赤い酔星 さん プロフィール

  •  
赤い酔星さん: 通常の3倍速く酔っ払いながらのウイスキー&テツ旅ルポ
ハンドル名赤い酔星 さん
ブログタイトル通常の3倍速く酔っ払いながらのウイスキー&テツ旅ルポ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/iida200
サイト紹介文味わい深いシングルモルトと鉄道旅あっての楽しい人生。。
自由文でっかい一眼レフと小さなミラーレス一眼をとっかえひっかえしながら酒を携えローカル線を目指す!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/12/28 17:41

赤い酔星 さんのブログ記事

  • 大人の休日倶楽部
  • 私も50を越えてしまったので大人の休日倶楽部に入りました。JR東日本の駅で吉永小百合さんのポスターがあるアレです。http://www.jreast.co.jp/otona/会員には二種類あり、男50-64、女50-59歳のミドルとそれ以上の年齢のジパングがあります。私の入ったミドルの通年サービスはJR東日本、北海道エリアで購入チケットが往復でも201キロを超えれば5%引きと、たとえば東京駅から仙台まで新幹線で行った場合11200円の5% [続きを読む]
  • 神田バーテンダーズチョイス2013 (備忘録)
  • ちゃんと飲むのは初めて立ちはよいしっかり訴えかけてくる焼いた樽の強いバニラその延長線上にある上品なキャラメル焼いた樽のニュアンス新鮮なドライレーズン微かにメタリック 貯蔵庫の湿気アタックは古樽のウッディネス心地よい樽渋 徐々に二次樽のフルーティ遊ばせるとフレッシュなレーズン加水するとクリーム余韻は長い フレッシュなスパイスと若々しい赤い葡萄ハウススタイルらしい赤い果実感と二次樽のわかりやすいフルーテ [続きを読む]
  • ダメ人間二態 、、
  • 当直明け、小雨の中バイクで帰宅あさっぱらからオンザロックスでマック食ってるダメ人間。。いい酒でもけっきょくこうやってラフに飲んじゃうダメ人間、、でも2000年代のヤングカリラってオンザロックスでちょっと薄まったとこでいいシトラスフルーティが出るのはまちがいないと思います。このへんが10〜12年モノくらいになってシグナトリーあたりから加水で出たらきっとこういうキャラになるんだろうな。。 [続きを読む]
  • 大江戸大捜査網、御用 !!
  • ウイスキー呑みのクセに単車が趣味でごく少量リリースの限定品が発売日不明で出たりするときにはこつこつと何店も単車で回って探したり目撃情報があると早馬を飛ばしたりすることがあるしそういうのも、じつはけっこう楽しんでます。きょうは当直明けでぐーぐー寝てたら仲間に電話で起こされ” X ○ 商店に入荷してる、でもリピーター限定だって・・・ ” と。今回の獲物はああいう樽で醸された入手困難なアレです。わたしはここ [続きを読む]
  • 秋の気配
  • ひさびさのやすみなんでモルトウイスキーでオンザロックスとか贅沢もたまにはいいでしょう。ことしの夏は雨ばっかり・・・ なんていってるうちにヒカリものに脂がノッてくる季節に。海洋性ピートのアイラモルトに海鮮を合わせるのはこの国でできる贅沢のひとつなんでしょうがこれは夏のうまいハイボールを期待したボトルでした。でも、オンザロックスがまた潮レモンでサイコーにうまい! [続きを読む]
  • 秩父IPAカスクフィニッシュ2017 OB
  • キミはなんの前触れもなく突然にやってきた!立ちは普通からややよい芳醇な麦の甘い香り まだ青いバナナ意識しちゃってるから軽くホップ青いシトラス奥からミント かぼすアタックはほろにがからきゅっと樽渋そこから口中にフルーティ フレッシュプラム後半は秩父のお約束のスパイス余韻はドライだがとってもフルーティ時間をあげると裏ラベルにもあるようにあまあまな桃の香りもある4〜5滴の加水でフレッシュなポップが顔を出すノ [続きを読む]
  • 残暑でござんしょ!
  • 涼しくなったとはいえスーパーまで歩けばまだ汗ばみますね閉店間際に半額で脂のノッたうまそうな刺身をゲット!サーモンのうまみを引き出すのはアイラのなかでもボウモアとカリラ、、とくに夏場はこのオフィシャルのカスクストレングスでつくったオンザロックスがなかなかです。。 [続きを読む]
  • 某所MDCテイスティングサンプル
  • やあ、ひさしぶり!立ちはよい明るく語りかけてくる印象蜂蜜 キャラメル 古木香奥から軽くドライな香りセメダインアタックはバランスがいい甘さ、酸味、樽の渋みと順序よくハナに抜いて溶剤、セメダイン後半軽くトロピカル、パインノド前で遊ばせてフルーティ&スパイスあれっ、キミこんなにおとなしくなっちゃった? [続きを読む]
  • ミントの花
  • きょうミントの花が咲いたキースのマスターが言うように7月が終わるとミントの旬はおしまい。それは花が咲くとそっちに栄養が行ってしまい葉っぱの元気はイマイチになるんだなぁと思いました。ウヰスキー呑みにとってミントは一般的には森香るハイボール、わたしのような庶民には白角で誤魔化したプアマンズ森香るハイボールには欠かせないし肴の皿を彩るにも、ご覧のように重宝です。営業所のお庭を間借りして育ててるこの苗は昨 [続きを読む]
  • インプレッシヴカスク カリラ 2008 8年 ホグスヘッド#311066
  • 先日、縁あって江井ヶ嶋酒造へ見学に行った際、関西方面のBarも何軒か訪問させていただきました。その際にあちこちで見かけたのがインプレッシブカスク。名店や専門店といわれるモルトバーはどこもズラリ。” コスパもええし、いい商売ですわ ” とはさすが商売にシビアな関西やなぁと思うことしきりでした。そういえばウチにも最近買ったヤツが2本・・・外観 色うすいイエロー、ストロー クリアー、輝き◎香り立ちはよい しっか [続きを読む]
  • あかし5年 コニャックカスク
  • 責任払いであかしコニャックカスク5年Barのマスターが何処で買ったのかなんか字が書いてあるのは何故か知ってる人は知ってるでしょう。そんなワケはないけど土っぽいピートのニュアンス?いや、これはポリフェノールのフェノール成分が香ってるんでしょうね。生キャラメル、アルコールの刺激アタックは強烈にオーク、樽の辛さ樽辛に寄り添う甘いベリー最近のあかしって独特のニューポットっぼさがなくなってきたようにカンジます。 [続きを読む]
  • 秩父 KUSUDAワインカスク2017
  • 秩父クスダワインカスク17本日秩父市内限定で発売され当地ではお祭り騒ぎになった話題のボトルです。しがないサラリーマンは土曜も休めず買いにいけませんでしたが、それでもせめてもとハーフ一杯注文して利いてみました。クリアなコハクいろ立ちは普通からややよいおだやかに語りかけてくる印象フレッシュな若い紅い果実 プラムかすかにキャラメル奥から僅かに刺激的キャラメル 赤葡萄の皮クリアな香りが好印象アタックはおだや [続きを読む]
  • グレーンの夜
  • グレーンウイスキーにはじまりとうきび冷やしに終わる夜。夕方、六本木ミッドタウンでキリン富士山麓エクスペリエンスバーで樽出し原酒に舌鼓を打ち、ブリュードッグ六本木で旧知の友人とうまい酒を酌み交わし、シメは近所にある無化調の名店で年にいちど振る舞われる日本でいちばん甘いとうもろこしで作った冷やがけそばで〆る夜。。 [続きを読む]
  • HART BROTHERS ボウモア2000 for 信濃屋13年
  • 年初からシグナトリー1995カリラ19年を重宝に使ってましたがいいボトルだけまんなかを過ぎて、そろそろペースダウンしたくなり、なんか在庫からアイラを抜栓したいなと思ったのですがボーナス前だし、ライトリーピーテッドでフルーティーなのを在庫からとこの2年くらい前に買った信濃屋PBのハートブラザース ボウモア13年を抜栓してみました。 外観 色やや薄めのゴールド 輝き透明感ともによし 香り立ちはよい しっかり語り [続きを読む]
  • 湿度が高いので
  • テレビのニュースではいまの湿度は73%もあるそうこういう湿度が高い日にアイラが飲みたくなるのはアイラ島の気候と相通ずるものがあるんだろうね、行ったことないけど。さっきFBの仲間が旨そうに旧クォーターカスクを飲んでたのでわたしも飲みたいけどないので旧ラフ10で。一杯目はいいモルトウイスキーでソーダ割にするけどピートがあれば湿けった日は満足なんで二杯目からは岩井TDにスイッチ。なんだか居酒屋で呑み放題 [続きを読む]
  • ドライな酒がほしくて
  • 出遅れて、閉店間際のスーパーへいったらもう寿司しか手に入らなかった。しかもネタ偏りすぎ!こういう肴だから酒はドライなのがいいなぁ、、と考えて抜擢したのはあかしのブレンデッド。うん、媚びてない潔さがなかなかいいカンジ。来月江井ヶ嶋酒造へ見学に行くので思いを馳せながら飲んでます。。 [続きを読む]
  • このデバイスはOK
  • きょねんの今頃に抜栓したコルクのないグレンモーレンジィ10年がちょうど飲みごろを迎えています。開けてすぐコルクが砕けてしまったので実験的に100円ショップで買ったこのワインの仮栓をつけて1年ガラスとデバイスの接触面をキレイに心がけたせいか風味が抜けてしまうこともなく、美味しく開きました。このデバイスは合格です。。 [続きを読む]
  • マレー・キャンベル ウイスキーセミナー
  • リカーズハセガワさん主催のブルックラディのセミナーに行ってきました、ジム・マッキュワンの後任になったマレー・キャンベルさんのです。ジムのセミナーはどうしてもコネタ中心になるのでいままで同蒸留所のプロフィールもわかってたようでどうも実はあんまりわかってなかったのが今回わかりました 笑自分にとってはポートシャーロットがおでんとマリアージュする冬場の日常酒なので樽使いとか質問したいことはあったんですがな [続きを読む]