けい。 さん プロフィール

  •  
けい。さん: 春のそよ風夏の雨
ハンドル名けい。 さん
ブログタイトル春のそよ風夏の雨
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/michiru_tsukiusagi/
サイト紹介文英語、ドイツ語、フランス語、中国語などいろいろな言語についてと読書などを中心としたサイトです。
自由文英語、ドイツ語、フランス語の多読、多聴をしています。その他の言語についてもちょこちょことかじっています。読んだ本のことを中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供973回 / 365日(平均18.7回/週) - 参加 2011/12/26 01:27

けい。 さんのブログ記事

  • Susan B. Neuman「Libros de National Geographic : Balanceate, Perezoso!」
  • National Geographic Readers: Balanceate, Perezoso! (Swing, Sloth!) (National Geographic Readers: Pre-Lector)Susan B. NeumanNationa
    l Geographic Children's BooksNational Geographic Readersのスペイン語訳。これは一番易しいレベルなので読
    みやすいです。なまけものも含めた熱帯雨林の動物たちの写真がいっぱい。 [続きを読む]
  • Pablo Neruda+Elena Odriozola「Oda a una estrella」
  • Oda a una estrellaPablo Neruda+Elena OdriozolaLibros Del Zorro Rojoずっと気になった本を、読ませていただくことができました。詩の絵本なので、文章は難しい・・・。解説が欲しいかな。でも、画集としても欲しいくらい絵は美しいです。Elena Odriozolaさんの絵、大好きです。 [続きを読む]
  • Triunfo Arciniegas+Claudia Rueda「Letras robadas」
  • Letras robadas / Stolen LyricsTriunfo Arciniegas+Claudia RuedaOceano De MexicoClaudia Ruedaさんの絵は、絵本によってずいぶん違うので、新しい本を手に取るたびにびっくりします。この本で4冊目なのですが、ほんとにびっくり!おかあさんと女の子がお買いものに。その横ではねずみがなにやら・・・。結構文章は多めですが、繰り返し構造なのである程度は分かります。挿絵も眺めるといろいろ発見があって面白いです。じっくり [続きを読む]
  • オススメ本メモ
  • スペイン語多読の会副会長のMさんオススメの英語児童書&YAちょっとメモ。Broken MoonKim AntieauMargaret K. McElderry Booksパキスタンの女性・児童虐待の話だそうで、すこしばかり読むのが辛いところもあるのだけど、とてもいい本だそう。Bless This MouseLois LowryHMH Books for Young Readersねずみの話。MさんはLois Lowry&ねずみの絵本が好きなのだけど、それは置いておいても、ほんとにいいんだそう。The Terrible Thing [続きを読む]
  • Ed Young「The Cat From Hunger Mountain」
  • The Cat From Hunger MountainEd YoungPhilomel Books以前、ざっと見せていただいた本をお借りしてじっくり読むことができました。傲慢なお金持ちの貴族(絵は猫なんだけどね)が・・・というおはなしでした。かなり道徳的で真面目な話だったんだな〜。それにしても、この絵はすごいです。芸術的で、美しい絵本です。子供向けには同じ作者の作品では「Seven Blind Mice」がいいなと思うのですが、絵のすごさではこちらですね。同じ [続きを読む]
  • 「藤城清治『光と影の楽園展』」@教文館9階ウェンライトホール
  • 「藤城清治『光と影の楽園展』」@教文館9階ウェンライトホールに行ってきました。そして、なんと、藤城清治さんのサイン会も!何度か見た作品もあるのですが、再び見れるのも嬉しいですね。今年の作品もたくさんありました。サイン会のために混んでいたのですが、それでも素敵な空間でした。サインをいただいたのは、この本。アッシジの聖フランシスコ藤城清治女子パウロ会去年、サイン会があるようならこの本にしていただきたい [続きを読む]
  • 「やきもの勉強会」@根津美術館
  • 「やきもの勉強会」@根津美術館に行ってきました。日本画の勉強会というのが以前あってすごくよかったので、やきものの勉強会も面白そうだな〜と。かなり勉強できたという感じではないのですが、いろいろと見ることができてなかなか面白かったです。暑かったけれど、庭園も楽しめました。そういえば、理由があってインスタのアカウント作ったんだったと、ちょっぴり庭園からの写真載せてみました。せっかくだから自分が好きな風景 [続きを読む]
  • 「ベルギー奇想の系譜」@Bunkamura ザ・ミュージアム
  • 「ベルギー奇想の系譜」@Bunkamura ザ・ミュージアムに行ってきました。チラシの前面しか見ていなかったので、ボス、ブリューゲル辺りのデッサンなどが中心なのかなぁ・・・と思っていたのですが、ボスから現在活躍中の作家の作品までという長い時間に渡るベルギーの作家の作品展でした。絵画だけではなく、彫刻や、メディア系?の現代美術もありました。「奇想」というテーマで、ベルギー美術500年の歴史がみられるというのは面 [続きを読む]
  • 「Elemental haiku」#ChemHaiku
  • なんだかいろいろ書きたいなと思っていることがあるんですが、今、関心を持っているというのかな、そんなことがあって、そちらに時間をかけています。ほとんど本も読んでいないですね。ちょっと面白そうだなと思ったものを見つけました。周期表俳句なんですね。好きな元素を すると俳句が読めます。「Elemental haiku」ま、haikuって三行詩だなと思うのですが。以前、「moon rabbit」というサイトで、言葉のリレーだったか [続きを読む]
  • ドラマの影響
  • 若者の自殺に関する「13 Reasons Why」というネットドラマの配信以降、自殺に関する検索が増えているというニュースをみました。どんなふうに思うのか、見てみたいドラマですね。いい面でも、悪い面でも影響を与えた番組なのかな。本も出ているようで、amazon.comでのレビュー数が多いですね。読んでみようかな。気になります。Thirteen Reasons WhyJay AsherPenguin [続きを読む]
  • Anne Crausaz「L'oiseau sur la branche」
  • L'oiseau sur la brancheAnne Crausazメーカー情報なし大好きなAnne Crausazさんの本。Anne Crausazさんの絵本は、小さい子向けの科学絵本という感じなので、これもそのような一冊です。林檎の木に鳥などが来る様子を定点観察という感じで描いています。一月、二月、三月・・・と。一日の時間、一年の時間が感じられてとても素敵。それにしても、この絵の素晴らしさ。やっぱりいいなぁ。 [続きを読む]
  • Doremus Gaetan「Ping-pong」
  • Ping-pongDorémus GaëtanSeuilピンクの象が卓球をしていたら・・・。図書館で、どんな本があるんだろうと思いながら、ザクザクと読んでいて、一緒に行った方々に、この本面白いと見せてみたら、絵がこんな風だったなんてといろいろ発見が。気がついていたところもあったのだけど、気がついていないところもいっぱい。やっぱり、こういう本は手元に置いてじっくり見るのがいいですね。おしゃれかつおちゃめな本でした。 [続きを読む]