猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 小学校卒業式の袴姿
  • おはようございます、京やの勝也です。 小平でも小学校の卒業式に袴姿でという要望が増えてまいりました。 京やでも袴をレンタルするサービスを始めましたがご相談やご注文を頂いております。 お着物は基本的にはお母様のものなどお手持ちの着物を使うことをお勧めしております。 またこの機会に大人になっても使える小紋や色無地などを新調される方もあります。七五三の年齢よりもご自分の好みがハッキリして [続きを読む]
  • 伊達の薄着といいますが…。
  • おはようございます、京やの勝也です。 小平も寒いです。寒がりではない私もえり巻きが外せないほどでした。 着物も防寒のポイントのひとつは首まわりでしょう。 ただし毛皮や絹のショールをキチッと使うと後ろ衿の外側に沿わせるので首は寒いままとなります。 フォーマルでは難しいですがカジュアルでしたらボリュームのあるマフラーやショールでアゴが隠れるような巻き方も良いと思います。何といっても温か [続きを読む]
  • 京やのつどい・末廣亭
  • おはようございます、京やの勝也です。 一昨日の京やのつどいはおかげさまで無事に終えることができました。 予想以上の人気で二階席の案内となりましたが最前列でしたので演芸を楽しむことができました。 落語、末廣亭本当に笑わせて頂きました。おすすめです! 末廣亭の後は徒歩移動して中華料理の随園別館へ。 飲んで食べてお話して。 面白いつどいとなりました。 ご参加頂きました皆様あり [続きを読む]
  • 「鶸色」の思い出
  • おはようございます、京やの勝也です。 「鶸色」ご存知でしょうか。 「鶸色」は「ひわいろ」と読みましてマヒワという鳥の体色が手本とされます。 色は、「黄緑色が強い黄色」や「黄色がかった黄緑色」といった感じで、綺麗な色です。 鎌倉時代の狩衣に使われたと文献にあります。 派生して、少し濃いと「鶸萌色(ひわもえいろ)」。江戸時代に流行した「鶸茶(ひわちゃ)」などがあります。 京都での小 [続きを読む]
  • 本日は京やのつどいです
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は毎年恒例のお客様と共に着物で遊ぶ「京やのつどい」です。 正月の着物は新春ということで華やか目にしても良いですし場所的に合わせて小粋な着物もありですね。いずれにしてもコーディネートの幅が広い時節です。 参加されるお客様が何をお召しになって登場されるか。本当に楽しみでございます。 新宿末広亭で初笑いです。行ってまいります。 小平「染 [続きを読む]
  • 成人式で履かれた草履の手入れ
  • おはようございます、京やの勝也です。 今年の成人式小平では式の開会の時間には雨が上がりましたのでホッと致しました。 ただしここでご注意頂きたいのが草履や雪駄などの「履物」です。 ご自分の履物を長くお使い頂くためにも先ずはしっかりと干してください。 草履も雪駄も構造上底部分に切り込みがあり地面が雨で濡れていると水や湿気が内部に入ってしまうことがあります。 これは草履の傷みの原因に [続きを読む]
  • 振袖のお手入れ
  • おはようございます、京やの勝也です。 成人の日が終わりご自分の晴れ着をお召になられた方はハンガーに掛けて干しているころかもしれません。 ご本人は「済んだこと」になりますがご準備をされ管理もする親御様はもうひと仕事です。 晴れ着、帯、襦袢を畳んでしまう前に衿、袖口、裾など一通り汚れやシミがないか確認しましょう。 振袖の場合袖の裾や内側も忘れずに。意外なところにシミがあったりします。&n [続きを読む]
  • お手伝いさせて頂いた振り袖姿
  • おはようございます、京やの勝也です。 今年も京やでは着付けとヘアメイクで成人式のお手伝いをさせて頂きました。 金箔を多く使った琳派調の振袖↓上品で格調高い雰囲気です。お母様の手作りの髪飾りです。お嬢様と着物の雰囲気にぴったり。さすがです! こちらは栗山吉三郎作のインパクトのある京紅型の振袖↓生地と染めの良さが分かります。 古典柄の紺地の振袖と帯に白い髪飾りとショールが映えます↓清潔 [続きを読む]
  • 第一回の成人式
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は成人式でした。京やでもお客様に着付けなどのお手伝いをさせて頂きました。さて、昔話です。第一回の成人式は戦後、埼玉県蕨市でありました。 戦後の復興期集団就職で親許を離れて働く若者を地元の商工会の青年部が祝い励ます目的で始められたそうです。その意義、頑張っている新成人を大切にする社会の温かさを感じますね。当時と今とを単純に比較できないとは思いますが昨 [続きを読む]
  • 振袖の袖はなぜ長い?その2
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は成人の日です。新成人の皆様おめでとうございます。 さて昨日の続き。今日は第二の由来です。 それは「良家の娘のである証明」としての袖です。 布地そのものが大変貴重だった江戸時代。振れる程に長い袖は、庶民の憧れで経済的な豊かさの象徴でした。江戸後期の豪商の娘の袖は地面に着いていたほどです。(スゴい!) そして娘の幸せを願う親の愛情が [続きを読む]
  • 振袖の袖はなぜ長い?その1
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日は成人式ですね。未婚女性の正装として定着している振袖について復習しておきたいと思います。 恋愛話で「振った」「振られた」と言いますが、何を振っているのでしょうか? 首や手ではなく、答えは「袖」です。拒否することを「袖にする」といいますね。 日本古来の信仰に「魂振り」があり魂を振って揺り動かすと霊力が増すといいます。神社で神主さんがシャンシャ [続きを読む]
  • お茶席と口紅
  • おはようございます、京やの勝也です。 お正月は茶道でも大切な節目で初釜から始まり茶会が多く催されます。女性はお化粧をするのが普通のようですが難しいとお察しするのが口紅のことです。茶道では当然お茶碗に口を付けるので赤々と残る口紅は避けたいところです。ところが初釜など普段より華やかな着物を着ることができる会では口紅などのお化粧も華やかにしたくなります。 華やかな着物で口紅が薄すぎると着物の色に [続きを読む]
  • 雪持ち文様
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は「雪の文様」の話です。 吹雪模様、雪輪文様などもありますが「雪持ち文様」について。 花や葉の上に雪が積もった状態の意匠を「雪持ち」と呼びます。雪持ち笹 雪持ち蘭 雪持ち南天 雪持ち水仙 雪持ち柳など…。 雪が降ると毎日見る景色であっても新鮮な感動がありますね。 その情景を切り取って美しい意匠にしたのでしょう。 異色 [続きを読む]
  • 鳳凰
  • おはようございます、京やの勝也です。 吉祥文様の続きでまた願いを込めてこちらから。酉年でもありますので。吉祥文様の中でもまさに不滅のモチーフのひとつが「鳳凰」でしょう。 中国で聖帝の治世に現れるとされ国を治める権力の象徴でもありました。日本の歴史上最も格が高い紋様は「桐竹鳳凰麒麟州浜紋」です。「きりたけほうおうきりんすはまもん」と読みます。 平安時代に制定され明治時代初期まで天皇のみ [続きを読む]
  • 椿
  • おはようございます、京やの勝也です。 「歳寒三友」の松竹梅に続いて「椿」です。 椿も常緑樹ですが「松竹梅」とは一線を画します。「椿」は日本で作られた「国字」で「海石榴(つばき)」と書きます。 日本書紀にも景行天皇が乱を鎮めるのに海石榴を用いたとされます。 また、海石榴は蓬莱山(ほうらいさん)にある霊木で寿命は8千年とされ、「君が代」に歌われる♪千代に〜が松の千年で♪八千代に〜が海石 [続きを読む]
  • おはようございます、京やの勝也です。 歳寒三友の「梅」です。 老木でも新しい枝をつける生命力を持ち寒い時期に花を咲かせ春を呼びます。不老長寿の意味になります。 日本には奈良時代には伝わっていて花といえば「梅」をあらわしました。「桜」に取って代わられるのは平安時代です。 「梅の香」も魅力の一つで夜に香りを頼りに梅木を探す遊びもあったそうです。「夜の梅」という有名な羊羹もありますね。( [続きを読む]
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続き、歳寒三友から「竹」です。 竹は常緑で成長が早く真っ直ぐに上に伸びます。やはり強い生命力と長寿をあらわします。 節(ふし)があるのも特徴です。上下に節があるということで「常に変わらぬ節度を守る」「礼節を尊ぶ」という意味にもなります。 植物として変わっていますので神聖視され、鳳凰が食べるのは300年に一度実を付ける「竹の実」とされます。 [続きを読む]
  • この新しい年がよい年となりますように。おはようございます、京やの勝也です。お正月ということで、おめでたい文様から。先ずは「松」。中国から寒さに耐える生命力のある植物として竹・梅とセットで伝えられました。 松竹梅は「歳寒三友(さいかんさんゆう)」と呼ばれおめでたい画の題材「画題」に使われていました。 中でも松は常緑であることから逆境に耐え、変わらぬ友情を表し長寿の象徴でもあります。 松寿 [続きを読む]
  • 千秋楽
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は大晦日。 京やの覚え書きにお付き合いくださり心より御礼申し上げます。 さて、着物専門店として商いをさせて頂いておりますが時々「着物の神様」のお力を感じることがあります。神様は日本人にとっての稲作同様、着物の意義を大切に考えておられるようで着物に携わる人の正直な志には応援して下さるようです。ありがたいことです。私は一人の商人ですので大したことは [続きを読む]
  • 年末模様
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日を含めて二日。今年一年を振り返りつつ来年の準備ですね。 着物や帯のお正月までの間の文様は何があるでしょう。 自然現象では「雪」や「氷」。風物詩では「熊手」もあります。 名残の意味で今年の十二支も使えます。(次に使うのは12年後ですから…) 厄を払う意味で「団扇」も面白いです。 忙しい商家では「百足(むかで)」も帯留めで使われたそうで [続きを読む]
  • 新年と新品
  • おはようございます、京やの勝也です。 街はお正月の準備が進んでいます。それぞれのご家庭で違いはあると思いますが、新年用に新品を準備する風習があります。 昔は着物や履き物などで、戦後は洋服や靴や肌着などを新調したようです。 江戸時代までは陰暦で「閏月」もありますから同じ月日が年に二回来るかも知れません。 誕生日の「月日」はあまり関心がなく年齢だけ分かれば用が済んだようです。 干支 [続きを読む]
  • 大掃除の思い出
  • おはようございます、京やの勝也です。 仕事納の声を聞くと思い出すのが京都での丁稚小僧時代。はじめての仕事としての大掃除です。たいそう偉い営業部長の采配で掃除は進んでいきました。正直、私はそれまで真面な掃除はしたことがありませんでしたので基本が全くなっていませんでした。当然、ダメ出しの連続で箒や塵取りの使い方や畳の目に沿って雑巾がけをすることなど全て一から教えて頂きました。お世話になっていた問屋 [続きを読む]
  • しみ抜きの技
  • おはようございます、京やの勝也です。 小粋な着物好きのお得意様よりお預かりした附下着尺の着物。 脇と衿に古いシミがありました↓古く黄変したシミは落ちにくいものです。 それがこの通り↓職人さんの技というものは本当にすごいです。 生地を傷めないように薬品を使わず後々のことを考えてくださる職人さん。 職人さんあっての専門店の悉皆業。今年も大変お世話になりました。ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 残念なケーキの思い出
  • おはようございます、京やの勝也です。 街はクリスマスの片付けをしてお正月へ一直線ですね。 さて、私の丁稚小僧時代の回想です。最初のクリスマスは京都生活9ヶ月。家と会社とコンビニを移動して回っているだけで精一杯でしたので当たり前のように一人で過ごしておりました。 自分の部屋で夕食を済ませ10時すぎ。同郷の友人(もちろん男性)が売れ残りの半額ケーキを買ってやってきました。 その友人はク [続きを読む]
  • クリスマスとモミの木
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日はクリスマスなのでモミの木の話です。クリスマスツリーといえばモミの木。 西欧では冬でも緑を失わない強さが「生命力の象徴」とされ「知恵の樹」でもあります。モミの木を祭礼に使うのはゲルマン民族からはじまり、キリスト教と混ざりながら広まったようです。日本でも諏訪の御柱祭の柱にはもみの木が使われます。古い祭には東西に共通性があって興味深いです。冬に緑を失わ [続きを読む]