洋翠 さん プロフィール

  •  
洋翠さん: いろとりどり
ハンドル名洋翠 さん
ブログタイトルいろとりどり
ブログURLhttp://irotoridori860.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物や生き物を育てたり、自然散策がとっても大好きな絵描きです。どうぞよろしくお願いします!
自由文最近、植物やお魚が増えてメンテナンスにてんてこまいな毎日。きれいなお庭をめざして日々奮闘中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/01/05 17:51

洋翠 さんのブログ記事

  • 幹之のその後
  • 唯一残った2匹の幹之。バケツで静養させていたのですが、とうとう1匹はお星様に…残った1匹。どうするか…このまま、バケツ静養→没屋外の睡蓮鉢→没(梅雨時ですし、仲間達もおそらく巻き添えに…)屋内の水槽に→採用…という事で、0.2〜0.5%の塩水に観パラ態勢で水槽にお迎えしました。数日は底でじっとしていましたが、徐々に元気になってきました!(^o^)水槽は、ヒーターで26℃と水温も安定しているし、エアーも入っているので [続きを読む]
  • グリーンウォーターのゆりかごですくすく
  • メダカの赤ちゃんは、本当にグリーンウォーターになってから落ちることもなく、より大きく成長してきているように思います。最近、何故か親のメダカがポツポツ死んでしまっています。原因はわかりませんが、腐敗で次の犠牲魚が出ては困るので、死体を見つけたらすみやかに水中から出してはいるのですが…こんな状態になると、次から次へと犠牲魚が出てきます。_| ̄|○ この間は、購入してきた幹之達が1匹又2匹と…お星様に…_| ̄ [続きを読む]
  • ヤゴが羽化
  • 4月に温帯性睡蓮の植え替えをした時に、たくさんのミナミヌマエビと冬眠していたメダカとヤゴが3匹ほど見つかりました。ミナミヌマエビは、昨年少し睡蓮鉢に入れたものが繁殖し、メダカは厳しい冬を生き残り…ヤゴは、外から飛んで来たトンボが睡蓮鉢に卵を産みつけたのが孵って、冬越しをしていたのですね。始めは、トンボになるまで飼育しようと容器に入れて、水を張り、割り箸をトンボになった時に登れるようにセットしました。 [続きを読む]
  • やっとグリーンウォーター
  • 5月30日に新しい発泡スチロール容器にベアタンクで水を張って、すでに生まれているメダカの針子やミジンコを入れてから10日ほど経ちました。なかなかグリーンウォーター化しないので、亀水槽の水を入れてみたりして、様子を見ていたらある朝のぞいて見たら、完全に緑茶色に変貌を遂げました。メダカの卵を採って、メチレンブルーを溶かした容器で卵が孵るのを待っていたら、10日前後で少しずつ孵りだしました。孵った針子をスポイ [続きを読む]
  • 2度目追肥(ハス)
  • 先月28日の初追肥緩効性化成肥料:N:P:K:苦土=10:10:10:1を古代蓮(大型、鉢直径43?)=8粒玉蝶蓮(小型、鉢直径29?)=6粒温帯性睡蓮大小(7号平鉢植え)=7粒本日6月10日 2度目追肥(ハス)緩効性化成肥料:N:P:K:苦土=10:10:10:1を古代蓮=9粒玉蝶蓮=5粒はじめの予定では2度目の追肥では、昨年使っていた、超完熟油かすを使用する予定だったのですが、前回の初追肥で目に見えてはっきりと肥料の効果が施してから早期に確認出来た事(蓮の大 [続きを読む]
  • 古代蓮の花芽キター!
  • 先日、追肥を施してから1週間と少し。古代蓮の成長は、ノリにのって立ち葉を展開中です。小型ハスの玉蝶蓮は、数本立ち葉が上って来てますが、まだ控えめかな。蓮も睡蓮もそれぞれ調子が違って、水にトロミがあって、やたらアオミドロが生えている鉢、比較的水がサラサラしてあまり藻類が出てない鉢、特に熱帯性睡蓮は、いまだ新芽が活動せずにドロドロの藍藻っぽい藻が鉢の表面や水の中で変な泡をまといながら立ち上ってたりする [続きを読む]
  • 追肥の効果
  • 5月28日に温帯性睡蓮、ハスに初追肥をしてから、たった4日目にして、急に成長が早くなってきたように思います。特に古代蓮が驚くほど急に立ち葉を大きく成長させていて、驚きました!元肥からのバトンタッチが上手くいったのかな〜(^-^)5月の24日ごろに初追肥の発酵鶏糞を施したストレリチアも程なくして、新芽が吹き出しました。やっぱり、肥料ってとても大事なのですね。今までうっかりやってなかった事が多かったので、今年はし [続きを読む]
  • メダカの繁殖
  • 4年前に白メダカを増やそうと卵を採って、別容器で育てました。だいぶ増えたのですが、だいぶ大人になる前に病気などで亡くなってしまいました。今現在もその子孫が幾度もの冬を越えて、温帯性睡蓮鉢で元気に生きています。昨年は、青幹之の繁殖を試みましたが結局一冬越えて大人になったのは、たった一匹だけでした。今年も懲りずに立派な親メダカ達を購入。幹之スーパー!美しい〜!毎日産卵してないか見てるのですが、今のとこ [続きを読む]
  • ハスと温帯性睡蓮の初追肥
  • 5月も終わりになってくると、日によっては30℃を超える日なんかも混じってきて、早くも最近の日本の熱帯化を感じずにはおれません。(^^;;昨年の初追肥は29日でした。今年も昨年同様、水生植物の成長のスピードが若干上がってきたように思います。ハスなんかもボチボチ立ち葉も上がってきたので、追肥を施しました。昨年は元肥同様、有機肥料の超完熟油かすを元肥と同量施しました。今年はちょっと趣向を変えて、緩効性化成肥料→超 [続きを読む]
  • ヒキガエルの旅立ち
  • 5月3日近所の公園の池にたくさんのおたまじゃくしを発見。思わず、6匹連れて帰ってきました。ハスの植わっている水鉢に放しました。おたま達は、水鉢内の水苔などを貪欲に食む食むしています。おかげでこの鉢はアオミドロがほとんど発生しませんでした。およそ、6日後足が生えてきているおたまを発見。14日になると足はほぼ生え揃い、えらの辺りが何やら膨らんできたような…17日には、ほぼカエルの形になってきました。そろそろ上 [続きを読む]
  • ストレリチアの植え替え
  • 7号鉢に昨年春に植え替えたばかりのストレリチア(極楽鳥花)。こちらは、もともと東急ハンズで売っていた、お洒落なインテリアで使われるハイドロカルチャー(水耕栽培)された観葉植物でした。こちらは、水耕栽培で収まるような植物ではなく、かなりボリュームのある大きさまで成長し、レギネなどの無茎種だと、アノオレンジ色のまるで極楽鳥のようなお花を咲かせるのだ。私の買ってきたのは、ストレリチアとは書かれていたが、レギ [続きを読む]
  • 熱帯性睡蓮の株分け
  • GWも後半戦。気温も20℃辺りに落ち着き、そろそろ熱帯性睡蓮の植え替え時かな〜と、連休明けからわりと多忙なのでやるなら今でしょう〜♪と発泡スチロールの箱の中で眠っていた熱帯性睡蓮のティナを株分けしました。水には沈めず、株全体を土で覆って、二重のビニール袋にビッチリパッキングしたものを発泡スチロール箱に入れて寝かしていたもの。まだ寝てますね。鉢から取り出し、土の中から分球した2つの球根を発見!2つの立派な [続きを読む]
  • メダカさん投入
  • 温帯性睡蓮を立ち上げてから10日ほどが経過しました。植え替え時に回収した、生き物達。メダカ、タニシ、ミナミヌマエビ、ヤゴ…一時、ヤゴを室内で飼おうと目論みましたが、いろいろ考えて、やっぱりお外のボウフラわくハスの鉢にイン。ハスは、上へと茎を伸ばすので、これがヤゴにとっていいのかも。はじめ3匹いたのに2匹落ちてしまい、生き残ったヤゴを入れました。本日は、メダカさんを買ってきて温帯性睡蓮やハスの鉢に入居し [続きを読む]
  • 温帯性睡蓮植え替え
  • 4月も後半になり、だいぶ気温が上がってきました。そろそろハスに続いて温帯性睡蓮も植え替えをしなければ…とソワソワ落ち着かない状態になり、先日東京でも夏日になった日にとうとう決行いたしました。温帯性睡蓮のワンビサと温帯性姫睡蓮のリトルスー。ワンビサは、毎年美しいお花を咲かせてくれますが、リトルスーは購入以来4年目になりますが、いまだにお花を見た事がありません。でも、今年もめげずに植え替えです。元肥にマ [続きを読む]
  • 多肉ちゃんの脱皮
  • 昨年秋から育てているリトープス。可愛いし、お花も付けていたので一目惚れでした。育て方を聞いたら、こちらの植物は冬に活動期があたる植物で、雨の当たらない風通しの良い環境に置いて下さいとの事でした。以前、多肉ちゃんを溶解させた経験があるので、今回は慎重に慎重に…零下になる真冬は、さすがに室内管理。最近になって雨よけを作ったベランダの棚に置いています。ある日見たら、アレ?なんか多肉ちゃんが裂けだした…ど [続きを読む]
  • テスト
  • 先日、ハスの植え替えをした記事を一年ぶりにアップしたのですが、全然ブログ村に反映されませんでした。今度は、出来るかちょいテストです。 [続きを読む]
  • 念願の蓮の花芽!
  • 振り返れば、埼玉県行田市の古代蓮の里の土産屋さんで蓮の種を買ってきて、ヤスリで削って、水を張ったコップに沈めて…発芽させて感動したのが3年前…翌年の春先に、出来るかな出来るかな…とドキドキしながら蓮の鉢をひっくり返し、底でトグロを巻いていた、少しばかり太った蓮根を株分けして植え替えました。この時はケチって古い土に少しばかり新しい土を混ぜたものを使いましたね…(^^;;そんなこんなで、スタートの2013年から [続きを読む]
  • 蓮植え替えました(^o^)
  • 今年も新しいシーズンが始まりました。桜の開花を1週間前にして、この穏やかな3連休。こんな恵まれた時間を使わずにおくものか〜2日かけて、大型ハスと小型ハスを植え替えました。毎年、これをひっくり返すのは骨が折れます…(^^;;太ったハス根を選別して…用土を底から5センチほどひいて、完熟油粕を元肥に20gほど置きます。更に練った土をいれていき…浅く植えつけました。使った用土は、2週間前に粉状の赤玉土と田土のブレンド [続きを読む]
  • 蓮、睡蓮に追肥しました
  • 3月末から4月にかけて、株分けと植え付けを済ませた蓮と温帯性睡蓮は、現在最初の元肥の力でワサワサと新しい葉っぱを展開してきました。玉蝶蓮(小型)古代蓮ワンビサ(温帯性睡蓮)リトルスー(姫睡蓮)そろそろ追加のご飯をあげないとまずいかなと、今年は元肥と同じ、超完熟油かすを温帯性睡蓮には、元肥と同じ量に古代蓮には、30gほど。小型の蓮には、25g位控えめに施しました。まだ、ベストな肥料の量がわからないのでかなり手探り [続きを読む]
  • サラセニア開花
  • サラセニアは、昨年植え替えの時期をうっかり逃してしまいましたが、今年も立派な花を咲かせてくれました。しかも、2つも。(*^o^*)さらなる成長を願って、今年の秋こそは植え替えてあげようと思います。それと、昨年8月から育てているウツボカズラ。葉っぱも増えて茎もかなり徒長してきました。最近の強い日差しにやられて、葉焼けも起こしてしまったので、最初の5節ほどを残して徒長した茎をバッサリ。枯れた葉っぱをバッサリ。つ [続きを読む]
  • 屋外メダカ容器リセット
  • 最近ようやく初夏の陽気になってきましたが、少し前は雨ばかり降っていたように思います。発泡スチロールの箱を利用したメダカ水槽の幹之メダカが一匹、そして一匹弱って亡くなっていき、このままだと最悪全滅してしまう…と生体をバケツに保護をしたのは、2週間前。容器は、アオミドロがはびこり泡だっているし、底の赤玉土も粒が粉々になって、量も減っているし、容器内側面は苔だらけでした。ここは、もう思い切ってリセットで [続きを読む]
  • 熱帯性睡蓮の植え替え
  • ゴールデンウィークに入ってから、今日はかなりの真夏日になりました。そんな中、京都などの観光地に行くわけでなく、「そうだ。熱帯性睡蓮の植え替えをしよう」と本日作業をする事にいたしました。f^_^;)冬眠させた株は、昨年鉢の土の上部を取り除き、新しい土で球根を完全に覆ってしまい、水からも出して、ビニールで密封して温度変化の少ない暗いところ(発泡スチロールの箱の中)に置いていました。まずは、前に練っておいた赤玉 [続きを読む]
  • メダカ時々タニシのちダリア
  • 今年度、初めて念願の幹之メダカの飼育を始めました。背にスッと青白く光る線が入っていて、とてもきれいです。グレードは、経済的都合上いろんな子がいますが、これもお愛嬌。(*^^*)増えてくれるといいなあ〜とひそかに思っています。最近、亀水槽がだいぶ苔むしてきたので、亀に食べられないくらい大きい大タニシを入れてみたところ…油断した隙に早速、ガブッとやられました。慌てて救助しましたが、殻に5mmほどの穴を開けられ [続きを読む]
  • 洋蘭の植え替え
  • 昨年、生育の良くなかった洋蘭のデンドロビウム(ノビル系)とミニカトレアを植え替えました。◯デンドロビウム鉢の隅にフォークを刺して、なんとか引き抜き、水苔を外した状態バルブの古い部分をハサミで切って、黒く変色した根っこを切り、バルブの新芽を鉢の中心に向かうように配置して、洋蘭の土を投入。バルブ自体はなるべく浅植えにします。なんだか、温帯性睡蓮のような植え替え方法ですね〜◯ミニカトレアこの子は、古い鉢か [続きを読む]
  • 蓮に温帯性睡蓮 その後
  • だいぶ暖かくなってきたので、株もだいぶ動いてきました。最近投入したメダカちゃん達もだいぶ動いてくれるようになりました。(^○^)こちらは、古代蓮 (大型) 数年前に種から育てたものです。こちらは、玉蝶蓮 (小型) 数年前に購入した株。未だ咲かず…^^;こちらは、温帯性睡蓮のワンビサ。昨年はきれいな花を見せてくれました。(*^^*)こちらは、温帯性の姫睡蓮のリトルスー。こちらも未だ咲かずでした。f^_^;)長い冬を屋外で越し [続きを読む]