りじゅ さん プロフィール

  •  
りじゅさん: お絵描き&工作 遊び部屋
ハンドル名りじゅ さん
ブログタイトルお絵描き&工作 遊び部屋
ブログURLhttp://ririjyuuni.blog.fc2.com/
サイト紹介文幼児と児童の楽しい絵と、ちょっぴりエコな面白工作。身近にある物で、親子で手作りが楽しめます。
自由文元々は、商業デザイナーでした。
今は、ひょんな事から、子供達に工作と絵画の指導をしています。
無心な子供達の発想は、実に素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/01/05 12:21

りじゅ さんのブログ記事

  • ムハ
  • そして、乃木坂。新国立美術館、『ミュシャ展』へ。昔は、ムハって呼んでた。(チェコ語よみだそうだ。)お家の玄関に飾るほど、ミュシャが大好きな友人と一緒に。すんごい混雑です。良かった、前売り買っといて。一番乗りしてきましたので、じっくり観てきました。『スラヴ叙事詩』圧巻。。。なんという、巨大な油絵。縦6横8メートルが、20枚も。オペラ持って行って正解。描写の繊細さ、ボキャ貧なので、うまく言えない。素晴 [続きを読む]
  • 水玉羽衣
  • そして、東京宝塚、星組公演。『スカーレット・ピンパーネル』へ。トップ二人のお披露目公演は、華やか華やか。しかし、、紅子ちゃんの脚はなんですか?マンガですか?あーちゃんは、輪っかのドレスがよく似合い、まこっちゃんの歌は、ド、ド迫力で、かいちゃんは、いらつくロベスピエールで、せおっちと、くらっちが、全然なじんでて、らぶらぶでした。紅子ちゃんが、あーちゃんを見る目が、すんごく優しくてですね、『もぉ、可愛 [続きを読む]
  • 節句
  • ご近所に、昔ながらの鯉のぼりを立てるお宅があります。立派ですよ〜。薫風に踊る、鯉を観てると、ほのぼのしますね。友人のお子ちゃまが、一番下の弟君の鯉のぼりに下半身を突っ込んで、『人魚姫ぇ〜?』と、フローリングの床で、のたうっていたのを思い出します。(大きいお父さん鯉じゃないとできない。素晴らしい!)昨今は、人魚姫になれる毛布?があり、(ニット)家の子が欲しがるのでピンクのを買ってやりました。おうち女 [続きを読む]
  • カフェ
  • そして、東京宝塚、宙組公演。『王妃の館』へ。浅田次郎原作、あの右京さんが、まぁ様で、、、お衣装が、ぶっとび!ん〜、ミュージカル・コメディですから、有りなのか?可愛いっ!とか、どストライク!?とか?言う方もいるので、するーしよう。お話は、コメディなので、軽いです。これで、みりおんが、退団か?というと、ちょっとね、、、いや、激しく納得いかない。せめて、もちょっと、らぶらぶ要素が欲しかったわ。言い出した [続きを読む]
  • 眼差し
  • 週末は、お花見も兼ねて、銀座。そして、どうしても、これは見逃せない、、、清月堂ギャラリーへ。『鶴田 一郎 美人画展』長くノエビア化粧品のCMを描かれていましたね。切れ長の眼差しの魅力は、時を超える。はぁぁ〜、美しい〜〜〜。至福のひと時。シルクスクリーンの版を造る職人さんも高齢で、、、とか、お話を伺いました。そうよ、切れ長、なんかあったな、なんか、キリッとしたのが、、、キリッとつながり。どうよ。違うか [続きを読む]
  • 戦隊ショー
  • 赤坂の枝垂れ桜を、お届け。別箱、赤坂ACTシアター、花組公演『MY HERO』へ。花の二番手、おききちゃん。おおっ、のっけから、かっっこいいじゃないかっ!恵まれたビジュアルを、なんだってまた、戦隊ショーのヒロインじゃなく、ヒーローにもってきたのかね、斉藤センセ。どんぴしゃすぎて笑える。おききちゃんと、ちなつちゃんと、アカちゃんの、世間を嘲笑うかのような、脚。長っ!いやはや、後楽園、、、じゃない、ドームシティ [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 昨日は、ホワイトデー。お返しは、サボテンでした。うちの家人は、コンセプト『可愛い〜?』のに、ものすごく弱いので、犬だろうが猫だろうが、赤ん坊だろうが、パンダだろうが、サボテンだろうが、同じに感じるらしく、どこか、琴線にふれたようで、で、で、サボテンが来ました。とっても、可愛いデス。お花咲くかな。枯らしたらどうしよ。そして、またしても月組公演へ。驚愕の、例のたまちゃぴ肩リフトで、なんと、ちゃぴの黒ド [続きを読む]
  • 新トップ
  • ついに!雪組、新トップに、のぞ様こと、望海風斗さま就任予定発表!!!!!おめでとうございます。きいちゃん、雪に来てくれてありがとう〜。あぁ、お赤飯炊く。嬉しっ。みりおん、ムラが千秋楽で、翌日、まぁ様退団発表で、ぐらんぐらんしていましたが、持ち直しました。シャキーん! [続きを読む]
  • 回転
  • そして、東京宝塚。新生、月組公演『グランドホテル』へ。回転扉から、現れる、男爵。今回は、男爵が主人公。ホテルの中の人々が、同時進行でいろいろ動いているので、まー、忙しいっ!観るのが。上手で、脱いでる、、シーンとか、暗闇で、脱がせてる、、シーンとか、おおっ、、おおっっっっ、、、皆さん、オペラがん観です。しかしまぁ、ちゃぴの身体能力の凄さマジマジ。たまきちとちゃぴの、驚愕の肩リフト。あれは、たまちゃぴ [続きを読む]
  • タワマン
  • ちょっと、早春の上野へ。広小路の方では、桜がもう咲いていました。あらら。あったかいですからね。路上パフォーマーを観ながら、集う年代を観察。流石、上野。圧倒的、団塊の世代?そして、外国の方の団体。もはや、ここはどこ?私は誰?状態。お店の中に日本語が聞こえなーい。店内放送の多言語連呼は銀座以上。この子はどこかの血が入っているのかなぁ?と、思う場合がよく、あります。ぱっと見た目では、わからないのですけど [続きを読む]
  • 笑顔
  • 昨日は、バレンタインデーで、家人も、そこそこの量のチョコを貰ってきましたよ。なんですか、平年よりも増えたようで、景気がよくなってきたのでしょうか?『なんか、増えたよ。え、もしかして、俺、来た?モテ期?』、、、、、と、いまさら、大層、おめでたい事を言っております。なかでも、わざわざ、大阪から、宅急便で、送ってくださった方もいて、しかも、可愛いお手紙つき。『また、お会いしたいです。』とか、書いてあって [続きを読む]
  • くらんくらんお雛さま
  • 横浜高島屋、『永山裕子 水彩画展』へ。今年の、花嫁シリーズは、『海』先生、会場におられまして、『黒地に描く真珠ではなくて、白地に真珠を描きたくて〜』と、お話されていました。白いです。そこに、真珠が沢っっっっ山!描かれています。そして、思わず、『え?リカさん?』としか、見えない、絵が、、、あった。元月組トップのあの方にクリソツ。へぇ、なんか、つながりがあるのかな?とも、思いましたが、お忙しそうな、先 [続きを読む]
  • ぱかっ
  • そして、再び、宝塚花組公演。『雪華抄/金色の砂漠』専科の松本女史が可憐だ。お年を考えると、激しく混乱する。若いツレが、『はぁ?どうゆうこと?現実?』いや、CGじゃないっすよ。(笑)現役タカラジェンヌですから。永遠のオトメ。素晴らしい〜!金サバは、舞台が練れて、悲壮感ましまし。みりおイイ、かのちゃんイイ、良かったこの組み合わせで。れい君、台詞わずかに噛む。誰もこけないで良かった。ほっ。ちなつちゃん好き [続きを読む]
  • 輪廻転生
  • そして、別箱東京国際フォーラム。宝塚、星組公演、『オーム・シャンティ・オーム』へ。通称、おシャンティは、新生トップコンビのお披露目とあって、紅ゆずらないファンがいっぱい。それに匹敵する、まこっちゃんファンの多さよ。これは、紅さんのコメディセンス満載で、でも、楽しいだけじゃなくて、アイリーンが可愛くて、せおっちが、熱いじゃないか!そして、SPが、SPすぎてもうなにがなんだか、そのものずばりで素晴らしい。 [続きを読む]
  • ぶっかえり
  • 遅ればせながら、皆様、本年も宜しくお願いいたします。そして、東京宝塚、花組公演『雪華抄/金色の砂漠』へ。チョンパで、始まる華やかな世界。これぞ、日本物の最高峰。ばっちり白塗り、青天で、判別がつくかな?と思っていましたが、あらやだ、もう〜、銀橋全員、わかる自分に呆れる。お衣装は、丸山敬太氏デザインだそうで、それはそれは、豪華!!!。鷲と鷹の戦い、みりおの鷹にだけ、背中にぶっちがい鷹の羽紋が入っていた [続きを読む]
  • トリ
  • いつものメンバー、いつもの女子会忘年会。赤坂の某フレンチ、ここ数年、ずーっと同じお店。考えるの、めんどくさいんでしょうね、幹事が。『本日、お薦めのジビエは、鹿肉とカルガモで、、、』なんたらかんたら言ってましたが、おセレブの友人が、『こないだ、鹿はイタダイたから〜』とか、言っちゃって、(オマエは、どんな生活してるのだ!)(『じゃ、今日は、馬で、、』)とか、ツッコミそうになりましたが、全員で、トリに。 [続きを読む]
  • 雪組、驀進の下級生。ひとこ茶へ。レポ禁ではないようす。ですが、まぁ、すごい人数。にっこにこ笑顔の、ひとこに間近で接して、嬉しい〜。細いっ!可愛い!真面目かっ!サンタ姿にみんな、メロメロ。最後は、握手して、お手紙直渡し。満足な休日。ひとこちゃん『永久輝 せあ』から、SEAつながり。むりやり。だって、海のお友達シリーズで、子供達に描かせていたら、サメが描けないって言うんですよ。ん〜、難しいか?クラゲとか [続きを読む]
  • お姿
  • 雪組、のぞ様のお○会へ。諸般の事情で云々。なんですが、すんごい人、人、人、人、人、、、お席が、神ってるお席でして、(ありがたや)バッチリ、至近距離で拝めた。入りも出も。細っ!美し〜〜〜〜!(半分、透き通ってるんじゃないか?と、いう幻覚に襲われる)笑楽しかったデス。 [続きを読む]
  • 続き
  • 雪組、昨日のマチネ。れいこマクシミリの、『ハント君、、』呼びが、思わず、『せんと君、、』に勝手に脳内変換されてしまい、笑いこらえるのに必死。(バカか!)爆がおりナイジェルは、やはり舞台に居ないね。ふむ。あぁ、ゆうみちゃんのスーツケースが気になる。ショー、咲ちゃん、のぞ様モミモミが激しいデスよっ!ぜぇぜぇはぁはぁ、、(笑) [続きを読む]
  • ツリー
  • そして、東京宝塚、雪組公演。『私立探偵ケイレブ・ハント』へ。久しぶりのスーツ物。、、、、これは、はっきり言って、真っ二つに評価が分かれると思う。きゃぁ、なんて都会的なの!スタイリッシュだわ、クールだわ。大人の恋ってかんじ。ちぎみゆ最高!なのか、なんすか、やたら、コーヒーサーバーに尺取って、誰も、大した活躍もなく、ひとひねり有るのか?と思ったら、全く無かったわ。これは、月に旅立つ、れいこちゃんへのお [続きを読む]
  • エスカルゴ
  • そして、宙組、別箱公演『バレンシアの熱い花』へ。まぁ様、ゆりか、アッキー他、むんむん宙オトコ。舞台がスパニッシュなので、マタドール姿でのきらきらおらおら状態は罪作りだわ。なんつう脚の長さよ。(でも、牛は出てきません。)お話は、復讐劇。なんなの、誰も幸せにならないのね。まぁ様は安定の迫力。マカゼゆりかちょい三枚目アリ。撃たれた妹に絶叫!は、『ヒデキ、、、』を連想するおばさま達。他の名前にする選択肢は [続きを読む]
  • 笑顔
  • 久しぶりに、フレッシュなの投下〜。この子は、三月生まれの、小っちゃい年少さん。とにかく、全然喋らない。三ヶ月くらい、一言も、聞き取れなかった。どんなにみんなが大騒ぎしても、にこにこしているだけで、うんともすんとも、きゃーとも言わないんだもの。私、100倍くらい、話しかけてるんですけど!ただ、この子、猛烈にアタマがいい。年長のぼーっとした子を差し置いて、全部、先に理解しちゃうという、猛者。声を訊きま [続きを読む]
  • パラソル
  • そして、東京宝塚、星組。『桜華に舞え』みっ様と風ちゃん、W退団公演へ。星組には、ちょっと珍しい和物。なにせ、全編鹿児島弁なので、心して聞かないと、???しかし、和物大好き!な、みっちゃんの事、殺陣もそれは、それは、何人斬ったんだろ?(40人斬り?とか聞いたが)だいたい、昭和女子としては、時代劇をしこたま観てきていますからね。剣舞のような、ひらひらしたのでは、納得いかないのですよ。(私だけか?)今回 [続きを読む]
  • ハロウィン 蜘蛛の巣
  • そして、文京シビックホール。月組、宝塚別箱公演『アーサー王伝説』へ。新トップ、珠城りょうのお披露目。たまきち、いや、りょう様、なんの違和感もなく、ゼロ番に立ちましたね。なんという、押し出しの強さ。がっちり着込んだ重い鎧は、普段着ですか?っていうくらいなじんでいて、素晴らしい。で、何ですか、あの神は?私、新種のプリキュアかと思いましたよ。そう、思っちゃうところが、固定観念がガチガチになってしまってい [続きを読む]