猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttp://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 檜扇と桜
  • おはようございます、京やの勝也です。 東京の桜の開花が宣言されましたがその後の気温が低く今日からの気候次第といったところでしょうか。「檜扇桜枝模様振袖」です。 檜扇(ひおうぎ)は歴史も古く、最も格上です。扇ではありますがあおぐためのものではありません。女性が顔の前にかざすのに使うそうです。 この檜扇から派生して夏用に実用化されたのが「蝙蝠(かはほり)」。現在の「扇子」です。 桜は「左近 [続きを読む]
  • 女袴の可能性
  • おはようございます、京やの勝也です。 卒業式で定着しつつある女袴。 その歴史を遡ると平安時代の十二単の袴などが有名ですが途中廃れ明治時代に快活な女学生のために工夫され復活したものが現在の袴姿となっています。 袴は着物の長着に比べ歩幅が大きくとれて歩きやすい。草履だけでなくブーツもOKです。また濡れていない階段の上り下りなどでは多少の汚れは気にせずホコリが付いたら叩けば大丈夫。 実用的 [続きを読む]
  • 大学生の卒業式の袴姿
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は大学の卒業式の着付けをさせて頂きました。 ご自分のお振袖に袴を着けました。小学生とはまた違った魅力の大学生としての品格がある袴姿です。 学生らしく後ろ衿はあまり抜かず襦袢の衿合わせはきっちりと。艶っぽさは必要ないので素直に清潔感重視で。 卒業はご本人のお祝いですがTPOとしては学校や先生方、ご学友に対して敬意を表すための衣裳とも考えられま [続きを読む]
  • 小学生の卒業式の袴姿
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は小学校の袴の着付けを数名させて頂きました。最近、袴姿が増える傾向にあるようで娘が通う小学校では昨年は3名、今年は11名とのことです。嬉しいですね。 さて、同じ袴姿でも大学生と小学生では決定的に違う点があります。 それはお化粧、メイクです。 大学生はメイクをするのが普通ですので着物選びの際、華やかな色柄でも顔が負けることがないようにで [続きを読む]
  • 羽織の袖丈
  • おはようございます、京やの勝也です。 街中で素敵な羽織姿の女性とすれ違いました。春らしいなぁと思いつつ振り返って見送ると羽織の袖丈が着物に対して長いために着物の袖が羽織から出てしまっていました。ちょっと残念…。袖丈の寸法は着物が1尺3寸だとすると羽織は1尺2寸5分。上モノを短くすることで中の着物の袖が引っかかって出てこないようにします。昔の羽織は素敵なものが多くぜひ羽織って頂きたいのですがその [続きを読む]
  • 青梅の桃
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は春のお彼岸明け。暖かい日が増えてくる頃となります。 東京では桜の開花がありましたが青梅では桃が咲き始めておりました。 旧暦では今日は2月26日。もう少し後に3月3日がきますのでちょうど良いのですが現在の暦では行事と開花が上手く合わないことが多いですね。 旧暦も意識しつつ季節の花々を愛でてみるのも一興ではないでしょうか。 小平「染 [続きを読む]
  • 新潟の伝統工芸、竹塗の下駄
  • おはようございます、京やの勝也です。 珍しい下駄が入りました。江戸初期から始まったとされる新潟の伝統工芸、竹塗の下駄です。 西陣織の上質の鼻緒をすげました。 竹の節のように下地から漆で模様をつけてあります。立体的なので本物の竹のような感触です。 全国には私の知らない工芸品がまだまだ沢山あります。 出会い続けていきたいものです。 小平「染と呉服京や」のホーム [続きを読む]
  • 躾糸(しつけいと)のこと
  • おはようございます、京やの勝也です。 新しい品も洗張や染め替えをした品も仕立て上がると袖や衽(おくみ)、袖に「躾糸(しつけいと)」が付いてきます。仕立て上がりの型崩れを防ぐための糸です。 手で切ることができる糸ですが乱暴に取ると生地を傷めることもありますのでゆったりした気持ちで取りたいものです。 さて「躾糸」には取ってはいけない糸もあります。「ぐし躾」と呼ばれる「飾り躾」です。 黒 [続きを読む]
  • 花粉はシミになる?
  • おはようございます、京やの勝也です。 今年も花粉が飛ぶ季節ですが花粉症の私は薬で何とか抑えております。さて毎年飛び回る杉や桧の花粉は着物のシミにならないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここ数年のお手入れ品の状況から見て通常のお出掛けでは、基本的には心配なさそうです。当然、着物にも花粉が降りかかりますが、乾燥している場合ほとんどが叩くなどすれば落とせます。帰宅後「着物ブラシ」を [続きを読む]
  • 男性の袴下の帯結び
  • おはようございます、京やの勝也です。 最近、ある角帯を仕入れると図式の「帯結びの説明書」が入っています。 帯結びの方法が2種類。「貝の口」と「袴下」とあります。 「貝の口」は問題ないのですが「袴下」とあるのは図を見ると「片ばさみ」別名「浪人結び」です。 これは間違いです。 「片ばさみ」で袴をつけると腰板の下の段が出来ませんので袴の後ろが上がらず格好よく決まりません。しかも両脇か [続きを読む]
  • 甘いものの贅沢
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の牡丹餅も大好きで自分で言うのも何ですが私はかなりの甘党です。今の日本は沢山の「甘いもの」で溢れかえっているようです。そうなると甘さの質に好みやこだわりが出てくるというものです。和三盆や黒糖カカオの純度クリームの質などなど…。更には「一個が大きすぎる…」「甘すぎる…」など文句が出ます。こういう状況を「贅沢」と言わずに何と言うのでしょう。 甘いだけで [続きを読む]
  • 春は牡丹餅
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は春のお彼岸の入り日です。ご先祖様に御供えするのは「ぼた餅」ですね。春は赤くて丸い牡丹(ぼたん)の花をイメージして「牡丹餅」。秋は可愛らしい楕円の萩(はぎ)の葉をイメージして「お萩」です。同じお供え物を季節に合わせて呼称を変える先人の風流。最近は春でも「おはぎ」と売られているのを見かけますが、何とも言えず残念な気がします。春は牡丹の花を想像しながら「ぼた餅 [続きを読む]
  • 振り出し
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日はとても寒く感じましたが心で季節を進めつつ今日はお茶道具の話です。 茶道の道具の中にはピクニック気分を演出するものがあります。実際に屋外の「野点」がありその風情を室内で味わう趣向です。 これは「振り出し」。旅箪笥という棚と合わせて金平糖を入れて使いました。 わざわざ買うことも少ない金平糖ですがこうして頂くと美味しくてお茶によく合います。&nbs [続きを読む]
  • 下着、比翼、半比翼
  • おはようございます、京やの勝也です。 下着、比翼、半比翼について。 ミセスの最高格式を持つ留袖は最後まで「下着」という白い着物を重ねて着ていました。 最近では下着というとランジェリーを指すようになりましたが本来和装ではこれのことです。着物の場合は「肌着」「裾除け」の次に「襦袢」。その上に「下着」と「着物」です。「下着」は「下の着物」ということでしょうね。黒留袖であれば白襦袢とは別に表の [続きを読む]
  • ポルトガル土産
  • おはようございます、京やの勝也です。 旅行好きのお得意様から面白いお話と共にポルトガル土産を頂きました。 ポルトガルの伝説に出てくる雄鶏(ガロ)の楊枝立てです。黒色がスタンダードだそうですがこれは黄色。幸運を呼ぶアイテムだそうです。ヨーロッパのデザインは目に楽しいキュートさがありますね。 おかげさまで多くのお客様から様々なお話を聞かせて頂く機会があります。 これもゆっくりとお [続きを読む]
  • 大人の正装
  • おはようございます、京やの勝也です。 卒業、卒園式シーズン真っ只中。街中では大学生の袴姿も見る季節です。お客様の中で親として式に参列されるにあたり着物で正装された方がいらっしゃいました。とても素晴らしいことだと思います。卒業・卒園されるお子様を祝う心と先生方に対して敬意。本当にお世話になった方に自分なりの「正装」をもって感謝の気持ちを伝えること。 正装することは社会に対する大人の責任ある態 [続きを読む]
  • 石塚先生叙勲受章祝賀会
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は東京染小紋の名工石塚先生の叙勲受章祝賀会に行かせて頂きました。 江戸小紋の卓越した染色技術だけでなく伊勢型紙の保存にも尽力されているとのことであらためて先生のお人柄と技に感動して参りました。 先生とは私の父の代からのお付き合いで妹の振袖も先生の作品でした。 先生の作品は「江戸の色」の品格を表現されていてどれをとっても素晴らしいです。 [続きを読む]
  • 震災から6年
  • おはようございます、京やの勝也です。 震災から6年が経ちました。被災地だけでなく避難先でも新たな問題も表面化して大変に難しい状況が続いていると思います。この震災に対して日本人の長所のひとつである「潔さ」が「忘れやすさ」という短所にならないことを願っています。 江戸時代の鯰絵です。「水かみ乃  つげにいのちを たすかりて 六分のうちに 入るぞ うれしき 」                  安 [続きを読む]
  • 紙の色、絹の色
  • おはようございます、京やの勝也です。 たまにですがお客様から色合わせの見本にと写真を含めて紙をお出し頂く場合があります。 イメージとしては分かるのですが実際には絹の染色と厳密に合わせるのは大変難しく、悩みます。 絹と絹でも織り方の違いで光沢などが違い難しいときがあるくらいです。 先日お客様からラズベリーの写真を見せて頂き「この色の小物を」とのご注文がありました。 ラズベリ [続きを読む]
  • 仕立て上がっている着物に紋入れ
  • おはようございます、京やの勝也です。 仕立て上がっている着物に後からでも紋を入れることができるのをご存知でしょうか。色無地や江戸小紋、附下げなど当初は紋が必要なかったもののお茶を始めたり正装の機会が増えたりして紋があったほうがよくなる場合が意外に多くあります。そのような時には着物全体を解くことなく紋の部分だけを解き紋を入れてから縫い合わせます。抜き紋でも刺繍紋でも基本的には入れることができます [続きを読む]
  • 桜模様
  • おはようございます、京やの勝也です。 もう少しすると桜の開花が話題に上るようになります。「まだ寒いなぁ…」と皆が思っているときに一人で先んじるのが季節の「先取り」です。着物のおしゃれの一つですね。 弟の江戸刺繍で「吹き寄せ訪問着」の一部分。桜の開花は毎年気候によっても地域によっても違います。ニュースになるくらい注目度が高い花ですので先取りの面白みもあるというものです。世間で桜の話題が出たあ [続きを読む]
  • 佐保姫
  • おはようございます、京やの勝也です。 三寒四温の春。気まぐれな「春の神」は「佐保姫(さほひめ)」という女神です。奈良時代からの信仰のようで奈良は平城京の東にある佐保山におわします。「春霞の衣をまとう若々しい女神」といわれ「春霞の衣」と聞けば白く柔らかく軽そうな薄い絹を連想します。五行説では春は「陰陽」の「陽」の始まりで芽吹きの季節。軽やかで初々しく爽やかでいて健康的な色っぽさ…。勝手にイメージ [続きを読む]
  • 平櫛田中彫刻美術館
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日、小平市内にある平櫛田中彫刻美術館の企画展「ロダンと近代日本彫刻」に行ってまいりました。 常設展示と違いロダンをはじめ他の作家の作品もあり楽しむことができました。比較するものがあるとハッキリわかりやすくなるもので田中翁の作品の重厚感や迫力がより強調されていました。すごいです。 庭の梅が満開で作品に対して目に優しい感じがしました。 &nbs [続きを読む]
  • 単衣コートの出番です
  • おはようございます、京やの勝也です。 春の光から春の暖かさへ。今日は「啓蟄」です。 コートの衣替えの目安に当たる日で今までの袷のコートから単衣のコートへと移行していきます。ここで言う「単衣コート」は生地は冬物と同じで裏地をつけない単衣仕立てのコートのことです。見た目は冬物と同じ表地なので違いが分かりにくいのですが着ている側は袖も軽く春を感じる装いとなります。ショールやストールが単衣コートの [続きを読む]
  • 片付けましょう、ひな飾り
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日はひな祭りでございました。ちらし寿司やハマグリのお吸い物など召し上がりましたでしょうか。ハマグリといえば宮中の遊び道具で貝桶(かいおけ)に入っている貝合わせのハマグリを思い出します。ハマグリはピタッと合う組み合わせがこの世に一つということから男女の縁に見立て縁起物とされます。昔は「貞女二夫にまみえず」といわれ一生に一人の夫しか持たないとされました。「未 [続きを読む]