アタ さん プロフィール

  •  
アタさん: 花っていいね!
ハンドル名アタ さん
ブログタイトル花っていいね!
ブログURLhttp://tansyu.blog.fc2.com
サイト紹介文山野草、観葉植物、身近な花、深山に咲く花、出会った花や果実の紹介と、育成中の草木の生長記録です。
自由文ホームページ「三枚山の植物」の1コンテンツが独立したブログです。季節の花や、果実、花に集まる昆虫たちから、自宅で育てている草木の折々の状況を、写真と文章で掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/12/25 17:37

アタ さんのブログ記事

  • クチナシグサ
  •  久し振りにクチナシグサと出会った。 この場所では数年前に初めて見つけ、その後は見つけられなかったので、本当に久し振りの再会だ。 このクチナシグサは大きく生長していて、農業用の水路に覆いかぶさるように生えていた。 以前はゴマノハグサ科だったのが、今はハマウツボ科に変更されている。半寄生植物とも言われ、ほかの植物から、少し養分を奪い取って暮らしているみたいだ。 そのせいか自生地では、年によって見られ [続きを読む]
  • 今日は生き物
  •  今日は野草ではなく、最近出会った生き物たちを少しだけ。 ニホンジカ。春に角を落とした牡鹿のようだった。日中でも、シカとは普通によく出会う。 久し振りに出会ったオオミズアオ。夜に活動する蛾なので、昼間はこうして樹幹で休んでいるようだ。美しい青白色の翅はとてもよく目立つ。 とても小さなハッチョウトンボ。水深の殆ど無い湿地に生息している。少し早く羽化してしまったのか、周囲に仲間は見当たらなかった。 [続きを読む]
  • 今日出会った花とシダ
  •  朝はひんやりとしていたが、日中は陽射しが強くて暑かった。 今日出会った主な植物は、 今、どこへ行っても一番多く見るウマノアシガタ。3つの花のうち、真ん中の枝先に咲いている花だけ白色だった。 ヘビイチゴの花。 ヘビイチゴの果実。 ニワゼキショウの花。近くにオオニワゼキショウも多くあったのに、写真を撮るのを忘れてしまった。 湿地でマット状に広がるミズユキノシタ。 同じく湿地でキクモが芽吹いていた。  [続きを読む]
  • エビネ
  •  同じ谷でも、入口付近と深部では気温が違うのか、エビネの開花状況に差があった。 谷の入口近くのエビネは、殆どすべて開花していた。 スギ林の斜面では、エビネの花はあまり目立たず、人に気づかれることも少ない。 この谷にはエビネが多く、知っているだけで、3ヶ所で群生している。 谷の奥へと進むと、そこに生育するエビネたちは、まだ開花前だった。どれもツボミは膨らんでいるが、花は一つもなかった。 それにしても [続きを読む]
  • サルメンエビネ
  •  昨日、サルメンエビネの様子を見に行ってきた。昨年初めて見つけたサルメンエビネは、タイミング良く花が咲いていた。 盗掘される危険が高いため、産地は非公開にしているが、京都府内では冷涼な深山に点在しているようだ。 漢字で書くと猿面海老根。赤褐色の縮れた唇弁が名前の由来だそうだが、 それ以外でもおサルさんに似ているような気もする。 普通のエビネはまだ開花していなくて、サルメンエビネの方が、ほんの少しだ [続きを読む]
  • 今日見た花ではないけれど・・・・・・
  •  朝のうちに雨は上がったが、夕方まで厚い雲に覆われ、鬱陶しい一日だった。 今日は体調がすぐれなかったこともあり、外出は控えることにした。そのため今日の花は、最近見たもので、まだブログに揚げていなかったものをいくつか。 ツクバネウツギ。ヤマブキの黄色い花が終わる頃、それに代わってタニウツギやウツギなどが開花する。ツクバネウツギもその中の1つだ。 山にはオオツクバネウツギというのもあるそうで、今年は注 [続きを読む]
  • 今日出会った花
  •  今の時期は多くの花が山野で咲くので、ブログのネタには困らない。今日も僅かな時間で、いくつか野草の花と出会った。 山麓の道端で咲くラショウモンカズラ。花は結構大きくて見栄えがする。 八重イチリンソウ。イチリンソウに混じって時折見かけるが、八重イチリンソウだけの群落もある。 タニギキョウの花はとても小さい。普通は渓流沿いの、薄暗くて湿った場所で多く見る。しかし谷筋以外でも、こうして出会うことがよくあ [続きを読む]
  • アシウテンナンショウ
  •  マムシグサの仲間(テンナンショウ属)は種類が多く、似たものも多いので、見分けるのが難しい。その中にアシウテンナンショウというのがあって、漢字では芦生天南星と書く。 これがアシウテンナンショウ。2株が向き合って生えている。 芦生は京都府南丹市にある芦生地区のこと。そこは「芦生の森」と呼ばれる、広大な京都大学の演習林があり、動植物の研究者や愛好家に愛されている。 私はまだ芦生を歩いたことはないが、芦 [続きを読む]
  • クリンソウ
  •  山間部の河岸や湿地で、クリンソウの開花が始まっていた。 大雨による増水によって、クリンソウの種子は下流へ下流へと運ばれ、今では大河川の中流域辺りでも、この花が見られるようになった。 花は紅紫色で、花序に多くつく。春によく似合う明るい花だ。 クリンソウはシカに食害されないため、年々分布域が広がっているように思える。 [続きを読む]
  • コケイランの移植、その後
  •  昨年11月にコケイランの移植をし、そのことをブログに書いた。 (昨年の記事はコチラ) これはその時に掲載した移植後の画像。 1鉢に混み合って植わっていたものを、窮屈なので2鉢に分けた。 そしたら今年は、5本の花茎が出て、それぞれに可愛い花をつけてくれた。 この鉢では花茎が3本出た。 先の鉢のものより小さいものを移植したこちらでも、ちゃんと花をつけてくれた。 コケイランは気難しくて、エビネのように [続きを読む]
  • ムラサキケマン、シロヤブケマン、そしたらこれは?
  •  ムラサキケマンは平地から深山まで、幅広く生育していて、庭にも生える。 庭ではなかなか駆除し切れない雑草だ。 シロヤブケマンはムラサキケマンの品種で、花の先っぽ以外は白色の花をつける。 ムラサキケマンと違ってシロヤブケマンは、当地ではそれほど出会わない。 連休中に歩いたシロヤブケマンの生育地では、こんな花が咲いていた。 一つの花茎に、濃紫色の花と白色の花。両者の雑種かも知れないが、例えば雑種でも、 [続きを読む]
  • 初夏のような一日
  •  初夏のように暑い一日だった。午後から野草の探索に出かけ、2ヶ所ほど歩いてきた。 乾いた岩上でヒメハギが咲いていた。小さな花で、とても変わった形をしている。 葉が黒いシハイスミレはハグロシハイスミレ。群生していることが多い。 このハグロシハイスミレの生育地周辺には、昨年までエビネとキンランがあったのだが、エビネは姿を消し、キンランはまだ時期が早いのか、こちらも姿が見られなかった。 それにしても生育 [続きを読む]
  • 今日の散策
  •  今日は昨年秋に見つけたボタン科の植物が、ヤマシャクヤクなのかベニバナヤマシャクヤクなのか、その確認に出かけた。 現地に着いて探すと、葉を展開して、画像では判り辛いが、ツボミもついていた。崖の上にあるため近づくことはできないが、これでヤマシャクヤクであることが判った。 今の時期、ベニバナヤマシャクヤクなら、まだ葉が展開していないからだ。 もう1つの株でもツボミが確認できた。京都府、とりわけ丹波地方 [続きを読む]
  • オオイワカガミ
  •  京都府内の山地で出会うイワカガミは、殆どが葉の大きなオオイワカガミという種類で、場所によっては、山の斜面を覆い尽くすほど生えている。 山ではオオイワカガミの開花が始まっていた。今の時期、林床の赤い花はよく目立つ。 そして今年は、白花のオオイワカガミにも出会えた。 シロバナオオイワカガミと呼ばれているそうだ。シロバナオオイワカガミは、普通のオオイワカガミと競うように咲いていた。 こういう花に出会え [続きを読む]
  • 山を歩けば
  •  寒い時期に一度訪ねた谷へ、暖かくなったので再度行ってみた。谷の入口から約3kmほど歩いて、その間出会った主な植物は以下のものだった。 アケビの花。今はどこへ行っても咲いている。 小さな谷の岩場で咲くヤマブキ。ヤマブキ色が鮮やかだった。 谷の飛沫がかかりそうな場所に生えるヒメレンゲは、残念ながらまだツボミの状態だった。 ユズリハは開花し始めたばかりで、 オオカメノキは花の最盛期だった。 キシダマムシ [続きを読む]
  • ホタルカズラ
  •  山麓の斜面から林道にかけて、ホタルカズラが咲き始めていた。 ホタルカズラはムラサキ科の多年草で、よく見かけるヤマルリソウなどより、花数が少ない代わりに、1個の花は大きい。 草丈は20?ほどで、茎の上部に花をつける。 京都府では絶滅危惧種に指定され、どこにでもある野草ではないようだ。 開花直後の花は紅紫色をしていて、開き切ると青色に変化する。ちょっと神秘的な花に思える。 [続きを読む]
  • エンレイソウほか
  •  エンレイソウは早春に、展葉と同時に開花する。花は長く見られ、たまたま立ち寄った谷では、今が盛りと咲いていた。 増水すれば水没しそうな川縁で咲いていた。 エンレイソウは主に山地の谷筋に生育している。 陽当たりの良い場所では、クリンソウが葉を広げていて、葉の中心には、花茎ができていた。 このあと花茎は長く直立して、美しい花をたくさんつける。 京都府のクリンソウは、これまでは桂川上流域の本・支流沿いだ [続きを読む]
  • ヒトリシズカほか
  •  山間部の沢に沿った道路わきで、ヒトリシズカが咲いていた。 ヒトリシズカの花には派手さはないが、上品で、和風の庭などには似合いそうな気がする。 わざわざ離合もままならいこの道を通ったのは、ヤマシャクヤクの様子が見たかったから。 ヤマシャクヤクのツボミはまだ硬く、開花は連休後半になる感じ。ただ陽当たりの良い山の斜面で、まとまって生えているものは、連休前には開花するかも知れないが、斜面が急すぎて近寄れ [続きを読む]
  • 今日出会った春の野草
  •  天気も良くて、山野を歩くのも気持ちいい。今日は山村の耕作地周辺を歩いてみた。 当地では珍しいシロバナタンポポ。黄色いタンポポと一緒に咲いていたが、シロバナタンポポは大柄な個体が多かった。 イチリンソウの花はそろそろ見納めの時期。ここでは大輪のものが群生していた。 田んぼの畦でフデリンドウが1株だけ見つかった。花も1個しかつけていなかった。 キランソウは山麓の岩に、へばりつくようにして咲いていた。 [続きを読む]
  • 白い花のスミレ
  •  最近出会った白花のスミレを3種類。 田植えの準備が始まった耕作地の畦道では、アリアケスミレの花がよく目立っていた。 山麓や林道沿いなどには、ナガバノタチツボスミレが多く、その中にシロバナナガバノタチツボスミレも混じっている。今の時期は、葉が少しスリムになっていて、種の同定は容易にできる。 これも山地性のスミレでマルバスミレ。京都府では希少種で、花をよく見ると側弁基部に毛が生えていて、葉にも毛が散 [続きを読む]
  • 今日はツボミと果実
  •  昨日はいくつかの花でブログを書いた。しかし花が見たかったけど、残念ながらまだ開花していない野草もあり、今日は開花間近のものを2つと花後の果実を1つ。 フデリンドウのツボミ。陽当たりの良い場所のものでも未開花だった。 カヤランもまだ咲いていなかった。この木に着生するカヤランが咲くと、さどかし華やかだろうと期待していたが、もう少し待つ必要がありそうだ。 セツブンソウの果実。地元で有名な自生地のものは [続きを読む]
  • 久し振りの花画像
  •  ここのところ更新をサボったり、書いても花の画像が無かったりだった。今日は久しぶりに、春らしい花の画像をいくつか。 ヒナスミレは花の盛期に入った感じで、谷筋のガレ場に多く咲いていた。淡い花色に気品のようなものを感じる。 イチリンソウの花は最近になって、ようやくあちこちで見られるようになってきた。この花も清楚で愛らしい。 アオハコベは咲き始め。花弁が無いのでとっても地味な花。 アマナの花。これまでア [続きを読む]
  • 好天の日曜日は
  •  好天の日曜日は、観光地に向かう車や、ツーリングのバイクやチャリを、どこへ行っても多く見る。 中でも慣れない田舎道をチンタラ走る車に、短気な私は、いつもイライラさせられる。事故もよく見て、今日も前方がグシャッとなった軽が片側を塞いでいた。運転がヘタなら乗らなかったいいのにと、こうした状況に出会うと、いつも思うことだ。 それはさておき、好天の日曜日だからこそ、花を求めて車でさまよった。 ヒカゲツツジ [続きを読む]
  • 野草の赤ちゃん
  •  昨年の秋に2種類の野草の種を撒いた。春になって、その2種類ともが発芽した。 もっとも、撒いたポットはずっと屋外に置きっぱなしで、他の植物の種が飛んできて発芽した可能性もあるけれど、今は撒いた種が発芽したと思いたい。 スイランの発芽苗。スイランはランとついているがラン科植物ではなく、キク科の植物で秋に開花する。 スイランの葉は細長い線形で、この苗の葉も細長い。 こちらもキク科のヤマジノギク。スイラ [続きを読む]