弁護士田中智之 さん プロフィール

  •  
弁護士田中智之さん: 弁護士田中智之ブログ
ハンドル名弁護士田中智之 さん
ブログタイトル弁護士田中智之ブログ
ブログURLhttp://tomo-law.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文時事に対する雑感、執務上で気付いたことを思うままに綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/12/29 12:21

弁護士田中智之 さんのブログ記事

  • 蓮舫氏の重国籍、何が問題?
  • 民主党の蓮舫代表の二重国籍問題は、興味深い憲法上の論点を提供してくれているのではないかと思っていますが、報道では、憲法より下位の国籍法レベルでの議論に終始しているようなので、隔靴掻痒の感があります。無問題との論調であろうと予想された、先週19日の朝日新聞デジタルの「重国籍、何が問題?どう解消?蓮舫氏の戸籍開示で注目」には、キラリと光る指摘がありました。それは、「国会議員については、公職選挙法が日 [続きを読む]
  • イエロージャナリズム
  • 菅内閣官房長官の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子社会部記者が連日、加計問題関連での疑惑を菅官房長官に質しています。記者会見が活性化してよいという意見もあることでしょう。質問のネタは週刊誌や、聞き込んできた、芸能人のゴシップと同じて、裏取りがされていない うわさ話に類するものです。そんな質問であるため、菅官房長官の回答も「そんなことありません」という木を鼻で括った回答しか出てきません。芸能記者会 [続きを読む]
  • 13日の特区民間有識者議員らの記者会見の扱い
  • 加計学園による今治市での獣医学部の新設問題について、国家戦略特区諮問会議の八田達夫、竹中平蔵ら民間有識者議員らが13日(火)夜に総理府で記者会見がされました。記者会見では「総理の意向」によってゆがめられたなどということはないと民間議員らは明確に述べ、記者との質疑も時間を十分に取り、記者の勉強不足な質問にも丁寧に応答がされています( FNNslineがYoutubeu 投稿している「(全録)加計学園・獣医学部新設 有識 [続きを読む]
  • 獣医師会は、都合の悪いものは見れないように小細工する団体か
  • 安倍首相が、今月5日の衆議院決算行政監視委員会における民進党の宮崎岳志衆議院議員の質問に対して、「突然ですね、加計学園のために一校に限るということにしたのではなく、好意的にですね、好意的に一校に限るという要件は、獣医師会等の慎重な意見を配慮したものでありました。これは獣医師会等から要請があったのです」と回答されたそうです(Youtubeに「日本の政治タックル」が投稿している「加計学園問題】 民進党 宮崎岳志 [続きを読む]
  • 獣医師の供給
  • 唐木英明現東大名誉教授が、WEBRONZAの「加計学園「半世紀ぶり獣医学部」の本当の意味世界レベルから取り残される日本の貧困な教育環境」で次のように書いています。「獣医学の入学定員は930名だが、獣医師国家試験合格者数は約1000名である。その仕組みを見ると、受験者数は約1300名だが、その内訳は、入学者のうち1050名程度が新卒で受験し、残りは受験を延期する。そして不合格者約100名と受験延期者を合わせて約250名が翌年 [続きを読む]
  • 「 獣医 不足 朝日新聞 」でググってみると
  • 加計学園問題のテレビ新聞報道を見ても、獣医師が不足している現状にあるのか、一番の肝となりそうなことが分かりません。やはり、どうは言っても朝日新聞が一番掘り下げた報道をしていたであろうと推測されるので、「獣医 不足 朝日新聞」をキーワード、「2016年12月31日より前」を検索期間としてみて、グーグル検索をしてみました。その検索結果画面はこれとなります。2010年(平成22年)6月17日の鈴木暁子記者のasahi.com( [続きを読む]
  • 県警の警察職員の任命権者
  • 刑事弁護に 関わる弁護士からすると、誰がやろうと 刑事記録の改ざんなど言語道断。なので、「そんなことをすたのなら一発でアウト」といった感想なのですが、警察官にはそんな扱いはされていないようです。 近いところでは一週間ほど前に、滋賀県警で、30代の男性警部補と40代の男性巡査部長の調書の改ざんかが報じられていました。交通事故の実況見分調書を 一方の事故当事者の供述内容と整合するよう改ざんしたというこ [続きを読む]
  • 労働事件の略式請求は不相当 大阪簡裁
  • 大阪区検が起訴した労働事件の略式命令の請求を、大阪簡裁が不相当として判断し、正式の公判が開かれるとの異例な事態となっているとの新聞記事を今年2月に見かけました(産経新聞2017年2月8日「裁判官¨異例¨の説諭『大阪を代表する会社なのだから…』 超安売り王『スーパー出玉』に罰金 留学生を長時間労働 大阪簡裁」)。 略式命令の請求を不相当として正式の公判が開かれることになったと言うことですが、記事をよく [続きを読む]
  • 商工中金の不正融資
  • 小規模企業共済から契約者貸付を受けようと思い、昨年、商工中金の支店に行ったことがありました。その支店に行ったのは10年振りぐらいではなかったかと思います。行員の平均年齢が高く、男性が多いという感想を持っただけでなく、店舗が古いということもあるのだと思いますが、何となく空気が澱んでいると感じました。 同じ政策金融機関でも、国民生活金融公庫を母体とする日本政策金融公庫 の方は、 国金(コッキン)の際と [続きを読む]
  • MRIインターナショナル のその後
  • 「投資被害に遭うと どの程度の被害回収が可能なのだろう」ということについて雑談を同業者としました。 MRIインターナショナル事件(2013年(平成25年)4月に発覚した、MARS債を顧客8,700人に販売し、1365億円の資金を集めた投資詐欺事件)について結成されたMRI被害者弁護団が存在しています。その弁護団がいよいよ、今年(2017年)6月末で依頼受付を終了することになりました。その話が発展しました。事件処理が一 [続きを読む]
  • 本当は 何人が労働基準監督官の業務をしているの ?
  • (前回の続き)労働基準監督年報で、労働基準監督監督署に配置された 労働基準監督官の定員の年毎の推移を整理できるはずだと思われたのではないでしょうか。それは私も同じでした。さっそく、事務所近くの 愛知県図書館 で労働基準監督年報をチェックすることにしました。下の 「労働基準監督官・定員(人)の推移」がその調査結果です(元データは末尾に掲載しておきました。)。労働基準監督署配置の労働基準監督官と労働基準監督官 [続きを読む]
  • 過去は消せない
  • (前回の続き)「労働基準監督行政について」では、労働基準監督官の人員数、監督業務の実施状況が説明されていますが、いかんせん、説明はここ数年の状況に限られています。労働基準法が制定・施行されたのは昭和22年(1947年)なので、施行から 60年経過します。かつては どんなだったのでしょうか。そんな好奇心を満たすには 大学図書館に行って 労働基準監督年報を捲らないといけませんが、幸いなことに、労働基準監督 [続きを読む]
  • 労働基準監督業務の民間活用
  • 3月9日開催された規制改革推進会議で、労働監督業務を民間事業者に委託することが検討されることとなり、タスクフォースが設置されることになりました。3月16日、4月6日と2回のタスクフォースでの会議が既に開催されている現状にあります(規制改革推進会議第12回議事録、タスクフォース第1回議事次第と議事録、第2回議事次第)。 昨年9月12日の安倍首相の諮問を受け、今年6月に規制改革推進会議が答申を提出する際までに [続きを読む]
  • 大阪手形交換所の手形交換額がなぜか急増
  • 手形の利用状況を久しぶりに確認をしましたが、相変わらず低調のようです。下図は 全銀協の「平成27年度版 決済統計年報」の「1.手形交換高」図表1を引用したものですが 微減傾向にあることが分かります。手形に変わるものとして鳴り物入りで登場した、でんさいの方の普及状況についても調べてみましたが、これっぽっちなのという状況のようです。下図は、前記の「平成27年度 決済統計年報」の「5. でんさいネット請求等取 [続きを読む]
  • 東京地裁の勾留却下率は いつの間にか 8 % 超
  • 平成26年6月15日のブログで、さいたま地裁の勾留却下率が急上昇していて、却下率が10%超 になっている と報じた朝日新聞デジタルの記事を取り上げました。続報もなく 記事も1年半ほどで 跡形もなく消えてしまったので、椿事が突発的に起きたのだろうと思っていたところ、昨年(2016年)10月31日の産経WESTの記事「勾留請求却下率低い大阪 弁護士『いまだに人質司法』、検察『請求厳選した結果』」を見つけ、読んでみて 驚きまし [続きを読む]
  • 150円ぼっち、ケチっちゃ駄目だね
  • 郵便局の職員が 誤配していたため、郵便が届かないということがありました。 送り主は「 レターパックで送った」と言い、郵便検索サービスの検索結果画面をハードコピーしたものを送ってきました。「間違いなく届いているはずだ」と言うわけですが、私の手元に届いていないことは間違いありません。 私が嘘を付いていると疑われているわけもあるので、「おかしい」「おかしい」と騒ぎになりました。その顛末ですが、郵便局の職員が [続きを読む]
  • 司法委員との評議
  • 司法研修所編 「簡易裁判所における交通損害賠償訴訟事件の審理・判決に関する研究」が法曹界から出版されました。審理に関する 「司法委員の活用」の項(同書31頁)には、(4) 司法委員との評議 司法委員に, 事故態様の認定, 過失割合の判断及び損害額等について意見を述べてもらったり, 和解の補助をしてもらったりするためには, 司法委員との評議を充実させることが必要不可欠である。 司法委員を通じて和解案を提 [続きを読む]
  • 合議率 10 %
  • 地裁の民事の単独事件が 2件、合議での審理に変更となりました。 2件とも 「なぜなの」との違和感を持ちました。 平成27年7月10日公表の「裁判の迅速化に係る検証に関する報告書(第6回)」では、「合議体による審理の充実」が声高に述べられていますが、そのせいなのでしょうか。 「合議率」をキーワードにして、国会会議録検索システムで検索をしてみますと(検索期間は平成1年1月1日から)、11件の記事録がヒットします。いず [続きを読む]
  • 2018年7月末
  • 忙しさにかまけてすっかり忘れていました。三井住友レジデェンシャルと三井住友建設の横浜市に対する 傾斜マンション(「パークシティー LaLa横浜」)に関する報告を 2018年7月末まで延期すると先月末に伝えたということです(日本経済新聞2016年12月1日「傾斜マンション報告さらに延期 三井不系など」)。報告は、横浜市が建築基準法第12条第5項に基づき両社に求めたものだったのですが、報告は何度も、何度も、適当な理由が付いてさ [続きを読む]
  • 名古屋地検、自動車盗を重めに求刑
  • 今朝の中日新聞社会面には、「愛知県内で多発する組織的な自動車盗への対抗策として、名古屋地検が八月から、犯行グループに加担した被告に対する懲役期間などの求刑を従来より重くしていることが分かった。」との 署名記事が載っています(中日新聞朝刊広域版 社会35頁「自動車盗に重めに求刑、抑止狙う 名古屋地検」)。記事には「名古屋地検は8月1日時点で公判中だった自動車盗事件から求刑を重くすることを決め、名古屋地裁にも [続きを読む]
  • 簡裁の指摘で発覚
  • 逮捕状を無断で書き換えた 愛知県警半田署交通課の警部補と巡査長を、名古屋地検は 今月16日 起訴猶予としたそうです(朝日新聞デジタル平成28年11月21日「逮捕状書き換え容疑の警官2名、不起訴処分 名古屋地検」)。 送検時の先月21日の記事(同紙「1文字くらい」と逮捕状書き換え容疑 愛知県警」、産経新聞「逮捕状を無断で訂正容疑「1文字ぐらいなら分からないだろう…」 愛知、警部補ら書類送検」)の際には うっか [続きを読む]