tika さん プロフィール

  •  
tikaさん: フィジレボ 整体・鍼灸 茂原市
ハンドル名tika さん
ブログタイトルフィジレボ 整体・鍼灸 茂原市
ブログURLhttps://ameblo.jp/tikatiryou/
サイト紹介文フィジカルをレボリューションする、その期待を失わないひとに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/12/25 17:05

tika さんのブログ記事

  • 首が動かしにくい、寝違えを楽にする方法
  • 朝起きると、ひさびさの寝違え。 右の首の付け根、肩甲骨の上あたりが痛いのです。 今、寝違えの方いらっしゃいませんか? 来院される方々でも、大体多いのが、このあたりの痛みですよ。 右に振り向く動きがやりにくい、そして、左に振り向くと、右の首の付け根に痛みが走る、このような方、多いです。 多分、左より、右の首の付け根に痛みが走る方の方が、多いのでは?と私はおもいます。 それにしても、寝違えって、どうして起 [続きを読む]
  • あなたは、息をできていますか?
  • 施術中は、深呼吸をしていただくことが多いのですが、 深呼吸・・・・・・これが!できない方は、ザラにいらっしゃいます。 深呼吸を・・・・・・・・もしかして、したことがない!?そんな方もザラです。 ヨガ等をやったことのある方でも、意外と、吸えてなくて、吐けてないみたいです。 リラックスすることを考えて呼吸をされる場合、多くは、吐く息を意識すると思います。ちゃんと、吐ききれなければ、息が入ってこないって、 [続きを読む]
  • 9月のフィジカルの味わいワークショップ
  • フィジカルの味わいワークショップ「わたしを感じる、あなたを感じる」五感、そして六感、私たちは常にフィジカルで色々感じていますが、意外にも、それをちゃんと認識していない、味わっていないことが多いものです。認識していないと、何かを感じているのに、わからない。それはとても残念なこと。自分の体感、他人と対応したときの体感、触れあったときの体感、それはどんなものでしょう?フィジカルを味わってみませんか?ま [続きを読む]
  • サッカーで蹴ると、太ももの付け根が痛い
  • サッカー少年のN君、13歳。 ロングキックをしたときに、太ももの前側の付け根に痛みを覚え、以後、ボールを蹴ったり、走ったりすると痛むそうです。 立位で、ヒザを曲げ、股関節を、外旋外転させると、痛みが出ます。 施術をする前に・・・・ まず、いろいろと、体を動かしていただきます。 こういう痛みは、「股関節の問題」ととらえてしまうかもしれませんが、動いていただいて拝見すると・・・・・ 脚部の問題ではありません [続きを読む]
  • フィジカルをあじわったときに
  • 8月26日は、フィジカルのあじわいワークショップでした。 前回、ワークショップの最後の話題の中に、参加された方から、「一体感」というキーワードが、出てきていました。 その事も取り上げつつすすみました。 今回、参加された方から出てきたキーワードは、「私のみちをゆく」 フィジカルを味わうなかで、 私のみちをゆくって、どういうことなんだろ?誰かや、なにかを、蹴落としたり、ぶつかったり、排除したり、ふんづけたりし [続きを読む]
  • お肌に張りは取り戻せるのか?
  • いいよねえ、若い人は。パーンと張りがあって、輝いていますよねえ。 パーンと張りがあれば、どんな体型であれ、キレイですよねえ。 とクライアントさんと話してました。 それが、年を重ねるにつれ、タルンタルンになったり、ぼよんぼよんになったり、カチンコチンになったり、スジスジになってきたりする。 残念だ・・・・・・・・・ その原因は、運動不足だとか、コラーゲン不足だとか、ホルモンバランスの変化だったりと、いろ [続きを読む]
  • お尻を、あきらめてはいけない。
  • お尻は、「だよんだよん」でもかなしく、「カチンコチン」でもかなしい。 「お尻が柔らかくなってきたので、どお!手触りいいでしょー?と家族に触ってもらった!」と、Tさん(50代)。 10代の、Tさんの娘さんのお尻は、そりゃもうプリンプリンらしい。 私も、50代。 50代ともなると、10代のプリンプリンを目指すのはは厳しい。 しかし、あきらめてはいけない。 Tさんも実感されているように、硬かったTさんのお尻は、弾力が [続きを読む]
  • 腕のたもとのタプタプ
  • ここ3ヶ月ほど、通院されている60代のAさん。 「なんか、腕が細くなってきた気がするのよね・・・」 「なってます!」 上腕ですよね。上腕のたもとのタプタプのことですよね。 それは、肩甲骨とも関係してるんですよね。 肩甲骨がよく動き、身体の中心に寄るようになると、脇もウエストも締まり、さらに上腕も引き締まってきます。 もちろん姿勢も良くなってきますね。 体重が変わらなくても、とくべつな筋トレしなくても、1サ [続きを読む]
  • 首のシワ
  • フェイスブックのほうでhttps://www.facebook.com/tikatiryou/、治療の日常をアップしていました。 フェイスブックでは、その場の思いつき、フィジレボの日常をリアルタイムで。ブログはよく考え、推敲してから。と、書き分けてきましたんですが、フェイスブックは、ほとんど誰もご覧になっていないというのが現状。(どうでもいいのですが、よろしかったら、いいね!をいただければ幸いです) ブログは、書きたいことがたくさん [続きを読む]
  • 7月22日のワークショップ 当日ご参加OKです。
  • 土曜日のワークショップ 当日のお申し込みOKです。メールでちゃんと受け取れない場合がありましたので、できればお電話でお申し込みを。 フィジカルのあじわいワークショップ 背中のあじわい 大切な自分の身体なのに、身体を感じていない、わかっていないことがあります。わかっていないとラクじゃない、わかっていないと苦しくなる。でも、わかって気がつけば、いつでも、楽になれるのです。フィジカルがラクになれば、心もラク [続きを読む]
  • やせたいのに「やせられない。」「食べちゃう。」人
  • 結論から書くと、やせたくて、ダイエットするけど、挫折する人、ダイエットしたけど、リバウンドする人、ダイエットしたいと思うけど、やらない人、は、とても真面目できちんとした人だと思うのです。 標準体重だとか、ナンタラ体重なんてものは、誰かがつくったもので、ポッチャリだろうと、やせていようと、その人が健康で幸せな気持ちでいられれば、それがその人にとっての適正体重ではないかと、私は思っています。 でも、「 [続きを読む]
  • フィジカルのあじわい ワークショップ参加者募集中
  • フィジカルのあじわいワークショップ 「背中のあじわい」 大切な自分の身体なのに、身体を感じていない、わかっていないことがあります。わかっていないとラクじゃない、わかっていないと苦しくなる。でも、わかって気がつけば、いつでも、楽になれるのです。フィジカルがラクになれば、心もラクになってくる。フィジカル、ちゃんと、あじわってみませんか。 日時 2017年7月22日(土)午後6時〜8時場所 茂原市中央公民館第3研 [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症による間欠跛行2
  • 腰痛、脚部痛のお年寄りで、歩いているとだんだん痛くて歩けなくなる方は、たいてい脊柱管狭窄症による間欠跛行と診断されているように思います。少なくともうちに来院される方々は。 それは、脊柱管が狭くなり神経を圧迫するので痛くなる、という説明です。歩いていて、痛みが増してきたら、背中を丸めればラクになるとか?(背中を丸めれば脊柱管の圧迫が解けるという理屈?) それが、一般的に言われているのですが、よくよく [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症による間欠跛行1
  • 年配の方の腰痛では、病院で「脊柱管狭窄症」だと言われた、とおっしゃる方がいらっしゃいます。 脊柱管狭窄症の特徴で、よく言われるのが「間欠跛行」です。歩き始めは痛くないが、少し歩くと足腰に痛みやしびれが起きてきて、歩けなくなってくる、といった症状です。 間欠跛行は、閉塞性動脈硬化症によっても起こります。動脈そのものの硬化で足に血が行かなくなってしまうということです。残念ながら、閉塞性動脈硬化症は、フ [続きを読む]
  • 身体の使い方 草むしり
  • 過去にも、日常の身体の使い方について書いてみました。他愛ないことだったかもしれませんけど。身体の使い方 穴掘り 草取り、植木鋏 それというのも、日常生活の動き、庭仕事、畑仕事で、お体を壊されている方が多いからなのです。どんなサプリがいいのか、どんなマッサージ器を買えばいいのか、どこの治療院に通えばいいのか、ということ以前に、壊さない身体の使い方って大事だと思います。 農家のおばあさんが [続きを読む]
  • 慢性痛の不思議
  • ケガをしたら、痛い。 痛みって辛いけど、痛いと感じられるのは必要なことですよね。むやみと触ったらダメ、動かすとダメだよ、と、その部位に危険があることを知らせてくれるのですからね。 でも、慢性痛となるとちょっとちがいます。ケガは治ったのに、炎症はおさまったのに、レントゲンをとってもなんでもないのに・・・ある場所が、いつも痛い。 「ここが痛いんです。なにをどうしても痛いんです。寝ても覚め [続きを読む]
  • 日々の身体の使い方 穴掘り
  • 先日、ウチの畑にはびこる、笹の根っこを掘り出す作業をしました。草むしり、草刈、畝作り、穴掘り・・・・・このような庭仕事、畑仕事をしたあとに、アダダダダ・・・腰が伸びない、という状態になった経験は、誰でもあるのではないでしょうか。 とくに、いすみ市で営業していたときには、こんな作業で、腰を痛めたり、坐骨神経痛、膝痛になった方が、たくさん来院されており、とくにお年寄りになると、腰椎や膝関節には変 [続きを読む]
  • タルダル季節を乗り切るには
  • 私が一番苦手なのが、これからの梅雨のジメジメした季節です。 ただでさえ、低血圧気味の上に、さらに身体が重ーく、ダルーく、倦怠感でどうしようもなくなる。むくみが起こりやすくなり、やる気は出なくなる。 お茶やコーヒーは大好き。結構よく飲む。 外はジメジメ、自分の中もジメジメ。身体の中の水分が停滞し、動きにくくなっている感じでしょうか。 流れのない、「どろーんとした沼」のような状態かな [続きを読む]
  • 下肢静脈瘤
  • これは、過去にもアップしたことのある写真ですが。血管がボコボコしてくる静脈瘤。静脈の弁が壊れるのですから、壊れた弁は手術でしか直せません。でも、鍼だけでも、足がなめらかになってきています。 フォジレボでは、今は、整体が主体で、臨機応変に鍼も用いています。整体だけ行う場合は、服を着たままなので、血管の状態を拝見することはありません。 先日、整体施術を終えてから、「私、足に静脈瘤があるんです [続きを読む]
  • 日々の体の使い方。草取り、植木鋏。
  • 腰痛、肩痛、手指の痛みなどでお悩みの方は多いと思いますが、ほんとうは、当たり前の、日常生活の中で、体の使い方をちょっと注意すれば防げるものも、ありそうです。 (自分が、庭や畑仕事で、さんざん体を痛めてきたから、わかったたことなのですけど・・・・) たとえば、草をひくときです。特にウチは、クサボーボーなので、特に手に負担がかかるのです。女性の指は、こういうことで簡単に変形してしまったりしま [続きを読む]
  • 或る写真集
  • もらってしまう、ということに関して話を前回のブログで書きました。それに続きを書きたいと思います。できるだけやわらかい文章を書きたいのですが、すこしきつく聞こえる言い回しもしてしまうかもしれません。 もらってしまう、のは、なんなのか、目に見えないのでわかりませんが、病の気、とか、なにかわるい気分にさせられる何か、定義はわかりませんが、よく言われる邪気のようなものだと思います。 それは、悪意 [続きを読む]
  • 「もらってしまう」、「うけてしまう」人への、魔法の言葉
  • 先日、わたしは「もらって」しまうんです、とおっしゃる方とお話しました。 人をマッサージしていると、具合が悪くなってしまうことがある、とおっしゃるのです。相手の方の、疲れや、つらさなどを、「もらって」しまうということでしょうか。 そういう方は、概して、とても優しい。そして敏感。普通の人が気づかない、ひとの悪意や苦しみ、悲しみ、つらさ、いろいろなものを感じてしまうのでしょう。 でも、本来 [続きを読む]
  • 痛みで絶叫し、悶絶する腰痛
  • 私自身は、ぎっくり腰の体験はありませんが、本当にお辛そうですが、多くは、1〜数回でよくなります。 でも、用心深く施術しなければならないのが、お年を召した方の急性腰痛。実は、施術中に、痛みが増してしまった体験もあります。 Aさん(80代女性)から、ぎっくり腰だとのお電話。お一人暮らしだし、近いので往診に。Aさんは、長く通われている方なので、お体の状態も、癖もよくわかっているし、気心も知れてい [続きを読む]