アタ さん プロフィール

  •  
アタさん: 花っていいね!
ハンドル名アタ さん
ブログタイトル花っていいね!
ブログURLhttp://tansyu.blog.fc2.com
サイト紹介文山野草、観葉植物、身近な花、深山に咲く花、出会った花や果実の紹介と、育成中の草木の生長記録です。
自由文ホームページ「三枚山の植物」の1コンテンツが独立したブログです。季節の花や、果実、花に集まる昆虫たちから、自宅で育てている草木の折々の状況を、写真と文章で掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/12/25 17:37

アタ さんのブログ記事

  • ヒトリシズカほか
  •  山間部の沢に沿った道路わきで、ヒトリシズカが咲いていた。 ヒトリシズカの花には派手さはないが、上品で、和風の庭などには似合いそうな気がする。 わざわざ離合もままならいこの道を通ったのは、ヤマシャクヤクの様子が見たかったから。 ヤマシャクヤクのツボミはまだ硬く、開花は連休後半になる感じ。ただ陽当たりの良い山の斜面で、まとまって生えているものは、連休前には開花するかも知れないが、斜面が急すぎて近寄れ [続きを読む]
  • 今日出会った春の野草
  •  天気も良くて、山野を歩くのも気持ちいい。今日は山村の耕作地周辺を歩いてみた。 当地では珍しいシロバナタンポポ。黄色いタンポポと一緒に咲いていたが、シロバナタンポポは大柄な個体が多かった。 イチリンソウの花はそろそろ見納めの時期。ここでは大輪のものが群生していた。 田んぼの畦でフデリンドウが1株だけ見つかった。花も1個しかつけていなかった。 キランソウは山麓の岩に、へばりつくようにして咲いていた。 [続きを読む]
  • 白い花のスミレ
  •  最近出会った白花のスミレを3種類。 田植えの準備が始まった耕作地の畦道では、アリアケスミレの花がよく目立っていた。 山麓や林道沿いなどには、ナガバノタチツボスミレが多く、その中にシロバナナガバノタチツボスミレも混じっている。今の時期は、葉が少しスリムになっていて、種の同定は容易にできる。 これも山地性のスミレでマルバスミレ。京都府では希少種で、花をよく見ると側弁基部に毛が生えていて、葉にも毛が散 [続きを読む]
  • 今日はツボミと果実
  •  昨日はいくつかの花でブログを書いた。しかし花が見たかったけど、残念ながらまだ開花していない野草もあり、今日は開花間近のものを2つと花後の果実を1つ。 フデリンドウのツボミ。陽当たりの良い場所のものでも未開花だった。 カヤランもまだ咲いていなかった。この木に着生するカヤランが咲くと、さどかし華やかだろうと期待していたが、もう少し待つ必要がありそうだ。 セツブンソウの果実。地元で有名な自生地のものは [続きを読む]
  • 久し振りの花画像
  •  ここのところ更新をサボったり、書いても花の画像が無かったりだった。今日は久しぶりに、春らしい花の画像をいくつか。 ヒナスミレは花の盛期に入った感じで、谷筋のガレ場に多く咲いていた。淡い花色に気品のようなものを感じる。 イチリンソウの花は最近になって、ようやくあちこちで見られるようになってきた。この花も清楚で愛らしい。 アオハコベは咲き始め。花弁が無いのでとっても地味な花。 アマナの花。これまでア [続きを読む]
  • 好天の日曜日は
  •  好天の日曜日は、観光地に向かう車や、ツーリングのバイクやチャリを、どこへ行っても多く見る。 中でも慣れない田舎道をチンタラ走る車に、短気な私は、いつもイライラさせられる。事故もよく見て、今日も前方がグシャッとなった軽が片側を塞いでいた。運転がヘタなら乗らなかったいいのにと、こうした状況に出会うと、いつも思うことだ。 それはさておき、好天の日曜日だからこそ、花を求めて車でさまよった。 ヒカゲツツジ [続きを読む]
  • 野草の赤ちゃん
  •  昨年の秋に2種類の野草の種を撒いた。春になって、その2種類ともが発芽した。 もっとも、撒いたポットはずっと屋外に置きっぱなしで、他の植物の種が飛んできて発芽した可能性もあるけれど、今は撒いた種が発芽したと思いたい。 スイランの発芽苗。スイランはランとついているがラン科植物ではなく、キク科の植物で秋に開花する。 スイランの葉は細長い線形で、この苗の葉も細長い。 こちらもキク科のヤマジノギク。スイラ [続きを読む]
  • 近所の山で咲いていた花
  •  毎年4月の初めは所用が多く、花探しができないでいた。そんな中、昨日は夕方になって時間が取れて、およそ1時間ほど、近所の山裾を歩くことができた。 ミヤマキケマンが咲き始めていた。 ミヤマキケマンはスギの植林地の林床に、結構まとまって生えていた。 ようやくコバノミツバツツジも咲きだしていた。まだ肌寒い中、陽当たりの良い場所では満開だった。 ヤマザクラの花も目立つようになってきて、 タムシバは今が盛期 [続きを読む]
  • 庭で咲く野草など
  •  軒下の植木鉢や、庭の雑草に混じって、ようやく春の花が咲き始めた。 母屋の裏に置いているイワウチワ。昨日あたりから開花したようだ。 オオタチツボスミレは少し大きい花をつける。日本海側に多いスミレだが、庭で一番幅を利かせている。 少し前にも掲載したニホンカイタチツボスミレ(仮称)。同じタチツボスミレでも、こちらの花は小さい。 ネコノメソウ3種の寄せ植え鉢。まだニッコウネコノメの開花は先だが、 コガネ [続きを読む]
  • アマナ
  •  春らしく、天気も良くて、気温も上がったので、そろそろ開花しているのでは? と、アマナの自生地に立ち寄ってみた。 するとこんな風に花はついていたが、どれもすぼんだ状態のものばかりだった。 どうもアマナとは相性が悪いのか、昨年も開いた花が見られなかった。 かろうじて半開きの一輪があり、今日はこれで満足するしかなかった。結局今年も、平開した花を見ずに終わってしまうかも知れない。 [続きを読む]
  • 土日に出会ったネコノメソウ
  •  昨日と今日、ともに午後から山野を歩くことができた。 昨日出会ったシロバナネコノメソウ。まだ咲き始めだが、花がいくつか見つかった。 タチネコノメソウ。ここからは今日出会ったネコノメソウたち。タチネコノメソウは、まだ雪が残る渓流沿いで咲いていた。 タチネコノメソウと同じ渓流に、チシマネコノメソウもたくさんあった。そして近くの放棄田では、チシマネコノメソウが群生していた。 歩いた渓流は、雪解け水で増水 [続きを読む]
  • スミレ類の開花(植栽)
  •  早春の梅に、これから咲こうとする桜など、春と言えば思い浮かぶ花はいくつかある。スミレの花もその中の一つで、とても身近な春の野草だ。 植栽のスミレたちの中で、いくつかが花をつけ始めた。 コスミレの花。コスミレの繁殖力は旺盛で、今は庭で最も数が増えている。 このノジスミレは花壇で勝手に生えているもの。鉢植えのものから種が飛んだのだろう。今、家の周辺で咲いているスミレ類では、ノジスミレの花が一番多い。 [続きを読む]
  • スズシロソウ、セツブンソウ
  •  道端でスズシロソウが咲き始めていた。 スズシロソウの白い花は、春を感じさせてくれるので、見つけると嬉しくなる。 この場所は、イチリンソウもとてもたくさん生えていて、4月には花も多く見られる。 でも今はまだ、ツボミもついていなかった。 そんなイチリンソウが密生している中に、一際色の違った葉の植物が見つかった。 セツブンソウだ。初めて自分の足で見つけたセツブンソウ。数は極めて少なく、既に花も終わって [続きを読む]
  • シロバナネコノメソウほか
  •  山間部の小さな谷の水際で、シロバナネコノメソウの開花が始まっていた。 白い花弁に見えるのはガク片で、ガク片の先端は尖っている。そして雄しべの葯は紅紫色をしている。 ネコノメソウの仲間では、最も花が目立つシロバナネコノメソウは、普通、薄暗い場所で多く見かけるが、ここでは陽射しを遮るものは無かった。 これはヤマネコノメソウ。シロバナネコノメソウの近くで咲いていた。ガク片が緑色のため、花はあまり目立た [続きを読む]
  • 初めての谷で出会ったシダ
  •  まだ歩いたことのない、初めての谷を歩いた。今回ははたして容易に歩ける谷かどうか、それを確認するためで、特に目的の植物があったわけではない。 谷の入口付近でヒメサジランが見つかった。今の時期は花よりシダ植物が眼に止まる。 薄暗い岩場にカタヒバが見つかった。木漏れ日が当たってキラキラしていたが、対岸にあったので、この時は種が判らないまま画像を撮った。 ヒロハヤブソテツが見つかったのは収穫だった。まば [続きを読む]
  • ハクサンハタザオ
  •  今日はハクサンハタザオの花を見た。 ハクサンハタザオはスズシロソウ同様、早春に白い花を咲かせるアブラナ科の植物。 陽当たりが良く、やや乾いた山の斜面で咲いていた。 ハクサンハタザオは群生し、一斉に開花する様が美しい。 [続きを読む]
  • 残雪の谷
  •  今日は気温も高かったので、再び雪の残る地域へと向かった。前回とはまた違った場所だが、ここもまだ大量に雪が残っていた。 ここから谷へ入ろうと思って来たが、残雪が長靴を越したので諦めた。駐車した場所の近所を少し散策すると、 クラガリシダがまた見つかった。今回もナカミシシランか??と期待したが、葉表面の溝は一条だった。 セリバオウレン。雪が解けた場所で咲き始めていた。 ナツエビネ、またはサルメンエビネ [続きを読む]
  • 最近出会った花とシダと鳥
  •  ここのところバタバタしていて、花を見たその日に、ブログを更新することができていない。 今日はこの2、3日の間に出会った花などの画像を、順不同で揚げておきます。 ダンコウバイの花。陽当たりの良い場所では、もう開花が始まっていた。 やっと雪が解けた谷で、バイカオウレンが咲いていた。まだ花の数は少なかったが、毎年この花を見ないと、春が来たように思えない。 このバイカオウレンは、動画も撮ってUPしたので [続きを読む]
  • 今日出会った花
  •  今日はスミレの花と出会った。 ナガバノタチツボスミレ。葉は少しも長くないが、春の葉はこんなもの。花が終わってから茎共ども伸長していく。 山地のやや乾燥した場所に多く生えている。 次に出会ったのはウマノアシガタ。道端の草地で咲いていた。 枯葉に覆われた道端で、この花はとてもよく目立っていた。 [続きを読む]
  • ヤマシロネコノメほか
  •  3月とは言え、寒風が吹く中、山麓の湿った場所で、ネコノメソウが咲いていた。 帰宅して画像を確認するまで、これをコガネネコノメソウだと思っていた。 画像の中のネコノメソウの花を見ると、僅かだが、雄しべの方が萼片より長かった。また画像では判り辛いが、萼片の外側に毛が散生していた。 これはヤマシロネコノメの特徴だ。ヤマシロネコノメは京都府の特産品。いつかは見たいと思っていたネコノメソウだった。 ヤマシ [続きを読む]
  • 芽生えとツボミ
  •  昨日も今日も真冬並みの寒さ。春はまだ遠いのかと思いきや、植栽の野草たちを見ると、しっかり新芽を出していた。2、3日前には気づかなかったので、この寒さの中で芽生えたのだろう。 サンヨウブシはトリカブトの仲間。しかしこの植物は無毒と言われている。 こちらは猛毒のヤマトリカブトの仲間。購入した時は「深山トリカブト」という名が付いていた。 イチリンソウも葉が出てきた。今年は何個の花が咲くだろう? マネキ [続きを読む]
  • やっと春?
  •  3月に入って、今日は春らしい暖かな一日だった。ようやく早春の花にも会えるようになり、また野草探索の一年が始まる感じがしてきた。 南丹市日吉町中世木で催された、「せつぶん草まつり」に行ってきた。セツブンソウの自生地は、つい最近まで雪に覆われていた。そのせいか今年のセツブンソウは、開花が遅れ、項垂れたものが多かった。 セツブンソウは春の妖精と呼ばれる。同じく春の妖精であるアズマイチゲは、まだツボミの [続きを読む]
  • キバシリ
  •  今日は珍し野鳥に出会った。 キバシリという小鳥で、山地の針葉樹林内などで暮らしているらしいが、出会ったのは山麓の植林地だった。 キバシリは「木走」。樹幹を垂直に走って移動する。 全国的にも多くはないようで、京都府では準絶滅危惧種。画像が撮れて良かった。関連情報(外部リンク・私のHP) キバシリ [続きを読む]