ゼネラリスト さん プロフィール

  •  
ゼネラリストさん: 八百長競馬-FIXED KEIBA-回収率130%ブログ
ハンドル名ゼネラリスト さん
ブログタイトル八百長競馬-FIXED KEIBA-回収率130%ブログ
ブログURLhttp://fixedkeiba.blog110.fc2.com/
サイト紹介文昨年回収率130%の競馬ゼネラリストがお届けする本格派分析ブログ。予想ファクターは血統・時計・調教。
自由文色々な人間たちの、色々な思惑によって競馬は日々行われている。
“回ってくるだけ”なんて日常茶飯、全然珍しくない。 そんな馬を買っていては競馬で勝つことは不可能。 「競馬は八百長である」 このことに気づいた時、それすなわち勝利の第一歩を踏み出す時。 そう、君は今勝利の一歩を踏み出したのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/01/05 05:48

ゼネラリスト さんのブログ記事

  • 【福島牝馬S】◎クロコスミア
  • 【福島牝馬S】◎クロコスミア逃げ先行策が板についてきたクロコスミア。小回り内回りと条件悪化の度に自身の強みである底力を発揮させる。前走は瞬発力に屈したが、コース形態からいって今回は持続力勝負。後続をシャットアウトする可能性が高いと読み、本命を打つ。≪結論≫◎クロコスミア(自信度D) [続きを読む]
  • 【皐月賞】◎スワーヴリチャード
  • 【皐月賞】◎スワーヴリチャード“競馬の常識を覆す”、牝馬ファンディーナの参戦で一気に注目レースとなった今年の皐月賞。過酷な中山2000Mを牝馬が参戦。ファンディーナに立ちはだかる壁は早々に容易なものでないと想像出来そうなものだが・・・?ファンディーナ自身のこれまでのキャリアを振り返るに魅力タップリであることは間違いないが、不安要素もその分タップリなことも間違いない。遅れてきた分だけ、やはりその歩んでき [続きを読む]
  • 【アンタレスS】◎グレンツェント
  • 【アンタレスS】◎グレンツェント確かな末脚を持つグレンツェント。休み明けでも好仕上がりで態勢は十分。ポイントはやはり58k。取りこぼす可能性も考慮しなければならないが、軸としては良い。阪神ダートに対してポジティブな見解を多く、軸推奨。≪結論≫◎グレンツェント○モルトベーネ▲アスカノロマン△ミツバ△ロンドンタウン★ナムラアラシ(自信度D) [続きを読む]
  • 【桜花賞】◎アドマイヤミヤビ
  • 【桜花賞】◎アドマイヤミヤビ瞬発力が焦点となるレースで、最も瞬発力に秀でた存在はこのアドマイヤミヤビ。ソウルスターリングが操縦性、柔軟性に秀でた馬ならば、アドマイヤミヤビは荒削りながらも破壊力のある馬。当方、この桜花賞で求めたいのは器用さではなくそういった荒削りな部分だったり未来への展望。先々、桜花賞とオークスが直結するならば、オークスで走れそうなタイプを先物買いするのが論理的。ならば陣営は早々と [続きを読む]
  • 【大阪杯】◎マカヒキ
  • 【大阪杯】◎マカヒキ昨年の古馬王道を駆け抜けたキタサンブラックは敬服に値するだろう。今時珍しいタフさ、その安定感は近年の競馬では中々見ることができないほど貴重な存在。それだけに、いつガタッときてもおかしくないのが懸念の材料。三歳、四歳と常に一線級と戦ってきた本馬だけにその反動が来るのがそろそろと・・・?過去の古馬王道を渡り歩いてきた歴戦の名馬も、いつかは・・・という歴史もある。安定感、とは置き換え [続きを読む]
  • 【ダービー卿CT】◎グランシルク
  • 【ダービー卿CT】◎グランシルク確かな末脚と中間速いラップにしっかりと対応出来るかがカギ。そういう点を踏まえるとグランシルクの時計は非常に優秀で軸にはもってこい。重賞になるとあと一歩足りない部分はあるものの、舞台が中山ならもうひと押し。≪結論≫◎グランシルク○ダンツプリウス▲マイネルアウラート△ダイワリベラル△キャンベルジュニア★ロジチャリス(自信度C) [続きを読む]
  • 【日経賞】◎シャケトラ〜【毎日杯】◎サトノアーサー
  • 【日経賞】◎シャケトラ中山巧者のゴールドアクターにとって、ポジショニングも重視されるこのレースは最高の舞台。有馬記念、JCと上位陣との差をはっきり感じさせるのは、やはり瞬発力。ただ単に巧者というだけでは上り詰めない頂点への道の厳しさを改めて実感させられる。ただ、上位陣不在のここでは大きい顔が出来る。まだまだ衰えなし。中山が舞台ならまだまだ一枚上手と見るのが妥当だろう。それでもシャケトラを当方は本命 [続きを読む]
  • 【フラワーC】◎ファンディーナ
  • 【フラワーC】◎ファンディーナ第三の男、ならぬ第三の女。デビューが遅く、ここまでくるのに時間はかかったが与えたインパクトは強烈。素晴らしい決め手で他馬を圧倒し、上がり時計は破格そのもの。大跳びで一歩一歩相手を追い詰めるあの姿に名馬の影を重ねてしまう。決意の東上とも取れる今回、目指すは打倒ソウルスターリング。相手がレース巧者なら、こちらは超破壊力でレースを制する。初重賞挑戦も問題なし。素直にレースを [続きを読む]
  • 【ファルコンS】◎ナイトバナレット
  • 【ファルコンS】◎ナイトバナレットハイレベルひいらぎ賞出身のナイトバナレットの強さが際立つ。リーディング常連矢作厩舎所属の同馬は父はダービー馬ディープブリランテ。さぞ思い入れの強い一頭であることは想像に難くない。出遅れ癖はあるが、それをカバーする強烈な決め手が持ち味。中京芝は先行差し、どちらでもオーケーな舞台。それなら決め手のあるタイプを本命にする。一歩リードしたレース経験が重賞で活きる。ナイトバ [続きを読む]
  • 【金鯱賞】◎プロディガルサン
  • 【金鯱賞】◎プロディガルサン前走長期休養明けから復帰して早々に2着のプロディガルサン。上がり32秒台という戦いの中で存在感を示し、上がり勝負の適性を見せた。距離に関しては幅広さがありそうなタイプだが、ポイントはやはり追走に苦労するか否か。兄リアルスティール同様に速いペースで脚を消耗するタイプだけに、時計が掛る馬場はこの手の適性タイプにはむしろ歓迎。前半ゆったり運べて後半スパート勝負の当レース向き。 [続きを読む]
  • 【弥生賞】◎グローブシアター
  • 【弥生賞】◎グローブシアターキャリア二戦、条件戦も選択肢にあったにも関わらずここ参戦へ。鞍上福永祐一のカデナがここ参戦も早々と決定している中での参戦は中々興味深い。鞍上にこだわるならほかのレースでも良かったはずだが、あえてここ参戦。それも川田を確保して、というわけで鞍上のスイッチをしたい思惑を感じさせる。つまり、陣営はホープフルSの騎乗に納得していないということだろう。それでも有力騎手の乗り代わり [続きを読む]
  • 【中山記念】◎ヴィブロス〜【阪急杯】◎シュウジ
  • 【中山記念】◎ヴィブロス昨年の秋華賞の内容が非常に秀逸で、牡馬相手でも通用すると考える。スローペースの流れ、パールコードの粘りこみを一気に飲み込んだあの末脚は見事。近走の充実ぶりは見事で、流石はヴィルシーナとシュヴァルグランを産んだ母の血。まだまだ成長の余地残すこの才女の本命を打つ。伸びしろ十分で、実績ある馬に挑戦。アンビシャスにも匹敵する時計持つこの馬の能力に期待。≪結論≫◎ヴィブロス○アンビシ [続きを読む]
  • 【アーリントンC】◎ミラアイトーン
  • 【アーリントンC】◎ミラアイトーン前走内容が秀逸ミラアイトーン。まだまだ余裕たっぷりで条件戦では大威張りできる。二戦目、大凡不適な距離で負けたとはいえ相手はレイデオロ。大崩なしで4着なら決して評価は落とせないだろう。瞬発力は随一のもので、流石オーストラリアの血脈。スピード、パワー共にバランスの良さが大きなセールスポイント。前走見る限り瞬発力も大したもの。重賞でも十分に戦えると判断して本命。≪結論≫ [続きを読む]
  • 【共同通信杯】◎ムーヴザワールド〜【京都記念】◎マカヒキ
  • 【共同通信杯】◎ムーヴザワールド主役不在の今年のクラシックロード。例年ならそろそろこの馬で、という運びで予想を進めているものだが・・・新星登場の声も聞こえぬ。昨年末から続くブレスジャーニー、サトノアレスらが最有力という流れは未だ消えぬ。しかしながら、マイル主戦場の見方強い二頭がクラシックディスタンスで・・・となるとまだまだ疑念の余地は強い。そこで既にデビューした馬が改めて、クラシック候補生として浮 [続きを読む]
  • 【クイーンC】◎レーヌミノル
  • 【クイーンC】◎レーヌミノル速い上がりに限界を見せた京王杯。それでも次走阪神で巻き返しを見せた。キレ勝負に持ち込まれると分が悪いが、持続力勝負なら持ち前を発揮できるタイプ。府中マイルとはいえ、例年上りが掛る仕様でこの馬のペースで競馬が出来る可能性高い。上がりかかる展開でも強いフローレスマジックはともかく、経験不足気味に映るアドマイヤミヤビの死角はそこ。まだまだあどけない三歳牝馬に問われる強い持続力 [続きを読む]
  • 【根岸S】◎エイシンバッケン〜【シルクロードS】◎ネロ
  • 【根岸S】◎エイシンバッケンハイペースも苦にせず、速い上がりを出せる同馬の適性を信じたい。スプリント色強いタイプにも映るが、1400も守備範囲。その卓越したスピードをもって重賞でも得意の末脚を活かして好勝負期待。≪結論≫◎エイシンバッケン○カフジテイク▲ベストウォーリア△ニシケンモノノフ△ブルミラコロ★ノボバカラ(自信度C)【シルクロードS】◎ネロ器用な競馬が出来る同馬。より一層の器用さが要求されるこの [続きを読む]