棲処 さん プロフィール

  •  
棲処さん: 動物園の住人たち写真展
ハンドル名棲処 さん
ブログタイトル動物園の住人たち写真展
ブログURLhttp://sumikaweb.exblog.jp/
サイト紹介文動物園に棲んでいる住人たちの、いろんな表情を撮影して楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/01/02 13:56

棲処 さんのブログ記事

  • ムギワラトキ:Straw-necked Ibis
  • ムギワラトキ分類:コウノトリ目 トキ科 英名:Straw-necked Ibis 学名:Threskiornis spinicollis主にオーストラリア大陸に分布し、牧草地や乾燥草原など水辺を離れたところから、沼沢地、湖沼沿岸など水辺の環境まで広く生息しています。 雑食性で、肉・魚・虫・穀類など、いろいろなものを食べますが、春から初夏にかけては、群れでバッタなどの農作物の害虫捕食... [続きを読む]
  • コシジロハゲワシ:Ijima's Copper Pheasant
  • コシジロハゲワシ 分類:タカ目 タカ科 英名:White-backed Vulture 学名:Gyps africanus アフリカのサハラ砂漠以南に住む、最も一般的なハゲワシです。 数百メートルの上空から大型哺乳類の死骸を見つけて、その肉を食べます。 飛翔力は強くないので、上昇気流を上手に利用します。 頭部に毛が無いのは食性が死肉中心だからといわれています。 [続きを読む]
  • イヌワシ:Golden eagle
  • イヌワシ分類:タカ目 タカ科 英名:Golden eagle 学名:Aquila chrysaetosイヌワシはおもに北半球の山岳地帯や開けた草原地帯に生息する大型の猛禽類で、日本でも北海道から九州の山岳地帯に生息していますがその生息状況は危機的状況です。 一夫一婦主義で、つがいは、150平方キロメートルもある縄張りを守ります。 日本では国の天然記念物、石川県の県鳥で、メキシコは... [続きを読む]
  • オランウータン:Orang-utan
  • オランウータン分類:サル目(霊長目)ヒト科 英名:Orang-utan 学名:Pongo pygmaeusボルネオとスマトラに生息する世界最大の樹上動物です。オランウータンというのは、マレー語で「森の人」の意味ですが、海岸部の人が奥地に住む人を指す言葉を、ヨーロッパ人が誤解したことに由来するそうです。 腕の長さが脚の2倍もあり、立った状態で手が地面についてしまいます。食性は雑食で... [続きを読む]
  • 幽境彩色屏風
  • カルフォルニアアシカ分類:食肉目(ネコ目) アシカ科 英名:California sea lion 学名:Zalophus californianus主に、カリフォルニア州サンタバーバラ諸島以南の、カリフォルニア湾など暖かい海域に生息します。日本で、単にアシカと呼ばれるものは本種のことで、雄1頭に雌5〜20頭のハーレムをつくります。 主食は魚やイカ、貝類で、泳ぐスピードは時速30k... [続きを読む]
  • ゴイサギ:Black-crowned night heron
  • 分類:コウノトリ目 サギ科 英名:Black-crowned night heron 学名:Nycticorax nycticorax日本では夏季に北海道に飛来するか、本州以南に周年生息しています。 池沼や水田などの水辺に、単独もしくは小規模な群れを形成して生活しています。夜行性ですが日中に活動している姿もよく見かけます。 食性は動物食で、両生類、魚類、昆虫、クモ、甲殻類などを水辺... [続きを読む]
  • シセンレッサーパンダ:Styan's Red Panda
  • シセンレッサーパンダ分類:食肉目(ネコ目)  レッサーパンダ科 英名:Red Panda 学名:Ailurus fulgens styaniレッサーパンダの2亜種の内の1亜種で中国四川省〜ミャンマー北部の高山にある竹林や森林に、子連れのメス以外は単独で暮らしています。 名前にパンダとありますが、ジャイアントパンダと種類的な繋がりはありません。 基本的に夜行性で、主として竹や笹の葉... [続きを読む]
  • ベニバシガモ:Rosy-billed Pochard
  • ベニバシガモ分類:ガンカモ目 ガンカモ科英名:Rosy-billed Pochard 学名:Netta peposaca南アメリカの、あまり深くない沼や湖に住んでいます。周辺に草や浮き草などが多いところが好きなようです。潜水ガモに分類されていますが。採食は主に水面で行い潜水はあまりしません。水辺にの草で覆われた地面のくぼみに巣を作り、一度の産卵で10〜12個もの卵を産みます。ヒナは生... [続きを読む]
  • カピバラ:Capybara
  • カピバラ齧歯目(ネズミ目) カピバラ科 英名:Capybara 学名:Hydrochoerus hydrochaeris現生する最大の齧歯類で、南アメリカ東部アマゾン川流域を中心とした、温暖な水辺に生息しています。 南アメリカ先住民の「草原の主」を意味する言葉がスペイン語に転訛して、「Capibara」になりました。日本ではしばしばカピパラと誤記されることがあります。和名は、オニテ... [続きを読む]
  • メジロ:Japanese White-eye
  • メジロ分類:スズメ目 メジロ科 英名:Japanese White-eye 学名:Zosterops japonicus名前の由来となる目の周りの白い輪が特徴で、室町時代からその名で知られています。日本では冬季の寒冷地を除く全国で分布し、市街地でも見かける見かけることができます。 食性は雑食ですが、花の蜜や果汁を好み、早春には梅の花に群がる様子も観察されます。 繁殖期以外は群れで... [続きを読む]
  • ワオキツネザル:Ring-tailed Lemur
  • 分類:霊長目(サル目) キツネザル科 英名:Ring-tailed Lemur 学名:Lemur cattaマダガスカル島南部および南西部の固有種で、落葉樹林の茂みに生息し、地上棲の傾向が強く地上での行動もよく見られます。尾に輪のような模様があることからこの名が付きました。 体温調節が苦手で、両手を左右に広げ日光浴をする姿が動物園でも人気です。4,5の雄雌と数頭の子どもからなる15... [続きを読む]
  • チーター:Cheetah
  • チーター分類:食肉目(ネコ目)ネコ科 英名:Cheetah 学名:Acinonyx jubatusアフリカのサバンナに生息し、雌は単独で生活しますが、雄は群れをつくることもあります。地上最速の動物とされ、時速100km以上のスピードで走るといわれていますが、最高速度で走れるのは400m程度、長距離を走ることはできません。そのため、獲物の近距離まで忍び寄ってから全力疾走で仕留めます。狩... [続きを読む]
  • エリマキキツネザル:Ruffed lemur
  • 分類:霊長目(サル目)キツネザル科 英名:Black-and-white Ruffed Lemur 学名:Varecia variegataマダガスカル島の多雨林だけに生息する原始的なサルで、家族単位の小さな群れで暮らしています。エリマキのような白い毛と、キツネのような顔が特徴的です。 樹上生活で、果実や木の葉、花などを食べ、タビビトノキの花のみつが大好物だそうです。エサを食べると... [続きを読む]
  • アカアシドゥクラングール:Red-shanked Douc Langur
  • アカアシドゥクラングール分類:霊長目 オナガザル科 英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeusベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上性で、木の葉を主食とし、地上に降りることは滅多にありません。1頭の雄が率いる4〜15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをなすこともあります。1... [続きを読む]
  • メジロ:Japanese White-eye
  • アカアシドゥクラングール分類:霊長目 オナガザル科 英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeusベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上性で、木の葉を主食とし、地上に降りることは滅多にありません。1頭の雄が率いる4〜15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをなすこともあります。1... [続きを読む]
  • コゲラ:Japanese Pygmy Woodpecker
  • アカアシドゥクラングール分類:霊長目 オナガザル科 英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeusベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上性で、木の葉を主食とし、地上に降りることは滅多にありません。1頭の雄が率いる4〜15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをなすこともあります。1... [続きを読む]
  • 水馬余白図
  • アカアシドゥクラングール分類:霊長目 オナガザル科 英名:Red-shanked Douc Langur 学名:Pygathrix nemaeusベトナムやラオスの低地から高地の森林地帯に生息しています。樹上性で、木の葉を主食とし、地上に降りることは滅多にありません。1頭の雄が率いる4〜15頭程度の群れで生活していますが、複数の群れが集まって50頭程の群れをなすこともあります。1... [続きを読む]
  • カバ:Hippopotamus
  • カバ分類:鯨偶蹄目 カバ科 英名:Hippopotamus 学名:Hippopotamus amphibiusアフリカ大陸の赤道付近に生息し、10〜20頭程度の群れで生活しています。1日のほとんどを水中で過ごし、夜間に陸に上がって草原の草を食べます。 陸上動物としてはゾウの次に重く、150度まで開く巨大な口が特徴です。 目や鼻は頭部の高い位置にあるため、体をほとんど水中沈めたま... [続きを読む]
  • ヒロハシサギ:Boat-billed Heron
  • 分類:コウノトリ目 サギ科 英名:Boat-billed Heron 学名:Cochlearius cochleariusメキシコ、中央アメリカから、アルゼンチン北部までの熱帯雨林やマングローブ林の水辺に生息します。夜行性で、泥で濁った水の中で嘴を素早く動かし、魚類、甲殻類、昆虫類を採餌します。別名、ヒロハシゴイともいいます。 幅の広い嘴が特徴ですが、この形状が生態上何に役立っている... [続きを読む]
  • 既視体験の予感
  • 分類:コウノトリ目 サギ科 英名:Boat-billed Heron 学名:Cochlearius cochleariusメキシコ、中央アメリカから、アルゼンチン北部までの熱帯雨林やマングローブ林の水辺に生息します。夜行性で、泥で濁った水の中で嘴を素早く動かし、魚類、甲殻類、昆虫類を採餌します。別名、ヒロハシゴイともいいます。 幅の広い嘴が特徴ですが、この形状が生態上何に役立っている... [続きを読む]
  • フクロテナガザル:Siamang
  • フクロテナガザル分類:霊長目(サル目) テナガザル科 英名:Siamang 学名:Symphalangus syndactylusマレーシアとスマトラ島の森林に生息し、テナガザル科のなかでは最も大型です。 樹上生活で、少数の群れで行動し、主に果実や木の実、木の葉や花、昆虫の他、小鳥や小動物などを食べます。 他のテナガザルと異なる特徴は、後肢の2つの指が皮膚でつながっていることと、... [続きを読む]