いました。請求したのは、障害状態認定調書。知りたいのは、認定医が3級相当と判断された根拠です。 待つこと、1ケ月。やっと、私たちの元に封書が届きました。早速、 [続きを読む]
  • 障害基礎年金の再審査請求。(2)
  • いきさつは、過去記事を参照下さい。(前回のいきさつ) 5月2日に障害年金支給額の変更通知書が届きました。結果は2級から3級へ。妻は厚生年金に加入していないため、不支給となりました。(障害基礎年金の支給は2級以上、障害厚生年金の支給は3級以上) 診断書の内容は2級相当である事は、社労士さんにも確認済なので間違いないと思います。恐らく、後から提出した追加資料(日常生活及び就労に関する状況について(照会))の [続きを読む]
  • ストレスの限界。
  • (2017年5月31日) 妻からメールが届いた。限界、限界、限界、限界、限界、限界、限界もう、無理、無理、無理、無理 私が帰宅するのを待って、妻はmayを連れて家を出ていった。どうやら、カラオケに行くらしい。聴覚過敏のstarちゃんは、カラオケは苦手。必然的に、お父さんとお留守番する事になった。starちゃんは、大好きな百科事典を読んでいる。 starちゃんに事情を聞いてみた。どうやら、お母さんとお姉ちゃんが喧嘩をしたら [続きを読む]
  • 学校でのストレス。
  • (2017年5月31日) mayちゃんのストレスが溜まってきています。昨日は、「イライラするので一人になりたいです」と自分から先生に伝えてクールダウン。暫くして落ちついてから教室に戻ると、担任の先生に通級に顔を出すよう勧められて、そのまま通級で過ごしたようです。学校の様子を聞いても、「しんどかった」としか言わなくなってしまいました。放課後デイの先生もmayの様子に気付き、手紙を頂きました。mayちゃんにとっての今 [続きを読む]
  • 出会いと別れ。
  • (2017年5月28日) 癒し目的で入った、ペットショップ。そこで、出会ってしまった。それは、とっても愛らしいわんちゃん。ポメラニアンの赤ちゃんです。 優しい飼育員さんに育てられたのでしょう。初対面にも関わらず、怖がらずに抱っこさせてくれました。抱っこ中も、じたばたもがくようなそぶりもなく。もって産まれた性格なのか、とってもおとなしい子。妻にとっては、運命的な出会いだったようです。 mayちゃんも、とっても気 [続きを読む]
  • 個別の教育支援計画。
  • (2017年5月24日)この日は午後から休暇をとり、妻と一緒に小学校に行ってきました。毎年、この時期は子どもたちの個別の教育支援計画立案のため、小学校に訪問しています。 6年生のmayちゃんの学校での目標は、大きく分けて二つ。①通級の頻度を減らし、最終的に卒業を目指す。→自分から交流担任の先生やクラスメートに友達に相談し、イライラや悩みを解決できるようになる。②友達とのコミュニケーションスキルを身に付ける。 [続きを読む]
  • 「麺屋甚八」さんの「特製鶏とろみそば」。
  • (2017年5月12日) パパの趣味は「ラーメン」、という訳で、この日も友人とラーメン定例会を開催。お互い、以前から気になっていたお店に行ってきました。地元では、結構有名なお店との事。とっても楽しみです。 お店は、パチンコ屋さんの駐車場の向かいに立地。私はパチンコはやらないので、パチンコ屋基準で道案内されるとチンプンカンプン(笑) お店の中では数人が順番待ち。しばし待つ事、15分。私たちの番がやってきました [続きを読む]
  • ハートネットTV 障害福祉賞2016
  • (明日)5/24(水)20:00〜 NHK ハートネットTV  昨年末に放送されたハートネットTVの私たちの回が、明日にアンコール放送される事になりました。 こんな考え方もあるんだ。こんな家族のあり方もあるんだ。そんな風に感じて頂けたら、とても嬉しく思います。 番組を観て下さった皆様。番組宛にリクエストを送って下さった皆様。本当にありがとうございました。 別居生活を余儀なくされ、家庭崩壊まで秒読み態勢だった時 [続きを読む]
  • 交流学級での息子の様子。
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)交流担任の先生のおかげで、交流学級での息子の様子を連絡ノートで知ることが出来るようになりました。酷くなっていたアレルギーによる痒みについて。家庭ではお風呂上りにいつも痒がり、爪を立てて掻き毟ろうとします。これ以上悪化させる訳にもいかず、静止するとパニックを起こしていました。痒いのに、掻けない。こんな状態だったら、誰だってイライラしますよね。爪を立て [続きを読む]
  • 〜書籍紹介〜 ヨチヨチ父
  • 「お父さんに読んで欲しい本」として妻が私に買ってくれた本の中から一冊を紹介します。ヨチヨチ父著者:ヨシタケシンスケ氏パパ目線での初めての育児がテーマの4コマ。読みながら子供たちが産まれた当時の記憶が蘇り、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。読むととても優しい気持ちになれる作品です。子供の頃は、周りと比べられるのがあんなにいやだったのに。いざ自分が親の立場になると、我が子が周りの子と違う所があ [続きを読む]
  • 地元の研修会でお話させて頂くことになりました。
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)このたび、妻がお世話になっている精神科の主治医の先生からお誘いがあり、障害児・者の療育や生活支援に従事する方々を対象に開催される研修会に、先生と一緒に夫婦で登壇させて頂くことになりました。謝礼はなく完全なボランティアですが、お引き受けさせて頂くことにしました。貴重な経験や人との出会いは、経験したくてもなかなか機会に恵まれないものです。先生には、この [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(5)
  • いきさつは前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)支援学級の先生方と入れ違いで、starちゃんの交流担任の先生が来られました。4月から支援学級の生活の授業が無くなり、代わりに交流の授業が増えました。starちゃんは学校の事を殆ど語ってくれないし、連絡ノートにも何も書かれていないため、交流学級での様子が私たちには全く分かりません。私たちは、starちゃんのことで今不安に思うことを先生に打ち明けました。私たちが最も [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(4)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)カウンセラーさんとの面談のあとは、starちゃんの家庭訪問。時間差で、お二人の支援学級の先生と、交流の先生にお会いする事が出来ました。最初に、支援学級の先生方が来られました。そして、以前から気になっていた事をお聞きすることが出来ました。他校から赴任されてきた知的クラスの先生は、以前から特支の経験がお有りとの事。クラスが違うので先生と直接関わる機会は少な [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(3)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)スクールカウンセラーさんとの面談の日。妻と二人で小学校に行ってきました。カウンセラーさんもこの4月で入れ替わり、この日が赴任の初日。本当に、何もかもが新しいものばかり。前までお世話になったカウンセラーさんからの引継ぎもまだの状態。そのため、これまでのいきさつや家庭環境など、背景から説明させて頂くことにしました。弟のstarちゃんは4年生で、支援学級(情緒 [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(2)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)昨年、starちゃんの支援学級に兄弟二人が通常学級から移ってきました。その日を境に、支援級の雰囲気がガラッと変わったそうです。教室内を走り回り、兄弟喧嘩が絶えないといった様子。starちゃんは聴覚過敏。去年は、騒がしい交流学級の雰囲気に耐えられず、教室を何度も飛び出しました。それが今年は、騒がしくなった支援学級に耐えられず、教室を飛び出してしまいました。私 [続きを読む]
  • 支援学級への不信感。(1)
  • 3月末に話は遡ります。教頭先生から電話があり、starちゃんが在籍する支援学級での今後についてお話がしたいとの内容でした。私も仕事の休みをとり、妻と二人で小学校に行ってきました。教頭先生から受けた説明を要約すると・・・4月から、支援学級の「生活」の授業が廃止になる。その代わりに、交流の授業が増える。という内容でした。starちゃんは、理科と社会の授業が大好きです。だから、出来ればstarちゃんに学校でもっと理 [続きを読む]
  • さをり織り体験。
  • お姉ちゃんが石以外に今、夢中になっているものがあります。それは、さをり織りです。きっかけは、昨年の児童デイサービスでの出来事。急遽、木曜日にデイの空きが出来たため、利用させて頂くことにしました。その際、作業所として利用されているさをり織りの工房で、織物を体験。さをり織りの楽しさを知り、すっかり夢中になりました。それが今年になり、mayちゃんが通うことになった塾の日と重なり、利用できなくなってしまいま [続きを読む]
  • 東京ラーメンストリート「六厘舎」さんの特製つけ麺。
  • 東京でのシンポジウムのもう一つの楽しみ。それは、SNSで知り合った東京方面のお友達、二人と直接お会いできること。私たちがシンポジウムに登壇すると聞き、応援にかけつけて下さいました。お友達とは東京駅で落ち合う予定だったのですが・・・東京駅が、こんなにも広いとは思いもしませんでした。待ち合わせ場所が分からず、道に迷ってしまいました。私は相手のお顔を存じませんでしたが、TVを観て下さっていたお友達が私を [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー2017 シンポジウム(5)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)壇上にあがると、私の緊張はピークに達しました。会場の皆さんは、全部お芋さんだと思うようにしましょう(笑)当初の企画書では、シンポジウムの冒頭で妻の手記「ヘン子の手紙」を妻自身が読む予定になっていました。でも、きっと緊張して嫁さんはまともに読めそうにないので、司会者の方に代わりに代読して頂くことにしました。凄く心を込めて読んで下さって、とても感動しま [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー2017 シンポジウム(4)
  • いきさつは、前記事を参照下さい。(前回のいきさつ)妻のNHK障害福祉賞の受賞を機に、4/8(土)に東京の新霞が関ビルで開催された、世界自閉症啓発デー2017シンポジウムに夫婦で登壇させて頂くことになりました。(公式ホームページはこちら)私たちのパートは、シンポジウム3 「身近な人の理解」。シンポジウムの内容は後日、公式HPで動画が公開されます。300人の会場で緊張の連続でしたが、なんとかやりきりました。終わっ [続きを読む]