赤い酔星 さん プロフィール

  •  
赤い酔星さん: 通常の3倍速く酔っ払いながらのウイスキー&テツ旅ルポ
ハンドル名赤い酔星 さん
ブログタイトル通常の3倍速く酔っ払いながらのウイスキー&テツ旅ルポ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/iida200
サイト紹介文味わい深いシングルモルトと鉄道旅あっての楽しい人生。。
自由文でっかい一眼レフと小さなミラーレス一眼をとっかえひっかえしながら酒を携えローカル線を目指す!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/12/28 17:41

赤い酔星 さんのブログ記事

  • ようかんとのマリアージュ
  • 秩父蒸留所と羊羹のマリアージュを研究している秩父市内の名店 太田甘池堂さんのセミナーを受けた時の内容。FBに上げておいたものですが資料として転記しておきます。ここは2015年1月にNHKで秩父蒸留所が紹介されたときに羊羹とのマリアージュの提案について登場したお店です。肥土社長は秩父をウイスキー城下町に!という活動もしていてその一環として今年の秩父ウイスキー祭のときに” 羊羹とウイスキーのプレミアムセミナ [続きを読む]
  • 秩父ウイスキー祭り2017 ’ テイスティングノート
  • ファーストインパクト外観薄めの琥珀 輝き、透明感よし香り立ちは普通からややよいしっかり語りかけてくる印象古木香 英国家具 ワックスキャラメル シナモン ナツメグ熟した赤い果実奥から粒子的な香り味わいアタックはやさしいまず心地よい酸味と樽由来の渋みすこし遅れて赤い果実の甘み最終的に三つが調和するカンジザラザラする粒子感後半 シナモン ナツメグ的なスパイス余韻長い 余韻がいちばん素晴らしいバラバラに口に入った [続きを読む]
  • 給料日前だから
  • 給料日の前日にイベントの立て替えをしたもんだから笑っちゃうくらいお金がなくなっちゃってきょうの肴は小さいチョコレートしか買えなかった。寒い季節にチョコならシェリー樽でしょう、、っていってももともと苦手なジャンルだし何本も持ってないし開いてるのもあんまりない。まあ、たまにはマッカランでも。。 [続きを読む]
  • ネコの日に七面鳥米独連合
  • 今日はネコの日らしいが私には関係ない。半額になる時間にスーパーへ行ったらローストチキンとポテトが売ってたからまぁ、これはアメリカンだろうとWT8を。山盛りベーコンにジャガイモとポテトはいいねぇ、と思ったらラベルにはジャーマンポテトと書いてあった。。 [続きを読む]
  • ダシとピート
  • いちばんたくさん消費してるウイスキーといったら昨年リニューアルされたこの富士山麓 。疲れていて合わせるウイスキーなんて考えられないときはコイツのオンザロックスにしておけば間違いない。濃厚な樽由来の甘みやあと味にじんわり効いてくるライトリーピーテッドは和食のダシやみりんとマッチします。美味くて便利でコスパいいんでいちばんたくさん倒してます。。 [続きを読む]
  • 都会のネズミ 田舎のネズミ
  • 東京でも郊外に住んでるからタマに用事で都心に出るとうれしくなります。郊外のネズミには都心のネズミの食卓が眩しくてついうっかり露店で美味そうに売っていたローストチキン&ポテトなぞ買ってしましました。ふだん半額のお惣菜しか買えない庶民にはご馳走でこんな日は残り1本になったWT8年の旧ボトルを開封、せっかくだから写真でモタモタしないように気をつけてル・ヴァール カワゴエ式オンザロックスでいただきます。。 [続きを読む]
  • きょうはウイスキーのお稽古
  • きょうもきょうとてウイスキーのお稽古酒育の会の月例セミナー、” テイスティング技術向上のためのテイスティング会” に参加してきました。当直明けの睡眠不足のうえ花粉症と最悪のコンディションでしたが” ブレンデッドモルトの可能性 ” というくだけたテーマでしたのでリラックスして楽しむことができました。このセミナーの目的としては巷によくある銘柄当て大会ではなくブラインドで目の前にあるウイスキーのニュアンスに [続きを読む]
  • ニク(29)の日だけど
  • きょう平成29年2月9日もニクで肉の日なんだそーです。流行にはノリやすいタイプなんで美味い肉買ってバーボンでも・・・と思って閉店前のスーパーへ行ったら本マグロ大トロと〆サバ半額!肉はあらかた売り切れたあとだったのでコッチに決定。結局どういうわけかアイラ祭りになっちゃいました 笑 [続きを読む]
  • あまくてねっとり
  • ちょっと出遅れて閉店前のスーパーへ行ったらタレ焼きの焼き鳥しか残っていなかった。あまくてねっとりしたタレ焼きにはあまくてねっとりしたバーボン樽のオンザロックスで。まあ富士山麓かね?と考えながら帰宅した瞬間、目があったのはコイツ” えっ、 ボクはオールドだよ !? ”って声が聞こえたようなきもするけど酒は呑んでナンボ。オレは容赦しないゼ。。 [続きを読む]
  • 朝晩酌
  • 朝晩酌という呑みかた交通の現場に勤めていますので出勤すれば24時間勤務、バイクで帰ってくるのは早朝の7時前ですから冬場はもう凍えながら帰ってきます。そんなわけで座ればスグに身体を暖められるように出勤前にはグラスをスタンバイしておきます 笑目的がそういうことなんで酒も肴もけっこうなんでもいい。肴はいつかの残りだったりが多いし酒も買ったはいいけどあんまり仲良くないのをテキトーにひっぱり出したりしてます [続きを読む]
  • パルマ産生ハムとシグナトリー カリラ
  • よく行く手作りのハムソーセージ工房でパルマ産の生ハムを、もちろん切落としですが486円で入手して小躍りする小市民です 笑ただし ” ホントに期限いっぱいですからすぐ食べてください! ”っていわれたのでスグ食べてます。塩っからいもんにはなにがいいだろう?って開いてるのがここんとこずっと使ってるシグナトリーのカリラしかない。生ハムは食べたあとにうまみの余韻がながく続くのでそこにウイスキーを飲むといろいろ [続きを読む]
  • 羽生 ” CARD ” シックスオブクラブ
  • 外呑みですが貴重なボトルを飲む機会がありましたので記録しておこうと思います。香り立ちはふつうぐらいおだやかに語りかけてくる印象酸味のある若くて赤い果実 プラム古い英国家具の木香味わいアタックで甘みと羽生らしいフレッシュな酸味追いかけて赤ブドウのさわやかさ口のなかで遊ばせて楽しめる範囲のシェリー感余韻弱いと見せかけて返りがあるさわやかにフルーティー開くとどんどん篭った硫黄風味が立ってきてシェリー樽ら [続きを読む]
  • ありあわせ
  • 当直明けでも会社の行事で午後まで帰宅できず、それでも眠いというほどではないがカラダがすっきりしない。そんなわけでいつものようにスーパーへもかったるく冷蔵庫にあり合わせの材料を考えたらフレンチトーストしかなかった。ずいぶんひさしぶりに作ったんで焼きがアマかったのとメイプルシロップがちょっとしかなかったのが敗因。合わせるウイスキーは直感でFTB、これは当たった。。 [続きを読む]
  •  しあわせってなんだっけ   旧タリスカー10年と〆鯖。
  • 定価で買ったピートの効いた酒と夕方、スーパーで半額だった〆鯖があれば庶民としてはまあ、けっこうシアワセだ。580円のはんぶんだから290円だからね。旧瓶のタリスカー・テンといえばスパイスだけど丸正の〆鯖はけっこうあまいので麦の甘いニュアンスも見逃せない。サバを食べたあとに呑むと甘さが呼吸しあってそのあとピートがじんわり広がってくカンジ。お金持ちにはわかんないだろうね 笑 [続きを読む]
  • 一万円のメシ酒。
  • こんなことはもったいないとわかっていても新鮮な刺身が半額で手に入ったのでどうしても試してみたくてやってみた。先述の1万弱したカリラ、じつは2000年代のフルーティーなボウモアににていると思ったんです。ならば定石のマリアージュでサーモンとコラボすれば熟したオレンジが出てくるハズと考えてました。グレープフルーツのわたが取れてますからね。で、試してみたらばトロピカルが出た 笑パパイヤ、パインなんかの黄色い果 [続きを読む]
  • カジュアルに
  • さきほどはモルトウイスキーを飲んだわけなのですが夕食まえのひとときはそういう飲みかたで、晩餐になったらオードブル的な皿にバーボンかじゃパニーズブレンデッドのオンザロックスでも付けられればそれはもうサイコーなわけです。気立てのいい嫁サンが作ってくれりゃそれはもうスバラシイにきまってますが、まあ現実は現実でありますのでそういうのはたまたま半額で売ってたときだけなのであります。せめて酒だけはこんなときは [続きを読む]
  • シグナトリー カリラ 1995 19年 テイスティングノート
  • この年末も僅かな賞与(少ないよと書いてしょうよ)と読む)に気を大きくして何本か気になるボトルを買いました。が、これは普段呑み用にお手軽なのを・・・ と買いに行ったらあんまり自分の持ってるカリラのイメージどおりだったので1万円弱の値段をうっかりガッツで買ってしまったボトルです 笑テイスティングノート外観・色うすいゴールド 輝き、透明感よし香り立ちはよい 訴えかけてくる印象シャープなピート感 薬品や潮風 [続きを読む]
  • 雑煮とマリアージュ
  • 正月は4日まで会社に泊まり込み勤務でしたのでいまごろになってようやくお正月やっております。食事制限があるのでおもちは2つしか食べられませんがもともと雑煮は大好きなのでなにかウイスキーといっしょに。汁ものでしょっぱい料理といったらこれはもう定石で樽の効いていないヘビーピーテッドが鉄板です。が、これは意外に少なく持ち合わせのなかではこの秩父の13ザ・ピーテッドくらいしかない。15ピーテッドでは樽が効き [続きを読む]
  • ひさびさにラフロイグ10年旧瓶
  • ひさびさにラフロイグ10年の旧ボトルを入手しました。わたしにとってはじめてのシングルモルトはこれなのでそれなりに思い入れはあります。新ボトルになってからどうもヨードが後退しバニラが前に出たのが自分としては違和感があったので再確認外観・色若干赤みを帯びたゴールド輝き透明感ともによし香り立ちはよい しっかりかたりかけてくる印象明確なヨードと並立して焦げた焚火のもえさし燃えた青草 べっこう飴奥からミント [続きを読む]
  • 足して2で割る
  • 当直明けの寒い寒い朝にバイクで帰宅あんまり寒かったんでカスクストレングスのシェリー樽で暖まろう、、と思ったんだが、あまりの寒風で手が悴んでるのと昨日の当直が暇で爪を切って深爪してしまったのとで開栓してあるカスクのシェリーのスコッチの例の丸箱の缶ブタが指先がイタくてどうにも開かない。ヒーターで手を温めてもどうにもダメ。仕方がないので加水のシェリーカスクとカスクのバーボン樽で折り合いをつけよう。BGM [続きを読む]
  • おいしいあんことウイスキー
  • 秋田在住の知人からうれしい贈り物、畠栄のあんごま餅という銘菓をいただきました。まあ、ゴマをまぶしたあんころ餅です。生活習慣病で食事制限がありますので難問ですがそれだけにタマにたべるとおいしいのもまた事実 。せっかくなのでウイスキーとおいしく食べましょう、、といろいろ考えてみました。定石としてはシェリー樽の果実感は無難。あと、キャンベルタウンのあま潮はおしるこに塩をいれると甘みが強調されるのと同じで [続きを読む]