猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 帯締め帯揚げ「夏物もある」
  • おはようございます、京やの勝也です。 少し早めですが帯締めと帯揚げの「夏物」についてです。6月を過ぎると帯や襦袢が夏物になって行きますね。それに伴って小物もレースの帯締めや絽や紗の帯揚げが使えるようになります。ここの考え方ですが、「夏物でなければならない」ということではありません。「夏物も使える」程度のことなのです。つまり春秋冬に使っている帯締めや帯揚げで全く問題ありません。 厳密にいうな [続きを読む]
  • 帯締めについて
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は帯揚げ今日は帯締めについてです。帯締めには「丸組」「平組」「平唐組」「高麗組み」等など様々な組み方がありますね。 京やオリジナルの伊賀で組んでもらった「平唐組み帯締め」です。さて、礼装用かお洒落用かを組み方で分ける方もいらっしゃるようですが正式は綿を心にして布をひも状に縫った「丸絎(まるぐけ)の帯締め」とされます。組紐自体が「丸絎」の「代替え品」 [続きを読む]
  • 絞りの帯揚げについて
  • おはようございます、京やの勝也です。 「絞りの帯揚げ」について。絞りの帯揚げといえば振袖用を思い浮かべる方が多いと思います。 総絞りの振袖用の帯揚げです。 何が振袖用かというと、「色」だけです。染めずに「白」であれば黒留袖や色留袖にも使えます。 飛び絞りの帯揚げです。 カジュアルはもちろん白地なのでセミフォーマルまで使えます。 同じ飛び絞りでも黒地になると紬や小紋までのお洒 [続きを読む]
  • 白の帯締めと帯揚げの使い方
  • おはようございます、京やの勝也です。 黒留袖用にお持ちの白の帯締めや帯揚げ。 黒留袖専用と思っていませんか? そうだとしたら勿体無いです。 確かに帯締めと帯揚げをセットで使おうとすると礼装のイメージが強くなりすぎますが、別々に使うとコーディネートのポイントにも使えるのです。 例えばパーティー形式の結婚式やレストランウエディング、こけら落としや大勢集まるお祝いの会、何かを祝うお茶 [続きを読む]
  • 青かえでと青もみじ
  • おはようございます、京やの勝也です。 「青かえで」が綺麗です。風になびくほど柔らかく初々しい生命力に溢れた緑は見ているだけで心が洗われるようです。「青もみじ」と呼んでしまいそうですがそれは秋まで待ちましょう。 秋に色づく直前が「青もみじ」。 「青」と「紅葉」は色としては矛盾するのですが色付いて「紅葉」になる下地として青くても紅葉なのだという言い回しなのでしょう。なかなか繊細な表現です。 [続きを読む]
  • 百花の王、牡丹
  • おはようございます、京やの勝也です。 あちらこちらで牡丹の見頃が伝えられる季節です。 牡丹の花は中国・唐の時代から「百花の王」として格付けされます。 高貴で華やか、そして豪華でめでたいまさに皇帝にふさわしい花というわけです。ただ、中国で「国花」となったことはないそうです。 格が高い花としては根源的な信仰の基である「太陽」に見立てられた「黄色い菊」がありますね。 どちらも日本に伝 [続きを読む]
  • 着物を着る機会がない方
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物離れの原因に「着物を着る機会がない」「着ていく場所がない」というお声をよく聞きます。 実際にそういう環境の方もあるかと思います。 ただ、よくお話を伺うと着たいと思ってはいるものの一人では自信がなかったり人目を気にし過ぎていたりしているようなのです。 そういう方はぜひ「着物を着る仲間」を探してください。 例えば着物を着て一人で電車に乗るの [続きを読む]
  • 春風
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は青梅にある嫁さんの実家に行ってまいりました。 桜は盛りを過ぎていましたが色鮮やかな花が咲きまさに「春風の庭」でございました。 これから気温が上がり初夏へと移行していきます。 木々によって微妙に違う初々しい新緑も楽しみですね。 小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔屓に。東京小平の着物専門店http://kimono-ky [続きを読む]
  • 散る魅力
  • おはようございます、京やの勝也です。 今年も楽しませてくれた染井吉野の花びらが散り始めました。 「散る」ことの美しさと価値が広まったのはこの染井吉野のおかげかも知れません。 古来の植物についての価値観は違っていました。 ひとつの植物でも沢山の縁起がありますが例えば梅は他の花に先んじて寒いうちに咲くこと。竹や松は一年中緑を絶やさないこと。椿も緑の葉を一年中緑をたたえています。柳は強風 [続きを読む]
  • 水に弱い絹
  • おはようございます、京やの勝也です。 今月は入学式にあやしい天気もありましたがお着物は大丈夫ででしょうか?絹は水に濡れると弱くなる性質の素材です。濡れたところを擦ると毛羽立ってしまい光の反射角の影響で白く見えるようになります。これを「擦れ(すれ)」といいます。この「擦れ」はシミではないので厄介です。食事の最中衿などにシミを付けてしまった時に濡れたお手拭などで擦るのも同様です。乾いた布で軽くたた [続きを読む]
  • 化学繊維の話
  • おはようございます、京やの勝也です。 80歳を越えられたお客様との話で戦時中に蔵が荒らされ着物類を盗まれたお話がありました。その中で「ステープルファイバーは盗まれずに残されていた」とのこと。 「ステープルファイバー?」 「ようは人絹よ。人造絹糸。」 「…」 化学繊維には疎い呉服屋ですので勉強してみました。ヨーロッパでは蚕病で絹が、また羊毛も入手困難になりそれに代わる化学繊維が1 [続きを読む]
  • 紋付の着物について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は紋付の着物について。 紋付の「紋」は「家紋」です。家紋を入れた着物は家の紋を背負うつまり「家を代表する立場」ということになりますね。 家を代表する気構えを表しているので正式な場に着ていくことができるのです。 着物の「紋入れ」には「抜き紋」と「刺繍紋」があります。 紋の格としては白生地からの誂えものということから「抜き紋」が正式とされ五 [続きを読む]
  • 単衣襦袢の活用
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は襦袢の話です。 今年の4月は特別暑いこともないので今のところ袷の襦袢で良いのですが気温が上がってきたら「単衣襦袢」を活用しましょう。 この季節の「単衣襦袢」は袷せの襦袢と同じ透けない生地で袖の仕立て方が単衣というだけです。それでもこの袖の軽さはポイントになります。透ける生地の「夏襦袢」になる6月までの期間あると便利な襦袢ということです。また最 [続きを読む]
  • 衣食住の「衣」
  • おはようございます、京やの勝也です。 布を纏うという行動は人が文化的な生活を送るための基礎です。 どんなに素晴らしい食事も豪華で立派な住まいも裸では格好つきませんね。 「生活」は衣食住のバランスが大切なわけですが「衣食住」というはじめに「衣」がある順序には文化としての意味があるように思います。 日本は着物という衣装の文化ですので権力者から労働者など様々な生活スタイルに合わせた着物が [続きを読む]
  • 一重太鼓と二重太鼓
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の「太鼓結び」の続きです。 この「太鼓橋」を模した結び方は帯丈の長い袋帯なら「二重太鼓」になり、短い八寸や九寸帯の場合には「一重太鼓」になります。袋帯の二重太鼓が礼装に向いているというのは、おめでたい事が重なることを吉祥としたわけでお正月の鏡餅を重ねるのと同じです。反対にお葬式などの不祝儀には重なってほしくないので二重太鼓には結びません。それでは結 [続きを読む]
  • 亀戸天神と太鼓結び
  • おはようございます、京やの勝也です。 「お太鼓結び」について。現在着物の帯結びと言えば「お太鼓結び」が代表的ですね。この「太鼓」は何から来ているかというと、亀戸天神の庭内に架けられた「太鼓橋」です。江戸時代後期この橋の渡り初めを深川芸者がつとめました。そのお披露目に芸者達が結んだのが帯揚げと帯枕を使って太鼓橋に似せたアーチ形の新しい結び方、「太鼓結び」です。深川芸者は流行の最先端でファッション [続きを読む]
  • 二部式から長襦袢へ
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の補足です。(が長いです。)私見ですのでご了承くださいませ。 江戸時代の文化年間初期に「長襦袢が流行」という記述があります。 文化年間は1804年から1818年まで。この時代は町人文化が定着していて男の風俗も女性化し柔らかくなっています。 歌舞伎役者からの流行も多く「半四郎鹿子」「路考茶」そのあとに「かまわぬ」などが出てきた時代です。 [続きを読む]
  • 襦袢の変遷
  • おはようございます、京やの勝也です。 襦袢について。 着物の下に着る襦袢(じゅばん)。ポルトガル語に漢字を当てて定着した言葉です。 この襦袢の仕立て方にも変遷があります。襦袢はそれまで上下が別れたいわゆる二部式でした。江戸時代中期にそれを繋いだ「長襦袢が大流行」と文献にあります。その長襦袢も表生地に対して総裏仕立てが主流でしたが、最近では腰当て(居敷当て)のみを付ける仕立て方が多くなっ [続きを読む]
  • 諸葛菜と蜀江錦
  • おはようございます、京やの勝也です。 小平も暖かくなりました。 キレイな紫色の花。素朴でいながら上品さもある紫色のこの花もこの季節に楽しみにしている花の一つです。 「花だいこん」「紫花菜(ムラサキハナナ)」。「オオアラセイトウ」が本名のようですが、「諸葛采(しょかつさい)」という名も有名です。「諸葛菜」は、三国志に登場する蜀の国の天才軍師・諸葛孔明が広めたと伝えられています。 当時の戦 [続きを読む]
  • 回想、京都の花見
  • おはようございます、京やの勝也です。 府中の大國魂神社の枝垂れ桜が満開でございました。 さて、30年近く前になりますが丁稚小僧時代の京都ではよく桜を楽しんでいました。「二分咲き」で一杯。「三分咲き」で一杯。「五分咲き」で一杯。「八分咲き」で宴会。「満開」で宴会。「散りはじめ」で散歩。「花吹雪」で名残の散歩。円山公園に向かい祇園さんの階段を上るだけでドキドキしてきました。行き交う人の表情で桜 [続きを読む]
  • 透ける生地のコートの着はじめ
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日4日は二十四節季の「清明」。衣替えの目安の一つでございます。 先ず襦袢は「単衣」を先取りしても良いです。袖が軽くなりますね。コートについては「薄物」でも良いとされる季節です。この場合の薄物は紗などの「透ける生地」のことですね。四月末までは透けない単衣のコートも大丈夫ですので気温に合わせて紗や薄物のコートのどちらも選べる季節ということになります。ただ [続きを読む]
  • 江戸時代のものは小さい
  • おはようございます、京やの勝也です。 博物館や美術館で江戸時代の小袖などを見るととても小さくて「子供用?」と思えるくらいのものが多くあります。 それもそのはず栄養状態が現在と大きく違うため幕末の成人女性の平均身長は144センチほどと言われています。 小さい上に痩身であれば着物に使う生地も帯も長さも幅も短くて済みますね。 明治時代に入り食の西洋化と共に体格が向上したわけですが身長、手 [続きを読む]
  • 「醍醐の花見」と着物の価格
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は日曜日としてはお花見日和となりましょうか。 さて、歴史を遡って花見といえば「醍醐の花見」が有名です。豊臣秀吉が700本もの桜を植えさせた醍醐寺で催した世紀の花見です。この花見については資料があるそうでその中から着物の価格についての考察です。見物するのは当然秀吉をはじめ大名や公家、大商人達ですがその奥方や側室たちがメインだったそうです。この花見に出席 [続きを読む]
  • 四月馬鹿
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は四月馬鹿、エイプリルフールですね。 エイプリルフールといえども嘘をついてもよいのは午前中だけだそうですのでご注意下さい。 嘘をついても良いと言われてもなかなか出てくるものでもありません。嘘をつきたくなるのはやはり「言い訳」を迫られるときでしょうか。 嘘にだまされた人を「エイプリルフール」と呼ぶそうなので洒落た嘘のエイプリルフー [続きを読む]
  • チラリと見せる色
  • おはようございます、京やの勝也です。 歌舞伎などで衣裳を見ていると表地だけでなく裏地や襦袢、肌着の色が効いていてステキだなぁと思うことがよくあります。 袖口や裾の裏側は「八掛(はっかけ)」で歩いた時に衽が返るとチラリ、お食事中には向かい側の人から袖口がチラリと見えます。着て動くとよく見える八掛の色は表の着物とのバランスが大切です。 この八掛のさらに奥に見え隠れするのが襦袢ということにな [続きを読む]