猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 小物、肌着類のこと
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やが扱う品物は着物や帯はもちろんですが帯締め帯揚げ、履物などの小物や肌着、裾除け、帯板、帯枕、紐類、足袋など多岐にわたっています。 着物を着るために必要なアイテムは持っていれば何ということもないのですが全く初めてとなるとその多さに驚かれる方もいらっしゃいます。 さてそれら全てのアイテムは実際ないと困るわけですがこれらを作っている職人さんや工場は個 [続きを読む]
  • 袷の着物を単衣の着物に仕立直し
  • おはようございます、京やの勝也です。 お得意様が長年、袷でお召になった着物を洗張りをして単衣への仕立直しをさせて頂きました。 寸法の修正もしつつ縫い糸の交換という意味もありさらに長くお使い頂けることになります。 ただしこれも生地と染がキチンとしていることが大前提です。 特別に高級品ということではなく数年前までは一般的だったレベルの品です。 祖父が納めた着物が父の代にそして父が納 [続きを読む]
  • 男袴の仕立て方
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は袴の生地でしたのでその続きです。男袴の仕立て方について。先ず「本袴」。本袴は現在、一般的に正装とされる仕立て方で袴専用に織られた仙臺平(せんだいひら)を代表とする縞の生地や無地の紬生地をTPO に合わせて選び仕立てます。本袴では立派過ぎるときには「たっつけ袴」を付けます。本袴より細身なのでカジュアルな感じもします。「ばんどう袴」「城内袴」とも呼ばれている [続きを読む]
  • 男袴の生地
  • おはようございます、京やの勝也です。 男袴の話です。 袴生地の素材には絹、化学繊維などがあります。 また、正絹の中にも御召袴や紬袴、絽袴などがありますが代表的なのは仙台平風の縞袴です。 上質な正絹の袴は座った状態から立ち上がった時に袴の裾が自然にすぼんで美しい形に戻ってくれます。 立ち上がった時にシワが伸びず丸まっていたりするとどうしても気になってしまい所作に集中できませ [続きを読む]
  • 浴衣の色
  • おはようございます、京やの勝也です。 気温が上がり強い日差しを浴びるとそろそろ夏、浴衣だなぁと思います。 ここ数年浴衣の色もカラフルになってきました。 「浴衣」というよりも木綿や麻の「夏着物」というイメージです。 紅型調の色柄や、以前は浴衣には使わなかったピンクやグリーン、パステル系の色もあり浴衣を楽しむ選択肢が増えてきました。 理由の一つに環境の変化があります。 昔は夜は [続きを読む]
  • 染替えのこと
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やの悉皆の仕事の話です。 お手持ちの色無地の着物が派手になったり新しい帯に合わせるためなどその必要があるときには染め替えて色を変えることができます。 最近では仕立て上がりのまま裏も全て染める「丸染め」という方法もあるようですが、京やでは解いて反物の状態にして加工をし、仕立て直す方法でさせて頂いております。 染め替えを機に生地も仕立ても整いより [続きを読む]
  • 6月から9月の結婚式参列の着物
  • おはようございます、京やの勝也です。 季節を問わず通年結婚式が行われております。 結婚式場、ホテル、レストラン等、様式も様々ですね。 さて、これから袷から単衣・薄物へと衣替えをする季節ですが結婚式への参列はどう考えたらよいでしょうか。 地元の風習があり基準が残っていると迷わずにすむのですが、東京など大都市では風習そのものが曖昧ではっきり決まっておりません。 レストランウエディン [続きを読む]
  • お誂えの浴衣の良さ
  • おはようございます、京やの勝也です。 そろそろと浴衣のご注文が入っております。京やでは反物からお客様の寸法に合わせて仕立てる「誂え浴衣」だけを扱っております。 既製品の場合「大は小を兼ねる」ということで大きめの寸法が普通です。 自分より大きな寸法の浴衣は着にくいのが当たり前で、キレイに着付けるには余った生地を上手に処理するテクニックが必要となります。「お誂え」はちょっと贅沢に思われるか [続きを読む]
  • 香と着物2
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物姿の方とすれ違う時にフワッと良い香りがすると嬉しくなるものです。 これが鼻にツンと刺激があるような防虫剤の匂いがしたらどうでしょう。 防虫剤にもいろいろな種類があります。匂いのあるものは適度に使うとほんのり香ると「良い香り」になりますが多く入れすぎると「刺激臭」となってしまいます。 人の嗅覚というのは瞬間的には敏感なのでしょうがすぐに慣れて [続きを読む]
  • 香と着物1
  • おはようございます、京やの勝也です。 香は仏教とともに渡来したので日本初の理解者は聖徳太子とされています。 淡路に漂着した「燃やすと匂いがする不思議な流木」を「香木」と看破したのが始まりだそうです。仏教的空間を清める香が時代を経て平安時代には「香道」として人が楽しむものになりました。 着物に香を炊き込める風流は平安時代には定着して和歌にも詠まれています。 香木は常に高価な輸入品です [続きを読む]
  • 初めての着物は「お話」から
  • おはようございます、京やの勝也です。 先日の皐月の会でも初めてご自分の寸法で着物を作られるお客様がいらっしゃいました。 お誂えの着物は普通の洋服に比べると初期投資が高額です。 だからこそ皆様ご納得されるまで説明を聞きご自分のご予算の中で真剣に選ばれるのだと思います。 失敗しないお買い物のためにはご自分の着物の用途や好みをしっかりと店に伝えることです。 私は情報をお聞きしてからで [続きを読む]
  • 透ける生地のコート
  • おはようございます、京やの勝也です。 今は透ける生地のコートの季節です。 こちらは西陣の透ける生地。 コートは「防寒」と思いがちですが夏の日差しから着物や帯を守る役割もあるのです。 帯付きの清々しさも良いですが透けるコートのシルエットも上品です。 4月から10月始めまで長い期間お召し頂けるアイテムですので一枚お持ちになると便利かと思います。 小平「染と呉服京や」 [続きを読む]
  • 裏に凝る文化
  • おはようございます、京やの勝也です。 「江戸っ子は裏に凝る」といわれますね。見える部分は地味にして見えないところに贅を尽くすおしゃれです。江戸時代質素倹約の風紀を求めた幕府のお膝元だった江戸。贅沢禁止令の連発と取締りも厳しく見える部分は地味にして裏に凝らざるを得ない状況が続きました。それが江戸好みの「粋」が生まれた土壌です。江戸から遠く離れた京・大坂では取締りもゆるく豪華主義も継承されました。 [続きを読む]
  • 【皐月の会後記】着物と知識
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで今回の皐月の会も無事にお開きとなりました。お越し頂きましたお客様には心より御礼申し上げます。 紬の説明をしてくれた隼人紬の杉山氏がお客様の知識欲と勉強熱心なことに驚きつつ喜んでおりました。 着物はファッション性だけでなく歴史や技法などのストーリーも楽しむことができます。 専門知識を持つ人のお話は今後ますます貴重になると思いますが呉服 [続きを読む]
  • 【皐月の会】イタリアで染めた帯
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日、皐月の会最終日です。 隼人紬工房の杉山氏の説明は新しい知識と納得があり誠実な作品と相まって今回も大好評です。 その中で目を引くのがイタリアで染められた帯。 これが大島や紬によく合います。欧州の色彩は刺激的ですがもともと着物の世界にはインドやインドネシアの染織を取り込んだ「更紗」がありますので違和感はありません。 着物の懐の深さを再確認 [続きを読む]
  • 【皐月の会】創作帯と下駄
  • おはようございます、京やの勝也です。 皐月の会、3日目。 今日は雨の予報ですが京やは昔から雨男もとい雨店ですのでお客様もあまり気にされないご様子です。何やら申し訳ない…。 さてこちらは京や創作の江戸友禅染帯です↓オナガドリの尾が太鼓部分から垂まで繋がっています。太鼓結びにするとうまく合うようになっているのがミソです。 また今回ご紹介している下駄は京都の品です。カラスと白の台がありお [続きを読む]
  • 【皐月の会】夏帯
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の初日と本日も気温が上がりそうです。 お着物でのお客様はもちろん汗をかきかきお越し下さった皆様ありがとうございました。 さて目で涼む、涼ませるのが夏の着物。こちらは絽の染帯です↓江戸時代の小袖の模様から京やで染帯にした作品です。 こちらは京都川勝の絽の染帯2本↓夏に向けていかがでしょうか? ◇京や 皐月の会と き 5月11日(木) [続きを読む]
  • 【皐月の会】隼人紬工房と橡の木工房
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日より京や皐月の会が始まります。その中から工房を二つご紹介致します。 隼人紬工房の作品は素材、織り、染めなどの知りたい情報を丁寧に説明してくれます。嘘がない作品からは誠実さが感じられるものです。 そしてガラス工芸の橡の木工房の喜名先生。新作です。宝石のような帯留め達。喜名先生の作品は芸術です。自身の好き嫌いを深化させての表現は着 [続きを読む]
  • 明日から「京や皐月の会」です
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日から京や皐月の会が始まります。 今回の特集の一つ目は「紬」。隼人紬工房のこだわりの品々です。例えば本場大島でも生糸ものと紬糸ものを揃え大島の歴史に触れることもできます。またこれからの季節に合わせて単衣もの、透ける夏物もご覧いただけます。 二つ目は「江戸友禅」。佐藤洋宜氏の作品のご紹介です。古典から可愛らしい図柄まで卓越した技法で表現します。&nbs [続きを読む]
  • 紬は礼装にならない?
  • おはようございます、京やの勝也です。 明後日からの皐月の会が紬の特集ということもありますので「着物の常識」「紬」について。よく「紬は普段着、おしゃれもの」とか「紬は礼装の席にはふさわしくない」といわれますが、この言い回しは実は誤解が生まれやすいと常々思っております。 「紬(つむぎ)」は手つむぎ糸を使った織物ことをいいます。手でつむいでいるので太いところ細いところができ織り込むと太いところが [続きを読む]
  • 雨コート、防水加工の劣化
  • おはようございます、京やの勝也です。 風薫る五月。「五月雨」は旧暦の五月の雨で現在の六月の梅雨のこと。梅雨の合間の晴天を「五月晴れ」というのだそうです。 さて、少し早目の梅雨の準備として雨コートの状態を確認してはいかがでしょうか。 正絹の雨コートの場合絹が水に弱い性質のため「防水加工」「撥水加工」がなされています。 新品時には問題ないのですが使用頻度や方法により加工の効果が減ってい [続きを読む]
  • 紗のコートのこと
  • おはようございます、京やの勝也です。 日に日に陽射しが強くなりますね。 この季節女性が着物の上に羽織るコートや羽織などの「上物」は「紗」などの透ける生地がオススメです。 気温も上がるこの季節、「寒くないのになぜ上物?」と思われる方もあると思います。今の季節の上物には防寒以外の「陽射しから着物を守る」という役目があります。平たく言うと「ヤケを防ぐ」こと。日傘を着るという感じですね [続きを読む]
  • 来週は恒例の「京や皐月の会」
  • おはようございます、京やの勝也です。 来週の11日木曜日から恒例の京や皐月の会を致します。 今回の特集はお洒落もの。隼人紬工房の作品や江戸友禅の染帯小紋や夏物をご用意致します。絽の染帯です↑ また、男物も揃えますのでご興味のある方には是非ご覧頂きたいと思います。 着物好きの皆様にお楽しみ頂ける会になるよう準備を進めて参ります。 ◇京や 皐月の会と き 5月11日(木 [続きを読む]
  • 着物は袷せ?単衣?
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は「立夏」です。 単衣の先取りがかなり前倒しになってきた昨今天候、気温、湿度など天気予報と睨めっこしながら「袷」にするか「単衣」にするか悩んでいる方も多いのではないでしょか。 TPOによって考え方が変わるのですが正式な場の場合は五月末まで「袷」。カジュアルならば「単衣」を先取りする感じですね。 考え方ですが例えばランチは単衣、ディナーなら袷と [続きを読む]
  • 明日は端午の節句
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日は「端午の節句」です。 端午の「端」は「始まりの」という意味で「午」は「十二支のうま」です。 陰陽五行説の「寅」を一月とした場合には「午」は五月になります。 五月の最初の午(うま)の日ということになりますが暦では「午(うま)の日」は移動します。 そこで「午(うま)」を「午(ご)」と読みご=五として五月五日に固定したという感じだそうです。 [続きを読む]