sakki (皐月) さん プロフィール

  •  
sakki (皐月)さん: 日々是ねこパト(sakki が繋ぐ地域猫活動)
ハンドル名sakki (皐月) さん
ブログタイトル日々是ねこパト(sakki が繋ぐ地域猫活動)
ブログURLhttp://ameblo.jp/nekojarashi2828/
サイト紹介文「人を繋げると町がそのままシェルターになるよ」知恵と工夫の活動記録です
自由文猫を飼うことができない私ができることは?町の人々の力を借りること。外猫の幸せを守るために、日々猫パトロールに駆け回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/01/03 13:32

sakki (皐月) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「死ぬまでは、ちゃんと生きるから」
  • 2016年も大晦日となりました。 皆さんどうお過ごしですか?限定記事でお知らせしたような事情で、夏以降、ブログからすっかり身を引いておりました。今年は、私たち家族にとって大きな変化の年でした。ですが今夜は、我が家にとってのもうひとつの大きな出来事についてお話しようと思います。改めて文章を書く余裕が無いこともありますが、あの日、生まれて初めて 「喪主」 という大役を務めるに当たり、一気に書き上げた文 [続きを読む]
  • 「飼え飼え詐欺」に騙される面々
  • 先週、思いがけないご縁からN子さんという女性と知り合い、こんなお話を聞きました。九州の地方都市で暮らして居た頃、近くにねこ屋敷があったそうです。毎年、子猫がどんどん湧いて来る。その、あまりに悲惨な状態を見るに見かねて、彼女は10匹近い猫を自分の家に入れたそうです。ところがその後、こんなことがあったのです。山道をバイクで走っていたら、道の真ん中に何やら変なものがある。毛むくじゃらの塊です。一体何とギョ [続きを読む]
  • モナカの口の中の「ワル者」
  • 新年早々、マルメロ通りの地域猫・モナカを保護、退院後療養のために我が家へ迎えてから2週間になりました。先住猫のトミ黒がストレスから軟便気味になるなど、お決まりの一通りのハードルもありましたが、モナカもトミ黒も、今はとても落ち着いて過ごしています。                    モナカ(左)とトミ黒。                   トミ黒は腎臓療法食、モナカは高栄養食と食べる物が違う。 [続きを読む]
  • 停滞期の「鉄の女」
  • 暖冬一転、身を切るような寒波が日本列島を覆っています。だいぶご無沙汰しておりましたが、皆様、元気でお過ごしでしょうか?例年、年の終わりと初めには、ささやかながら感謝の記事をUPしていたのですが、去年は「塞がれなかった猫窓 」を最後に、記事を更新できませんでした。新しい年がスタートしても「猫窓」のままの日々是〜に、「sakki 、いよいよダメか」と思われた方もいらっしゃったかと…。半分、アタリでしたよ 去年 [続きを読む]
  • 塞がれなかった「猫窓」
  • 年の瀬が迫って、皆さんお忙しいことでしょう。私もいろいろあった1年でしたが、昔交流があった餌やりさんの1人が亡くなっていたと知った時は、堪えました。亡くなったのは、去年の11月だったそうです。その死を、私は1年も知らずにいたのでした。…痛恨でした。タバコ屋のおじさん…。「俺は昭和8年生まれだ」と言っていましたから、享年は80でいらしたと思います。今思えば、私はその最晩年に、猫に導かれるように彼の前に [続きを読む]
  • 病院が、なくなる
  • この秋、猫崎町にひとつの大きな出来事がありました。猫崎ペットクリニックが、11月末をもって本院に統合され、閉院することになったのです。閉院を知らせるハガキが郵送されてから、町の中はちょっとした騒ぎになりました。「急に閉院なんて。どうしよう?どこへ行けば良いだろう?」と、ねこパト中、あちこちから相談を持ちかけられました。都心ですから動物病院は過当競争です。猫崎町にも、他にも優秀な動物病院が複数ありま [続きを読む]
  • 幻の「ガン宣告」
  • トミ黒(とみくろ)の口腔底にできた異物の正体を調べるために、太い針を刺して患部の細胞を採取。その検体を培養し、細胞の組成を調べて病理診断するラボに出すことになりました(→「宣告前夜 」)。「結果が出るのに1週間位かかります。その間、膀胱炎の薬を出しますから、1日2回、飲ませていて下さい。結果が出たら、こちらから連絡します」と院長に言われ、ニューキノロン系の抗生剤(多分バイトリル)と消炎酵素剤のノイ [続きを読む]
  • 「宣告」前夜
  • 先週1週間、私はバカになって過ごしました。「生きた心地がしない」というのは、あのようなことを言うのでしょう。我が家の猫、トミ黒(トミクロ)に異変が生じていたのです。検査をして、その結果を待つ間の苦しみと言ったら、尋常ではありませんでした。1週間、ひとりでいろいろなことを考え続けました。とどのつまり、生きるものすべてはいつか死と向き合う。それから逃れられるものではない。そうであるなら、ともに居られる [続きを読む]
  • 今年もオープン!「猫崎公園式猫ハウス」
  • 10月24日、夜11時を過ぎてから急に強い北風が吹き始めました。木枯らし1号です。翌朝はすっかり冷え込んで、水飲みボウルの水より、蛇口から出る水の方が温かい位。今年も、きっぱりと冬がやって来たようでした。慌ててハウスの準備に着手。まずは、「今年もお庭をお借りします。冬の間、ハウスをよろしくお願いします」という連絡からです。2011年冬のオープン以来、猫崎公園の猫ハウスは、公園には置いていないのです [続きを読む]
  • 「世紀の引越し」のご褒美
  • 昔から、変な夢を見るのです。明日はいよいよ入試本番だと言うのに、どういうわけか1科目だけ、まったく手を付けていない。大学祭で芝居をするのに、自分のセリフはおろか台本さえ開いていない…。さあ、一体どうしよう焦りまくり、追い立てられるように目覚めて、「あれ?これってもう、とっくの昔に済んだことだよね」と気づいて、「ああ、助かった…」と胸を撫で下ろすという、全く人騒がせな夢なのです。今回も、同じような夢 [続きを読む]
  • 最初の衝突
  • 「棄てない引越し」の続きに着手できないまま10月になってしまいました。待っていて下さった皆様、ごめんなさい。世紀の引越し(笑)、終わりましたよ。爽やかな好天に恵まれたシルバーウィーク明けに、仮住まいを退去し、母は晴れて、オンボロ団地の生まれ変わりである、新生・オリンピックガーデンズの居住者となりました。引越しは23日と24日でした。つまり、膨大な荷物を移すために、引越しを2セットやったのです。その [続きを読む]
  • 「棄てない」引越し
  • 数日前、お世話になっているブロ友さんからメールがありました。「久しぶりにsakki さんのブログを覗いたら、コメ欄が談話室になっとるわ」談話室? 確かにね。「遊歩道の現場」の最終回「家族の約束」 には、たくさんのコメントを頂きました。私の活動記録に、ご自身の体験や考えを重ねて、コメントを寄せて下さる方が居る。ブログを書いていて、これほど嬉しいことはありません。だから丁寧にお返事すると、またお返事が来て… [続きを読む]
  • 家族の約束
  • 遊歩道の現場の地域猫化を諦め、きっぱり「撤退宣言」をしたことで、正直なところ私の気持ちは楽になりました。しばらくは現場を忘れて、溜まりに溜まった懸案を片っ端から片付けようと思っていました。なのにあの夜、どうして遊歩道へ行ったのでしょうか?自分でもよくわかりません。 猫崎公園の夜デリへ向かう前に、ふと、立ち寄る気になったのでした。見慣れた車道の端を、犬を引いた女性が歩いていました。その様子が何となく [続きを読む]
  • 「撤退宣言」
  • パインハウスとKープランニング、隣り合う2つのマンションの間に、猫の糞が山となっているのが発見され、リカコさんは大家さんに、敷地内での餌やりをやめるよう勧告されてしまいました。私は単身、大家さんに会いに行きましたが、Kープランニングのオーナー夫妻まで登場して玉砕。リカコさんは、これを機にきっぱり餌やりをやめることになりました。考えてみれば、大家さんの作戦は見事でした。この地域の野良猫と人との問題に、 [続きを読む]
  • 禁じられた餌やり
  • 鶴亀宅の隣のパインハウス1階に住んでいる峰リカコさん。鶴亀さんの「餌やりやめます宣言 」で飢えた猫たちの動線の変化にいち早く気づき、「我が家の猫と、庭の猫とは親戚です。せめて食べさせてやること位、私が協力します」と言ってくれたのは去年10月でした。以来半年。おかげで10匹を超える猫たちは、飢えることも命を落とすこともなく、厳しい冬を越えることができました。しかし、そのリカコさんから苦しいメールが届 [続きを読む]
  • 救われた家族と「嵐の予感」
  • 全国的に異常な暑さが続いています。皆さんご無事でしょうか?東京は殺人的な暑さです。夜になっても気温が下がらない。眠れなくて冷房を入れる。すると熱の籠った排気が都会をすっぽり覆い、気温が下がらないまま夜が明ける。そしてまた冷房を入れて町を温める…。自分で自分の首を絞めるような都市部の悪循環です。チキュウが悲鳴を上げてる気がします。さてこの10日間。更新そっちのけで、汗だくで走り回っておりました。結果 [続きを読む]
  • 泣きながらの「第2期TNR」
  • どうしちゃったの私? と思うくらい夏バテしております。10日も続いた長雨。それに続いてやってきた動かない台風11号。梅雨明け。突然始まる土砂降りの雨と、うだるような熱風と慣れない冷房に、すっかりやられたようです。だるくて眠くて、どうしようもありません。でもその間、猫崎公園は1日2回、1度も欠けずにデリバリーすることができました。体調を崩した猫が1匹出ましたが、張り付きでケアして復調させました。その間 [続きを読む]
  • めそめそ倶楽部
  • 遊歩道の現場を連載中ですが、今日はちょっと脱線します。我ながら変なタイトルを付けたものです。初めは、「海を見た猫と、花と咲く猫」 な〜んてカッコいいのにするつもりだったんですよ。最近天国へ召された2匹の老猫を巡る、保護主さんと私とのお話をしようと思ったのです。知り合ったのは、猫が先です。2匹は、どちらも猫崎町の猫でした。分かった範囲では、ウシ子は11年。ベビーは16年も、外で暮らしていました。正直 [続きを読む]
  • ボランティアのポリシー
  • 駆けつけた鶴亀家の狭い事務所には、不信感が渦巻いていて息苦しいほどでした。「母さん! あんたも来なさい」と呼びつけられた鶴亀さんはおどおどやって来て、息子さんの見ている前で、「もう少し、安くなりませんか?」と繰り返しました。私は哀れに思いました。鶴亀さんには、保護に出す子猫に持参金を持たせる意志はあるのです。ただ、金額がご自分のキャパを超えている。だから、自尊心と引替えにして、「もう少し安くなりま [続きを読む]
  • 過去の記事 …