hiyo さん プロフィール

  •  
hiyoさん: 北の大地で 星を数えながら
ハンドル名hiyo さん
ブログタイトル北の大地で 星を数えながら
ブログURLhttp://hiyo0924.blog34.fc2.com/
サイト紹介文北見神愛キリスト教会の牧師が、日常の出来事や教会の様子、聖書の言葉などを紹介します☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/12/31 10:12

hiyo さんのブログ記事

  • 何とかしてくださる
  •  不調が続き、なかなか熱が下がらず、金曜日もほぼ寝込んでいました。日曜日は、紋別で召天者記念礼拝、敬老祝福祈祷、墓前での祈りがあります。月曜日からは、車で5時間かけての教区会。 自分の体調すらも思うようにならないものだなあと、砕かれつつ寝床でうなっております。何とかなりそうな気もしますが、たとえ何とかならなくても、主がきっと何とかしてくださるでしょう!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 季節の先取り
  •  水曜日の祈祷会後、大学生のO君を送って行った帰りに近くのコンビニに寄ると、まだ具材は無く機械だけでしたが、早くもおでんのコーナーが設置されているではありませんか。札幌では、日中にクーラーがかかっていたのに・・・。 店員の方に「もうおでんが売られるんですね?」と声をかけると、「はい、もう売っていますよ。来週からキャンペーンがあり、1つ70円です。是非お買い求めください」と、満面の笑みで営業トークを [続きを読む]
  • 一目瞭然
  •  いろいろと予定が多くなってきますと、私のスケジュール手帳だけでは忘れてしまうことがあります。また妻にも私の予定を知らせておく必要があります。そこで先月、予定を書き込める小さなホワイトボードを購入しました。 早速、8月の予定を書き込んだものの、字も下手くそで、どことなくすっきりしません。そこで思い立ったが吉日、100円ショップに出かけて細々と買い物をし、パソコンを使ってチョコチョコとデザインを検索& [続きを読む]
  • 果てさて
  •  先週、出張から帰ってくると、リビングの状態が何かおかしいです。扇風機、カバーの被った灯油ストーブ、そしてその横に電気ストーブ(笑) きっと、ひんやりしたのだろうと思います。しかし、灯油ストーブをつけるほどでもなく、また昼間はたまに暑い時もあるので、こういう不思議な状態になったということでしょう。 今日、私は札幌から北見に帰ってきます。札幌では暑かったのです。昨日は冷房をつけていました・・・。札幌 [続きを読む]
  • 自称若手の
  •  9月最初の日曜日は、札幌レインボーチャペルと講壇交換でした。大ベテランですが、自称若手のS先生が北見で神のメッセージを語ってくださいました。 私の一本調子でテンションの高い話し方とは違って、ゆっくりと穏やかに包み込むように話されるS先生の語り口調を通して、聖霊なる神さまが豊かに働いてくださったことだろうと思います。(メッセージのポイントは、コチラ) 午後からは、お弁当愛餐会の時を持ちました。昨年に [続きを読む]
  • 少しひんやり?
  •  本日は、第2回クリオネ宣教セミナーがあります。会場は北見市端野町の石倉交流センターというところです。今年は「家族の回復」というテーマです。だいたい7教会からの参加を予定しています。 通称「クリオネ」とは、「クリスチャン・オホーツク宣教・ネットワーク」の頭文字を取ったもので、オホーツク地域の宣教協力を進めるキリスト教会のネットワークです。(画像を すると、別画面で大きく表示されます) 確か6 [続きを読む]
  • 蛍の光を聞く頃
  •  今晩の午後6時半から、北見中央図書館の多目的視聴覚室で「北見 三浦綾子読書会」のオリーブ会があります。『母』を皆さんでゆっくりと味わいながら読み進めています。前回の、弟にバイオリンを買ってあげて家族みんなが喜んでいる場面では、オリーブ会に集う私たちもその輪にいるかのような喜びが湧き上がってきました。(オリーブ会の『母』の様子は、コチラでどうぞ)( すると別画面で大きな画像が開きます) さて [続きを読む]
  • 8/31のチャペルの件
  •  今週月曜日(8/28)に、聖書学校の神学生からメールを受け取りました。箇条書きで、「聖書箇所、テーマ、ご希望の賛美、通信科ビデオ撮影の可否、聖書箇所の朗読は私か先生か?、マイクスタンドの有無」と羅列されていて、一瞬何のことかさっぱり分かりませんでした。 ふとメールの件名を見ると、「8/31のチャペルの件です」とのこと。「あ〜。ええ〜〜」と驚きました。そう言えば、学生主任の先生から「チャペル奉仕の可能な日を [続きを読む]
  • つぶらな瞳
  •  日曜日(8/27)の夕方、大学生のO君とバイブル・スタディをしていて、もうすぐで終わるという頃にNさんが教会を訪れてくれました。Nさん、新車を購入されたので、神様が守ってくださるように祈ってもらいたいということでした。 久々にNさんとお会いして、お元気そうで何よりでした。挨拶などを交わし、息子さんがお父さんの遺志を継ぐための学校に入学されたことなどをお聞きして、その成長をお互いに喜びました。 しばらくの [続きを読む]
  • 自信が無くてもいい
  •  8月最後の礼拝。久しぶりにGさんが集われ、以前に座っていた席で心から主なる神を崇めていました。今回の帰国は10月までということですが、この期間も共の主の恵みをじっくりと味わい知りたいなあと思っています。 礼拝では、賛美を捧げる中で十字架の主イエスが迫ってきました。この主イエスを見つめ、どこまでも主イエスの後に従っていくキリストの教会として、歩ませていただきたいのです。 礼拝後は、お弁当愛餐会と8 [続きを読む]
  • 2つのポスター
  •  先月、紋別の教会用に2つのポスターを作成し、礼拝堂の掲示板に貼ってもらいました。そして皆さんで心を合わせて祈っています。 1つのポスターは、10月に神学生がインターンシップとして来られるというものです。当初は5月と6月の2ヶ月、インターン実習で来られる予定だったのですが、神学生は被災地での責務を担っているということもあり、10月からの1ヶ月間に変更となりました。(10月、被災地には別の神学生が派 [続きを読む]
  • とりあえずの一件落着
  •  教会玄関前の舗装道路に穴が空き、そこの水たまりが出来ると、車の往来によってバサーっと玄関に泥水がかかっていました。そこで昨年、妻が砂利などをその穴に埋めて応急処置をしていました。(昨日の記事を参照) その後、先月末に教会前の道路が乳剤防塵処理作業をするという知らせが入りました。まずは大型路面清掃車による作業があり、翌日、乳剤舗装がなされました。(2017年7月末 乳剤舗装された道路) 妻は1日目 [続きを読む]
  • まったく〜
  •  「玄関のドアが汚れていると思っていたら、分かった!」と昨年、妻が言っておりました。教会前の舗装した道路に穴が空いているために、雨などが降るとそこに泥水が溜まっていました。そして車が通るとバシャーンと、玄関外側のドアに泥水がかかっていくという仕組み(?)になっていたようです。 私などは「よく飛ぶな〜」と思うものですが、玄関扉を拭き掃除する妻にとっては、「まったく〜」という感じでした。そりゃぁそうで [続きを読む]
  • 投げてきました
  •  北海道北見市に引っ越してきて思うことの1つ、それは「ゴミ袋、高くない?」ということ。一番大きな袋(45リットル)1枚で90円です。(→参照) ただ、コチラのサイトによると、45リットルのゴミ袋あたりで一番高いのは北海道の帯広市で135円、2位は同じく北海道の釧路市で約115円、3位が東京の府中市で約94円だそうです。何故か北見市が載っていませんが、上位10位以内は全て北海道か東京でした。東京は分 [続きを読む]
  • 朝ごとに新しい
  •  帰省から戻られた方、次の日から帰省する方、久しぶりに祖国に戻って来られた方、前の週に祖国のお母さんを亡くされた方、家族のことを心配している方、癒されて強められた方、抗がん剤の入ったボトルをぶら下げて注入されている方。様々な境遇の中にある皆さんが、心を一つにして同じ主なる神を仰ぐ礼拝を捧げた8月20日でした。 礼拝の中で、キャンプに参加したEちゃんに、恵みの証しをしていただきました。午後からはMさん [続きを読む]
  • 目を外すことなく
  •  7月22日に、とかち三浦綾子読書会に参加してきました。それは10月に開かれる「小全国大会」とシンポジウムの打ち合わせなどをするという大きな目的がありました。 このシンポジウムでは、私も短い発題をすることになっているので、同じく発題をするとかち読書会のメンバーとそれぞれのテーマを確認し、顔合わせをすることができ、少しの余裕をもって臨むことができると思います。(『銃口』パネル展&シンポジウム 1案) [続きを読む]
  • 威嚇された?
  •  先月22日の土曜日、帯広へ向けて車を走らせたのは、とかち三浦綾子読書会に参加するためでした。10月に開かれる「小・全国大会」の打ち合わせや顔合わせのために、また他の読書会に参加したことがなかったので、その様子を知るためでした。(2017年7月22日 とかち読書会) この日は『銃口』の3回目ということで、事前に読んできた内容を分かち合いながら進めておられました。私たちの読書会と大きく違うところは、 [続きを読む]
  • 一段と美味しく
  •  先月22日の土曜日、朝から帯広へ向けて車を走らせました。北海道の風景って、道南には道南らしさがあり、道北、オホーツク、そして道東と、似ているようでそれぞれの特徴があるなあと感じています。十勝は何と言っても、広大な畑が広がっていますね。(2017年7月22日 十勝平野) この時はまだジャガイモの花が咲いていました。ジャガイモの花ってキレイなものだなあと、北海道に来て初めて知りました。(そう言えば、 [続きを読む]
  • 8つも
  •  先週土曜日の記事でお伝えしましたように、朝顔、向日葵、秋桜が同時期に咲いている北海道です。ちなみにここに紫陽花が加わっているのも、見たことがあります。内地出身者にとっては、驚きの光景です。雪が降る前に「よ〜し、咲いちゃえ〜!」という花々の声が聞こえてきそうです。 人間の活動も同じく、雪が降るまえに「短い夏を満喫するぞ〜!」という具合です。それは教会も同じで、各教会では様々なプログラムが実施されて [続きを読む]
  • 心を聞く
  •  13日の日曜日、帰省されている家族が2家族あったので、ちょっと寂しいかなあと思っていましたが、人数に関わらず礼拝は豊かなものでした。またオホーツク地方に帰省されている、いつも祈りに覚えているMさんが、初めて礼拝に出席されて感謝です。 午後、お弁当愛餐会(お昼ごはん)をしながら、和やかに主なる神の恵みを分かち合いました。Kさんが「何だか静かだなあと思っていたら、子どもたちがいないんですね。静かで良い [続きを読む]
  • 愛でる
  •  先日、北見市内のS先生が用事で教会を訪れた際に、「花がキレイに咲いていますね〜。誰が世話をしているのですか?」と尋ねられました。昨年、札幌から来られたS先生も、「立派に咲かせています。いやあ、素晴らしい」と教会の可愛らしい花壇に目を細めながら花々を愛でておられました。 礼拝に来られる皆さんの中でも、お花を愛でる方々がおられます。目の前にある花を愛でる、喜ぶ、楽しむということ、それはとても健康的なこ [続きを読む]
  • 優しい時間
  •  先月18日、北見牧師会が隣町の置戸町で開かれました。この日は、カトリック教会の神父の歓迎会を持ちました。 牧師会と言っても牧師だけではなく、カトリックの神父や聖公会の司祭もおられるという、エキュメニカル(キリスト教一致)な集りです。教派の違いをキリストにある豊かさとして受け入れ合えることは、大きな恵みだと思います。 会場教会の前に、流雪溝がありました。雪をここに入れて流すということですが、恐らく [続きを読む]
  • 心の困った
  •  誤字脱字って、ありますよね〜。キーボードの変換ミスも。声に出して確認すれば、誤字脱字は少なくなるそうですが、なかなか声に出そうとまではしません。 毎月、毎月、月刊誌の校正作業をしています。校正モードの時は内容を心にとめていること以上に、内容の正確さに集中しています。時には「間違い探し」をしているように感じることも。性格がさらに曲がっていきそうです(笑) 先日いただいたメールの宛名、おしい!これは [続きを読む]
  • 熱い夜に
  •  「お盆を過ぎたら秋風が吹く」という北海道・北見なのですが、ここ数日はどうも風が冷たいのです。本日の最高予想気温は20度です。まだお盆も過ぎていないのに。「クーラーがもう1台必要!」と言っていた日々が懐かしいものです。 しか〜し、今晩は、きっと熱い夜になるでしょう。暑いではなく、熱い夜です!そう、私たちの計画には無かった、特別親睦祈祷会が開かれます。 札幌からユースの皆さんが8名来られます。そして [続きを読む]
  • それゆえに
  •  8月最初の日曜日。妻は紋別へ。その途中にハプニングがあったそうですが、オフレコだそうで記さないでおきます(気になる書き方でごめんなさい。よもや事故などではありませんので、ご心配には及びません。尋ねないであげてください・笑)。 礼拝後は、Mさんが翌日に誕生日を迎えるということで、ご自分でスパゲティを作って持ってきてくれました。さすがフィリピン出身のMさん。自分の誕生日に皆さんをおもてなしするとは!Hp [続きを読む]