猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 「格」の引き算
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は格の話です。 着物が附下げや色無地の場合金銀箔を使った袋帯や有職文様の袋帯を締めるとグッと格調高く演出することができます。 格式を持って臨んで良い機会はこれで良いのですが、そこまですると「やり過ぎ」に思えるような機会もあります。 そういう時には引き算のコーディネートです。 着物であれば附下げを色無地に、色無地を飛び柄の小紋や江戸小紋に [続きを読む]
  • 髪を染めている方と着物
  • おはようございます、京やの勝也です。 たまにお預かりするお手入れ品で後ろ衿の黒ずみが目立つことがあります。どうやらこれはヘアカラーの染料が原因のようです。 髪も絹も同じ動物性タンパク質ですので化学変化も同じなのでしょう。 ショートカットの方でも上を向いたりすると後ろ衿に髪があたることがあります。 特に茶道では衿をあまり抜きませんのでお気を付け下さいませ。 お手入れのご相談は京や [続きを読む]
  • 家紋をご存知ですか?
  • おはようございます、京やの勝也です。 ご自分に関係する家紋を幾つご存知でしょうか?男性ならばひとつはお父様の家紋。生まれた名字に付いている紋です。もうひとつは母親の実家の家紋。女性ならばお父様の家紋と、母親が持っている女紋。更に結婚後は嫁ぎ先の家紋と姑の女紋。少しややこしいですが、まだ調べていないのでしたらおじい様、おばあ様、ご両親に聞いて回ってみてください。意外なお話しが聞けるかも知れません [続きを読む]
  • 振袖選びの面白さ
  • おはようございます、京やの勝也です。 未婚者の最上格の礼装として二十歳のお祝いに作られることが多い振袖。成人式は着る機会のひとつなのでその後もふさわしい機会にはお召し頂きたいものです。 さて、私見ですが二十歳直前の女性は年単位ではなく月単位でどんどん大人に変わっていくように思います。 子供の可愛らしさを卒業して大人の愛らしさや知性品、格好よさ、落ち着き等20年近くかけてご自分に蓄えてき [続きを読む]
  • 着物と住宅事情
  • おはようございます、京やの勝也です。 現在の日本の住宅事情は決して着物にとって良いものではありません。 袖口や袖の振り、袴のわきもドアノブやレバーに引っ掛けて「ビリッ…」ということもあります。 わたしも数回(十数回?)経験がありますがその都度、完全な日本家屋ならこんなことにはならないのにとブツブツ言っております。 さて、そういう時でも「着物は良くできている」と感心してしまうのですが [続きを読む]
  • 雪の文様について
  • おはようございます、京やの勝也です。 それとなく昨日の続きで雪の文様について。豊作の兆しとされる雪の意匠にはいくつかあります。 「雪持ち〜」や雪の結晶を図案化した「雪華文」。 そしてこの「雪輪文」です↓ これは「雪輪に松」という呼び方になります。この雪輪文様は現代でもよく使われる人気のある文様の一つで実は夏物にも使われています。 意外に思われるかもしれませんが、この文 [続きを読む]
  • 春の予兆
  • おはようございます、京やの勝也です。昔宮中では初雪を祝う習わしがあったそうです。科学が発達した現在では太陽に対しての地球の自転軸の傾きが四季をつくっていると誰もが知っています。しかし科学的根拠を知らなかったとすると「冬がいつまでも続いたらどうしよう…」という不安が付きまといます。そこでまず春の前の「冬」が例年通り雪が降るほど寒くなることを祝い「春」が来ることの予兆と見ました。雪は春の予兆なのです。 [続きを読む]
  • 親として、入卒の式にはお着物で
  • おはようございます、京やの勝也です。 来月3月は卒業式、そして4月は入学式です。嬉しいことに最近は母親として着物で行かれる方が増えているように感じます。着物は持っているのに躊躇してしまう方の中には学校行事に親が着物で行くと「目立とうとしている」「親が頑張り過ぎている」などと思われるのではと心配してしまうようです。もちろん子供たちが主役ですが、親の役目としてはお世話になる(なった)学校・先生方に、敬 [続きを読む]
  • おかげさまで
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで京や着物こと始め展が無事にお開きとなりました。 京やの展示会としましては大変珍しく四日間とも好天に恵まれ今回のお誂えやご注文の品々はお客様にとりまして格別な「縁起の良い一品」になるのではと思っております。 これも皆様の日頃の心がけの賜物でございます。 ご来場頂きました皆々様に心より御礼申し上げます。 ありがとうございました [続きを読む]
  • 本日最終日です【着物こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 四日間の着物こと始め展は本日で最終日。おかげさまで楽しい着物の時間を過ごしております。 昨日も人と着物の出会や御縁を感じる瞬間が何度もありました。素晴らしいことだと思います。 さて本日の最終日には履物のおりとやさんが来場致します。草履や下駄のお誂えや修理、ご相談も承ります。 お待ち申し上げております。 小平「染と呉服京や」のホームペー [続きを読む]
  • 好評!【着物こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物こと始め展の三日目です。 この季節には暖か過ぎる昨日の風でしたが二日間多くの皆様にご覧頂いております。 やはり好評の紋屋井関。 石塚幸生氏の江戸小紋も様々なご注文を承っております。 こちらは梅文様の振袖。古典の華やかさがありますね。 着物好きが集まる京やの展示会。今回も歴史、技法、着付け、文様、色彩、コーディネートなどお客様同士あち [続きを読む]
  • 紋屋井関【着物こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物こと始め展の二日目。 紋屋井関のご紹介です。 日本で初めて紋織りを始めた井関家。応仁の乱の前からの歴史があるということは西陣という地名が登場する前から織物を織っていたということになります。 天皇や貴族の装束を織る「御寮織物司(ごりょうおりものつかさ)」に任じられ井関家の当主は苗字帯刀を許された特別な身分でした。俵屋宗達の茶会に同行するよう千 [続きを読む]
  • 石塚幸生 江戸小紋【こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日から着物こと始め展を致します。 先ずご紹介するのは石塚幸生氏の江戸小紋。 昨秋瑞宝単光章を叙勲されその記念の特別受注となります。 「桜鯛」の型は近くで見るとこんなに躍動感があります↓ 「毛万筋」は伊勢型紙の彫師と糸入れ師さらに染師の石塚氏が最高の技を出し合って仕上がる逸品です。ぜひ直接ご覧ください↓ 雪輪模様の訪問着は珍しい技法の「 [続きを読む]
  • 明日から「着物こと始め展」です
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日から恒例の「京や着物こと始め展」を致します。 今回の特集は二つ。 一つ目は江戸伝統の伊勢型紙手付けの石塚幸生氏の江戸小紋。 二つ目は京都西陣で紋織りの創始といわれる御寮織物司紋屋井関の袋帯です。 どちらも名品、逸品ですが呉服の場合は特に実際に見て触れることで繊細な色合いに気付き肌に馴染む風合いを感じることができるものです。 今回も多 [続きを読む]
  • 生地にこだわる2
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きです。こだわった生地は何が違うのでしょうか。例えば「復元力」。正座をしたり長時間椅子に座っていたりすると膝の後ろがシワになりますね。その着物をハンガーに掛けて干してから畳んでタンスへ入れます。しばらくしてから出すとシワが伸びています。これが絹の復元力です。もともと絹が持っている性質ですが生糸を作るときの繭からの速すぎる巻き取り方や、強すぎ [続きを読む]
  • 生地にこだわる1
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やは悉皆屋から始めた専門店です。白生地を扱い、お客様の御注文すべてがお誂えでした。特別贅沢というわけではなく当時は染め上がっている品が少ないため見本帳から選ぶ方が沢山の中から選ぶことができたからです。先代も先々代も、白生地の品質にはこだわりを持っていました。「京やは安い品は置いていないがどれも品が良い」と、お客様に思って頂けるように努力を続けてきたのでし [続きを読む]
  • 日本文化を深く楽しむ
  • おはようございます、京やの勝也です。 日本文化の稽古事といえば茶道、華道、香道、剣道、柔道、弓道、礼法、日本料理、和菓子、染織、文学など沢山ありますね。趣味ともなれば歌舞伎や文楽、能、落語などの鑑賞もあります。たいていはそれぞれの先生から習ったり別々の時間に触れることになります。そうすると「今は茶道に集中して他のことは考えない」「今はお菓子を楽しみましょう」など「今は…」という思考に陥りが [続きを読む]
  • 着物と茶道の空間
  • おはようございます、京やの勝也です。昨日は京やの茶道教室でした。着物で茶室にいると畳や道具との調和がとれていてとても落ち着きます。お茶と菓子、建物と道具と衣裳はそれぞれが影響し洗練され発展してきたのだと思います。「衣食住」は文化の基ですが現代において茶道はそれを身近に感じやすい空間を提供してくれます。着物の楽しみ方は色々とありますが、「文化の調和」を自分の着物姿で完成させる茶道の空間は格別でしょ [続きを読む]
  • 「小紋」と「江戸小紋」
  • おはようございます、京やの勝也です。 何度目かになりますが「小紋」と「江戸小紋」について書きたいと思います。まず、「小紋」の定義から。一般的に「小紋」というジャンルは、白生地を染めた「染物」の中では最もカジュアルなものです。↑これだけ大きな模様でも小紋。 カジュアルと言いましても、小紋の下の格として紬や木綿・ウールもありますので比較的「よそ行き」な感じがあると思います。仕立上がりを見ると模 [続きを読む]
  • 藍染について
  • おはようございます、京やの勝也です。 歴史ある染色の一つに草木の蓼藍(たであい)を使った藍染があります。古くは藍は青色系だけを指すのではなく「色がある」「染料」という意味だったようです。例えば蓼藍が青系の色。呉(中国の上海あたり)から輸入された藍が呉藍(くれない)で赤色系の染料のことを意味していました。紅色(くれないいろ)ですね。さて、長い歴史の中、日本独自の発展をして今に至っている藍染 [続きを読む]
  • 季節を感じる花の図柄について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は季節を感じる花の図柄について。季節の花の着物や帯。使うタイミングには悩みがつきものですね。たくさんの花が図案となっていますが、実は花によって季節感の概念が違っているところに難しさがあるように思います。例えば「梅」。梅の季節は比較的長くありますので咲く前の先取りから終わる頃まで問題なく使うことができます。それに対して「桜」は花の盛りが短いだけに [続きを読む]
  • 京や 着物こと始め展のご案内
  • おはようございます、京やの勝也です。 京や恒例の「着物こと始め展」のご案内です。今月16日より四日間、店で致します。 今回の特集は二つ。 一つ目は江戸伝統の伊勢型紙手付けの石塚幸生氏の江戸小紋。 二つ目は京都西陣で紋織りの創始といわれる御寮織物司紋屋井関の袋帯です。 どちらも先代からの長いお付き合いをさせて頂き着心地、締め心地、着姿も含め自信を持っておすすめできる逸品です。&nbs [続きを読む]
  • 着物は誰のための形?
  • おはようございます、京やの勝也です。 想像してみてください。自分が日本の衣裳を決めることができることができるとしたらどんな衣裳にしますか?古来衣裳は権力の象徴とされました。当然衣裳を決めるのは「権力者」。権力者は自分が最もよく見える衣裳を選択することができますね。 実は今の着物も、男女ともに齢を重ねた権力者がお似合いになる形を踏襲しております。齢を重ねた方のほうがアイテムが豊富で着こな [続きを読む]
  • 呉服の洗濯表示
  • おはようございます、京やの勝也です。 衣類として販売されている品には「洗濯マーク」を付けることが義務付けられています。私共呉服専門店の誂え着物の場合着物は「衣類」としてではなく「布地」として販売し、お仕立てを代行して納めさせて頂いているということになっているようです。つまり、お納めする仕立て上がりの着物に「洗濯マーク」はタグとしては付いていません。さて、当たり前だと思っていることが当たり前 [続きを読む]
  • 立春
  • おはようございます、京やの勝也です。 豆まきはしっかりとされましたでしょうか。春の「陽の気」はまだまだ弱く、春が頑張って暖めようとしても冬の「陰の気」が足を引っ張り寒い日と一進一退の攻防戦の様相です。暖かさと寒さが入れ替わるこれからの気候が「三寒四温」ですね。人が肌で感じて春を呼び込むお呪いをしたくなるのもわかる気がします。陰から陽への転機である「節分」と「立春」。 ここからは春なのです。 [続きを読む]