アタ さん プロフィール

  •  
アタさん: 花っていいね!
ハンドル名アタ さん
ブログタイトル花っていいね!
ブログURLhttp://tansyu.blog.fc2.com
サイト紹介文山野草、観葉植物、身近な花、深山に咲く花、出会った花や果実の紹介と、育成中の草木の生長記録です。
自由文ホームページ「三枚山の植物」の1コンテンツが独立したブログです。季節の花や、果実、花に集まる昆虫たちから、自宅で育てている草木の折々の状況を、写真と文章で掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/12/25 17:37

アタ さんのブログ記事

  • ハクサンハタザオ
  •  今日はハクサンハタザオの花を見た。 ハクサンハタザオはスズシロソウ同様、早春に白い花を咲かせるアブラナ科の植物。 陽当たりが良く、やや乾いた山の斜面で咲いていた。 ハクサンハタザオは群生し、一斉に開花する様が美しい。 [続きを読む]
  • 残雪の谷
  •  今日は気温も高かったので、再び雪の残る地域へと向かった。前回とはまた違った場所だが、ここもまだ大量に雪が残っていた。 ここから谷へ入ろうと思って来たが、残雪が長靴を越したので諦めた。駐車した場所の近所を少し散策すると、 クラガリシダがまた見つかった。今回もナカミシシランか??と期待したが、葉表面の溝は一条だった。 セリバオウレン。雪が解けた場所で咲き始めていた。 ナツエビネ、またはサルメンエビネ [続きを読む]
  • 最近出会った花とシダと鳥
  •  ここのところバタバタしていて、花を見たその日に、ブログを更新することができていない。 今日はこの2、3日の間に出会った花などの画像を、順不同で揚げておきます。 ダンコウバイの花。陽当たりの良い場所では、もう開花が始まっていた。 やっと雪が解けた谷で、バイカオウレンが咲いていた。まだ花の数は少なかったが、毎年この花を見ないと、春が来たように思えない。 このバイカオウレンは、動画も撮ってUPしたので [続きを読む]
  • 今日出会った花
  •  今日はスミレの花と出会った。 ナガバノタチツボスミレ。葉は少しも長くないが、春の葉はこんなもの。花が終わってから茎共ども伸長していく。 山地のやや乾燥した場所に多く生えている。 次に出会ったのはウマノアシガタ。道端の草地で咲いていた。 枯葉に覆われた道端で、この花はとてもよく目立っていた。 [続きを読む]
  • ヤマシロネコノメほか
  •  3月とは言え、寒風が吹く中、山麓の湿った場所で、ネコノメソウが咲いていた。 帰宅して画像を確認するまで、これをコガネネコノメソウだと思っていた。 画像の中のネコノメソウの花を見ると、僅かだが、雄しべの方が萼片より長かった。また画像では判り辛いが、萼片の外側に毛が散生していた。 これはヤマシロネコノメの特徴だ。ヤマシロネコノメは京都府の特産品。いつかは見たいと思っていたネコノメソウだった。 ヤマシ [続きを読む]
  • 芽生えとツボミ
  •  昨日も今日も真冬並みの寒さ。春はまだ遠いのかと思いきや、植栽の野草たちを見ると、しっかり新芽を出していた。2、3日前には気づかなかったので、この寒さの中で芽生えたのだろう。 サンヨウブシはトリカブトの仲間。しかしこの植物は無毒と言われている。 こちらは猛毒のヤマトリカブトの仲間。購入した時は「深山トリカブト」という名が付いていた。 イチリンソウも葉が出てきた。今年は何個の花が咲くだろう? マネキ [続きを読む]
  • やっと春?
  •  3月に入って、今日は春らしい暖かな一日だった。ようやく早春の花にも会えるようになり、また野草探索の一年が始まる感じがしてきた。 南丹市日吉町中世木で催された、「せつぶん草まつり」に行ってきた。セツブンソウの自生地は、つい最近まで雪に覆われていた。そのせいか今年のセツブンソウは、開花が遅れ、項垂れたものが多かった。 セツブンソウは春の妖精と呼ばれる。同じく春の妖精であるアズマイチゲは、まだツボミの [続きを読む]
  • キバシリ
  •  今日は珍し野鳥に出会った。 キバシリという小鳥で、山地の針葉樹林内などで暮らしているらしいが、出会ったのは山麓の植林地だった。 キバシリは「木走」。樹幹を垂直に走って移動する。 全国的にも多くはないようで、京都府では準絶滅危惧種。画像が撮れて良かった。関連情報(外部リンク・私のHP) キバシリ [続きを読む]
  • 梅の花でも
  •  しばらく更新できていなかったので、今日は早春の代表的な花である梅の花でも、いくつか観てもらおう。 訪ねたのは京都府南丹市八木町の龍興寺の梅園。龍興寺は享徳元年(1452)創建の臨済宗の名刹で、本山妙心寺下の三龍の一つ。三龍とは即ち龍安寺、龍潭寺と本寺のこと。 梅園の梅はまだ三分咲きと言ったところか?またく花をつけていない木もあった。 おまけに訪ねた時間だけ曇り空で、見上げる花の美しさが半減してしまっ [続きを読む]
  • サンインシロカネソウ
  •  山の雪は解けたように見えても、北面や谷には、まだたくさん残っている。陽当たりの良い場所を選んで、常緑の野草を訪ねてみた。 フデリンドウは越年草で、今はこんな感じ。花は4月下旬頃に咲く。 コケイランの線形の葉は、花が終わって6月頃に出る。そして冬を越し、開花に合わせて枯れてしまう。 このコケイランには、まだ昨年の果実の茎が、枯れたままで残っていた。 まだ花には早いだろう。そう思いながら訪ねた自生地 [続きを読む]
  • バイカオウレン
  •  昨夜、雪が降って、朝起きたら、3?ほど積もっていた。雪は日中もチラチラしていたが、庭ではバイカオウレンが咲き始めていた。 真冬の寒さの中でも、植物は、春が近いことをちゃんと知っている。土の中では多くの植物が、芽出しのタイミングを計っているのだろう。関連情報(外部リンク) バイカオウレン(自生の様子)  バイカオウレンの育成記録 [続きを読む]
  • 今年は・・・・・・
  •  ここのところずっと雪が降り、今日は少し晴れたが、これぐらいでは、山間部の積雪は無くならない。少なくとも2月いっぱいは、散策したくてもできないだろう。 そこで昨年から最近までに訪ねた場所や、出会った植物について、今年確認しようと思っているものを整理してみた。以下はその一部。 昨年は新たにエビネの群生地を2ヶ所みつけた。エビネは比較的人里近くに多いのだが、その2ヶ所は、ともに深山の渓流沿いにあった。 [続きを読む]
  • 野鳥
  •  今日も寒い一日だった。朝から小雪がチラついていた。近所では、梅の白い花がチラホラと、咲いているようにも見えたが、あれは雪だったかも知れない。 今日は野花には出会わなかったが、いくつか野鳥と出会うことができた。 お馴染みのヤマガラは、あまり人を恐れない。 こちらもお馴染みのメジロ。最近特によく出会う。 電柱に止まるトビはよく見るが、ここではそばに電柱があるのに、こうして樹木に止まっていた。 ウソの [続きを読む]
  • 早春の花
  •  まだ雪の残る道端で、ようやく春の花と出会えた。 セリバオウレン。小さくて探すのが難しいが、ここでは数株が花を咲かせていた。 そしてもう一つ。小さなダムの遊歩道を散策すると、アセビの花が咲いていた。 陽当たりの良い場所だからか、この木は既に満開だった。 今日はまさに春の日差しが感じられた。早春の花に出会えて、今年もまた、多くの花に出会えそうな予感がした。 [続きを読む]
  • 最近は歩けていないので
  •  屋根や庭の雪はようやく解けたが、毎年この時期に歩いている山野は、まだ積雪で、歩けない日が続いている。 南丹市にある大野ダムの少し上流。流れの緩やかな所の水面は凍っている。 ダム湖からほんの少し上流の由良川。こんな状態なので、とても狭い谷などへは行けない。 最近撮った植物の画像と言えば、 サンインシロカネソウ。開花は春だが、まだまだ先だ。 渓流の水しぶきがかかる岩上に生える、艶々した鮮緑の葉はショ [続きを読む]
  • 今日も雪
  •  また雪が降った。山や耕作地の雪はなかなか消えない。仕方なく、身近な野鳥を探してみた。 ムクドリ。以前、ヒナからムクドリを飼育したことがある。自宅の屋根裏に落ちてしまった、兄妹3羽。親鳥は育児放棄してしまった。メスの1羽は3年目に逃げてしまったが、オスの1羽は12年も生き、もう1羽のメスは11年生きた。その経験から見て、画像の手前はメスで、奥がオスだろう。 ツグミ。今年の飛来は少ないような気がする [続きを読む]
  • 梅の花
  •  先週の土曜の夜から月曜にかけて、記録的な大雪が降った。積もった雪は60?を超えていて、地域の主要な道路ですら、車の運転は怖かった。 今週は野草探しどころではなく、庭の雪かきと、屋根の雪下ろしに追われ、ようやく昨日あたりから、正常な状態に戻った感じだ。 そんな大雪の中でも、近所の梅に花がついていた。 きっと花にも雪はつもり、早朝には氷となった雪に、花もすっぽり包まれていただろう。 この梅は毎年早く [続きを読む]
  • 寒空の下
  •  この冬一番の寒気が南下し、午後からは小雪のちらつく天気となった。 寒空の下、今日は一輪の花と出会った。 ムラサキサギゴケは田の畦などに多いが、山からの細流脇に生育していた。 こんな花を見ると、もうそこに春が来ているような気になってしまう。 平地のセリバオウレンですら、まだ開花していないというのに、バイカオウレンの群生地に立ち寄ると、ツボミが一個見つかった。 この花が満開になるまで、あと何回、強い [続きを読む]
  • カヤランほか
  •  正月を迎えると、また一つ歳をとったと躰は知っているのか、昨日から軽度の腰痛に悩まされている。歳には勝てないと思いながらも、折角いい天気だったので、比較的近場にあるヤマトミクリの自生地を訪ねた。 落葉が積もる山間の湿地で、ヤマトミクリの葉は緑色を保っていた。多くの草は枯れ、木々は葉を落とし、歩きやすく、見通しもよくなった湿地。 ふと眼を岸辺の樹幹に移すと、 カヤランがかたまって着生していた。多くは [続きを読む]
  • 溜池の植物
  •  迎春 2017年のブログ「花っていいね!」は、今日からスタートします。本年もよろしくお願いいたします。 冬に1度は訪ねる京北の溜池。何度か過去にも掲載しているが、夏にはヒツジグサの花も見られる。 今はフトヒルムシロとミズハコベが茂っていて、沈水状態のイグサなどがそれに混じっている。冬期は特に水が澄み、アカハライモリやマツモムシなど生き物もよく見える。 年末に動画の水中撮影ができる廉価なカメラを購 [続きを読む]
  • バイカオウレン
  •  育成中のバイカオウレンは、昨年の11月に不時開花した。今年は咲かいないのかなと思っていたら、今朝、一輪咲いているのが見つかった。 早春の花に比べて、少し小さい花ではあるが、咲いてくれると嬉しいものだ。 今日は小雪のちらつく寒い一日だったが、この花が咲くのは、今年も暖冬だということなのかも知れない。 今年のブログ記事は、今日で最終です。今年一年、ブログを訪ねて下さった皆様、大変ありがとうございまし [続きを読む]
  • 近所の山で
  •  正月用のお飾りで、マツと赤いネジキの枝、それにウラジロなどを、村の山へ取りに行った。 ここのところ毎日のように時雨れて、今日も途中で激しく雨が降ってきた。そんな訳で、早々に引き揚げてきたのだが、いくつか写真も撮れたので、三日振りにブログの更新ができる。 アカマツに寄生するマツグミ。普通、高所の枝に寄生している。 これもマツグミ。マツにマツクイムシが入っているのか、やや勢いが無い。 このように松枯 [続きを読む]