gonchan0810 さん プロフィール

  •  
gonchan0810さん: 「配当金を雪だるま式に増やす投資日記」
ハンドル名gonchan0810 さん
ブログタイトル「配当金を雪だるま式に増やす投資日記」
ブログURLhttp://dividendsnowball.blogspot.com/
サイト紹介文配当金で配当金の雪だるまを作るための株式投資日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/12/23 17:12

gonchan0810 さんのブログ記事

  • 長男の保護者懇親会
  • ジョギング中に一枚。向こうに見えるのは幕張新都心 真ん中のスリムで高いのがAPAホテル(旧幕張プリンスホテル)です昨日は長男の保護者会のようなものがあった。簡単に言うと、担任の先生と長男の学校での様子と家庭での様子を保護者と情報交換をすることと、現在の学級の様子及び今後のスケジュールなどの通知といった感じでした。この手の会は母親の仕事、と思っていたが、土曜日に開催することと、妻がついてこい、というの [続きを読む]
  • A型のダンナとB型の妻の関係
  • 我が家のことです。私の血液型がA型であることは容易に想像つくでしょう。ブログ歴10年超、コツコツ配当型投資スタイル、慎重派で先を計算して行動など。妻の方は、楽観的、その場限り、大雑把。よく結婚したものだ(爆笑)。スポンサーリンク 普通に考えると、「バランスが取れていい」ということの様なのだが、実際にはお互いこの違いにイラついているようです。例えば、私は、子供の学費にいくらかかって、そのために自分は毎年 [続きを読む]
  • NTTの長期業績推移 配当の源泉力を考える 私見です 3 今後どうなるのか?
  • (ご参照)その1その2一応、2018年3期にEPS400円というのが当面の経営目標になっているようです。NTTの課題は海外事業の収益性改善でしょうか? ディメンションデータの損益がイマイチな点と、デルのデータルーム事業の早期収益貢献化が一つ目の課題と考えられています。国内の方は、スマホ合戦がひとまず終わり、ドコモの収益も改善してきて、格安スマホが台頭しています。スポンサーリンク 一応、各格安スマホ提供者は圧倒的 [続きを読む]
  • NTTの長期業績推移 株主還元/配当の源泉力を考える 私見です 1
  • なぜNTTは急に配当還元、株主還元に力を入れだしたか?何が株主還元の原資となっているのか?今後、どうなるのか?をざっくり考えていきます。3回シリーズです。第1回。スポンサーリンク なぜ株主還元に力を入れだしたのか(私見)多分、「株主の圧力」だと思います。財政難の日本政府は消費税増税とかで国家財政の安定化を望んでいました。「消費税を増税する前にやることがあるだろう?」とずっと言われていて、東日本大震災の復 [続きを読む]
  • 働きたい人と働きたくない人 あなたはどっち その2
  • その1はこちらです。働きたい人と働きたくない人 あなたはどっち? 2017/1/14スポンサーリンク なんだか経産省の事務次官が若手官僚を使って、やっているプロジェクト「次官・若手プロジェクト」なるものがあるようで、その資料の一部で「居場所のない定年後」という問題定義をやっているのですが、「60歳以上の方に、何歳ぐらいまで働きたいか」を質問した、内閣府のアンケート結果が掲載されていました。それによると、こんな [続きを読む]
  • 配当利回りが高いけど、配当成長率が低い銘柄への投資
  • AT&TのDRIPで、「配当利回りが高くとも、配当金の成長率が低い銘柄」への投資について考えてみました。配当金の成長率が高い方がいいのか、配当利回りが高い方がいいのか、理論的に考えても大きく意味が違わないかもしれません。スポンサーリンク 10%の増配を繰り返す企業は株価の成長率も高いと考えられ(EPSの成長分だけDPSが成長し、株価も成長するという前提)ます。かつ、株価の成長は税金の繰延効果もあるので、福利効果も [続きを読む]
  • DRIP口座で投資したAT&Tのこれまでの投資成果
  • 配当利回りと配当の成長率の関係の続きになります。私がFirstradeで保有しているDRIP仕様のTの状況を見てみましょう。スポンサーリンク 取得時期は2011年でした(正確な年月日は記録されていません。すみません)。200株を数回に分けて取得し、平均取得株価は$29.6でした。当時、$30を下回ると、配当利回りが5.3%ぐらいになったと思います。投資総額は5920ドル、受取配当は、ざっくり5%とみて296ドル(税込み)でした。DRIP(配当 [続きを読む]
  • 配当利回りと配当の成長率の関係
  • 配当金の積み上げを投資の目標に置く人が増えている(ように勝手に思っている)。一株当たり配当金(DPS:Dividend Per Share)の成長率が高いと、ポートフォリオ全体の受取配当金の成長が早くなるように思えます。例えば、AT&T(T)のように、配当利回りが5%以上あってもDPSの成長率が2%程度の場合、保有していてもDPSの増加が遅いため退屈で少しイライラするかもしれません。一方、MaserCard(MA)やVISA(V)のように、DPSの [続きを読む]
  • もうすぐ50歳
  • 誕生日は8月です。40代もあとわずか。アラフィフというと中途半端なのですが、「50歳」というと、ずっしり響きます。30歳の時も、40歳の時も響きましたが、、、。精神年齢的には、たぶん30代ぐらいの感覚なのですが、白髪が増えたり、髪の毛が薄くなり始めたり(幸い、体型は日ごろの節制があるので自信がある。顔つきは親譲りの童顔なので実年齢より年下に見えるようです。それでもさすがに40代前半代)、オッサン真っ盛りという [続きを読む]
  • 増配ラッシュです
  • 爪の垢でも煎じて飲みます「増配」といえば、Dividend Aristocrats等米国企業のオハコですが、5月は3月決算の日本企業の決算発表がピークで、6月の定時株主総会の議案として増配を取締役会で決議するケースが多いです。私の持ち株は米国株の方が多いのですが、米国でも4月ごろに増配を決議するケースが多いです(しかしながら、最近は12月決算の米企業が翌年1月にサッサと増配発表するケースも増えている)。ともに株主総会前に、 [続きを読む]
  • ありがとうサービス(3177)を売却
  • 昨日は、業績が伸び悩んでいる米国株を売却せずにホールドしているやや優柔不断な内容だったのですが、日本株となると、一気に売ってしまいます(笑)。なぜだろう?スポンサーリンク ありがとうサービスを売りました。保有期間は1年半程度。藤野氏がいう「地方の虎」のようなフランチャイ「ジー」ビジネスモデルで、地域特化型(松山本社:サッカーチームFC松山・元日本代表監督の岡田さんがオーナー、を支援しています)でビジネ [続きを読む]
  • 長期投資と業績不振米国株銘柄への雑感
  • バフェットがIBM株を少し売却して、IBMに対する見方をついに「下方修正」してしまい、株式市場に衝撃が走りました。日経新聞さんから拝借私も同じ時期からIBM株を保有し、ここ1・2年は同社株に対し、あまりいい感想を書いていなかったと思います。したがって、バフェットが痺れを切らした?心理は理解できます(彼は、S&P500のパフォーマンスと比較されるからなおさらだろう)。スポンサーリンク もっとも、私のポートフォリオの中 [続きを読む]
  • 日本株投資とアメリカ株投資のバランス感
  • 4月末現在の資産残高を見る限り、日本株28%、アメリカ株72%となっている。この比率を過去はそれなりに気にしていたが、今はそれほど気にしないようにしている。何度も書きますが、投資の目的は、インカムゲインの極大化で、その手段としての株式投資で、その効率性の良さからアメリカ株の方が有利だ、というのがアメリカ株投資の第一目的です(アメリカ株の方がグローバルで、世界経済を垣間見ることができるというのもあるが)。 [続きを読む]
  • 子供の成長
  • 子供=経済的負担、と考えがちな「投資脳」の私なのですが、とは言っても、実際目の前に存在する子供はかわいいものです。もちろん、赤ちゃん、幼児、小学生、中学生、高校生と「成長」するにつれ、親は精神的支援から金銭的支援に役割が変化するので、乳幼児時代から、かわいさは1/3程度(2/3は生意気)、金銭はかつての何倍の負担、というのがざっくりとした印象です。スポンサーリンク ただし、体は成長しても中身は全くの子供 [続きを読む]
  • コネクシオ(9422)、増配 56円→65円
  • 携帯販売代理店である、コネクシオ(9422)が増配しました。5期連続です。9円の増配のうち5円が記念配当とかいうセコイものですが、、、。(ご参考)コネクシオに参戦 2016/1/27スポンサーリンク 配当金の推移決算期 配当金第21期(2018年3月期(予)) 65.0円第20期(2017年3月期(予)) 56.0円第19期(2016年3月期) 48.0円第18期(2015年3月期) 40.0円第17期(2014年3月期) 31.5円当社は伊藤忠商事の連結子会社です。業務内 [続きを読む]
  • 4月の配当状況
  • 4月の投資活動を振り返る恒例の記事です。スポンサーリンク 2010年12月末時点で、向こう1年間に受け取る配当金予想額を100とし、2017年4月末時点で、303.6である、ということを表しています。サラリーマンが65歳で公的年金を受け取る場合(夫婦)の平均値が640ぐらいになります。とりあえず、その辺を目指して、配当株投資を現在は行っています。配当金の増減要因を、新規購入、DRIP(配当金自動再投資)、増配、売却、減配、そし [続きを読む]
  • 4月の投資状況
  • 恒例の月次です。まあ、何とかプラスを保っている状況です。それにしてもアメリカの金利は上がりませんねえ。なんでだろう?スポンサーリンク トランプ政権も100日が経過したそうです。日本人投資家待望???の減税は、本当に実現するのでしょうか?レパトリ減税と法人税率引き下げ、私はトランプさんに対しては、これにしか興味がありません。法人税率は、15%はむつかしいかもしれないが、20%台半ばから前半台ぐらいまではいくと [続きを読む]
  • 株式ブログ真っ盛り
  • 知らないうちに、株式投資に関してブログを書く人が相当増えたような気がします。特に米国株を中心に投資している人が増えました(というか、元々それなりにいたのだが、私がそれに気づきだしただけなのかもしれない)。スポンサーリンク 中には、自らの資産運用額や配当額の実額をさらけ出してアップする人もいる。人それぞれなので、特にコメントはないのだが、かつて、「ブログ村」の米国株のところは、数人で閑古鳥が鳴くよう [続きを読む]