アタ さん プロフィール

  •  
アタさん: 花っていいね!
ハンドル名アタ さん
ブログタイトル花っていいね!
ブログURLhttp://tansyu.blog.fc2.com
サイト紹介文山野草、観葉植物、身近な花、深山に咲く花、出会った花や果実の紹介と、育成中の草木の生長記録です。
自由文ホームページ「三枚山の植物」の1コンテンツが独立したブログです。季節の花や、果実、花に集まる昆虫たちから、自宅で育てている草木の折々の状況を、写真と文章で掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/12/25 17:37

アタ さんのブログ記事

  • 田んぼで咲く花
  •  水田や休耕田の周辺を歩くのは、陰がないので、真夏はキツイ。しかし今は、水辺の植物が花盛りだ。 オモダカの花。花が大きいので、水田では一番目立っている。 ホッスモは沈水性の植物。花は無いが、見つかるとちょっと嬉しい。 コナギも今が盛りと咲いていた。背が低く、花が葉で隠れているので、目立つ花ではないが、結構美しい。 水に浸りながら、涼し気に咲くこれらの花を、汗だくになりながら写真を撮る。 山地の小さ [続きを読む]
  • 晩夏の花
  •  3年前に初めて出会ったきり、その後は一度も見ていないヒヨクソウを探そうと、かつて見つけた場所へ行ったが、結局ヒヨクソウは見つからなかった。 その場所で、今咲いているのは、 クサアジサイの花。クサアジサイは山地へ行けば普通に出会う。でも今年は、これが初めて出会った花だった。 マネキグサの花。全国的にも希少植物のようで、京都府では絶滅危惧種にランクされている。 ツル性半低木のボタンヅル。今日は道中た [続きを読む]
  • 庭で咲く花
  •  今夏は、植栽後初めて花をつけた植物が2つある。 苗木を植えて4年目のホツツジ。ツツジの仲間では開花が遅く、山地では晩夏から初秋に開花する。 ポリ製のミニ・プールで咲いたイトタヌキモ。毎年旺盛に繁茂するが、花は3年目にして初めて咲いた。 その他、今咲いているのは、 イトタヌキモと一緒に投入したトチカガミ。水面に花を浮かべていた。 コウホネの花。一月ほど前から、次々と開花している。水上葉を切り取って [続きを読む]
  • キツネノカミソリ
  •  今年はまだキツネノカミソリを見ていない。 そう思っていたら、今日はキツネノカミソリの花を多く見た。 人里周辺に多いキツネノカミソリは、今の時期よく出会う花で、緑の草地に朱色の花はよく映える。 朱色はお稲荷さんの鳥居の色。花弁(花冠裂片)はシャープな印象を受ける。だからキツネノカミソリ・・・・かな? [続きを読む]
  • 昨日と今日に出会った花
  •  ここのところバテ気味で、野外を歩く時間が極めて少ない。 その短い時間に出会った花は、 水田の畦で咲くヌマトラノオの花。ヌマトラノオの花穂は、オカトラノオのようにだらりと垂れることはない。 メハジキの花。河川敷や、明るい谷筋に多く、花は咲き始め。 こちらも咲き始めのナンテンハギ。京都府では稀な植物とされているが、当地ではそのような感じはしない。 [続きを読む]
  • オオヒキヨモギ
  •  昨日は終日強風が吹き、横殴りの雨も、時に激しく降ったが、今日、外へ出ると、意外と河川の水位は高くなく、路面も枯れ枝など無く、荒れていなかった。 午後からは夏の暑さが戻り、昨日の台風が嘘のようにも感じる。 道路沿いの岩場で、オオヒキヨモギの開花が始まっていた。半寄生植物と言われるオオヒキヨモギは、このような場所で、どの植物に寄生しているのだろうか?根を下ろせるのは、狭い岩の隙間しかないのに。 オオ [続きを読む]
  • 今シーズン初
  •  毎日「暑いあつい」と、念仏を唱えるように言っていても、確実に季節は移ろっているようで、今日はノササゲとツリガネニンジンの花を見た。どちらも今シーズン初の花だ。 ノササゲの黄色い花。ノササゲはマメ科のツル性植物で、林縁や林道脇に多く生育している。 この場所では、咲き始めのようだった。 ツリガネニンジンはキキョウ科の植物。名前の通り、花は下向きに咲いて、釣り鐘のような形をしている。山にも生えるが、平 [続きを読む]
  • キカラスウリ
  •  たまたま通った道で、たくさんの白い花が咲いているのが車窓から見えた。車を停めて花を見に行くと、思った通り、キカラスウリだった。 普通のカラスウリなら、夜間に咲く花は、朝には萎んでしまう。正午をとうに過ぎているのに、こうして花が残っているのはキカラスウリだ。 花や果実をつけるキカラスウリの成体に、当地ではめったに出会わないので、ちょっと嬉しい発見だった。 まだ未熟だが、大きな果実もついていた。 [続きを読む]
  • ノカンゾウ
  •  そろそろ咲き始める頃と思い、ノカンゾウの生育する小さな棚田を訪ねた。ところが昨年まで多く生えていた畦は、きれいに草刈りされていて、今年は見られないのかと諦めかけたところ、用水路脇に数株あるのが見つかった。 ノカンゾウは京都府絶滅危惧種。ヤブカンゾウとよく似ているが、全体一回り小さく、八重のヤブカンゾウに対して、一重の花が咲く。 ヤブカンゾウは7月が開花の盛りで、口丹波地域におけるノカンゾウの花期 [続きを読む]
  • 今日はこの1枚
  •  今日は歩く時間が無かったので、家で咲き始めた花を1枚だけ。 涼し気なナツエビネの花。今年はうっかりして、花茎に害虫が付いていることになかなか気づけなかった。そのため、黒く壊死した花茎もあったが、辛うじてこの花は無事だった。 自生地での開花は盆明け頃からだろう。今年も楽しみだ。 [続きを読む]
  • 道端の花
  •  道端で咲いている花を3つほど。 マルバハッカは帰化植物。別名をアップルミントというらしい。少し荒れたような草地でよく見るようになった。 カナビキソウはビャクダン科の半寄生植物。京都府では準絶滅危惧種にランクされるが、イネ科植物の多い道端に、割と普通に生育している。茎も葉も細くて、花も小さく目立たない。 ヒメヤブランの可愛い花。定期的に草刈りが行われるような草地に生える。花は低い位置に咲くので目立 [続きを読む]
  • やや稀な花
  •  今日は、特に珍しくはないが、頻繁に出会うこともない、やや稀な野草の花が見つかった。 オオキツネノカミソリの花。名前の通り、キツネノカミソリよりも、花は少し大きく、雌しべと雄しべが花冠から突き出ているのが特徴だ。当地において分布域は広いが、大きな群落を見たことはない。 ケムラサキニガナの花。枝や花柄に腺毛が生えている。ムラサキニガナは無毛なので区別は容易。 当地ではムラサキニガナの方が普通で、ケム [続きを読む]
  • ニガクサ?
  •  陽当たりの良い草地で、シソ科の植物がたくさん咲いていた。 花期は終盤のようで、花穂は黒っぽいものが多かった。 花穂の上部では開花中のものがあり、白色に近い淡紅紫色の花だった。 花の形はニガクサにそっくりで、ニガクサなのかも知れない。 これは、おそらく虫えいだろう。ニガクサツボミフクレフシであれば、やはりニガクサなのだろうか? これまで見てきたニガクサは、湿り気のある林内の木陰に生えていた。この場 [続きを読む]
  • 今日出会った花
  •  出先の道端でいくつか花を見た。 クルマバナの花。そろそろシソ科の花が増えてくる季節だ。 シロバナアキノタムラソウ・・・・と思ったが、薄っすらと紫を帯びていた。 オニユリの花。人里やその周辺に多い。 最近は暑くて散策は超短時間で終えている。このブログを訪問して下さる皆様も、熱中症に気を付けて、どうかご自愛下さい。 涼むことはできませんが、最近撮った地元の河川などの風景を3つ足しておきます。 南丹市日吉 [続きを読む]
  • オミナエシ
  •  オミナエシの花が咲いていた。 その場所にオミナエシがあることは知っていたが、花はまだ先だと思っていたので驚いた。 オミナエシは秋の七草の1つ。8月を待たずに開花した。 さぞ暑かろうと心配をしてしまうが、ここは山間部の棚田の畦で、谷から吹付ける湿った風は心地いい。 [続きを読む]
  • ボタンクサギ
  •  山間部の溜池畔でボタンクサギが咲いていた。 そばの道路はよく通る道なのに、この花に気づいたのは初めてだった。 最近は時々こんなふうに、ボタンクサギと出会うことが増えてきた。 ボタンクサギは中国原産で、逸出したものが各地で野生化しているようだ。 花はとても美しい植物だが、近寄るだけでクサギ臭がする。ちょっと庭には植えられない。 [続きを読む]
  • 果実を3つ
  •  最近は山野を歩いても、なかなか花と出会えないが、果実をつけたものとはよく出会う。 ヤマブキの若い果実。熟すのは秋になる。 マタタビの正常な果実。マタタビは花には優しい芳香があり、果実は食用や生薬に利用できるそうで、人にとっても、もちろんネコにとっても嬉しい植物だ。 虫こぶとなったマタタビの果実。マタタビミフクレフシというそうで、こちらの方が利用価値が高いのだとか。 マルミノヤマゴボウの果実は、も [続きを読む]
  • ホタルブクロとヤマホロシ
  •  花期は過ぎても、たまにホタルブクロの花と出会う。 今日出会ったホタルブクロは、花冠が大きく開いていて、近づくまでホタルブクロだと判らなかった。 様子を見に立ち寄った自生地で、ヤマホロシの開花が始まっていた。 例年なら9月に入らないと咲かないのに、今年は一月以上も早い。 既に果実もついていた。今日立ち寄らなければ、今年は花が見られなかったかも知れない。 [続きを読む]
  • 今日はこの1枚
  •  今日は大きな果実のキイチゴの仲間と出会った。 キイチゴとは木苺のことで黄苺ではないが、この果実は黄色かった。 調べると、どうやらコジキイチゴのようだ。一説では、コジキは乞食の意味ではないようで、古代の蒸し器である甑(こしき)が転じてコジキになったとのこと。 何れにしろ、好きになれない名前だ。 [続きを読む]
  • 今日出会った野草2つ
  •  梅雨が明けて、今までのような夕立の気配は無くなった。しかしその分気温は下がらず、35℃オーバーが当たり前の毎日だ。 荒地に這う黄色い糸くずのような植物はアメリカネナシカズラ。帰化植物で、他の植物に寄生して生活している。 アメリカネナシカズラの花。拡大して見ると、白色の花は結構美しい。 ママコノシリヌグイの白花品種。シロバナトゲソバと呼ばれるようだ。茎には下向きの刺があり、触るとザラザラして、チク [続きを読む]
  • 庭で咲き始めた花
  •  庭で咲き始めた花を2つ。 フシグロセンノウの花。フシグロセンノウはナデシコ科で、山地の谷筋などに生育している。 タヌキマメの花は一日花。天気が良ければ、これから毎日次々と咲く。 タヌキマメの自生地は一ヶ所しか知らなかったのに、最近、その場所では道路の拡幅工事で消滅した。もう野生のものとは出会えないかも知れない。 [続きを読む]
  • 湿地を歩いて
  •  ここ数日は決まって午後から雨が降る。しかも雷を伴い激しく降るので、今日は雨が降る前に、近所の休耕田を歩いてきた。 浅く水の溜まった休耕田でも、ネジバナはたくさん咲いていた。 ネジバナの白花品とは初めて出会った。シロネジバナとかシロバナモジズリと呼ぶらしい。 長く放置されている場所では、ヒシが繁殖して、白色の小さい花を水面に浮かべていた。 ミズオオバコは水中に葉を広げていたが、花にはまだ少し時間が [続きを読む]
  • 山間の溜池(夏)
  •  山間部にある小さな溜池2ヶ所を回った。最初に訪ねたのは、浮葉植物の多い池。 今回は動画の撮影をしたので、以下の画像はすべてビデオ・キャプチャーです。 ヒツジグサ。白い花がたくさん浮かんでいた。同じ池にジュンサイもあり、こちらも花期に入っているものの、花が開いたものは1個も見つからなかった。画像の中の鮮緑色で楕円形の葉がジュンサイ。 この池の植物は、ヒツジグサ、ジュンサイ、フトヒルムシロにタヌキモ [続きを読む]
  • オオバノトンボソウ
  •  山麓の斜面で、オオバノトンボソウが咲いていた。 オオバノトンボソウは、普通、数株が同時に見られ、ここでも大小5株ほどあった。 ラン科ツレサギソウ属の植物は、種類は多いが、どれも数が少ない。その中にあって、オオバノトンボソウだけは、山地を歩けば、どこでも目にすることができる。 これはオオヤマサギソウ。よく似ているが、こちらの方がややスマート。ちょうど咲き始めたばかりのようで、花期はオオバノトンボソ [続きを読む]
  • ユリの開花
  •  昨日の朝、植栽のユリ2種が、同時に開花していた。 コオニユリの花。コオニユリは京都府内にも自生するが、これは数年前に購入したもの。プランターで育てている。 コオニユリはオニユリと違い、葉腋にムカゴを作らない。 鉢植えのヤマユリ。コオニユリの前に置いてみた。ヤマユリは京都府絶滅種。エイザンユリと呼ばれ、比叡山に自生していたそうだ。 これも数年前に購入したものだが、昨年は花をつけなかった。今年も背丈 [続きを読む]