スゴログ さん プロフィール

  •  
スゴログさん: スゴログ - 行ってみたら凄かった。
ハンドル名スゴログ さん
ブログタイトルスゴログ - 行ってみたら凄かった。
ブログURLhttp://ameblo.jp/6blogs/
サイト紹介文アウトドアを中心とした企画プロジェクトスゴログによる廃墟・廃村・秘境などのレポートを公開中。
自由文仕事をホッタラカシて登録メンバーが訪れた廃墟や廃村・廃橋・秘境などのレポートを公開。登山上級者と現職自衛隊員などと行く鍾乳洞・洞窟・危険な登山の模様もレポートとして公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/04 09:28

スゴログ さんのブログ記事

  • REPORT - 1006│磯根崎砲台管理道
  • 千葉県│磯根崎海岸砲台管理道 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 磯根崎砲台管理道(磯根崎未成道/磯根崎海岸道路/磯根崎軍需整備道路) 嗚呼、SCC音源の何と素晴らしい音色かな…上原和彦はホンマ神様やで。 竹村延和からスイサイダル・テンデンシーズまで何でも食べる雑食性の高い「行ってみた」のメンバーがポルカドットフライングVを背負って房総半島の廃道へ、実は以前エントリーした「REPORT - 0712│ [続きを読む]
  • REPORT - RR14│正木温泉
  • 千葉県│正木温泉(正木まるに温泉) 風力発電の風車って電気で回してるんだってよ…。 衝撃的な事実を前に力なく地に伏せた我々が心身の癒しに訪れたのは房総半島は館山の正木温泉、温泉地って以前はバイクで行ってたのですが文明の利器に溺れ、年齢も重ねると寝るだけでも疲れる程に。ともなればバイクの運転はもとより車でさえ断腸の思いで乗り込む訳でして、そんな自宅においてもパーフェクト帰りたい状態の行ってみた一同が感 [続きを読む]
  • REPORT - 1005│笙ノ岩山倉沢谷 倉沢鍾乳洞
  • 東京都│倉沢鍾乳洞滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 倉沢鍾乳洞 東京都の鍾乳洞と言ったらまあ出てくるのは「日原鍾乳洞」ですよね、観光地化された有名な大規模鍾乳洞の一つなのでご存知の方もさぞ多い事でしょう。しかし同じ東京都奥多摩地区においては更に大小様々な鍾乳洞が存在しています、日原三又鍾乳洞や不老鍾乳洞、養沢鍾乳洞など結構な穴数(※1)だったりします。 ※1:詳しくはPCC「関東 [続きを読む]
  • REPORT - 1004│あぶくま高原ホテル
  • 岡山県│あぶくま高原ホテル 大越温泉健康ランド 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - あぶくま高原ホテル(大越温泉健康ランド) 廃墟好きさんには幾つかの種類があるようでして、それは退廃的な雰囲気や美しさに感銘を受けたり、それは廃墟と言う存在自体に魅力を感じていたり、そして私の様にバックストーリーを中心に周囲の歴史を掘り越したり。 それらが独立した趣向ではないので複数の目的があったり全く別 [続きを読む]
  • REPORT - 1003│福島県帰還困難区域③ 大熊町
  • 福島の被災地取材最後は大熊町、と言っても見るべき所が余り無かったので広範囲(別の地区)に足を伸ばしてしまったので撮影地はアチラコチラと飛んでいますがご勘弁を。前回までのエントリーは以下よりどうぞ。 既にご存知の方もいらっしゃると思いますがこのエントリーが初めての「行ってみた」閲覧者である事も考慮して前回の冒頭部分をコピペ、何故私達が福島へ来訪したのかを知って頂ければ幸いです。 まずは今回の取材撮 [続きを読む]
  • REPORT - 0922│梨沢 石田村の巨石群 - 後編
  • 千葉県│梨沢 石田村の巨石群 - 後編 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 梨沢 石田村の巨石群(大字相川石田村/大字梨沢石田村/梨沢常代城址) 訓読みの「訓」は音読みなんですよ、こんばんわ「行ってみた」のお時間です。昨日に引き続き今回の素敵物件「石田村」に関するレポートの後半エントリーです。 大きな物から小さな物まで働く力と闇の力が交差する時、その強大な敵の前では人類は塵に等しい存在だ [続きを読む]
  • REPORT - 0921│梨沢 石田村の巨石群 - 前編
  • 千葉県│梨沢 石田村の巨石群 - 前編 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 梨沢 石田村の巨石群(大字相川石田村/大字梨沢石田村/梨沢常代城址) 「何か山ん中に巨石がゴロゴロしてる奇景が房総にあるんだって」「へぇー、巨石言うてもヒメマルカツオブシムシ位やろ」 そう、私達は甘く見ていたのです。 世相と時事に翻弄されて上へ下への右往左往、現代社会の闇をバッサリ切り捨てる事でお馴染みの「行ってみ [続きを読む]
  • REPORT - 1002│福島県帰還困難区域② 浪江町
  • 福島県│被災地取材 福島県帰還困難区域② 浪江町 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 福島県帰還困難区域② 浪江町 前回、原発から程近い「双葉町」をレポートしました。現地では至る所で検問、バリケード、進入制限ゲートが散見。震災後5年と言う時間は実はまだまだ傷を癒すには短過ぎる、そんな現実に直面した来訪でる事をお伝えしました。 既にご存知の方もいらっしゃると思いますがこのエントリーが初めて [続きを読む]
  • REPORT - 1001│福島県帰還困難区域① 双葉町
  • 福島県│被災地取材 福島県帰還困難区域① 双葉町 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 福島県帰還困難区域① 双葉町 震災から5年、すっかり日常を取り戻した揺れに揺れた東日本ではありますが…しかし震源から近かった東北の被災地や二次災害(福島第一原発)では今も尚復興する事が叶わない福島など、終わりの見えない現実に直面している地域はまだまだ”今”の問題として眼前に存在しています。 特殊報道とし [続きを読む]
  • REPORT - 0924│日本弁柄工業株式会社 和気工場
  • 岡山県│日本弁柄工業株式会社 和気工場 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 日本弁柄工業株式会社 和気工場 岡山県、特殊登山を愛する僕らにとっては魅惑の鍾乳洞が残る素敵な土地。まあその鍾乳洞に関しては何れ語るとしては今回は廃墟とその歴史についてでして、と言っても「超」が付く程の有名物件である「弁柄工場」が今回の物件だったりします。 そう、あれです。あの「紅い」工場廃墟ですね、最近レポー [続きを読む]
  • REPORT - 0923│梨沢 釜ノ台集落
  • 千葉県│梨沢 釜ノ台集落 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 釜ノ台集落 千葉県における近年史上の廃村は存在しない、そう数多くの関連書籍で記されてきた房総半島。そうは言っても過去に、 など廃村とまで言えなくとも極少数規模の廃集落をレポートして来た。中には当ブログのレポートが切っ掛けで数十年振りの再会を果たした元住民や研究機関への現状視察同行など、嬉しい繋がりも。 そして今回は山の新 [続きを読む]
  • REPORT - 0920│竜山鉱山
  • 岡山県│竜山鉱山 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 竜山鉱山(宇都宮鉱業所/昭和鉱業/亀山鉱山/神目鉱山) 岡山県の山中に今も残る鉱山跡が良く知られている、廃墟好きの方などは随分と以前からこの鉱山跡に来訪している様でウェブ上には検索すると実に沢山のレポートが散見出来た。折角近くまで来たのだから少々覗いて行こうとやって来たのは有名物件とされる「竜山鉱山」、しかし腑に落ちないのは皆さん [続きを読む]
  • REPORT - 0919│赤磐市立吉井中学校城南校舎
  • 岡山県│赤磐市立吉井中学校城南校舎(白い廃校/白亜の廃校) 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 赤磐市立吉井中学校城南校舎(白い廃校/白亜の廃校/吉井町立城南中学校/吉井町立仁美中学校/赤磐市立吉井中学校/富士興産株式会社) 仕事で九州へ行った折、帰りはゆっくりと西日本の廃墟を久し振りに巡行しようと考えていたのだけど諸事情あって急遽帰宅する事に。その僅かなタイミングで回る事が出来た数 [続きを読む]
  • REPORT - 0918│白雲瀧 再訪
  • 栃木県│白雲瀧 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 白雲瀧(白雲の滝/華厳渓谷/鵲橋/五郎平茶屋滝壺道/華厳瀧壺道) ※ 2014年に中宮祠下水処理センターの排水口付近の崩落とアプローチルート壁面の崩落が発生した為に来訪は非常に危険です。またこの崩落箇所の上部壁面が新たな崩落を予測される横亀裂を起こしています、絶対に類似行動は控えて下さい。 写真引用:パワースポットJAPAN│http://風水.co [続きを読む]
  • REPORT - 0919│白雲瀧 再訪
  • 栃木県│白雲瀧 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 白雲瀧(白雲の滝/華厳渓谷/鵲橋/五郎平茶屋滝壺道/華厳瀧壺道) ※ 2014年に中宮祠下水処理センターの排水口付近の崩落とアプローチルート壁面の崩落が発生した為に来訪は非常に危険です。またこの崩落箇所の上部壁面が新たな崩落を予測される横亀裂を起こしています、絶対に類似行動は控えて下さい。 写真引用:パワースポットJAPAN│http://風水.co [続きを読む]
  • REPORT - 0919│白雲瀧 再訪
  • 栃木県│白雲瀧 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 白雲瀧(白雲の滝/華厳渓谷/鵲橋/五郎平茶屋滝壺道/華厳瀧壺道) ※ 2014年に中宮祠下水処理センターの排水口付近の崩落とアプローチルート壁面の崩落が発生した為に来訪は非常に危険です。またこの崩落箇所の上部壁面が新たな崩落を予測される横亀裂を起こしています、絶対に類似行動は控えて下さい。 写真引用:パワースポットJAPAN│http://風水.co [続きを読む]
  • REPORT - 0918│天津滑山 大山祇神社 確認再訪
  • 千葉県│天津滑山 大山祇神社 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 神道教派 御嶽滑山大山祇教会 初詣はここでと決めて幾ばくかの年月が過ぎました、2014年を最後に遂に行く事が無かった2015年。そんな罰当たりな身の上で今更どの面提げてって言うね、そんな後悔の念をグッと堪えて行って参りましたよ大山祇神社。 最初まだ廃神社の体でしたが今やスッカリと崩落が進み崩れかけの廃墟感たっぷり、それで [続きを読む]
  • REPORT - 0917│トビ岩
  • 千葉県│トビ岩山 山頂トビ岩 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - トビ岩 FUTTSU(富津)のレジェンド伝説として語られる以前より気に成っていた場所がある、と言っても対象と成るポイント周辺に連なる山々は既に10年以上前に踏破しており、更には近年「エコー牧場」の調査や沢歩きの新人教育の場として欠かせない「七ツ釜渓谷」の梨沢大滝来訪などでお世話に成っている地域だ。 そう、「行ってみた」で [続きを読む]
  • REPORT - 0916│七ッ釜渓谷 梨沢不動滝 再訪
  • 千葉県│七ッ釜渓谷 梨沢不動滝 再訪滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 七ッ釜渓谷(梨沢 七ッ釜渓谷/梨沢不動滝/大滝/天神山不動滝)良い目覚めは心穏やかで爽やかな音楽と共に。右の耳にはテスタメントの「First Strike Is Deadly」、左の耳にはインぺリテリの「The Future Is Black」、トドメにお尻の穴にはペンデュラムの「Self Vs Self」でお腹のビフィズス菌もすっかりハッピーに。うーん、マッシュア [続きを読む]
  • REPORT - 6020│国立療養所晴嵐荘病院
  • 千葉県│国立療養所晴嵐荘病院滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 国立療養所晴嵐荘病院(独立行政法人国立病院機構茨城東病院/財団法人村松晴嵐荘/晴嵐荘看護学校)この廃病院を知ったのは随分と前、廃墟を撮影対象にしてから直ぐの事だった。茨城県に大規模かつ見応えのある病院の廃虚群が残っている、そんな話を出入している出版社の方から聞いた事が切っ掛けだった。今思えばその時に「関係者伝に聞いた話 [続きを読む]
  • REPORT - 0610│曽木発電所
  • 鹿児島県│曽木発電所跡(曾木発電所跡)滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 曽木発電所跡九州の極上有名遺構物件、鹿児島県に残る「曽木発電所跡」を今回は取上げようと思う。と言っても余りに有名でしかも観光地化されている事も在り、今更感は否めない。それでも内部を紹介したレポートは少ない(※1)のでご紹介する事に、歴史など遺構に関して詳しい事は他のレポートサイトに沢山情報が在るので探してみて [続きを読む]
  • REPORT - 0624│米山工業
  • 千葉県│米山工業滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 米山工業諸事情在って詳細はお伝え出来ないのだけれど魅力溢れる廃墟をご紹介したい、千葉県某所に解体待ちで残る工場跡の廃虚だ。殆どの物件は事前調査と撮影後の取材、机上調査でレポートするこのブログに在って初っ端からの情報規制は珍しい物件だ(2012年現在)。ウェブ上で検索しても同名の別会社が出てくるだけでこの廃墟に関しては引っ掛かる情報 [続きを読む]
  • REPORT - 0623│田代滝
  • 千葉県│田代滝滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 夷隅川水系西畑川 田代滝自然豊かな房総を擁する千葉県、県内独自の農業用水確保工事技術「川廻し」などが盛んな事で解る通り河川が入り乱れておりまして。そして開発を免れた地域では、大小様々な滝が今でも薄くも確かな水幕を空き上げ続けているのです。県内の沢をそりゃあもうアレする程歩いたお陰で随分と素晴らしい滝に出会ってきたのだけど、今回はそのロ [続きを読む]
  • REPORT - 0621│安達工業所
  • 茨城県│安達工業所滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 安達工業所ちょっとアンニュイな午後、ペンギンカフェを聞きながらゆっくりとコーヒーを飲んだ…りはしません。超兄貴のサントラ(世界の兄貴達 - エクステンSYン・アレンジ・ヴァージョン)を聴きながら青汁一気呑みです、社会人のマナーです。既にご紹介した茨城県の有名廃墟「ブラックマンション」、その関連物件として撮影したのがこの「安達工業所」跡 [続きを読む]
  • REPORT - 0620│ブラックマンション
  • 茨城県│ブラックマンション * 正式名称は少々お待ち下さい滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - ブラックマンション(仮称)※ 大幅加筆(2016年03月)しました、修正もちょっとしました。余り興味が無かった廃虚、茨城県の笠間市に残る建設途中で放棄されたブラックマンションと言う物件だ。廃墟さんのみ成らず心霊さんやヤンチャなお兄様までこの場所は周辺住民にとっては人気スポットなのだと言う、人が沢山来 [続きを読む]