猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 海の風景の模様
  • おはようございます、京やの勝也です。 海の日は過ぎましたが海の模様の話です。 中国から伝わった古い海の模様は縁起の良い伝説の海「渤海(ぼっかい)」です。 中国の東にあるとされる渤海には蓬莱山が浮かんでいると言われていました。蓬莱山は不老長寿の薬や金銀財宝の象徴的な島です。 天皇のお留め柄である「桐竹鳳凰麒麟洲浜紋」の「洲浜」は蓬莱山を意味しています。 さて、日本の話。奈良の都にも京の都にも海はありませ [続きを読む]
  • 着物姿の女性の「すね」について
  • おはようございます、京やの勝也です。 「着物姿の女性のすね」について。 現在の着物姿というのは大きく考えると紬やウールも含めてかなりフォーマル寄りの着姿と考えることができます。 お祭り等は別にして基本的に日常着、作業着、仕事着はなく着物の裾を短く着たり腕まくりをするなど腕や足を露出することがありません。 洋服ではノースリーブやミニスカートは何も問題ないのですが着物姿の印象は違います。 特に女性の場合、 [続きを読む]
  • 着物の袖について
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物の形の特徴のひとつが「袖の振り」部分があることでしょう。 洋服のように腕部分だけの袖は「筒袖(つつそで)」といいますね。 着物にも作業着として作務衣のような筒袖もありますが基本的には「振りがある袖」があります。 冬は空気を溜めて暖かく夏は風通しがよくなり温度調節の役割を果たしてくれます。(もちろん、生地が変わることが前提です) また左袖には「きれいなもの」、右 [続きを読む]
  • ゴーヤ
  • おはようございます、京やの勝也です。 毎年挑戦して今一つの状態が続いておりましたが今年は葉の量も豊富でカーテンらしくなり実の収穫も期待できそうです。 最初のゴーヤです↓ 栽培というほど手は掛けていませんが蔓が曲線を描きながら伸びたり実が大きくなっていくのを窓から見るのは楽しいものです。 雨も太陽もありがたいものだと感じます。 小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔屓に。東京小平の着物専門 [続きを読む]
  • 安南写し
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は京やの茶道教室でした。生徒さん達は暑い中着物でお越しくださいました。 さて、風炉の右にあるのが「安南写し」の平水差しです。 「安南(あんなん)」は今のベトナムのあたりの古い国名。「写し」は古い時代の道具の形や色、模様などを真似た新しい道具のことです。 水差しには水を入れるのですが水の表面積が広いこの平水差しは豊富な水を連想させて涼を得る演出です。 そしてこの [続きを読む]
  • 麻の着物
  • おはようございます、京やの勝也です。 ジメジメと蒸し暑い日には小千谷の麻が心地よいので重宝しております。 麻は生地に張りがありますので袖から風が抜けます。 琉球の芭蕉布も同様ですね。 すっかり夏物のような麻ですが江戸時代中期以降に木綿が普及するまでは庶民の着物は一年中麻が中心でした。 夏はよくても冬は寒かったでしょう。 快適な季節だけに着ることを「贅沢」というのでしょうね。 小平「染と呉服京や」のホー [続きを読む]
  • 「晴れ」という言葉
  • おはようございます、京やの勝也です。「晴れ」という言葉、今は太陽が出ている天気として使っていますね。良い天気が続くと「晴れが続く」と言ったりもします。昔は雨が続いたあとにようやくお天道様が顔を出した日を「晴れ」と言ったそうです。この「晴れ」は「ハレ着」のハレであり「ハレの席」のハレです。つまり日常とは違う「特別な日」を表しているのです。 ハレ=特別な日ケ=日常(普段) ハレは「冠婚葬祭」を中心にと [続きを読む]
  • 「縮緬」という名称
  • おはようございます、京やの勝也です。 縮緬(ちりめん)と聞くと「一越(ひとこし)縮緬」や「古代縮緬」「鬼しぼ縮緬」を想像される方が多いかと思います。 つまり縮緬は凹凸がはっきりしている生地という印象が強いということだと思います。 狭い意味としてはその通りなのですが広い意味ではそれだけではありません。 「縮緬」は、安土桃山時代に中国から来た職工により伝えられた右撚りと左撚りの強撚糸を組み合わせて織る技法 [続きを読む]
  • おはようございます、京やの勝也です。 厳しい暑さが続く小平でございます。 蝉の声はまだ聞こえてきません。 そういえば着物や帯の模様として昔のものでも蝉はあまり見かけません。 もちろん全く無いわけではありませんが蝉自体がビジュアルよりサウンドの印象が強いのでわかるような気がします。 夏物で「セミ」といえば「カワセミ」。「翡翠」とも書く美しい色の身近な鳥です。 染帯などで川面の波紋と共に染められていると実に [続きを読む]
  • 帯結びの巻く方向
  • おはようございます、京やの勝也です。 帯結びの巻く方向は二種類。 時計回りが「関西巻き」、反時計回りが「関東巻き」です。 ご存知の通り日本の歴史の中心は京都が長く「関西巻き」のほうには陰陽五行説による「陽の巻き方」という裏付けがあります。 「陽」は太陽の動きを表す方向で、着物の着方(巻き方)も自分が南に向いて立った時に左手「東」から正面を通り右手「西」に沈み、背中を回ってまた東「左」という姿を表してい [続きを読む]
  • 夏の京やのつどい2
  • おはようございます、京やの勝也です。 夏の「京やのつどい」の写真です。 今年100周年の井の頭公園。夕暮れ時の橋の上で先着組の集合です。 嫁さんと私。 美味しいイタリアンでございました。プリミバチ。目の保養とはこのこと。 ご参加頂いた25名全員着物でございました。ありがたいことでございます。 お開きの後、飲み屋に消えていった3人組です。 素敵な写真は今回も北岸氏です。ありがとうございました。 小平「染と [続きを読む]
  • 夏の京やのつどい1
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は夏の「京やのつどい」で吉祥寺に行って参りました。 井の頭公園そばのイタリアン「プリミバチ」で着物のつどいです。 浴衣、ウールポーラ、小千谷、正絹のさわやか縮緬など皆様それぞれにお洒落をしてお集まり頂きました。 夏の暑さの中このように素敵なお着物姿を沢山拝見できるのは本当に嬉しいです。 ありがたいことでございます。 小平「染と呉服京や」のホームページです。ど [続きを読む]
  • 暑さになれる
  • おはようございます、京やの勝也です。 この季節剣道の稽古は暑いです。風通しが悪い道場で良くても扇風機が回っているだけです。 前の稽古の暑い時には酸欠の金魚のようにアップアップの呼吸だったのですが、だんだんと暑さは気にならなくなってきました。 気にはならなくても汗の量は尋常ではないので木綿の剣道着も袴も汗でズッシリと重くなります。自分の汗の重さなのに、帰りに防具を担ぐと実感します。 剣道着は、基本的に [続きを読む]
  • 七夕の伝説
  • おはようございます、京やの勝也です。今日は七夕ですね。 梅雨の最中でなかなか星空は目にできませんが雲で見ることが出来ないほうが理想の星空を空想できて私は好きです。 さて以前にも書いたような気もしますが、七夕について。 七夕の伝説は古代中国の歴史的事実に基づいているそうです。上海、蘇州など中国南部は大変緑に恵まれた土地で世界で最も早く稲作や絹織物が始まったとされています。 呉服の「呉」はこの地方の国の呼 [続きを読む]
  • 浴衣 手縫いとミシン
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やでは反物からの誂え浴衣しか扱っておりません。 昔ながらの段取りで反物を「水通し」してから仕立て屋さんの丁寧な手縫い仕立てです。 今年初めてのお誂えのお客様のお言葉。「寸法がピッタリで着やすい!」「生地の良さがわかります!」 寸法は当たり前といえば当たり前ですが「生地の良さがわかる」というのは水通しをした風合いはもちろんですが手縫いの特徴かもしれません。 ミシン [続きを読む]
  • 雷と稲妻
  • おはようございます、京やの勝也です。 梅雨時期に台風が重なりましたが小平は数時間で通り過ぎた感じでした。 今日は「天」の模様の話です。 雷の文様は「雷文(らいもん)」といいます。ラーメンどんぶりにもある四角いグルグルもようですね。 とても古い原始的な文様のひとつで自然現象の力、天の力の具現として扱われてきました。 また、稲妻文様もあります。ギザギザの線で描かれる通り雷の「光」を表しています。 稲の成長時 [続きを読む]
  • 細身でない男性の浴衣姿について
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きのようなものです。基本的には同じなのですが今日は細身ではない方について。 お腹が出てきて安定感のある体型の男性は寸法が合っていさえすれば浴衣も着物も綺麗にゆったりと着ることができます。 帯結びは帯でお腹を下から支え後ろは背骨の腰あたりに持ってきます。横から見るとナチュラルに帯が前下がりになります。 力士のまわしの角度が美しいでので参考にしましょう。 私も [続きを読む]
  • 細身の男性の浴衣について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は「細身の男性の浴衣」についてです。 仕立てについては誂えの場合細身ということで身幅を狭くしたいところですが腕(裄)が長い方が多く抱き幅を広くせざるを得ず全体的には広めになるとしてもバランスの良い寸法にしたほうがよいでしょう。 ただし腰の高さは人によってずいぶん違いますので褄丈はご本人に合わせます。 帯は細身だと帯が長すぎるように感じるかもしれませんが角帯の場 [続きを読む]
  • 着物と宝石
  • おはようございます、京やの勝也です。 梅雨の日曜日です。 さて洋装も経験豊富なお得意様との話から着物に合う宝石の話。 これこそTPOにより基本的には指輪、そして品のあるピアスやイヤリングが合わせやすいかと思います。 着物と宝石というと筆頭はやはり真珠でしょうか。そしてダイヤ。 ルビーやサファイアなどのカラーストーンも着物や帯に使われている色に合わせて使うと素敵です。中でも和の雰囲気を醸し出すのがエメラ [続きを読む]
  • 湿気に気をつけましょう
  • おはようございます、京やの勝也です。 梅雨らしい湿気の多い日が続きます。障子紙もふにゃふにゃした感じです。桐のタンスも開きにくくなり中の着物を守ろうとしています。とはいえ湿気が入るからとタンスを開けないわけにはいきませんね。今の季節は文明の利器を使って部屋の除湿をしたり、タンスの中の乾燥剤を新しくしたりしてとにもかくにも乗り切りましょう。 着物に限らず洋服やバックなどの革製品草履や下駄などの [続きを読む]
  • 肌着の小衿
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の肌着の話のついでに小衿について。これからは着物や浴衣を着るときに汗が気になる季節になります。肌に一番近いのが「肌着」です。シルク、ガーゼ、晒し、など素材も季節に合わせて色々ありますが夏は麻もありますね。昔ながらの肌着には細い「小衿(こえり)」がありこの小衿には大切な仕事があります。着付けの時、まず肌着から着るのですがこの時の小衿の後ろ衿に沿わせて襦袢の衿 [続きを読む]
  • 肌着の丈が短い!
  • おはようございます、京やの勝也です。 うちの嫁さんが「どうして肌着は半端に短いの!」とブツブツ申しておりました。どうやらトイレの後などにウエストのあたりで端がゴロゴロして嫌なようです。丈が短い理由は肌着の裾のラインが帯の下に隠れて見えないようにするためです。嫁さんの言う通りの丈だとタレの下、お尻の上のあたりに横のラインが見えてしまい美しくありません。そこで肌着と裾除けが一体になったワンピース型の肌 [続きを読む]
  • 染と刺繍と「格」について
  • おはようございます、京やの勝也です。 染めと刺繍との「格」の比較がなされることがあります。 この比較は模様を表現する技法としましてはあまり意味がないように思います。 染と刺繍で格に差が出るのは「紋」の場合です。格が高いとされる「抜き紋」はお誂えで「染め抜いた紋」とも言えます。 これに対して「刺繍紋」は刺し方にもよりますが一般的には「抜き紋に準じる」扱いとなります。 ただしこれはあくまで「紋」のはなしで [続きを読む]
  • 湿気と「たとう紙」
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物の収納方法はお住まいや箪笥などの条件により違ってきますが皆様それぞれに工夫されていることと思います。 さて大切な着物を収納するための専用の紙の包みは「たとう紙」や「文庫紙」と呼んでいます。 今は梅雨の最中ですのでわざわざひろげることはありませんが梅雨明け後に中の着物類を点検するときにはこの「たとう紙」もついでに点検しましょう。 表面はもちろんですが中の薄紙にも [続きを読む]
  • 涼感を演出する金銀
  • おはようございます、京やの勝也です。 金糸や銀糸、金箔や銀箔を使った帯や小物は小紋以上の格の着物には使いやすいものです。 しかしながら紬や大島、ウールなどには基本的には合わせない方が良いとされます。 それは金銀の糸や箔が持つ「フォーマル感」と紬などの「素朴感」がマッチしないからですね。 さて、この季節。 金銀の「金属感」つまり「ヒヤッと冷たいイメージ」を利用して単衣の紬や大島、または夏紬や夏大島、ウー [続きを読む]